アメリカの画家 マーク・トンプソン

テーマ:

REMOVE-Confidentes by Mark Thompson

マーク・トンプソン 「コンフィデンス」 部分


椅子に座る女性の表情。タイトルのとおり、これから打ち明け話でもするような表情。姉か友人かわからないが、お茶を差し出している。


壁に描かれた凸面鏡と吊るされたシャンデリア。ヤン・ファン・エイク(Jan van Eyck)の「アルノルフィーニ夫妻像(The Arnolfini Portrait)」におけるイコノロジー(図像解釈学)を感じさせる。


その鏡の中に、本作の画家、マーク・トンプソン の自画像が描かれている。反対側の光景を「ラス・メニーナス」(Las Meninas) のように意識させ、画家自身の存在感は、ヤン・ファン・エイクの自画像のように、そしてベラスケス(Velazquez)が描いた国王夫妻のように、画家自身を凸面鏡に置いた。その自画像はベラスケスのように絵を描いている画家。


二人の女性のドレスは19世紀のようだが、マーク・トンプソンは現代の画家だ。1948年にコロラドに生まれた。


REMOVE-Mark Thompson : Confidentes

マーク・トンプソン コンフィデンス


全体像からは、フェルメール(Johannes Vermee)の「恋文」や「信仰の寓意 」、「絵画芸術(画家のアトリエ)」 にみられるように、カーテンと市松模様の床。扉の奥の部屋の二人に視線を誘う。


ルネサンス美術の絵画を独自の視点でアレンジしたような作品。


凸面鏡の画家は、ラス・メニーナスのベラスケスの縁戚ドン・ホセ・ニエト・ベラスケスの位置をも思わせる。つまりいろんな見方ができる面白い作品だ。サミュエル・ファン・ホーホストラーテンの「ピープ・ショー・ボックス」 の1枚にも見える。


このマーク・トンプソンは、静物画 も作品に多い。


REMOVE-The Arnolfini Portrait

ヤン・ファン・エイク 「アルノルフィーニ夫妻像」 1434 ナショナル・ギャラリー



REMOVE-フェルメール 恋文

フェルメール 恋文(ラブレター) 1667-1670 アムステルダム国立美術館


しばらくの間、果てしなく楽しませてくれるマーク・トンプソンの1枚だった。


REMOVE-Mark Thompson Colorado Painter


ほら、マーク・トンプソンがいる。・・・おしまい。




AD