企業理念を作って「いい会社」への第一歩を踏みだそう!

企業理念研究家の青木篤実です。
子どもたちに幸せな社会を残したい。
そのためには、しなければいけないことがたくさんある。
解決のための特効薬が「いい会社」を増やすこと。
だから「いい会社」がいっぱいある社会をつくりたい。

日本には「いい会社」がたくさんあります。


「これから、いい会社」もたくさんあります。


「いい会社」にしていきたい方もたくさんいらっしゃいます。


そして、「いい会社」を一社でも増やすために私はいます。


「いい会社」の第一歩は企業理念からです。


何かお手伝いできることがあれば、お声かけください。




「いい会社」を増やすことは、日本を「いい国」にすることです!




NEW !
テーマ:

篤です。

 
企業理念のブログにようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。
 
3月号の『致知』に、
北海道日本ハムファイターズ監督の
栗山英樹氏のインタビュー記事がありました。
 
”「優勝できたらいいな」と思うのと、
「絶対に優勝するんだ」と信じているのとでは、
考えるプロセスが全く違ってきます。
自分はいまどんな手を打てばいいのか、
何をしなければいけないのかという
具体的な知恵や発想というのは、
やはり本気で「優勝するんだ」という
強い思いがなければ生まれてきません。”
とありました。
 
これはよく言われていることでもあり、
「知ってるよ」という方も多いと思いますが・・・。
本当に強く想っていますか?
 
企業理念を作ったり、見直したりすれば、
「いい会社」に近づくことができる、とか
経営状況がよくなる、とか、
社員が幸せになる、
「だろう」と思っている場合が多いです。
 
「だろう」ではなくて、「やる」「する」が
大事だということを、
改めて栗山氏の言葉で認識できます。
 
「考えるプロセスが違う」のです。
 
「いま」「どんな手を」「打つのか」
「何を」「しなければいけないのか」
ここに曖昧さはありません。
 
まぁとりあえず・・・もないし、
手をこまねいていることもありません。
 
このいっ時の積み重ねが、
振り返れば大きな違いになるのです。
 
「今はこう考える、
それは〇〇だから。」
これでは集中できていません。
思いつきではないでしょうか。
 
企業理念をきちんと軸において、
「いま」「どんな手を」
「何を」「しなければいけないのか」
なのです。
 
軸がブレているのか、
軸を軸として捉えていないのか、
想いの本気が弱いのか・・・。
 
軸がブレていたら、思い直せばいいのです。
軸として捉えられてなかったら、
気づいた時から改めればいいのです。
大切なのは、フラフラしないこと。
やり続けなければ、
”弱い本気”は強くはなりません。
 
ふらふらしながらも続けていくからこそ、
「いま」「どんな手を」
「何を」「しなければいけなのか」が
考えられるようになるのです。
 
「本気の想い」は、「継続は力なり」
だと思います。
 
最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。
「継続は力なり」というのは、座右の銘かもしれません。
思い返せばこの言葉を念じていたことに気づきました。
迷いや誘惑やなまけ心が襲来する中、
コツコツと継続してきたことが、
少しづついろいろな意味で「力」になっています。
そして、どんどんブレなくなっています。
自分企業理念を軸に置くことの大切さを
日々身をもって感じています^^
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。

 

企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。

 

今日は英田エンジニアリングをご紹介します。

 

岡山県美作市にある会社です。

成形機やフォーミングロールに加え、

コインパーキングの製造販売を行っています。

 

創業は1974年、今年で43年になります。

2015年には、ものづくり日本大賞 優秀賞を

受賞しました。

 

<企業理念(経営理念)

一、私たちの使命

お客様と従業員の幸福を追求するとともに、

モノづくりを通じて地域・社会に貢献し続ける。

 

一、私たちの目標

お客様に信頼される会社・社員になる為に

日々こつこつと努力し続ける。

 

一、私たちの行動指針

開発、仕様打合せ等は、相手と直接打合せを行い、

知恵を絞りすぐ結論を出す

(メールのやりとりだけに頼ってはならない)

 

経営理念の中に、ミッションとビジョンと行動指針が

一緒に入っています。

三つ目をいれるなら、

言葉をかえた方がいいと思いました。

 

例えば、「お客様とお会いする場を大切にし、

共に考え、よりよい提案をする。」とか。

 

<創業者の精神>

わが社は常に国際社会に通用する

「ちょっと進んだモノづくり」とその改善、改良、

新商品の開発に努力をし続ける。

又、急激な社会と経済の変化に対応できる

個人と会社をつくり、

いつまでも成長し続け地域社会に貢献する。

 

「~し続ける」という言葉が両方とも用いられています。

努力も、人育ても、続けて行くことが大切ですね。

コーポレートメッセージにも、

「次代へと伝えてゆくもの、残すべきもの」

とありました。

 
社員一人ひとりが、日々、
「だれにも負けない努力」を続けているとありました。
日々の積み重ねが新たな製品を創り出しているのでしょう。
 
「英田ブランド」は、「美は機能に従う」というものがあります。
製造できればいい、という機械の在り方から、
使う人が誇りを持てるようなデザインにして、
働く場所の活性化や、働く喜びにアプローチしているようです。
 
コインパーキングの事業理念は、
「環境と人にやさしく。
より快適、より安全に。」です。
 
人と車・自転車との共存の形を追い求めています。

各事業ごとに、事業理念があるようです。

アメーバ経営なのかしら^^?

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

今日は昼間は暖かかったですが、

夜になって急激に冷えてきました。

放射冷却なのかしら・・・。寒いです(><)

今日はこれからもう一仕事です!

怠けないように、ケーキを一つ頂きました^^;

こんな時間に食べたら、すぐ寝るわけはいかないですもの(><)

ガンバりま~す!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。

 

企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。

 

今日はテクノクラーツをご紹介します。

広島県広島市にある会社です。

 

次世代アンダーカット成形ユニットである

「すっぽん」で数々の賞を受賞しています。

 

アンダーカットというのは、

そのままでは離型できない凸凹形状で、

金型を二つに分割しただけでは

取り出せないようなものをいいます。

 

「すっぽん」は、今まで金型で成形できなかった

ものに対応しています。

金型製造コストも、成形コストも大幅に削減できます。

 

技術力を売り物にした会社です。

「すっぽん」の他、射出成形金型の教育事業、

自動車開発、システム開発、試作・金型、

建築設備設計を事業として行っているほか、

技術者の派遣までしています!

 

「すっぽん」も主に6種類(丸型・角型2種類

チューリップ型、多方向スライド、縮径)があります。

それぞれに簡単な動画がついていますので、

見てみるのも面白いと思います。

 

技術者は、機械設計などの設計技術者であり、

匠の技を持つ現場の方を派遣してくれるわけでは

ないようです。

 

創業は1980年、今年で37年になります。

社員数は152名で、これだけの事業を行っています!

元々は自動車開発設計で創業したようです。

 

<企業理念(推定)

常に先進技術にCatch up!

 

高い技術力だけではなくて、品質にも優れていて、

管理手法・説明責任の完遂や完成度の高さでも

表彰されているそうです。

 

すごいですね!

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

今日はプレミアムフライデーとのことでしたが・・・・。

なんと導入した会社は思っていたより多いようです!

3時半ぐらいに都内を歩いていたら、

どうみても通勤帰りのような人をたくさん見掛けました!

飲み会のところも多いようですが、

コミュニケーションの機会が増えるのはいいですね^^

いろいろ文句を言う人もいるようですが、

何ごとも最初は現状とのギャップがあるものです。

社員にとっていい形になっていくといいですね^^

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。

 

企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。

 

今日は京都紋付をご紹介します。

黒染め一筋、「黒を極める」ことに

専念している会社です。

 

社名通り、京都の壬生にある会社です。

創業は1915年、今年で102年になります。

老舗です!

荒川染工場として始まりました。

 

京都紋付という社名は、

二代目の時になりました。

現在四代目の同族会社です。

 

1981年に「深泥黒」が大ヒットしたそうです。

 

<企業理念(経営理念)

私たち京都紋付は、

事業を通じて物心両面での幸福を実現し

社会に貢献することを誓います。

 

<創業者の精神>

京都紋付の精神は、

すべての人々は仲間であり、

すべての人々の人格を尊重し、

和を持って尊しとする。

 

この「仲間」という言葉が好きです^^

 

匠の技と最新技術を融合させた

「black revolution」という

地球環境を考えたエコロジー染料を開発しました。

染色堅牢度5級を取得しています。

“スレ”に強い製品ができました。

 

デニムも販売しています。

黒だけかと思ったら、通常の藍色もありました。

その他、オリジナルブランドの

お洋服の販売も行っています。

 

気にいっている形のお洋服を

染め替えたりもできます。

 

「紋付」だけに、もちろん家紋の染め抜きもあります。

家紋は約二万種類もあるそうです!

紋付で並んだ時に、「際立って黒い」そうです。

 

家紋の入ったブラックシャツというのも、

かっこよさそうですね^^

京都紋付の染は、色落ちしないのも特徴です。

 

黒は本当に「質」が出る色です。

同じ黒でも、こうまで違うか!と思うほど、

たくさんの黒色がありますね^^

 

濃い方から、「暗黒色」「黒檀」「濡羽色」「鉄黒」

「からす羽色」「墨」

日本の色の表現は、本当に豊かですね^^

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

今日は暖かくなる・・との予報でしたが、

昼ぐらいまでは寒かったです。

これから朝にかけて、ぐぐっと冷えるそうです(><)

暖かいうちに、昨日の雨の掃除をしました。

窓の桟には、前の畑の土埃がいっぱい^^;

窓を拭くよりも、桟の掃除の方が大変でした^^

これも春の風物詩ですね^^

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。

 

企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。

 
*****************************************
今日は週刊メルマガを発行しました。
獺祭からの学びを書きました。
ちょっとマーケティングっぽい記事です^^
読んでくださる方は、右上のご質問フォームから
ご連絡くださいませ!
お待ちしております!
*****************************************
 

今日はトンボをご紹介します。

学生服の製造販売の会社です。

岡山県岡山市にあります。

 

創業は1876年、今年で141年になります!

老舗です!

同族会社ではありませんが、

全員経営を実践しているそうです。

 

社員数はグループ全体で1,400名にもなります。

社名は、帝国足袋から帝国興業となり、

1974年にテイコクとなりました。

学生服の生産は、1930年から行っています。

学生服の他にも、山本寛斎氏や桂由美氏と

提携したウェアもありました。

2006年にトンボに社名を変更しています。

 

「EAST BOY」という女子中高生に人気のブランド

(なんちゃって制服)もトンボのものでした!

↑首都圏では、私服の学校もあり、

制服もどきの”なんちゃって制服”を着ている子が

たくさんいます。

 

<企業理念(経営理念)

○私たちの使命

トンボブランドのもと、最良のユニフォームメーカーをめざし、

社会に役立つ確かな価値を創造し、提供します。

 

○私たちの行動指針

・愛と汗の精神で、人を大切にし、全員経営をめざします

・信用を重んじ、約束を守り、誠実に行動します

・緑を大切にし、相手の立場を尊重します

・社会に役立つ、心の通った開発をめざします

・自然と環境に配慮した活動を行います

 

<コーポレートスローガン>

人と自然を大切にした、価値ある製品づくりを

 

TOMBOWブランドの原点は、

「生徒の成長を見守ること」だそうです。

 

足袋という足元を守るものから、

成長や活動を見守るものへの変化は、

温かいものを感じますね!

 

トンボのロゴである、藍色に勝ち虫は、

『陸王』に出てきた靴と同じです。

 

”市場の縮小に対する新規事業の創造。

一番大切な事は企業存続の為に社員が一丸になること。

「こはぜ屋」と同じ志をもっている”と、

『陸王』の感想が新聞広告にありました^^

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

花びらの薄い色の桜もあちこちで咲き始めました。

染井吉野ではありませんが、とても綺麗です。

今年は雪もほとんどなくて、助かりました。

その分日本海側では大変でしたが・・(><)

こうしてみると、日本は広いですね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。

 

企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。

 

今日はシャルマンをご紹介します。

シャルマンは福井県鯖江市にあります。

鯖江といえば・・・はい、シャルマンも眼鏡屋さんです。

 

創業は1956年、今年で61年になります。

堀川製作所として、眼鏡部品製造から始まりました。

フレームメーカーを経て、1975年から

眼鏡の小売を始めました。

製造から直販までを一つの会社で成し遂げました。

 

アメリカ・ドイツ・イギリス・フランス・香港・上海などに

販売子会社があります!

中国国内の直販や、ドバイ進出など、

地球規模で活躍しています。

 

2009年に製品化した「エクセレンスチタン」を

使用したフレームが人気のようです。

 

<企業理念>

1.お客様に安心と喜びを提供する。

2.地球規模の発想で常に新しい夢に挑戦する。

3.私たちの働きで、私たちの生活を向上させ、

豊かな未来を実現する。

4.法令を遵守し、事業の健全な成長発展により、

株主への責任と社会的債務を果たす。

 

眼鏡の掛け心地の良さは、

「安心と喜び」につながります。

 

「安心とは、お客様に不都合を与えない基本品質の実現」

「喜びとは、様々なユーザーベネフィットを追求した

魅力品質として、洗練されたデザイン、掛け心地や機能」

を意味しているそうです。

 

お客様がフレームの心地良さに感動したなら、

それが何よりの喜びなのだそうです^^

 
実際にいつもいく眼鏡屋にありました!
最高ですよ!と店長もイチオシしていました!
確かに掛け心地がとてもよかったです^^
 
最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。
今日は北風が冷たい一日になりました。
寒かったです(><)
ちょっと時間が取れたので、サウナに行きました。
久しぶりにむくみが取れて、身体が軽くなりました!
自力排出機能が弱いので、溜め込んじゃうのですよね・・。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。

 
企業理念のブログにようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。
 
『メトロミニッツ』というフリーペーパーに
面白いお店が載っていました。
「サカナバッカ」という魚屋さんです。
都内に6店舗あります。
「Sakana Bacca」という店名と、
洗練された外観を見ると魚屋さんとは思えません^^;
 
食べて美味しいだけではなく、
魚を知り、
魚についていろいろな事を体験できるお店です。
 
魚のさばき方や保存方法を教えてくれたり、
一匹丸々のお魚も半身から買えたり、
料理のレシピを教えてくれたりします。
 
フーディソンという会社が運営しています。
創業は2013年、まだとても若い会社です。
社員数は、57名です。
 
介護・医療業界で働いていた山本氏が、
秋刀魚が食べられなくなるかも!
という危機感から創業しました。
 
<企業理念(ミッション)>
世界の食をもっと楽しく
 
食の世界にイノベーションをもたらすべく、
まずはその第一歩として
水産分野をターゲットに事業運営を行っています。
 
<ビジョン2023>
水産業界の活性化に貢献し
水産物の食をもっと楽しくします。
 
水産業界にて
全国の多種多様な旬の水産物を
革新的な物流大切により
新鮮な状態で流通させる場と
水産物の需要を喚起し提供する場を構築します。
 
当初10年のビジョンです。
ミッションとビジョンが明確に使い分けられています!
 
面白いのがひとりひとりのミッションです。
”「自分至上最高においしい」を体験すること”なのです。
それぞれの方が挙げているものが、
読んでいてとても楽しいです^^
 
「UOPOCHI(魚ポチ)」という、
飲食店専門の鮮魚仕入れサイトがあります。
 
1,500種類以上の品揃え、
一匹から注文OK
翌日の入荷情報を毎日メール送信
午後3時までの注文で翌日配送
登録料・利用料は無料
 
すごい仕組みを作りましたね!
 
サカナバッカも、オンライン店があります。
お魚に合う調味料も販売しています。
 
更に!
「地方創生」として、
魅力的な地元の生鮮品や商品の
PRをお手伝いしています。
 
使命をもった活動の勢いを感じます!
すごい会社だと思いました!
 
最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。
既存の業界の仕組みをガラリと変えて、
生産者と消費者にとっていい方法を
仕組みとして構築しています。
こういう力は、若い人がやっぱりすごいです!
「破竹の勢い」と「ITを駆使した理論」と
「理想を追う柔らかさ」がありますね!
こういう会社を見ていると、
なんだかとても嬉しくなります^^
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
篤です。
 
企業理念のブログにようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。
 
先日『コカ・コーラで5兆円市場を創った男』を
上梓された、太田猛氏の講演を聴講してきました。
 
太田氏は、コカ・コーラの関連会社で
社長を務めていた方です。
ご縁を頂いてお話しするようになりました。
この度はご本人曰く、
「一生に一回限りの講演」とのことでした^^;
 
高梨仁三郎氏は、日本にコカ・コーラを広めた方で、
20万人の雇用を創出されています。
 
高梨氏の自筆の理念をコピーして頂きました。
 
「これからの世は
ひとによろこびをあたえ
一緒に幸福になることで
生きていければ
それがいちばんいい
それはできると私は思う
だから
それをやろう
一緒にそれをやろう」
 
この言葉は、各支社に掲げてあるそうです。
 
廃墟となった東京を見て、
コカ・コーラ本社の方が
「こんなところで売れるわけがない」と
言ったのだそうです。
 
温厚な高梨氏がただ一度激昂したのがこの時で、
「こんなにしたのはお前たちじゃないか!
日本は必ず復興する!だから大丈夫だ!」と
コカ・コーラの導入をあきらめなかったそうです。
 
本のタイトルからもわかるように、
高梨氏の功績は、コカ・コーラを広めただけではなく、
清涼飲料水の市場を創ったことです。
 
日本にはラムネもあったし、
プラッシーもありました。
けれども、市場として大きくはなかったものを
自動販売機の導入により広げていったのです。
 
この自動販売機を導入したのが、
講演者である太田氏なのです。
 
太田氏がコカ・コーラに入社した時、
同期が480名もいらっしゃったそうです。
本を書くにあたり、高梨氏とのやりとりを振り返るとともに、
緒先輩へのインタビューもできるだけ行ったそうです。
皆様ご高齢なので、探すのも大変だったそうです。
お話しを伺えた方々は、みなさま矍鑠となさっていて、
高梨氏への賛辞を口にされたそうです。
 
「みんなで幸せになろう」この言葉を
常におっしゃっていた方だったと、
どなたに聞いても、そう言われたそうです。
高梨氏の想いの強さです。
 
太田氏は、インタビューを重ねる度に
「強い想いは世界を変える!」
という認識を高めたそうです。
 
コカ・コーラは原液を輸入するだけで、
希釈・ビンなどは全てその地域のものを使用し、
日本の産業のために地元を大切にしました。
 
「一緒にそれをやろう」
心に響く言葉です。
 
高梨氏は病を得て、
「人間立って歩けるということは
大変なことなんだ」と太田氏に
教えてくださったそうです。
 
大変な思いを経験した方は、
生き方が変わりますね。
名経営者には、こういう方が多いようです。
 
高梨氏は、キッコーマン創業家に生まれました。
総本家28代目の次男です。
次男のため外で働くことを余儀なくされました。
 
奥様のお力も借りて、難事に向かっていきました。
持っていた資産はほとんど売り尽くして、
それでもあきらめずに邁進していったようです。
 
松下幸之助氏の開いたPHPという誌の
エピソードがありました。
なかなか売れないPHPを営業していた時に、
高梨氏のところに行ったら、
「こんな素晴らしい誌はない。
早速導入させてもらう!」と即決され、
25,000冊を注文されたそうです。
納品までに三か月もかかったそうです。
 
いいと思った時の決断の早さ。
それをやり抜く力もすごいです。
 
太田氏のお話しを通じて、
高梨氏に触れ、たくさんのことを学んだひと時でした。
 
最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。
今日はよく晴れましたが、
風がとても冷たい一日となりました。
久しぶりにバスケの応援に行ったのですが、
会場の体育館の窓も入口も開け放たれていて、
とても寒かったです(><)
二試合応援するつもりでしたが、
最初の試合で帰ってきてしまいました(><)
暖まりに温泉に行ったら、女性用ロッカーがいっぱいで、
40分待ち・・・。あきらめて自宅のお風呂で暖まりました。
娘は寒くなかったそうです・・・。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。

 

企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。

 

今日はヒロコージェットテクノロジーをご紹介します。

広島県呉市にあります。

特殊ドリルなどの精密工具、治具のメーカーです。

 

IHIの航空宇宙事業本部が呉市において

大型ジェットエンジン部品の製造を開始したことを契機に、

航空宇宙分野に進出しました。

 

設計・加工から組立・検査まで、

一貫生産体制をもっています。

 

創業は1956年、今年で61年になります。

社員数は125名です。

 

守安ドリルから始まりました。

1969年にIHI向の製品を製造しています。

1998年にヒロコージェットテクノロジーに

社名を変更しました。

2004年には航空宇宙の

品質マネジメントシステムを取得しています。

 

<企業理念(推定)

世界レベルの技術で最先端のものづくりを行うことで

広く社会に貢献する

 

また『下町ロケット』のような会社に出会いました!

銀行とのやりとりや、大手との力関係は、

小説のようであって欲しくないですが、

ものづくりの楽しさ、やりがいは、

小説のようであって欲しいなぁと思いました。

小説ほどのめり込むと、

労働時間がブラックになってしまいますけど^^

 

125名の社員数からは考えにくいほどの

設備を有しています。

 

HPにクリティカルパーツの写真が掲載されていましたが、

とても美しいです!

機械部品は、芸術ですね^^/

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

今日はまた寒い一日となりました。

車で走っていたら、いろいろなところで桜が咲いていました。

花の色が濃い種類の桜です。

今年は桜が例年以上に愛おしいです^^

今日は父のお誕生日でした。

生きていたら、81歳です^^

父がいたから、私がいます^^

だから父のお誕生日は、今でもおめでたいです^^/

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。

 

企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。

 

今日はケンユーをご紹介します。

ケンユーは、広島県福山市にあります。

簡易トイレの「プルプル」の会社です!

創業は1976年、今年で41年になります。

 

<コーポレートメッセージ>

人に環境に優しく

 

赤ちゃんからお年寄りまで、

暮らしの変化を見つめ、

「より快適生活への提案・人に環境に優しく」

をテーマに、多くの人々に愛され喜ばれる

日用小物商品の開発に日々取り組んでいます。

 

災害時だけではなく、

夏の暑さなどの環境変化に対しても、

人々が快適に暮らしていくために何が必要かを考え、

人々の言葉に耳を傾けて、

いち早く気づき求められる商品開発をしています。

 

<企業理念(社是)

1.人々に喜ばれ評価される商品をつくります。

2.自分の能力、資質の向上を常に計り

  業務に活かします。

3.何が重要かを判断し

自分が納得の行く日々を送ります。

 

社員の成長や能力の向上を挙げる会社は多いですが、

それをちゃんと「業務に活かし」とあるのは、

珍しいです。

 

大切なポイントだと思います。

人として成長してくれる喜びというのもありますが、

業務に活かして欲しいですものね^^

 

更に「何が重要かを判断し」も、大切です。

わかっていても、重要と緊急を間違えていたり、

自分の気持ちの満足に走ってしまったり・・・。

明文化してあることで、

自分で気をつける意識も増しますし、

他の人が注意を促すことも可能になります!

 

「納得の行く日々を送る」これもとても大切です!

なかなかできるようで、できないような、

そう思えるのかどうかなのでしょうね。

 

<社訓>

積小創生

 

ドラスティックなイノベーションを狙うのではなく、

お客様の話をよく聞いて、

小さなことでも改善していくことが、

ある段階で「創生」となることを意味していると思いました。

 

社是と社訓は、中身が反対でもいいですね。

(社是は、理念。社訓は、行動方針。)

 

阪神淡路大震災から続いている、

世界各地での災害に対し、

多くの支援を行っています。

 

「商品使ったよ!とても助かった!」という声や、

お客様の笑顔などに、この上のない喜びを感じ、

それが新たな商品開発のエネルギーになるそうです^^

 

生活を支える会社ですね!

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

今日は幸せに暖かい日でした^^

朝、バス停前の桜が満開になっていました。

返りは夜桜見物をしました^^

染井吉野ではないです。

種類はわかりませんが、

両サイドの大木の染井吉野はまだまだです。

真ん中で、背が低くて、色が濃いのが

咲いていた桜です^^

とても嬉しかったです^^ 春だぁ^^

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。