テーマ:
おはよう。

最近やたら太ったので、
朝からジムで走ってますなう。

と言うか、ジムに行き始めてから
むしろ肉ついた気がする!!

運動したーって油断して食べるから……。。。
今年中にベスト体重に戻すえーん



さて、
実は赤西仁さんが好きです。 

唐突な告白なんだけど(笑)
留学や脱退・ジャニーズ事務所の退所を経ても、変わらず好きで。

というかむしろもっと好きになった。

歌やルックスはもちろん、
あの行動力もすべて含めて、
カッコイイ!!って思うんです。

でも、
たまにKAT-TUNの曲を聴くと

「この頃は赤西くんがいたんだよなぁ、
やっぱカッコイイ」

とか

「この曲に赤西くんがいたら……」

とか、ふと思うこともあります。


だから、
「なんで脱退しちゃったんだろう……」
なんて考えることもありました。


やっぱかっこよすぎるよキラキラ


そしてカッコイイ男と言えば、
先日キャスト沖島さんの冬写真を撮ってきました!

やっぱカッコイイ。
並木道が似合う男!

12月からのデビューとなるキャストも4人いて、
そちらの撮影も行ってきて、
今月はなんだかカメラマンみたいな生活でした(笑)

新キャスト、お楽しみに✨



そして、僕の話なのだけど。


縁あって飲食店のプロデュースに携わることになりました。

というか、今お世話になっているシェアオフィスのリニューアルなのだけど(笑)

ぷちカレの代表になってからもう2年か。
その間ずっとここで仕事をしてきて、たまにお手伝いをする中で色々課題が見えてきて。
これは多分コンサルタントの職業病なんだろうね。

折を見てその辺りをご提案をして、それらの問題をクリアするには僕が経営に加わるのが一番早くて確実だった。

システムや複合業態展開、飲食メニュー、内外装等含めリニューアルしてみます。

わかってはいたけど、
1つのお店を預かるってやること結構多くて。
今はてんやわんや!

でも内装デザインの勉強は楽しい!
できる範囲はDIYしよ♪



ずっと、場所が欲しかったんです。

ぷちカレの代表になって2年、
今年はR執事も預かることになり、
それなりにたくさんのキャストを見てきました。

売れたいという彼らの望みを叶え、
女性の需要に叶うようにと、
色々な施策を行ってきました。
細かい内容は割愛するけど。

ひとまず今現在の僕の結論は
「組織をつくるには、まず拠点が必要」

イベントをするにも、
セミナーをするにも、
何をするにも、
人が集う居心地の良い場所を作らないといけない。

なら作ろう。




一年と2ヶ月前のブログ、
色々書いたやりたいこと。

書き散らした割には少しずつ実現してる。

デートプランのフルエスコートの仕組みは唯一無二と言ってもいいでしょう。

「ぷちカノ」と「おじカレ」の案は執事に吸収されたかな。

講師の仕事はひとまず始めたところで、
やってみてわかる自分の未熟さが歯がゆい。

オフィス経営のお手伝いはこれから始められる。

キャストは教育の場を設けて定着する人を増やそう。

あとは残せるものを残そう。
そのために僕が不在でも回る仕組みを整えてきた。

そして次の始まりの準備もしよう。
今の自分に不足している現代的なマーケティングや経営指標による財務管理、人材管理……とにかく必要なすべてを学びたい。

そういった意味でもシェアオフィスという経営者が集う場の責任者の任は魅力的だった。

平日はオフィスとして事業家の方々をサポートして、
土日はカフェとして美味しいカフェご飯でおもてなしして……。


更に向こうへ。
もっと先まで。

行きたい。

いきたい。

いきたい。






最近、
どこかやり尽くした感覚がありました。

このままの自分でぷちカレや執事を続けても、
これから先さりげないマイナーチェンジをする程度で、
きっとあとはルーチンワーク。
満たされないルーチンほどうんざりするものはない。

キャストとしても事務所としても、ひとまずやれることやりたいことはやり尽くしてしまった感覚。


閉塞感。



それに最近ずっと感じていた違和感が、
先日参加したイケメンフェスティバルで顕在化した。

あの場でずっと人々を見ていた。
イケメンフェスティバルという場で
評価される人間の特徴とは?

女性に媚びられる男?

何度断られてもニコニコ話しかけて、
必死でブースに誘導したり連絡先を交換しようとする人?

ブース内の身内で固まって、
だらだら雑談している人?

チラシ片手にお地蔵さんみたいになってる人?

歌って踊るAV男優?


定義は各人に任せるけど、
結局イケメンってなんだろうね?



みんなそれぞれ頑張って生きてる。
それ事態普遍的にカッコイイことだと思う。


でも今僕が思い成りたいと願うイケメン像と、
イケメンやレンタル彼氏に興味のある女性の多くが求めるイケメン像は、
きっと別物だと思う。

初めは何もわからなかった。
だんだんとわかってきて、
重なっていたときもきっとあると思う。
でも少しずつズレが生じていて、
今それが見過ごせないギャップとなって現れた。




僕は、
自分の「カッコイイ」に従って生きたい。

さほどお得感のない一回きりの有限の命で、
目先の金のために偶像やキャラクターになるのは僕は遠慮する。

多分この「カッコイイ」は言い換えれば美学やセンスのことであって、
こだわりだすとキリがないけど失えば人間のアイデンティティを損なう問題。

「美しい」ってなんだろうね?
きっと人の数だけ無数にあるんだ。
違って当たり前だし、
違うこともまた人間の魅力だと思います。


別にこの仕事が嫌いになったとか、
お客様に会うのが嫌になったとか、
そんなことは一切ない。

ただ自分らしく前へ突き進もうと頑張ってたら、なんかどこか突き破ってしまっただけなんだよ。

昔も今も
やりたいことをやってるだけなんです。
以上も以下もなく。

もっと向こうへ、もっと先まで。
行けるところまで。

強くなりたい。
かっこよくなりたい。
美しい生き方をしたい。


とか考えてたら、
ふと赤西くんのことを思い出したんだ。

赤西くんもきっとKAT-TUNを出るとき
メンバーとの確執とか事務所とのトラブルとか色んな憶測立てられてたけど、そんなガキみたいな理由じゃなくって、
きっとやりたいことをやりたかっただけなんじゃないかな?

そのセンスと美学を追求した結果、
そこを今飛び出していっただけ。

だからなんか
今はやたら楽しそうなんだよ、きっと。
笑顔が似合う男になった。



多分僕もまた、そういう時が近づいている。
赤西くんみたいなエンターテイメントの神に愛された存在を引き合いに出すのは申し訳なくて仕方ないけど。

でももう檻の中の低い山のてっぺんから
見える景色では物足りなくなってしまったんだ。
投げ入れられるバナナの味も、
なんだか前より砂っぽく感じる。

動物園は好きだよ。
楽しい思い出もたくさんある。

でも同じ山ならもっと高くて険しい山に登ってみたいんだ。
そのほうがきっと景色もキレイで、
山頂での食事も格別だよ。

理由?
「そこに山があるから」だよ(笑)
きっと理屈で考えても仕方ないね。





そろそろ行かなくちゃ。


まだどういう形にするか決めかねているけど、
来年1月以降ぷちカレのキャスト活動はなんらかの形でセーブをかけます。

元々キャスト活動は来年末までにしようと思っていたけど、少しだけ前倒しで。

まだここにいるし続けるけど、
少しずつ僕は薄くなる。
融けるように、融け込むように。

そしてそのたびにきっと、
僕はもっとカッコよくなれる。

それがあなたにとって
カッコよく写るかはわかんないけど。

あんまり咲き続けることが出来なくて、
咲いては散ってを繰り返す性分なんだけどさ。
あと一年間、
最後は一番綺麗な花を咲かせたいな。


そしてどこぞの高い山に登って成長したら、
まだ殺風景な檻の山も
もっとデコってキラキラにしよう。
まだここにはちゃんと帰ってくるよ、大丈夫。



ねぇ、



ありがとう。

謝るべき?でもそんな気分でもないんだ。
感謝しているんです。
あなたに、過去や現在のキャストに、ぷちカレを任せてくれた社長に……すべてに。

大したことできないからさ、
感謝の念を伝えたいんだけど、
自分らしく在ることくらいしかできないんだ。

だからせめて
それだけは曲げないように頑張るよ。

ありがとう。




変化を恐れるのなら
離れたとこで見ててよ。

でも出来れば、側で見ててよ。 
寂しがりなんだ、一人好きなのに(笑)

僕は僕なりに、
楽しんでもらえるように頑張るからさ。



バンッ

死と再生なんだ。
何度も繰り返している。

季節みたいだね。
冬だよ、でも同じ冬なんて二度と来ない。

人間にもできるよ。
講師のお仕事をはじめてから、教えることの大切さを学んだんだ。

君が嫌いな君ならね、
こうやって側頭部に指先くっつけてさ、
思い切って打ってごらんよ。

その瞬間、現実なんて何も変わらないけど。
でもあなたが変わることはできるから。
そしてあなたが現実を侵食していくんだ。
出来るよ、きっと。


これは何回目の生でしょう。

生き抜いていこう。
あなたらしく、自分らしく。

んで、ボロボロになっても、何か手にしても、バカ笑いをしよう。


なんかしたってしなくたって、
同じならあるがままに。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。