企業理念を作って「いい会社」への第一歩を踏みだそう!

企業理念研究家の青木篤実です。
子どもたちに幸せな社会を残したい。
そのためには、しなければいけないことがたくさんある。
解決のための特効薬が「いい会社」を増やすこと。
だから「いい会社」がいっぱいある社会をつくりたい。

日本には「いい会社」がたくさんあります。


「これから、いい会社」もたくさんあります。


「いい会社」にしていきたい方もたくさんいらっしゃいます。


そして、「いい会社」を一社でも増やすために私はいます。


「いい会社」の第一歩は企業理念からです。


何かお手伝いできることがあれば、お声かけください。




「いい会社」を増やすことは、日本を「いい国」にすることです!




NEW !
テーマ:

篤です。


企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。


「残業難民」なるものがあるそうです!


会社が残業を禁止したり、

「ノー残業ディ」を強化したりして、

定時で帰らざるを得ない・・・、

けれども帰りたくない人たちのことのようです。


会社は、社員の幸せを思って、

残業をしないで家族と過ごす時間を増やしたり、

趣味や勉強の時間に使えるように・・と

配慮したつもりが、「残業難民」・・・。


どうしてこういうことが起きるのかというと、

早く帰ると、

家族からうっとおしがられる、

家事を手伝わされて、余計に疲れる、

家に帰ってもつまらない、

などがあるようです。


とりあえず、残業していれば、

家族からは「大変そう」に思われるし、

会社からは「がんばってる」と思われるし、

残業代は加算されるし、

余計なことを考えるよりは、

「五時から男(女)」していた方が楽なのだそうです。


特に女性は、残業しないと男の人より

ずっと評価が厳しくなる傾向があるようです。


はっきり言って、

企業理念を軸にして、

みんなで仕事をする時にはがんばって、

それ以外の人生もしっかり楽しみましょう!

という考え方とは全く異なります。


会社で「ヒマつぶし」されても困ります!

(残業をがんばる人は、

昼間だらだらしていることも多いそうな・・・)


日経ビジネスによると、

残業削減の公式があって、

「仕事の絶対量の減少」×「効率向上」

×「家に帰りたい気持ち」 だそうです。


対する会社は、

強制的にPCをシャットダウンしたり、

消灯したり、反省文を書かせたりと、

あの手この手で対応しています。


SCSKというIT関係の会社は、

残業を削減した分を部門にボーナスとして、

還元しているそうです。


会社に居場所を作ること、

認めてもらうこと、

役に立つこと、は大切ですが、

会社だけになっては困りますね・・・。


社員の給与は投資であって、

費用ではありませんが、残業代は費用です。

会社としては、削減したい項目です。


本当は、残業をしないことで、

会社も社員も家族も喜ぶばずなのに・・・。


残業難民を取り込むために、

活性化しているビジネスもあります。


ハッピーアワーとして早くから飲める店、

飲食物持ち込み可のスペースなどです。


変な世の中になったなぁと思いました。

なんのために働いているのか、

ということが見失われていますよね!


最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

関東地方でも梅雨明けしましたね!

いよいよ!!と覚悟して、おびえていました。

日中は暑かったですが、

夕方からはとても涼しいです。

夏でもこれくらいならいいのになぁと思います^^

地震も頻発しています。

いつどうなるのかわからないのですから、

家族のいる方は、さっさと家に帰って、

家族との時間を愛しんで欲しいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。


企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。


*******************************************

今日は週刊メルマガを発行しました。

先日ご紹介した「いい会社」ひむか勉強会の

坂本光司先生からの学びを書きました。

もちろんブログとは違う内容です^^

読んでくださる方は、右上のご質問フォームから

ご連絡くださいませ^^

*******************************************


日経ビジネスのドラッカーの教えの実例として、

北海道健誠社が紹介されていました。


北海道旭川市にある、クリーニングの会社です。

創業は1992年、まだ若い会社です。


創業者である滝野喜市氏の考えは

とても素晴らしいです。


二代目である、現専務の雅一氏のお話しでは、

最初は高圧的マネジメントをしていたようです。


利益至上主義で、

「辞めて結構、代わりはいる!」という考えでした。


ところが病気がちになり、

「社員に嫌われてまで、

何のために頑張ってきたのだろうか・・」と思い、

ドラッカーを学んだようです。


「会社の存在意義は、顧客の幸せにある。

利益は尺度にすぎない」と気づきます。


そして、創業の志である、

「患者さんの療養環境を快適にしたい!」

という、世の中の役に立とうとする志を

思い出したのです。


病院向けの寝具リースは、利権の多い業界で、

且つ、借金返済の重圧から、

利益重視になっていったのだそうです。


2008年にはスローガンとして、

「改善は幸せのため、

利益は幸せの継続のため」を上げます。


そして経営数値を公開すると共に、

利益の使い道までを議論しています。


幸せの継続のためであるならば、

どのような使い道が目的に叶っているのか、

という視点です。


ここまで舵を切りきれるところが

すごいと思いました。


理想とする社会貢献とは、

「社会貢献」と「利益追求」は矛盾しない。


言い切っています!素晴らしい!!


バイオマス燃料のボイラーを採用し、

環境にも配慮しています。


「障がい者雇用に洗濯屋は一番いい」

として、沢山の雇用を生み出しています。


2013年には、障害者雇用優良企業として、

北海道障害者雇用促進協会より

表彰を受けました。


<合言葉>

わくわくさまで~す!


行動指針はありますが、

企業理念がありません。


<企業理念(推定)>

当たり前のことを

当たり前にしたい


病気などをきっかけとして、

企業理念に目覚めた経営者は強いです。


何があっても、もうブレません。


北海道健誠社も、もっともっと働く人を

幸せにする会社になると思います^^


最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

すれ違う時とか、メールの書き出しで、

「お疲れさまです」というパターンが多いです。

言うだけで疲れるし、聞きたくないし・・・。

私は使わないようにしているのですが、

とっさに言葉が出てこなくて困ることもあります^^;

「わくわくさまで~す」とお互いに言えたらいいですね^^

あ、「おかげさまです」にしようかしら!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。


企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。


美味しいお菓子を頂きました^^


紅谷鎌倉の「あじさい」です。

第22回 全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を

受賞しています!


ケーキのスポンジ部分を圧縮して

焼き上げたようなお菓子です。


あじさいの花びら(?)に見立てて

アーモンドを散らしてあります。


「クルミッ子」と「鎌倉だより」も

賞をとっています。


国菓子大博覧会で名誉総裁賞を

受賞しています!


創業は1954年、今年で62年になります。

同族会社です。


鎌倉の風情や文化に縁のあるお菓子でありたい、

手作りのおいしさで、お客様の想いを

何よりも大切にする企業でありたい、

と「ありたい姿」を明言しています。

 


<企業理念(経営理念)>

常においしさを追求し続ける。


おいしいお菓子とサービスで

お客様の笑顔を作る。


<社訓>

昨日より今日をよりよくするための

向上心を常に持つ。


人の和なくしておいしいお菓子は作れない。


 

「○○は、するな」という社訓はありますが、

こういう文章は珍しいです。


「おいしいお菓子を作るためには、

人の和を大切にせよ。」

というパターンの方が多いです。


 「~作れない」だからどうするのか?

というところを考えさせる社訓なのだと思いました。


 

<目標>

お客様の感動を、おいしいお菓子を通して

どのように創造していかを常に考え、

チャレンジし続けていく


 ただの土産菓子ではなく、真の「ギフト」であり

「勝負菓子」として選び続けていただく


 

オフェンス型のお菓子屋さんです!

「勝負服」という言葉は知っていましたが、

「勝負菓子」というのもあるのですね^^


製作している様子が、

クラッシック音楽をバックに動画になっています。

「クルミっ子」の動画は、職人技です^^


<コーポレートメッセージ>

手作りだから伝わる想い

広がる縁-enishi-


 強気の攻めを思いながらも、

空間的(作業場の様子や、栞のレイアウト)にも

お菓子の雰囲気にも、

ゆったりとしたものを感じました^^


今日は夕方は23度と、涼しくなりました。

日中は小雨が降ったり止んだりで、

少し蒸しましたが、過ごしやすかったですね^^

この雨が上がると、いよいよ夏本番のようです。

大暑からこっち、涼しかったので、怖いですね^^;

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。


企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。


鎌倉紅谷をさがしていたら、

青山紅谷に行きついてしまいました^^


和菓子屋さんです。


紅谷さん・・・なんと受注生産の

和菓子屋さんなのです!


店舗はありますが、お受け取りのみです。

「予約限定販売」です。


創業は1923年、今年で93年になります。



<企業理念(使命)>

本当に良いものをお客様にご提供する。


<コーポレートメッセージ>

素材にこだわった伝統の味わいをお届けする


素材にこだわればこだわるほど、

破棄することがしのびなくなりますよね・・。


一つひとつ丁寧に作ったお菓子だからこそ、

完売したい・・。


完売したら、閉店します!というのも、

流行りすたりの激しい昨今では、

なかなか難しいやり方だと思います。


93年の看板を維持するためにも、

受注生産に踏み切ったように思いました。


一般の人に販売するなら、

口コミを起こさないと大変です・・。


企業のOEMか何か、

別の手段をもっていらっしゃるように思いました。


大福が美味しそうです^^

今、塩豆大福を食べたばかりのに^^;


最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

日本は食品の廃棄がとても多いと聞きました。

食べ物はムダにしてはいけませんよね。

他の生物の命を頂いているのですもの。

お米一粒も大切にしなさいと

育てられた世代です^^;


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。


企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。


7月21日、「いい会社」ひむか勉強会に

参加してきました。


「ひむか」というのは、宮崎のことです。

神話の里であり、天領でもあったところです。


日向(ひゅうが)をやまと言葉にすると、

「ひむか」になります^^


ここの勉強会の特別篇として、

幹事をなさっているグローバル・クリーンさまの

経営方針発表会に合わせて、

坂本光司先生の講演がありました。


『日本でいちばん大切にしたい会社』シリーズの

著者です。


日本でいちばん大切にしたい会社の定義が

ありました。



○業績や勝ち負けではなく、

人(生命と生活)をトコトン大切にしている会社


○社員や関係者が

自分たちはトコトン大切にされていると

実感している会社


利益というものは、ご褒美であり、

人を大切にしている会社に与えられるものである。


反対に赤字経営というのは、天罪であり、

社員の働きをないがしろにするものである。

とのことでした。



経営者は大変です。。


人を大切にしなければならないし、

それを感じてもらわなくてはならないし、

社員の努力を無にしてもならない。


経営者は、関わる人の幸せをもって、

我が身の幸せだと思えなればならないのです。


社員は、最初は感謝していても、

次第に「してもらって当たり前」と考えがちです。


経営者は人を大切にする。

社員は、お客さまやお取引さまを幸せにする。

そして感謝の輪が広がっていく・・・

というのがいいですが、

当たり前を当たり前にしない仕組みも必要ですね^^;


「あなたが逆の立場だったらどう思うか?」

ということを常に考えて、

大切にしていかなければならない、とのことでした。


これは社員にも言えますね!

もちろんお客さまやお取引さまに対して、

立場を変えて考えるとも必要ですが、

「あなたが経営者だったらどう思うか?」

という視点も大切だと思いました。


「全員経営」という在り方では、

お互いが大切な存在でなければなりません。



「目の前にいる人に一番いいことをして差し上げる」

これが経営学の鉄則です。


それが、現在のお客さまだけではなく、

未来のお客さまに対するものとなっていくのです。



「人はみんな障がい者」という考え方が新鮮でした。

生まれた時はみんな自分では何もできないし、

歳を取れば、あちこち動かなくなって、

不自由になっていく。

同じではないか!とのことでした。



もう一つ新鮮だったのが、

「いい会社」になりたければ、

「いい会社」とつきあいなさい!ということです。


「いい会社」になりたいと懸命に努力していても、

取引先が理不尽なことを要求してきて、

それを受けているようでは、

いつになっても「いい会社」にはなれない。


・・・とはいえ、背に腹は代えられない・・と

涙をのんでいるのです・・。

NOと言える強さを持たなくてはならないと

思いました。


『致知』で読んだと思うのですが、

イエローハットの鍵山氏も、

耐えがたき耐えた挙句、要求を蹴りました。


今度は相手が頭を下げてきても、

絶対に取引を再開しなかったそうです。


この時、蹴っても大丈夫だという

経営状態ではありませんでした。

それでもNOという時には、言ったのですね。


その他、経営に関するいろいろなことを

学ばせて頂きました!


その他は、メルマガでシェアしますね^^


最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

今日は久しぶりに晴れて嬉しかったです^^

九州では快晴で、気持ちよかったのですが、

行くときも、帰ってからも、曇りか雨・・・。

とはいえ、この涼しさはありがたいですね^^;

晴れてもよし、雨でもよし^^/

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。