バーン=ジョーンズ Sir Edward Burne-Jones

テーマ:

エドワード・バーン=ジョーンズ 「プシュケの結婚」 Psyche's Wedding 1895年 ベルギー王立美術館



REMOVE-Psyche's Wedding (1895), Royal Museums of Fine Arts of Belgium


何が好きかって、これが一番好きかも。タイトルに使われた結婚式の華やかさが一切ない。儀式が執り行われているのだ。古楽器から、結婚行進曲が聞こえてきそうだろうか。


僕にはレクイエムに聞こえてきそうだ。 エロス(クピド)が人間界のプシュケに恋をし、企んだのが「花嫁にはならぬ運命の娘を山の頂へ生贄として捧げよ」とプシュケの両親に神託をわたした。


彼女は人間界から天上界の人になる。永遠の命と蝶の羽をもらったプシュケだが人間界の命が終わったことになるのではないか。


REMOVE

プシュケには蝶という意味のほか魂という意味がある。彼女はエロス(愛)の生贄となったのかもしれない。


さてこの次に紹介する12連作の「クピドとプシュケ」の一番最後にアップした画像と比べてほしい。ほとんど同じスタイルである。ただタイトルが違うのだ。


連作では「The King and other Mourners abandon Psyche to the Monster」となっている。王と嘆く人々(弔問の人々)に決別し生贄となる(魔物のもとへ行く)プシュケ」で、連作では第ニシーンを、バーン=ジョーンズは、「プシュケの結婚」とした。たしかに物語ではクピド(エロス)とは結婚するのだが。


REMOVE

ということは、これは第ニシーンと最後の祝宴を重ねて描いたものではないだろうか。この「結婚」と意味するものは覚悟の「生贄」、つまりある意味、「生贄」になる相手との結婚である。それは新プラトン主義の「不滅」を意味しているのかもしれない。人間界から生贄として神に捧げられるプシュケ。天上と地上の儀式。


不滅とは命の不滅ではない。永遠に名が残る、子孫が続くなどという、プラトンの饗宴で語られる不滅である。


この作品はいろいろな解釈が生まれてくる。そこが好きなのかもしれない。


REMOVE

クピドとプシュケ(エロスとプシュケ)の物語はこちら。

モーリス・ドニ クピドとプシュケ の物語 連作



エドワード・バーン=ジョーンズ 連作 「クピドとプシュケ」 1922年 バーミンガム博物館&美術館



REMOVE-Oil Painting - Cupid and Psyche - Palace Green Murals - Cupid Finding Psyche Asleep by a Fountain © Birmingham Museums and Art Gallery

エドワード・バーン=ジョーンズ 「プシュケをみるクピド」

REMOVE-Zephyrus Bearing Psyche

エドワード・バーン=ジョーンズ 「山頂のプシュケをつれていく西風ゼピュロス」

REMOVE-Cupid Finding Psyche  「detail」,Psyche's Sisters visit her at Cupid's House,Psyche holding the Lamp gazes on the Face of sleeping Cupid and Psyche abandoned

魔物と勘違いするプシュケと姉妹、エロス(クピド)とわかった瞬間、怒るクピド
エドワード・バーン=ジョーンズ 「クピドとプシュケ」 二作品の部分(detail)  

REMOVE-Psyche set by Venus the Task

エドワード・バーン=ジョーンズ 「ヴィーナスに試練を与えられたプシュケ」

REMOVE-Psyche at the Shrines of Juno and Ceres

エドワード・バーン=ジョーンズ 「ユノーとケレス(セレス)の神殿にいくプシュケ」

REMOVE-Psyche giving the Coin to the Ferryman of the Styx,Psyche receiving the Casket from Proserpine

エドワード・バーン=ジョーンズ 「クピドとプシュケ」
「冥界へいくプシュケを乗せるカロン、プロセルピナに会うプシュケ、プシュケを運ぶエロス」

これらこれらはパレス・グリーンのフレスコ画だったらしい。あともうニ枚。プシュケの重要シーン。


REMOVE-Cupid and Psyche - Palace Green Murals - Psyche entering the Portals of Olympus,The King and other Mourners abandon Psyche to the Monster

バーン=ジョーンズ 「オリンポスに迎えられたプシュケ(SCENE 12)、プシュケの生贄(SCENE 2)」


ちなみにあと二点(1シーン)は楓のブログ にてアップ(26日0時アップ予定だって)。それは物語の1シーン。彼女が画像を使いたいってさ!


さて最期の「プシュケの生贄」とベルギー王立美術館の「プシュケの結婚」を比較してみて。


バーミンガム博物館&美術館の「クピドとプシュケ」のようなバーン=ジョンズの連作には こんなのがある。


薔薇物語

ペルセウス

聖ゲオルギウス

いばら姫(眠り姫
ピグマリオンの彫刻

「天地創造」の6日間

エドワード・バーン・ジョーンズ 「クピドとプシュケ」(エロスとプシュケ)



プシュケをみつけたクピド 今日は急いで書き上げたので、この作品は後日気に入った画像に変更。


REMOVE-Cupid and Psyche (Cupid Finding Psyche 1865),Manchester Art Gallery,

エドワード・バーン・ジョーンズ 「プシュケを見つけたクピド」 1865年 マンチェスター美術館

このシーンはヴィーナスが嫉妬して、エロスに醜い男を愛するように矢を打てと言われて来た所だろうか。手に持つ矢がクピド(エロス)にささり、プシュケに恋をする場面だと思うが。

大英博物館のほうは、プシュケが眠る噴水の水が描かれている。


REMOVE-Cupid and Psyche (Cupid Finding Psyche 1866),British Museum, エドワード・バーン・ジョーンズ 「プシュケを見つけたクピド」 1866年 大英博物館


全体像はクリックしてください。


バーン・ジョーンズの複数ある作品をアップしているが、あまりにも多い。


クピドとプシュケのシリーズはとくに何枚も描かれているようだ。


クピドとプシュケの物語は↓

モーリス・ドニ クピドとプシュケ の物語 連作

ちなみにマンチェスター美術館には「セカンドバージョン」があるというが、どれなんだろうか。美術書には画像がなかった。ポスターは参考にならないな・・・。イメチェンしてて。

次の作品、大英博物館の作品同様に噴水の水が流れているが作品の右端にみえる。この作品は実際に鑑賞していない。


ちなみにバーン・ジョーンズの「プシュケを捉えるクピド」はこちらの記事

エドワード・バーン=ジョーンズ


REMOVE-Cupid and Psyche (1865),Yale Centre for British Art エール大学英国美術センター(米)

エドワード・バーン・ジョーンズ 「プシュケを見つけたクピド」 1865年


マンチェスター美術館にある「プシュケをみつけたクピド」(プシュケをみつけるクピド)のセカンドバージョンが、このエール大学英国美術センター所蔵のもの。


テキストリンクはポスター画像やサイトでよくみかける色質だが、記憶では今回使用したものがオリジナルに近いと思う。


マンチェスター美術館の「クピドとプシュケ 」(←ポスター画像にリンク)だが、ほかのサイトでは僕の画像と色質が違う。あれはこのエール大学所蔵の作品 とポスターの色質との違いなんだ。



エドワード ・バーン・ジョーンズ パーンとプシュケ




REMOVE-Fogg Art Museum of Harvard Univer

エドワード・バーン=ジョーンズ 「パーンとプシュケ」(1872-74) フォッグ美術館


ヴィーナスから天上、地上、冥界の試練を与えられたプシュケ。水を計るよう言われたが失敗ばかりでパーンが助言しているところだと思われる。




プシュケを運ぶクピド 


REMOVE-London Borough of Hammersmith and Fulham

バーン・ジョーンズ 「プシュケをはこぶクピド」 1867年 ハマースミス・アンド・フラム・ロンドン特別区

ほかに制作年が不明の個人所蔵の作品もある。これらの作品はバーン・ジョーンズがモリスの抒情詩「地上楽園」に収めた「クピドとプシュケ」の挿画を下地として描いていったものだと思う。

たぶん「黄金の驢馬」にある「クピドとプシュケ」の物語から、モリスは抒情詩「地上の楽園」にとりいれ、その挿絵をバーン・ジョーンズがてがけた。

1867年の2枚の作品には、冥界の試練におとずれたプシュケに助言したカロンが描かれているのがわかるだろうか。小さいけれど描かれている。

クピドとプシュケ(エロスとプシュケ)の物語はこちら。モーリス・ドニ クピドとプシュケ の物語 連作



エドワード・バーン=ジョンズ  「ヴィーナスの鏡」



REMOVE-1873-77 at the Calouste Gulbenkian Foundation, Lisbon

エドワード・バーン=ジョーンズ 「鏡のヴィーナス」 1870-76年 グルベンキアン美術館

ウィリアム・モリスの「地上の楽園(The Earthly Paradise)」の挿絵「ヴィーナスの丘」を下地にした作品。1877年のグロヴナー・ギャラリーの開館記念美術展に出品した。


エドワード・バーン=ジョーンズ 「鏡のヴィーナス」は二枚の作品があるが、連作の「ピグマリオン」も同じく差作品ある。


エドワード・バーン・ジョーンズの描いたヴィーナスは多く、次の記事から連作「ピグマリオン」のニ作品、ヴィーナスの描かれた作品を鑑賞できる。


記事 「エドワード・バーン=ジョーンズ ヴィーナス巡り 」 これはすごい。

記事 「エドワード・バーン=ジョーンズ ヴィーナス賛歌

記事 「エドワード・バーン=ジョーンズ ヴィーナスの誕生(海から上がったヴィーナス


REMOVE-The Mirror of Venus (1866-77), private collection. Later version, completed

エドワード・バーン=ジョーンズ 「鏡のヴィーナス」 1866-77 個人所蔵

プラトンの「饗宴」でも語られているようにニ柱のヴィーナス像

記事 プラトン 「饗宴」 アプロディーテーの裏話

記事 4月の寓意 オウィディウス「祭暦」 から

記事 愛と美の女神アプロディーテー ヴィーナスの誕生


たぶんグルベンキアン美術館の「鏡のヴィーナス」を地上のヴィーナスとして描き、個人所蔵の「鏡のヴィーナスは天上のヴィーナスとして描き分けたのかと思っている。


REMOVE


鏡は「人生の三時代」をあらわしたり、「ヴァニタス(vanitas)」の象徴でもある。水に写る姿をルーベンスらが描いた「鏡のヴィーナス」と同じタイトルにしている。


記事 落日の寓意画  

記事 ギュスターヴ・モロー「人類の生」

記事 Memento Mori~「Danse macabre by アンリ・カザリ

記事 「鏡のヴィーナス



エドワード・バーン=ジョンズ キリストと聖歌隊



REMOVE-Choristers and Musicians



エドワード・バーン=ジョンズ 「愛の歌」 なぜだか英国人に人気のある作品。なぜ・・・。



REMOVE

愛の歌 1868-77 メトロポリタン美術館

REMOVE

愛の歌 1865年ディティール ボストン美術館蔵では曖昧に描かれている二人

REMOVE

愛の歌 1865年 ボストン美術館所蔵

愛の歌の 最初のヴァーションがこちらで、手にもつ詩歌集は鑑賞者にみえるように描かれている。メトロポリタン美術館の作品と比べて、古楽器を弾く二人の顔が曖昧に描かれている。


たぶんこの女性はマリア・ザンバコではないだろうか。赤毛のエキゾチックなギリシャ人。


メトロポリタン美術館所蔵の「愛の歌」(セカンドヴァージョン)は、その二人がはっきりと描かれているが、この製作途中に、バーン・ジョーンズが駆け落ちの約束を果たさなかった1869年に入水し自殺未遂をはかった。(オフィーリア・コンプレックスっていうもんですか?)



タペストリー



REMOVE

The Failure of Sir Gawain


また円卓の騎士のタペストリー。バーン=ジョーンズの1896年のデザイン。騎士の盾の紋章で誰かがわかるはずだが、今日はとりあえず画像をアップだけでご勘弁。


教会の扉の前は、まるで「いばら姫」のように階段にまで覆いかぶさっている草木。


REMOVE


騎士団の盾が樹木に掲げられている。当時はみんなそうだったのか?バーン・ジョーンズの「いばら姫」で王子がいばらの森にはいる場面では、眠っている騎士たちの盾が木にかけられていた。


バーン=ジョーンズ タペストリー、パネル編

記事 YSL&ベルジュのバーン=ジョーンズ

記事 バーン・ジョーンズ  アーサー王と円卓の騎士

記事 サン=ローランとベルジュのバーン=ジョーンズ

AD