恋愛中毒

一人じゃ淋しくて生きていけない。本当の愛を見付けたいだけなのに。


テーマ:

あなたが言ったあたしの匂い。


何度も確認してみるけどやっぱりわからない。


自分じゃわからない匂い。


あなたはいつも気にしているあたしの匂い。


髪の匂い。


ファンデの匂い。


家の匂い。


色々匂いがあって、人それぞれの匂いがある。


あなたがそう言った。


「帰るとき、あっ匂い残ってる、って思うときがある」


あたしの匂いがあなたに移ってる。


あたしの事を一瞬でも思い出してくれてる。


そんな事考えたら嬉しいの。


いけないことだってわかっているのに、やっぱり少し嬉しい。


あたしの使ってるスタイリング剤の匂いを嗅ぐ度に・・・。


あたしの使ってるファンデの匂いを嗅ぐ度に・・・。


あたしの使っているものの匂いを嗅ぐ度に・・・。


あなたは一瞬でもあたしのことを思い出してくれる?


悪戯なような感覚。


あたしがあなたの匂いとして認識しているモノ。


それをふっと嗅いだ時にあなたを思い出すように。


あなたもあたしの事、思い出すのかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

あたしはあなたに言えない事が沢山あった。


自分の中で表せない気持ちを消化していった。


あなたにわがままが言えなくって・・・。


あなたを困らせる事は言えなくって・・・。


従順なる犬になることしかできなかった。


わがままに振舞える猫にはなれないでいた。


あたしはずっと我慢していた。


言いたい事も言えなくて。


あなたの前では素直なかわいい女でいたくて。


でもね、違ったんだね。


あなたの中のあたしは違ったんだね。


あんたに言われて初めて気が付いたよ。


あたしだけじゃなかったんだって。


あなたも同じように感じていたんだね。


人は自分の事はよくわからない。


相手に求めてばかりしてしまう。


でもあなたも我慢している事、あったんだね。


あたしと同じように感じていたんだね。


あなたが言ってくれるまで、そんな事気付きもしなかった。


あなたもあたしの前ではいい男でいようとしていたんだね。


あたし達ってばかだね。


お互いにいいところを見せようとばかり頑張って・・・。


本当の自分を出せないでいた。


あなたが思っているあたしはわがままで・・・。


あたしが思っているあなたはわがままで・・・。


お互いにそんな風に思っていたなんて考えもしなかったよ。


あたしは結構自分の意見を言っていたんだね。


あなたは結構自分の意見を言わないでいたんだね。


ばかだね。


あたし達、もっと素直になってもいいんだね。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

キスが好き。

 

あなたとするキスが好き。

 

たまらなく甘美なキスが好き。

 

でもね、キスする瞬間はもっと好き。

 

あなたがあたしを求めてくれてるのがわかるから。

 

あなたがあたしを望んでくれてるのがわかるから。

 

あなたの顔が近づいてくる瞬間が好きなの。

 

キスする瞬間。

 

一気に気持ちが上昇する。

 

あなたへの想いがあふれ出てくる。

 

重ねあった唇から、あなたへの愛が零れ落ちて行く。

 

キスする瞬間が好き・・・。

 

不意打ちもうれしいけどね(笑)

 

キス魔なあたしにあなたはいつも言っていた。

 

”唇がはれるよ”

 

だってあなたとのキスは気持ちがいいから・・・。

 

あなたの唇。

 

あなたの舌。

 

あなたのキス。

 

あたしを虜にしてしまうの。

 

キスが好き。

 

あなたとの距離が一番近くなる瞬間だから・・・。

 

あなたを一番近くに感じる瞬間だから・・・。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
2人の関係のバランスを壊してしまったのは、きっとあたし自身だ。

お互いに遊びと割り切っていたら、良かったのに。

気持ちが入ってしまったあたしが、ルール違反だ。

2人の関係から気持ちを抜けば、もっと上手く付き合えたのに。

でも、本当にそうなのだろうか?

2人から気持ちを抜けば、別に意味は無い。

2人の関係に意味なんて無い。

気持ちが無ければ、会う意味など無かった。

気持ちがあるから会いたかった。

気持ちが無ければ、会う必要は無い。

気持ちがあるから一緒にいたかった。

気持ちが無ければ、一緒にいる必要は無い。

気持ちがあるから触れ合いたかった。

気持ちが無ければ、触れ合う必要は無い。

あたし達は間違えてはいなかった。

お互いに必要としていた。

ただ、世間では許されない恋だっただけ。

気持ちが無ければ・・・。

もっと割り切っていれば・・・。

よく思っていた。

でも違ったんだね。

気持ちが無ければ、2人の関係に意味など無かったから。

気持ちが無ければ、会いたいとも思っていなかったから。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつからなんだろう?

あなたと同じ言葉を使うようになったのは。

いつの間になんだろう?

自然とあたしの口癖になっているのは。

真似しようと思ってた訳じゃないんだよ。

あなたの口癖が伝染しちゃったの。

自分でも知らなかったよ。

自分でも気付かなかったよ。

あなたの口癖が、いつの間にかあたしの口癖になっているなんて。

いつの間にかあたしの言葉の一部になっているなんて。

でもね、知ってる?

あなたもなんだよ。

あなたも伝染しちゃってるんだよ。

あたしの口癖が。

あなたはきっと気付いてないね。

あたしの口癖を、あなたも伝染しちゃってる事。

いつの間にかあなたの言葉の一部に、あたしがいる事に。

でもね、教えてあげないよ。

だってゆったらきっと、あなたはやめてしまうから。

だからこれはあたしだけの秘密。

あたしだけの楽しみ。

あなたが誰としゃべっていても、あたしはあなたの言葉に溶け込んでいるの。

他の誰といても・・・。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
手を繋ぐ事が好き。

あなたと手を繋ぐ事が。

あなたの温もりを感じるの。

繋いだ手から伝わるあなたの体温。

好きだったの。

でも少ししか、あなたとは手を繋がなかったね。

だから余計に特別だったのかな?

いつもあなたと手を繋ぐと、格好悪いくらいに汗をかいちゃうあたし。

1年たったあの時もそうだったね。

今更なのに、あんなに汗かいちゃった自分にびっくりしたよ。

本当はもっとあなたと手を繋ぎたかった。

手を繋いで街を歩きたかった。

でもあたし達には許されない事・・・。

恋人同士として一緒に歩く事なんて、許されない事・・・。

あなたと手を繋いでいたいよ。

ずっとずっとあなたと繋がっていたいよ。

だからお願い・・・。

その手を離さないで。

繋いだこの手を離さないで。

あと少しだけだから・・・。

あと少しであなたは帰ってしまうから・・・。

だからあと少しこの手を離さないでいて。

あと少し、たばこは我慢してね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
男の人って2人の人を同時に愛せるんだね。

女だってそうかもしれない。

でもね、女は必ず比重が変わってしまうの。

50-50なんかには到底ならないの。

もしかしたら90-10とかになっちゃう。

でも男の人は違うね。

10とか20くらいの上下はあっても、必ず奥さんの比重はキープし続けている。

同じように、別々に2人を愛せるの。

2人を同時に愛せるの。

女はやっぱり気持ちが入ると比重は変わっちゃうの。

あなたへの比重が大きくなってしまってた。

それはあなたも感じていたんだね。

あたしはあなたが全てだったの。

他のなにも要らなかった。

他の物全てを捨てても良かった。

あなたさえいれば良かったの。

ただそれだけで・・・。

でもあなたの中の奥さんの比重は、変わらないモノだったね。

家庭としての奥さんの比重。

恋愛を楽しむあたしの比重。

そのどちらも、あなたは愛していたんだね。

2人を同時に愛していたんだね。

別々のモノとして・・・。

女はそんな簡単には割り切れないよ。

2人いても決して50-50にはならないから・・・。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日あの人に会ってしまいました。

たまたま見つけてしまったの。

どうして今でもすぐに発見できてしまうんだろう?

変わらないあなた。

あなただとゆうオーラがあたしには遠くからでもわかってしまう。

会いたかったけど会いたくなかった。

忘れてると思い込んでたのに、一瞬であなたへの想いがよみがえってきた。

辛いよ。

苦しいよ。

またあたし達は罪を重ねてしまった。

一瞬の幻。

もうこんな想いはしたくないと思っているのに、何度も繰り返してしまうばかなあたし。

もうあなたの事で泣くのはやめようと決心したのに、何度も繰り返してしまうばかなあたし。

もうあなたはあたしに幸せをくれない。

だからもう忘れようとしたのに・・・。

もうあなたはあたしに喜びをくれない。

だからもう別れようと決めたのに・・・。

あなたに会えた事だけで、あたしはこんなに幸せを感じてしまう。

でもね、やっぱり辛いよ。

また2人がやり直す事はないから。

一時の夢だから。

またあたしはしばらく苦しまないといけない。

あなたの面影を思い出しながら。

まだあたしは苦しまないといけない。

あなたへの想いに。

幸せの反動が大きすぎて、あたしは立っていられない。

前に進めない。

あなたに頼れないって事が、さらにあたしを苦しめる。

助けて・・・。

助けて・・・。

助けて・・・。

この苦しみから救い出してくれるのはあなただけなの。

・・・お願い。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
"いつもの"所。

"いつもの"場所。

"いつもの"時間。

"いつもの"・・・。

"いつもの"って言葉は大好き。

だって2人だけがわかる、秘密の暗号だから。

2人が今まで作って来たものだから。

あなたとあたしの"いつもの"。

2人だけが知ってる暗号。

"いつもの"所でってゆうあなたが好き。

"いつもの"所ってだけで、わかるあたしも大好き。

2人の"いつもの"って言葉は2人だけのものだから。

あなたが他の人と作った"いつもの"じゃなくて、あたしと作った"いつもの"だから。

2人だけの"いつもの"。

2人だけの暗号。

もっと沢山作りたかったよ。

2人だけの暗号。

でもあなたとあたしの"いつもの"はずっと変わらないんだね。

2人がどんなに変わっても、2人の"いつもの"場所は変わらないんだね。

2人がどんなに変わっても、2人のいつもの時間は変わらないんだね。

2人が忘れてしまっても、2人の"いつもの"は変わらないで有り続けるんだね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
もっと早くあなたと出会いたかった。

遅過ぎた出会い。

もっと早くに・・・。

あなたとあの時出会ったのは偶然の運命。

早くに出会わなかったのも2人の運命。

あなたに惹かれたのも、きっと今のあなただったから。

今までのあなたの歴史が、今のあなたを作って来たから。

もし、もっと早くに出会っていたら・・・。

もし、2人の間に障害となるものが何もなかったとしたら・・・。

もし・・・。

考えてみても悲しいだけ。

今の事実は変わらないから。

2人が今まで歩んで来た足跡は消せないから。

そして、お互いに歩んで来た道程は、決して間違いではなかったから。

ただ、2人の出会いが遅かっただけ。

それは2人の運命。

でもやっぱり考えてしまうの。

2人が普通に出会っていたらどうだったのかな?

普通の恋人同士ならどうだったのかな?

街中を手をつないで歩いてくれたかな?

あたしの事だけ見ていてくれたかな?

ずっとずっと一緒にいられたかな?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。