Please choose the language. ↓Translate !!
Fri, October 28, 2011

Wild Senegal

テーマ:第5章 アフロスタイル ~2幕~
セネガルに入国すると風景は驚く程に一変する。

モーリタニアとセネガルの国境となるセネガル河を船で渡った後、
対岸のロッソ・セネガルに到着し、入国審査を済ませすぐに走り出す。

(国境付近で外国人に声をかけてくる人達はほぼ100%詐欺師であり、
あらゆる手を使って優しく親切そうに近寄ってくるが全て無視するように。
外貨両替なども、的確なレートが分からないと間違いなくボラレます。)


自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal01

今までの砂の景色が嘘だったかのように、突然の田園風景が現れた。

田んぼの景色は日本人にとっては心が安らぐもので、
僕に向かって手を振ってくる農夫達に手を振り返しては、
しばらくそんな景色の中でのんびりと一服した。

セネガル河の豊富な水をしっかり灌漑しているからだろうが、
何故同じ事をモーリタニア側では出来ないのか不思議である。

国境を越えた瞬間に国力の差をあからさまに感じた。

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal02

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal03

風向きはこの上なく素晴らしい追い風で、
一気に110km先のサン・ルイと言う世界遺産の町へ走る。

フランスの植民地時代に、奴隷貿易の拠点として作られ、
碁盤の目に整った街並は今もその姿を残してはいるが、
全くもってココが世界遺産に認定されている事が理解出来ない。

いわゆる「負の遺産」の分類なのだろうが、現在は普通の町だ。

建物はいい加減に建造されているのでほぼ朽ちており、
この町がこの町の状態で維持出来る時間は限られているだろう。

町の半分はほぼスラム化しており、治安が良い印象は無い。

風景は情緒があり赴き深いモノがあるのだが、
内海に投げ捨てられて溜まっている大量のゴミからは、
悪臭が漂い、害虫の温床となり水は激しく濁っている。

それでもセネガルきっての観光地と言う事もあり、
フランス人をはじめ世界各国から観光客が集まり、
サン・ルイ島は活気に満ちあふれていた。

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal10

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal09

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal08

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal07

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal06

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal17

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal15

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal12

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal13

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal11

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal14

セネガル初日と言う事もあり、ここで連泊した後に、
首都である『ダカール』を目指す事にした。

余裕を見て3、4日で走る予定で走り出したのだが、
70km先の目的地に早く着き過ぎ、着いた時にあまりにも
体力が余っていたので更に先を目指して走り出した。

そしてそれが間違いだった。

体力が付きすぎたせいかどこまでも走れる感覚があり、
集落も多く休憩するのも水分補給も今まで以上に容易だった。

しかしどこまで行っても宿のある町が全く無い。
目星を付けていた町の宿はシーズンオフで閉まっている。

150kmを走った頃には陽もだいぶ傾いており、
そろそろ宿泊場所を考えねばと思うが宿が無い。

野宿はかなり危険な感じなのでなるべく避けたい。

小さな村の商店でこの先にある宿の情報を聞くと、
『ティス』と言う町まで宿はないらしい。

そしてティスまでは60kmはある。


体力はまだ余裕があるもののどうしよう?

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal04

どこかでテントを張らせてもらっても良かったのだが、
何かムキになってしまいそのまま走る事にした。

完全に陽が沈み真っ暗な道路を、小さなライトをたよりに走る。

時より車のライトが追い越しては再び闇に染まる。

電気の無い景色の中に星空はどこまでも透明で、
空を眺めていると新しい星が次々と現れて来る。

道ばたにはあらゆる動物の死骸が転がっており、
自分もこうならないようにと思いながら、スリリングな
夜のサイクリングをここぞとばかりに楽しんだ。

『ティス』のホテルに付く頃には夜の10時を過ぎ、
走行距離はこの自転車旅で2番目である210kmを記録した。

流石に疲れてはいたものの、まだ体力に余裕がある感じがする。

アドレナリンが大量に分泌されているのか、なかなか寝付けず、
翌日はかなり眠かったが、そのままダカールを目指して走った。

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal16
セネガルではどこでも食べられる「ヤッサなんとか」結構美味しい。
自転車世界横断!!TERU-TERU project-meal01
タンパク質たっぷりの丸焼きチキンの半分と色々のせ。

ダカールは西アフリカで最大の都市である。

強烈な活気と雑多な交通状況は今の僕には刺激が強過ぎる。

ここで周辺国のビザを取得しながら体を休め、
更に先の西アフリカを目指したルート作成をする。

そして早速なのだが、予定していたルートで情勢不安などがあり、
今後のルート変更を余儀なくされ、悩みまくっているのだった。


宿情報 Hotel information

Saint-Louis サン・ルイ

宿:Auberge de Jeunesse L Atlantide 6200CFA/1day no internet

ロンリープラネットに載っている宿。値段が安いわりに清潔でいい感じ。
サンルイ島の少し北側にあり、近くには高いがベトナム料理屋さんがある。

自転車世界横断!!TERU-TERU project-Wild Senegal05

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Thies ティス

Hotel Masa Masa 16000CFA/1day wi-fi OK

町から少し西に外れた所にある宿。清潔でとてもいい感じ。
少し値段が高いが、このクオリティーなら仕方ないでしょう。

自転車世界横断!!TERU-TERU project-masamasa
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

TERU-TERUさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:まいど!

>おっさん!さん

まいどです。

体力の限界が分からなくなりそうですよ(笑)

ダカールでのミッションも終えたので早々に出発します。

進みますよ~。

1 ■まいど!

(^^)体力がすご過ぎですね!

パワーの源は?

競輪選手もビビりますよ(^^)

下半身ムキムキになってGパンが・・・・(^^)

少しは体を労わって下さいませ(^^)

安全運転


コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。