04年秋

テーマ:

こんにちは。




すいません、最近公務員試験からあまりにも

遠ざかっていたので「04年夏 」の続きを書くのが遅れてしまいました。



もうすぐ冬ですね。

本当にすいません。


では、例によってどなたかの参考になればということで

昨年の9~12月頃の私の勉強状況を書いてみようかと思います。



とはいえ、8月まではかなり順調に勉強できていた私ですが

9、10月はさほど勉強に集中できていません。


この時期は部活が一番熱い時期だったので勉強への

熱意が少し薄れていました。


やっていたのはとにかく

セレクションミクロ、マクロの反復。

これに尽きます。


基本書がある程度読み終わっていたので

たとえ初見で解けない問題でも解説さえ見れば

何をすればいいか、どういう考えを出題者が求めているかが

この時期にはわかるようになっていました。


6月頃は解説見ても「???」だったのでこの点は進歩が見られます。


他の科目は

憲法をやはり夏のように一日10問くらい。

財政学をスーパー過去問ゼミを2周くらい立ち読み。

統計学は「入門統計学」を試験の範囲内で自分ノートにまとめ。

民法完全に挫折


といった状況です。正直あまりやってないです・・・。

財政学の知識部分に関しては冬に詰め込めばいいと思います。

理論部分はミクロ、マクロの延長線に過ぎない問題が多かったので

私は立ち読みで済ませてしまいました(笑)



さて、そんなこんなであっというまに10月も終わりが近づいてきて、

このままのスローペースだとやはりまずいのか、それとも意外と

力は付いてきているのかを知りたいと思い某予備校で行われる

リバイバルハーフ模試を受けてみようと思うに至りました。


これが11月の中旬くらいにあったのではないかと思いますが、

この結果が思ったよりも良くなかったので、私は周囲でも評判のよかったゼミに

入ろうかとこの時期思いました。周囲に国Ⅰ経済職を目指している友達が本当に

少なかったので、ペース配分を考える上でもゼミは役立つだろうと思ったのです。




ゼミの筆記試験は殆ど論述式でしたが私はある程度基本書を読んでいたので

なんとかなり、12月からゼミの講義が始まることになりました。

再び経済理論を頭からやり直すことになるので、財政学、統計、計量、経済事情

と挙げていけばキリのない他の科目は果たしていつ手をつけられるのだろうという

不安も交じりつつ、この秋は終わってしまいました。




振り返ってみるに、秋という季節はどうしても気持ちはあるものの勉強が

なかなか進まない時期だと思います。各省庁または合同での業務説明会

始まってくることからテンションは結構上がってくるとは思いますが、その分

勉強以外で忙しいことが増えてくるせいか、どうしても勉強に関してはやや中だるみ的な

傾向が出てきてしまうかもしれません。少なくとも私はそうでした。




試験を終えた自分の感想としては、この時期はそれほど焦らなくていいと思います。

むしろ民間での就活などにも参加していろんな意見に触れて、もう一度自分の

志望を確認しなおすことのほうが重要ではないでしょうか。

勉強だけなら冬からの追い込みでなんとかなります。



しかし、本当に自分のやりたいこととできることがまとまっていない段階で

試験に臨んでも、最後の最後に待ち受ける官庁訪問ではあまり望ましい

結果が出ないような気がします。



なんだか勉強法以外のことのほうが多くなってしまいましたが、

私自身の04年秋に対する感想としてはこんな感じです。



来年受ける皆さんは本当に頑張ってください!!

AD

納豆はどれがうまいか、でスーパーにいた婦人とその場で議論。

結局自分はもっとも安いのを購入。








こんにちは。







しょうもない毎日を送っています。



最近は実家、バイト先までの交通費を削りに削って

遊びほうけているのですが、ついに限界が来ました。



昨日、家賃を払うために口座から金を下ろしたのですが、

預金残高が・・・なんと!!









1575円!










長篠の戦いかよ!?





そして、家賃をはらった後の財布の中身は・・・









672円!!







壬申の乱までさかのぼっちゃったーーー!?



急いで部屋の中のへそくりを探し始めたのですが見つからず。

現在家にある食材は、


米(1週間分くらい)

餅数十個(3年前くらいに弟からもらった)

醤油(固形化が進行中)

塩(夏に同期から差し入れしてもらった)

野沢菜ふりかけ(1年前の夏合宿のお土産)

ソース(ブルドック)

焼酎(何時かの宅飲みの残り)

梅干(焼酎用に買ったものの残り)

日本酒(2年前くらいの誕生日に後輩からもらったもの、残り微量)


のみ。


とりあえず雀の涙ほどの現金で

納豆、卵、野菜一日これ一杯(1ℓ)を購入したので

一週間くらいはなんとか生きていけると思います。



バイトを始めてこのかた給料前借りなるものを一回もしたことのなかった

私ですが、とうとうやっちまうかもしれません。



オフに入って、いろいろ一緒に飲みに行きたい人がいるのに

これじゃあ身動きがとれません・・・



世の中金。



日雇いをやるしかないです。


AD

こんにちはー。




金曜の朝刊は私の眠気を一瞬で覚ましてくれました。



「商工中金の民営化検討」


現在全部で八つある政府系金融機関

三つ以下にスリム化してしまおう、という話らしい。



・・・経済の動きを考えるとこの動きは至極当然なんですよね。

不景気の頃は政府系金融機関はそれこそその必要性が

かなり大きかったと思いますが、最近の景気回復の状況を

見るに、そろそろ民間金融機関も積極的な融資が可能になってきて、

政府系金融という財政支出をかける必要がなくなったわけです。



不景気なときは政府が積極的に資金を流し、民間投資を刺激する。

好景気なときは無駄な支出を削減してスリム化を図る。

つまり「民でできることは民に任せる」ということ。



シンプルに言ってしまうとこれだけなんですよね。




これが正しい順序だと思います。



実際、数年前までは政府系金融機関の統合なんてやりたくても

できなかった。それがここまで現実味を帯びてきたのはひとえに

昨今の踊り場脱却等の強気な市況が明らかになったからでしょう。




ということでこれは客観的には明るいニュースと捉えていいはずですが

そこに来年の春から働く私には微妙なものであると言えます。




この記事を見るに、私の就職先はある程度身分が保証されていますし、

うちの主たる業務の必要性も政府は重々理解してくださっているようですから

それほど心配はしていないのですが、今後の計画次第では

どうなるかはわかりません。



財務省に内定している同期の友達には一応念押ししておいたのですが

現段階でこれでは100%無意味でしたね(笑)



しばらくは見守るしかなさそうです・・・





AD

こんにちは。

久々のバイト明けです、眠いっす。



今回は東京近辺の地理がわかる人にしか通じない話に

なっています。あらかじめご了承ください。



最近自転車が楽しいです。

先週は久々に自転車で実家に帰りましたが、ちょこちょこ

ルートを変えてみると新鮮でまた違う楽しみが味わえます。




ルート1(第一回往復路) 所要時間2時間10分

馬場→明治通り→渋谷→玉川通り(246)→二子玉川→多摩川

→ガス橋通り→平間→家


これが一般的なルートです。とにかくわかりやすい。

二子玉川までほとんど曲がらないんじゃないかな。

246は東急沿線を一直線。三軒茶屋、駒大前などを通ります。

ただ、川崎市に入ってからがとにかく長い

目印の少ない多摩川沿いを延々と30分くらい走ることになります。

この前はここでよくわからないところを曲がって迷いました。

二郎に救われましたが・・・



ルート2(第二回往路) 所要時間2時間半

馬場←明治通り←渋谷←山手線沿い←五反田←迷う←中原街道

←多摩川←ガス橋通り←平間←家



これは前回の実家から馬場に帰ったルートです。

多摩川をどこまで走ればいいのかわからなくなって二子玉川から

相当手前の地点で東京入りしました。これが中原街道です。

こっちの道は東工大のテリトリーである雪谷、旗の台などを通りました。

坂が多いんですが、玉川通りに比べて人が少ないのでのんびりできます。



が、どういうわけか五反田付近で通りから外れて迷ったためにそこからは

山手線沿いに探り探り帰ることに・・・

五反田~目黒間の地獄坂は忘れられません。

でかい通りから外れてはいけないといういい教訓になりました。

渋谷からは従来通りのルート。


ルート3(第二回復路) 所要時間 1時間10分

新橋→霞ヶ関→桜田通り→多摩川→古市場→家



今日は0時~5時までバイトで、そのまま自転車で新橋から

実家に帰ってきたのでこんなルートです。



つまり家から新橋までも自転車で来てるわけです。

もはや私を止められる者はいません(笑)


ルートX(バイト経路) 所要時間 30~50分

馬場→新目白通り→九段下→内堀通り→銀座付近

→銀座→バイト先


頑張れば電車よりも早く着きます。

自分でもどうしてそんなに早く着くのかよくわかりません。

190円出すのが馬鹿らしいですね。

そんなわけでルート3は霞ヶ関から桜田通りで真っ直ぐ

横浜方面に向かって突っ走ります。

桜田通りは正式には国道1号線です。



タイトルの意味はもうおわかりでしょうか?




バイト終了直後はまだ真っ暗でした。

暗闇の中、まだ車もまばらな国道1号線をひたすら直進!!

寝ていないにも拘らず勝手に熱くなってしまいました(笑)


しかし、やけに下り坂の多かった桜田通り。

これから馬場に帰るときはとてもじゃないですが

使う気にはなりません・・・

五反田あたりはずーーーーっと上り坂。死ぬる。



三田付近を通るので結構道草食うにはいい道なんですが、

無難に中原街道から麻布あたりを通ったほうがよさそうです。




今度は道場にチャリで行く予定です。



ああ、ホント、どんだけ暇なんでしょうね・・・


暇だぁ

実家にいると太る。




こんにちは。


暇です。


とにかく暇です。


しかしまだ弓を引く気分にもなりません。



家にいたまま暇な時間をもてあましていても

浪費をするだけだと判断した私は昨日実家に帰ることにしました。


しかし、そこはここ数年経験してないほどの暇さ、

ただでは帰りません。


いや、タダで帰りました。



わざわざ自転車で実家に帰ったのです。

私は一人暮らしを始める際も自転車で今の住居に

向かったものですがこれでようやく一往復を達成したわけです。


実家といっても私の場合、川崎という結構近場なので

それほど不可能なことでもありません。

行きは道がよくわからなかったので朝出発して昼にようやく到着、

という有様でしたが今回は2時間ほどで着きました。


川崎市内の地理よりもすでに都内の地理のほうに詳しくなっているのが

悲しいですね。多摩川沿岸から家までたどり着くのにかなり迷ってしまいました。


高津区からなんとか近場の中原区まで帰ってきたものの方角がよくわからず

さまよっていた私が仕方ないから交番にでも聞こうかと思い始めていた頃、

偶然たどり着いたのが

「ラーメン二郎 武蔵小杉店」


でした。


ラーメン二郎・・・・・・K大生なら知らない人はいないと思われる超個性的な

ラーメン屋。その独特な太麺、大量のにんにく、常識はずれの量は

女性客を寄せ付けない圧倒的なパワーを持つ。

「にんにく入れますか?」の呪文はマスターすると自分がすごい

玄人になったのではないか、という錯覚を覚わせる。この瞬間が好きで

二郎に通いつめてしまう人間も後を絶たないという。本店は三田にあります。

ちなみに高田馬場にある支店も私は好きです。



武蔵小杉店は過去に私も来たことがある店!

ここでようやく自分の現在位置がわかった私は

無事に帰宅することができました。ありがとう、二郎。


しかし、今日はかなりの筋肉痛・・・

情けない。

このままだと体が弱まるばかりです。


週一で実家と馬場を往復するくらいになると体にいいかもしれませんね。