タロット占い・高嶺 蓮

$蓮華化生 ~占い師 蓮龍 の徒然雑記~

■鑑定場所
  ●大阪市北区神山町 某店
  ●出張鑑定…近隣のホテルラウンジや喫茶店、またはご自宅など。
   (交通費実費)

■ご予約・お問い合わせ
  完全予約制とさせて頂いております。
  メールでのご予約をお願いいたします。
  rentakamine@yhoo.co.jp
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
ありふれた言葉をいくら並べてみても
あなたへの溢れる愛は伝えられない

どんな言葉も不確かで
まるで嘘のように流れてしまう

でもただひとつだけ確かなことは
あの時も 今も そしてこれからも
私はずっとここにいるということ

平凡な日々の中でも
嵐の様な日々の中でも
あなたを愛し
あなたのそばにいるということ

あなたのために私ができる事は
ほんの少しだけど
でもたったひとつだけ
ちゃんとできることがある

あなたが私を必要としてくれる
その想いがある限り
私はどんなときもきっとそばにいる

いつか長い年月が経ち
ふたりに老いがきても
心だけは変わらず共にいたい

テーマ:
お久しぶりな日記です キスマーク

先月末にお仕事で名古屋へ行ってからこっち、どうも体調が優れず、身体の芯から疲れが取れ切れていない感じで、何となくダルダルだったのが、とうとう昨日、本格的な風邪の症状で中途半端に寝込んでます。
(仕事してる以外は寝てる)

夫の
「今日は休んだら?」
の一言が、とても嬉しかった アップ

優しい言葉を頂くのは、本当に嬉しいですね。

そしてもうひとつ嬉しかった事。
結婚記念日に夫から、突然大きな大きな花束のプレゼント音譜

$カウンセリングとタロット 蓮 -REN-

結婚記念日は二人のお祝いなのに、一方的に私がプレゼントを貰うのも、何だかおかしな感じだと思ったんだけど、嬉しいのには変わりない。
今日も変わらず、愛し合えていることに感謝しますラブラブ


おとといの母の日には、長男からもお花を・・・ ビックリマーク

$カウンセリングとタロット 蓮 -REN-

もう、嬉しい事続きで、半分寝込んでいてもとても幸せです(笑)


お久しぶりな日記が、お惚気日記でごめんなさい あせる

先日、カウンセリング日記はまだですか!?って聞いて頂きました。
私の拙い文章でも、楽しみにして下さってる方がいてくれるみたいなので、体調が戻り次第、またボチボチ書き始めますね^^

どうしても女性目線になってしまうので、男性からの反感を受けない程度で(笑)

テーマ:
2日…お店のスタッフ達と一緒に、サ○ジのお家に遊びに行く。
 みんなで手巻き寿司巻き巻きしながらビールに焼酎^^
 サ○ジの手作り唐揚げとサラダで満腹♪

3日…お掃除お掃除お掃除…^^;
 夕食はハンバーグ&ミネストローネ。
 夜はDVD鑑賞♪

4日…お墓参りに泉南まで。
 とっても良いお天気で、ドライブにも最高♪
 帰り道で実家に寄って、丁度来ていた弟一家と、両親と一緒にコーヒー飲んで帰宅。
 夕食はぶっ掛けそうめんと鰻丼。
 またまた夜はDVD鑑賞♪

5日…前日に実家の母に教えてもらった草履作り^^
 いらなくなったTシャツで3時間ほどで完成!
 夕食は鶏と葱とにんにくの芽の炒め物と、青菜と厚揚げと豚肉としめじの煮物。
 あと、えのきのお味噌汁、お漬物。
 洗濯干したら今日は終了~♪

こんな感じで私のGWは終了しました^^
家事にお休みは取れないけど、お久しぶりの連休で、精神にたっぷり休養と栄養が取れました!

あ…母に教わった布草履作りは、とっても楽しいですよ♪
最初はこんな感じで編んでゆきます。

$カウンセリングとタロット 蓮 -REN-

足の指に引っ掛けて(笑)

$カウンセリングとタロット 蓮 -REN-

慣れればすぐに出来そう。

お部屋のスリッパ代わりにGOOD!ですよ♪

$カウンセリングとタロット 蓮 -REN-


$カウンセリングとタロット 蓮 -REN-

テーマ:
何だか最近雨が多いですね。
寒の戻りか、数日前からとっても寒いし、本格的な春が待ち遠しい毎日です♪

さて、私の近況ですが、何だかんだとバタバタする事もあり、今月に入って疲労MAXになりつつあったのですが(メインは睡眠不足^^;)、連休明けから子供達が春休みに入り、早起きしなくてよいので、今日はとってもすっきり爽やかに目覚めました^^

すっきり爽やかといえば…
私たちは今日まで、色々なものを抱えて生きてきました。
軽いものもあれば、重いものもある。
でも、もしその抱えている事を、全て隠すことなくいられたら…とっても自由で、お気楽で、すっきり爽やかだと思いませんか?

先日も少しコミットメント、相互依存の関係について書きましたが、今日は『秘密』について補足します^^
コミットメントする中で起こることがもうひとつ…それは『秘密』…隠し事が必要なくなるんですよね。

だって「この人と生きる」と、コミットしたのですから、余計な事をしようとも考えない訳で…そうすると内緒で誰かと連絡を取ったり、内緒でどこかに出かけたり、ヘソクリしてみたり、わざわざ携帯にロックをかけたり…なんて事はしたいとも思わない、その必要も無い…ひとことで言うとそんな事…
“もうどーでもいい” (笑)

…秘密が無い…必要も無い!

これは本当にとっても楽です!!!
声を大にしても一度言いますが、本当~に楽です(笑)

知られて困る事もない訳ですから、余計な神経使う事もない。
やましい事がないので、パートナーに対しても、自分自身に対しても堂々と、お気楽に、自由に考え行動できる。

そして不思議な事に、これには相乗効果が起こります。
自分がコミットすればするほど、相手もコミットしてくれるようになる。
何故でしょうね?(笑)
一度良い具合に物事が回り始めたら、良い方向性の勢いがつくように私は感じています。

私は彼を信頼し、全てを委ね自分を解放する。
彼も私を信頼してくれて、全てを委ね、自分を解放していてくれる。

私たちは生きる過程で、色々な事を隠し、重たい荷物を独りで抱えて生きてきましたが、これからは相手も一緒に荷物を持ってくれる。

遠慮や罪悪感なんて、ここでは必要ありません。
だって、相手もそうできる事が嬉しいのですから。

自分をぜんぶ知って受け入れてもらう。
自分も相手の全てを知り、受け入れる。

二人がコミットし合えばし合うほど、お互いに自由で、楽で、安心で…etc…^^
この関係…本当に本当に 本当~に“楽”ですよ♪<まだ言うか(笑)


最後に…私も今、毎日がとても平穏で安心で…そして自由です♪
夫に対し、ありがとうの感謝の気持ちと共に、これからも毎月コミットメント強化月間でいきますよ(笑)


テーマ:
『昼間のシカゴ』

魅力的な40代のビジネスウーマン、エステラが、携帯電話に向かって、決めつけるような口調でしゃべっている。
携帯電話会社の代表番号に電話しているようだ。

代表:フール・プルーフ・ワイヤレスです、どうなさいました?
エステラ:携帯電話が故障しているみたいなの。
代表:どんな故障でしょう?
エステラ:留守電が動いてないの。一週間もメッセージが入ってないのよ。
代表:電話をかけることはできますか?
エステラ:えぇ、かけることはできるんだけど…メールも届かないみたい。だって私がメールを送っているのに…。
代表:返事が来ない?
エステラ:(ほっとして)そうなのよ。それに電話もかかってこないの。
代表:お調べいたしますので、お待ちくださいね。
エステラ:どうもありがとう。(一瞬置いて)ほら、両親が年をとっているから、万が一のときに、連絡がつかないと困るかななんて思って。
代表:お待たせいたしました。問題がわかりましたよ…彼は戻ってこないみたいです。

(グレッグ・ベーレント+アミラ・ベーレント/大事にされない女達より)


男と女の違い…私も最近になってやっと少し解りかけてきたのかも…と思えるほど、また、未だにマジでっ!?って言っちゃうほど考え方の違いが多くありますよね。

我が家の夫は、典型的な男…男性代表選手なので、ある意味理解しやすいのかも知れません。
それでもつい最近まで、私にとっては解らない、知らないことだらけでした。
事あるごとに根気よく説明してくれる夫に、かなり助けられて今日まで来ている気がします。
ありがと ダ~リン♪(と、ちょっとノロケとく(笑))


例えば女の場合、どんな時でも間違いなく言えるのは「言葉」が必要。
男は「態度」で示すのが誠実だと考えている。
上記のショート・ショートなどその最たるものだと、面白くて転記してみました。

態度で示しているのだから、伝わるはずだ…と思っている男。
言葉で話し合っていないのだから、答えはまだ出ていない…と思っている女。
それぞれの考え方、言い分として決して間違ってはいないと思います。
でも、そこで男女の倫理観の違いを認識しておかなければ、いつまで経っても問題は平行線のままですよね。

女が男に相談する時、女は男に必ずしも答えを求めているわけではないのです。
女性は得てして言葉にして話す、そしてそれを聞いてくれる…それだけで満足するものなんです。
でも、男性はその女性の話しに対して、答えを出さなければ、もしくは、解決してあげなくちゃ…と思うみたいですね。

殆どの男性は悩みを抱えた時、自分の世界に閉じこもり、まず無口になるようです。
対して女性の場合、悩みを言葉にして話す事で、解決の糸口を見つけようとする。

私など、その最たる例で、相手(この場合はパートナーでも友人でも)に向かって話しをしながら、自分の気持も整理しつつ、その中で答えを見つけ出します。
必ずしも解決策を求めて相談をしている訳ではないんです。

女性の方は解るでしょ?そしてよくあるでしょう!?
ほら、私はただ話しを聞いて欲しかっただけなのに…ってこと^^;

そして次、男性が悩みを抱えて、自分の世界に入ってしまった時、女性は驚き、そして不安になります。
一体どうしたのか、何が気に入らなかったのか、何故沈黙しているのかすら解らないから、
「どうしたの?何かあったの?具合悪いの?」
…と、質問攻めにしてしまうのですが、そうすると益々彼の気持を遠ざけてしまう。

男性は考えるとき、自分の世界に閉じこもる時間が必要だという事です。
そして態度で答えを示します。

夫と打って変わって私は典型的な女…女性代表選手なので、私から見るとそこに言葉は全く無いし、男性には言葉は必要無いのかもって思うほど<極端^^;…もうまったく異星人です(笑)

男性が沈黙している間、女性は我慢。
じっと待っていなければなりません。
これって、女性にしてみれば結構辛い^^;
でも、愛するパートナーを信頼して、じっと我慢の子でいましょう。
答えが出たら必ず帰って来てくれます。
そして、態度で示す。
ちょっと優しい男性なら、言葉もくれます…でも、一言二言(笑)

こうした根本的な男女の違いを知っておくだけで、お互いにとてもスムーズに、そして楽にいることが出来ます。

例えばお互いに思いやる気持の余裕を持って、男性は女性の話を聞いてあげる…でもあくまでも聞くだけね^^
女性は男性が沈黙しているときは、そっとしておいてあげる…質問しない^^

それが出来るだけでも、お互いにとても感謝される事、間違いなしです♪


追記:逆バージョン

女性が男性に伝えたい時には、言葉は要りません、態度で示しましょう。
男性はすぐに察してくれますから。
男性が女性に伝えたい時には、言葉が必要です。
はっきり言葉にしない限り、女性はいつまで経っても(待っても)理解しません。

もちろんこれには良い事も含まれていますからね^^
愛してる…と、伝えたいとき、女性は態度で示せば良いんです。
朝、一杯のコーヒーを入れたり、ん~っと…清潔な下着をタンスに欠かさないでおいたり…とか、冷蔵庫にビールを欠かさないとか!?(突っ込みは無しで(笑))

男性は「愛してるよ」と“言う”…これだけです(笑)

テーマ:
ありふれた言葉をいくら並べてみても
あなたへの溢れる愛は伝えられない

どんな言葉も不確かで
まるで嘘のように流れてしまう

でもただひとつだけ確かなことは
あの時も 今も そしてこれからも
私はずっとここにいるということ

平凡な日々の中でも
嵐の様な日々の中でも
あなたを愛し
あなたのそばにいるということ

あなたのために私ができる事は
ほんの少しだけど
でもたったひとつだけ
ちゃんとできることがある

あなたが私を必要としてくれる
その想いがある限り
私はどんなときもきっとそばにいる

いつか長い年月が経ち
ふたりに老いがきても
心だけは変わらず共にいたい

テーマ:
面白い文章をみつけた

『自力本願な人は、「猿の子」のようだ。
なぜなら、猿の子は自分の力で母猿にしがみついて移動するから。

他力本願な人は、「猫の子」のようだ。
なぜなら、猫の子は母猫にくわえられて移動するから。』

「猫の子」は幸せ

でも

「猿の子」もきっと幸せ

私はどっちかな

選択するのも また 自分

世の中は 自分ひとりじゃ生きられない

愛する人 愛してくれる人 

どちらもいなきゃ 成り立たない

テーマ:
今日は少し、私自身のお話をさせてくださいね^^


私は小さい頃、とても複雑な家庭で育ちました。
ありとあらゆる精神的虐待…それに伴う寂しさ…孤独感…。
毎日毎日、幼い私は隠れて涙を流して暮らしてきました。
私は何も悪い事はしていないのに、何故?…という理不尽な思いと共に。

小学校の高学年になるまで、泣かなかった日はありません。
大げさに聞こえるかもしれませんが、事実です。

高学年になってくると、幼い私は私なりに自分の精神状態を保つため、無感情で過ごす事を覚えました。
周りの状況や状態に反応しない。
他人の感情に入らない、気にしない…。

そして私は感情を持たない子供になりました。

相変わらず悲しく辛い毎日である事には変わりが無いのですが、自分が無感情になる事によって、辛さが軽くなるような気がしました。
勿論、そういった自分の感情を家族や周りの人間に話す事もしませんでした。
話せる人もいませんでしたし、考える事すら捨ててしまいました。
辛くて、悲しくて、寂しくて…そんな自分の感情に、フォーカスする事は、私にとってとても苦しい事だったからです。

そして何が起ころうと、何をされようと、何を言われようと…私にとって大した問題では無いと自分に思い込ませ、淡々と暮らす術を身につけました。。。


そんな中で、唯一祖母が私の日常の面倒を見てくれていました。
私はその祖母に迷惑をかけたくないという思いから、とても大人しく、無口で小食な、良い子でいました。
わがままなんて、どうすれば良いのかも解らない。
欲しい気持も自分で気づかないようにして…誰にも迷惑をかけない。
それが幼い私に出来る、祖母に対する精一杯の気持でした。

私は祖母が大好きでした。。。


今…こんな年齢になり、カウンセリングなどをしているにも関わらず、自分自身の問題には時々幼い私が姿を現します。
頭で理解していても、感情はなかなかついて来てくれないものですね^^;

どうかすると、今でも私の愛し方、愛され方は、とにかく迷惑をかけないように…自分の感情は常に後回しにして、好きな人の負担にならないように、良い子(良い母、良い妻)でいる事…。

そうです、それは祖母に対して私がとっていた姿勢です。
そして嫌な感情には目を向けないで、楽しい事だけを考えて日々を過ごす…。
それは幼い私が自分自身を保つために培った方法。。。


いろいろな状況で自分の感情を抑圧(あたかも自分はそのような感情を持っていないかのように…)し続けて来た私は、自分は一体どうしたいのか、今でも時々自分の感情が見えなくなる時があります。
また、伝えなくちゃ…と思っても、感情的になる事を自分に禁止してきた為に、冷静に話しすぎて逆にムカつかれる事もあったり…(泣)

気持ちを押さえ込み過ぎ、自分の感情に向き合わないで育った私には、伝えないといけない事柄も認識でき辛く、そして上手く言葉にならず、本当の気持ちを伝える事が今でもとても苦手です。

そして幼い頃のように、やっぱり隠れてひとりで泣いていたり・・・。

本当の自分の気持をきちんと認識し、もっと上手に表現し、厭味なく伝えられるように…、そして自分の感情にももっと素直になれるように…。

今、私は私自身をもう一度理解し、その上でまだまだ学習が必要なのかも知れません…。

愛する人の為に…そして何より自分自身の為に。。。

テーマ:
私達にとってかな~り嫌な感情って『嫉妬』ですよね。
嫉み(そねみ)、妬み(ねたみ)、を続けて書くと嫉妬になりますが、全く持ってこれほど嫌な感情はありません。
ホントさっさと捨ててしまいたい^^;

では、どうしてこんなに嫉妬深くなってしまったのでしょう。
根底にあるのは、一言で言うと“自信の無さ”。
嫉妬というのは、必ず相手があって感じる感情ですから、例えば恋人同士や夫婦の場合、相手の女性(男性)より、自分が劣っているんじゃないか…向こうの方が自分より素敵だから、彼(夫)や彼女(妻)の気持が、そちらに移るんじゃないか…なんていう不安が嫉妬心を生むんですね。

自分が負けるかも…負けてる…と思った瞬間に、嫉妬の感情がムクムクと…(-゛-;)
だってほら、このひととはありえないな…と感じている時は嫉妬しないでしょ?

過去に沢山裏切られたりして、傷ついた経験のあるひとは特に、また裏切られるんじゃないか…、また捨てられるんじゃないか…と、不安になり、自分にも自信が持てなくて…。

仕事(をする自分)には自信があるんだけど恋愛(をする自分)には自信が無い…なんて事もよくある話しです。

悪い例として…
例えば彼女は彼に嫉妬して、不安で仕方がない訳ですから、彼がいつ、何処で、誰と何をしているか…が気になって仕方がありません。
彼にしてみれば、特に何もしていないにも関わらず、彼女がうるさく言ったり聞いたりするので、面倒になってきたり、だんだんと重たくなって来ます。
勿論潔白なのに、疑われるのも気分の良いものではありません。
そうすると彼は、悪気は無いのですが、うるさく言われる事が面倒なので、ついつい黙ったり隠したりして行動するようになります。
そしてそうされた彼女は余計に不安になり、もっと彼を問いただしたり、彼が持つべき自分の時間さえも疑ったり…。
そうなると彼は最終的には嘘までついて行動しようとします。
嘘をつかれた彼女は益々疑って………

完全に負のスパイラルですよね^^;

こんな事を続けていて、うまく行く筈がありません。
お互いに疲れてきってしまって、もう終わりにしよう…なんて事も。。。


さて、ではこの負のスパイラルから脱出しましょう!

パートナーに対して嫉妬を感じるあなたは、まず他人と比べて自分の価値を見出そうとするのは止めましょう!
あなたはあなたとして素敵に存在すればそれで良いのですから。
彼(彼女)は、あなたが素敵だと思ったから一緒になったのではなかったですか?
その事をもう一度思い出しましょう。

そして次に、パートナーはひとまず置いといて…自分磨きに精を出しましょう!
自分で自分に自信を持つ事が大切です。
『自信』とは、自分を信じると書きますよね。
もっと自分を信じましょう^^

あなたが嫉妬される側なら、とにかく パートナーを安心させてあげましょう!
何が何でも『安心』をあげてください。

不安は嫉妬心を増長させます。
パートナーはそれほどあなたのことを愛しているという事ですから、喜ばしい事です。
あなたもパートナーを愛しているなら、あなたは安心を与えて与えて与えて…与え続けてあげてください。

嘘や隠し事はご法度です!
やましい事が無くても!です。

言わなくて良い事は言わなくて良い…というのは、あくまでも言う必要性の無い関係間では…という時に使う言葉だと私は思います。
言わなくて良い事も言った方が良い場合もあるとは思いませんか?

ここは一つ、どうしていちいち言わなきゃならないの…面倒くさい…とは、思わないで。
相手にとって、それが一番不安に駆られる材料なのですから、話してあげるだけでパートナーは安心でき、楽になれるのです。

ただでさえ嫉妬深いのだから、異性と会ったり話したりする(した)事なんか話したら、余計に面倒になるんじゃない?
…と思います?
でもね、反対なんです。
かえって安心すると思いますよ。
話してくれて、ありがとう♪って、きっとパートナーは感じてくれます。

そうしてゆくにつれ、パートナーが安心感を得れば得るほど、嫉妬の感情も薄れてきます。
次にその安心感ゆえ、あなたの言動に対して疑いを抱く事も少なくなって来ますから、あなたも自由が得られます。
また何かある毎に、安心を与え続ける事によって、お互いに嫉妬を感じる事無く、信頼関係ががっつり結ばれ『相互依存』という、自由で楽な関係性が出来上がるのです♪



※『相互依存』というのは、お互いに対等な関係で、尚且つお互いに依存も自立も出来る…というフレキシブルで楽な関係です。
このパートナーシップの最終目標、『相互依存』についてはまたいずれ書いてみようと思います…^^


$カウンセリングとタロット 蓮 ~れん~

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。