売って、売って。

こんにちは。



もう冬ですね~。

家で鍋やら焼肉やらやりたい季節になってまいりました。

一人で鍋は寒すぎて涙出そうですが・・・・


内輪でこれを見ている人がいらしたら、どなたかやりましょう。



この前給料日でしたが、段弓審査の登録料と家賃で消し飛んだので

またかなり金欠な状態になっています。



というわけで先日は家にあったゲーム類をほとんど売り払いました。


ようやく新しくできたゲオがようやく役に立ちました。


3本売ると500円+。5本だと1000円。

7本だと勝手に1500円追加されるというシステムだったので、

とにかく古いものだろうが気にせずに片っ端から売りに出しました。



全部でなんと一万円強にもなりましたよ!!

まあ、14本売ったのでそのうち3000円はボーナスなんですけどね・・・

かなりおいしいシステムですね、これは。



今週はこれで余裕ある暮らしができそうです。



次は本とマンガを売る予定です。

受験ジャーナルとかって、売れるのかな・・・^^;




AD

千代作祭

こんにちは。



最近バイトをかなりの頻度でやっています。

給料日が待ち遠しい・・・。





火曜日は千代作祭に行ってきました。

千代作とは、高田馬場にあるラーメン屋です。


千代作では年に一回、この時期に来た人全員に景品がついてくる

スペシャルデーを設けています。

それが千代作祭。



ちなみに「まつり」ではなく「さい」らしいです。




なんか「お前はラーメンしかないのか」というコメントが

来そうな気がしてなりませんが、すいません、それしかありません。

もしくは納豆とふりかけ。



食費に金なんかかけてられません。



私は千代作の常連というわけでもなく、月に一回行くか行かないか

くらいのごく普通の客だったんですが、家が千代作に近いというのも

あって店主のおっさんとはよく顔をあわせていました。



そして、どういうわけかいつのまにかすれ違う度に声を掛け合う間柄に(笑)


その店主はおかしなことに、営業時間のはずなのに平気で

外のとおりを歩いていたり(食券持ちながら)、店の前の椅子で休んでいるのを

多く見かけます。


そうでもなければ常連でもない私と顔見知りになるわけがありません。


そんな不思議店主ですが、今では私のラーメンの好みまで覚えています。


「えーと、あれだよね!油少なめ!」


・・・よく月一の客の好みまで覚えているもんだなあ、とつくづく思います。

おそらく客の一人一人を大事にしているんですね。



さきほどの祭の話に戻りますが、もれなくもらえる景品も、

元常連の力を借りて発注していたりするそうです。



今回は浅草札屋による手作りの「千代作ストラップ」が参加賞でしたが、

なんでも本来はこのストラップ、一つ数千円もするそうな。

マジで手作りなので、表裏に文字やら絵やら書いたり鈴やらつけたり

するとそれくらいかかってしまうそうです。


元常連ということでめちゃくちゃ安く作ってもらったらしいんですが、

そういうつながりってあったかくて私は好きです。



・・・こんな話を聞いたのも実は昨日の朝バイト帰りの途中たまたま

通りで会ってその場で話し込んでしまったからなんですが、最後には



「春になって就職したら名刺持ってきてよ!」



といわれました。

うーん、こういうの好きです。



でも単価数千円かかるものを数百円に抑えられる立場になることを

考えるとそんなこと言ってられないかもしれませんね・・・(笑)


そんな千代作祭でした。

AD

部員総会

財相、強気で頑張れ。粘れ。




こんにちは。




日曜は部員総会がありました。

そこで来年度の主将をはじめとする幹部達が発表され、基本的に

私達の代が表に立って行動することはなくなりました。



正式な卒部は2月になるのですが、とりあえず道場に行く義務は

ほとんどなくなってしまいました。




道場にたまに顔を出しても同期はほとんどいないし、まあ寂しいものです。

来年度幹部の人事についてこんなところでコメントしても何の意味もないので

しませんが、トップのほうにはかなり期待してます。

頑張ってください。



お役御免となった私達4年ですが、意外と差し迫っている仕事が

一つだけあります。



それは、部報の原稿



部報とは、一年間の戦績と、部員一人一人が書いた熱い文章によって

構成されていて、私達の部は毎年これを作ってOB、OGのかたがたに

この一年の部の歩みを報告しています。


正確には高額で売りつけて部費の足しにしているんですがそこはご愛嬌。



私自身こういうものはギリギリまでやらない性格なので、

毎年毎年部報はかなり短期間で一気に書いてきましたが今年はそれも最後。



最後くらいはしっかり考えて何かを書こうかとも思っています。

今夜はバイトなので仕事中にでも考えてみようと思います・・・。

AD

昇段試験

うちの主将のある日の名言(伝聞)。





「~には、早○田の杉村太蔵になって欲しい」





・・・いや、意味がわからん。

激励なのか叱咤なのかすらもわからん。




そんな迷言に振舞わされ続けた代表部員のみんな、お疲れ様。





こんにちは。



先週の日曜日は昇段試験を受けました。

部活の仲間に誘われ、ノリと勢いだけで受けることを決意しました。




私は2段だったので、受けたのは3段です。

3段。




なんか「やってるぞ」って感じがありますよね。

初段でもなく、2段でもなく、3段。

3。三国志の、あの、3。 ・・・意味わからんですね、すいません。





最後の思い出として、取れたらまあ儲け物。実際そんな気持ちで受けました。

昇段試験では、技術面では射術そのものだけでなく基本的な動作も細かく見られます。

座り方、立方、歩き方、礼のタイミング・・・etc。



本来なら普通にこなせるものだとは思いますが、元来私はそのようなものは

軽視してきたため、あまり自信はありませんでした。

そもそもが私の心のどこかには「中たればどーでもええが」という考えがあります。




こんな人間はまあ、本来昇段試験なんぞは受けるべきではないのですが

受けちゃいました。ある程度はまじめに体配練習もしました。



ここまではいいのですが、納得いかないのが昇段試験にかかるお金。

試験を受けるだけで4000円ですよ!?


しかも、受かったら受かったで、登録料としてまた5000円とられるんです。

これには腹が立ちますね~。




しかも、当然2段の人間は飛んで4段を受けることは許されていません。

一つ一つステップを踏んでいかなくてはならないのです。

そして、受験料と登録料は段位が上がるにつれて徐々に上がっていきます。

ちなみに4段の場合は受験料が5000円で登録料が6000円です。




いや、とんだぼったくりです。

試験自体はまあいいとして、この異常な経費が非常に腹立たしくてしょうがないですね。

これで落ちたら二度と受けませんよ。


そんな○本弓道連盟ですが、もしかしたら私は卒論のために取材をしにいくかも

知れないのであまりここでの厳しい発言は控えておいたほうがいいかもしれません。

って、もう遅いですか。



・・・では、最後に。   えーと、金 返せ!!

入社前研修・・・

こんにちは。



先日問題作成の分の給料が入って幾分生活が楽になりました。

・・・って別にめちゃくちゃ困窮しているわけでもないんですが。




複数のバイトだと違うタイミングで給料が入ってくるので、

ちょっぴり得した気分になります。



・・・私だけかも。





さて、今月から入社前研修としての通信教育が始まりました。




一つ納得いかなかったのはしっかり受講料を徴収されたこと



・・・なんかおかしくないですか?



まあ、コースを取捨選択できたので、私は最低限必要そうな

「金融法務」「財務入門」だけ受講することにしました。




今月から一応始まっていたのですが、教科書等は実家に送付

されることになっていたので実際に手をつけたのは昨夜からでした。



・・・めんどくさい。



久々に”教科書”ってものを手にしました。全く頭に入りません。

一応レポートのようなものを提出することになっているので

期限ぎりぎりになったら本腰を入れて勉強することにはなると思うんですが、

読んでいてもあまり面白くないなあ。




こんな知識の蓄積なんかよりも、重要なのはやっぱり実務だよな、

と勉強する前から思う私は多分ダメ野郎です。



最近は卒論というヘビーなものにも取り掛かっているので当分はPCと

向き合う日が続きそうです^^;