女性のための股・陰部の黒ずみ・においケア対策

女性のデリケートゾーンである股やアソコの気になるにおいや黒ずみ!女性なら一度は経験したことがあるにおいや黒ずみケアの対策についてまとめました。女性のデリケートな部分だからこそ、人に聞けない悩みもたくさん。正しいケアの方法を知って、自信が持てる自分になろう!

こんにちわ♪

このブログでは人には相談しにくいデリケートゾーンの悩みについての対策法を紹介しています。
においやかゆみ、黒ずみは人に指摘されるとショック倍増!

デリケート部分は対策を間違えるとトラブルの原因にもなってしまうので、専用の対策グッズも紹介しています。


誰にも相談できなくて悩んでいる人に見てほしいなぁ~( ´艸`)


ブーケ2食事もにおいの原因になります。



ブーケ2黒ずみ対策グッズ、ドラッグストアで手に入る?



ブーケ2簡単にできるかゆみ対策はこれ



ブーケ2ニオイと黒ずみを簡単にケアできる美容液


テーマ:

最近暖かくなってきて、やっとアウターなしのお出かけができるようになりました♪

 

もう少しで花見の季節もやってくるし、どんどんいろんなところにお出かけしたくなっちゃいますね^^


ただ、薄着になると気になるのが自分のニオイ

 

特にデリケートゾーンは気になりますよね〜(汗)


ふとした時ににおってくる自分のニオイが気になり、周りの人に「臭い」と思われていないか・・ドキドキの連続です!


「そういう時はキレイに洗うのが一番!」と、石けんやボディソープでアソコをゴシゴシ洗っていませんか?


実はその洗い方、臭わなくするどころか逆効果になっているかもしれないんです。


ニオイが気になる股を洗う時に気をつけて欲しいこと、3つあげてみました^^

 

 

 

 

その1、洗うのは外側だけ。中は絶対洗わない!


「ニオイが気になるのはアソコの中だからキレイに洗おう」と、石けんでデリケートゾーンの中まで洗ってしまう人がいます。


でも、それはやってはダメなんです!


アソコの中には雑菌を抑える働きをしている善玉菌がいて、何もしなくても中を清潔にしてくれています。


石けんで中まで洗ってしまうと、その善玉菌を洗いながしてしまうことになるので・・そう、悪い菌が侵入してきてしまうんです。


私も何も知らなかった時に2度ほど洗っちゃったことがあるので、洗いたくなる気持ちはものすごくわかります。


ただ、自分の体にとって良いことではないので、やめておきましょう。

 

 

その2、石けんがしみやすい人は専用の石けんを使う


女性の股はデリケートゾーンと呼ばれるほど敏感なところです。


体調が悪い時、蒸れや下着とのこすれなどが原因で、アソコを洗った時に石けんがしみると感じることがあります。


そういう時はデリケートゾーン専用のものがオススメです。


普通の石けんより刺激が少ないように作られているので、敏感肌の人にもオススメですよ♪

 

 

 

 

その3、かぶれやただれで痛みがある時は石けんを使わない

 

デリケートゾーンはアポクリン腺と呼ばれる器官がたくさん集まっている場所で、脇と同じように意外とたくさんの汗をかいています。

 

汗をかいて下着の中が蒸れてかぶれたり、ただれたりして痛みが出たことはありませんか?

 

痛みがあるということは、肌が傷ついているということ。

 

そういう時は刺激になる石けんは使わずに、ぬるま湯でよく洗うようにしてください。

 

 

 

今回は「石けんで洗う時に気をつけること」として紹介しましたが、ボディソープでも同じように気をつけないといけません。

 

特にボディソープは石けんよりしみることが多いので、なるべく刺激の少ないものを選ぶようにするといいかもしれませんね^^

 

 

ニオイと黒ずみが簡単にケアできる美容液使ってみました

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。