企業理念を作って「いい会社」への第一歩を踏みだそう!

企業理念研究家の青木篤実です。
子どもたちに幸せな社会を残したい。
そのためには、しなければいけないことがたくさんある。
解決のための特効薬が「いい会社」を増やすこと。
だから「いい会社」がいっぱいある社会をつくりたい。

日本には「いい会社」がたくさんあります。


「これから、いい会社」もたくさんあります。


「いい会社」にしていきたい方もたくさんいらっしゃいます。


そして、「いい会社」を一社でも増やすために私はいます。


「いい会社」の第一歩は企業理念からです。


何かお手伝いできることがあれば、お声かけください。




「いい会社」を増やすことは、日本を「いい国」にすることです!




NEW !
テーマ:

篤です。


企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。


*****************************************

今日は週刊メルマガを発行しました。

感動したリオオリンピックから、

チームについて学んだことを書きました。

読んでくださる方は、右上のご質問フォームから

ご連絡くださいませ^^

*****************************************


日本は「中空構造である」という考え方を知り、

それを述べていた河合隼雄氏に興味を持ち、

数冊の本を購入しました。


その中の一冊に

『生きるとは、自分の物語をつくること』

があります。


『博士の愛した数式』の著者である、

小川洋子氏との対談です。


線分の話がありました。

「無限の直線は線分と1:1で対応する。

部分は全体と等しくなる、

これが無限の定義です」


なんだかとてもワクワクしました^^

ミクロとマクロのような、

部分と全体が同じというものに、

わけもなく感動してしまいます^^


河合隼雄氏は、臨床心理学者ですが、

数学者でもあります!


「分けられないものを分けてしまうと、

何か大事なものを飛ばしてしまうことになる。


数値化や分析に対する警戒心を

とても的確に現わしてくれていました。



「厳密さと曖昧さの共存」

「全く矛盾性のない、整合性のあるものは、

生き物ではなくて機械です。」


企業理念も必ず曖昧さを含んでいます。

ガチガチでは企業も生きられないと思います。



「表面的な部分は理性によって強化できるが、

内面の深いところにある混沌は

論理的な言語では表現できない。


それを表出させ、

表層の意識とつなげて心を一つの全体とし、

更に他人ともつながってゆく、

そのために必要なのが物語である。」


企業理念を浸透させる時、

物語にしたり、動画を作ることが有効なのは、

こういうことなのです。


感動を含んだ物語にすることで、

共有していくことができるのです。


最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

臨床心理学と数学。

大雑把に捉えると、正反対の学問のように思えます。

ずっと考えていると、部分と全体の一致のような、

どちらもある部分では法則があり、

ある部分では割り切れない。

おもしろいなぁと思います^^

河合隼雄氏の本は、どれもとても面白いです!

優しくて、温かくて、考え方に驚きがあります^^

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。


企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。


美味しいお菓子を頂きました^^


田町梅月の御用菓子「布橋の雪」です。


1957年に昭和天皇皇后両陛下の行幸の折、

陛下に献上するために創作されたお菓子です。


浜松城の北西にある「犀ケ崖」は、

1573年に徳川と武田の激戦地となりました。


大雪となった12月末に寡兵八千で、

武田勢三万余を

崖に白布を引いて雪橋に模した作戦で、

一挙に退陣させました。

それ以来、「布橋」と呼ばれてきたそうです。


田町梅月は、浜松市にあります。


創業は1932年、今年で84年になります。

同族会社です。


現在の社長は、婿養子さんのようです。

永続にいいパターンですね^^


梅月堂本店からの暖簾分けで始まりました。


「確かな伝承が信頼を生み、

大胆な革新が伝統を築く」とありました。


<企業理念(一念)>

美味しいお菓子を創る


お客様に不愉快な思いだけはさせたくないと、

販売員の名札には、

「笑顔で、思って、しっかりと」と

書かれています。


職人の作り出すお菓子は、

「人と人の間にあって、和をとりもってこそ

価値がある」とありました。



<コーポレートメッセージ>

素材を吟味する確かな目。


厳格なまでに守り通される味への信念。


積年の経験と豊かな想像力に裏打ちされた、

職人の手が紡ぎ出す四季折々の和菓子。


確かな伝承が信頼を生み、

胆な革新が伝統を築く。


素材へのこだわりは、「価格より品質」を

前面に出して厳選しています。


「布橋の雪」は、冷やして食べると

また違う美味しさがあります^^

お気に入りの食べ方です^^


最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

今日は昼頃に強い雨が降りました。

いきなり雨?と思ったら、見るまに豪雨です!

道路はすぐに川のようになりました。

強い雨は30分ほどで止みましたが、

水の怖さを思いました。。。

西の方は、ものすごい気温になっていますね!

水害や土砂災害に至らなければ、

雨の方がまだマシなような・・・。

湿度が高くて、へばりますけど・・・(><)

みなさま、無事でありますように!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。


企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。


元気なモノ作り中小企業から、

フルタ電機をご紹介します。


フルタ電機は、愛知県にある会社です。


プロ仕様の送風機の会社です。

防霜システム、乾燥機器、水産機器、

環境改善機器、施設園芸システム、

畜産用ファンなどです。


製品を見ると、圧倒されます!

「送風機」と言っても、

こんなに多岐に渡るのか!と思いました!


創業は1960年、今年で56年になります。

社員数は180名です。


工場は国内に5拠点あります。

営業所は17拠点に上ります!


<企業理念>

フルタ電機の企業理念は、

「経営理念」「企業姿勢」「社員行動指針」の

3つの柱で構成されています。


「経営理念」

フルタ電機が事業を行う目的や目指すべき道


フルタ電機はグローバルな感覚と視野で、

ユーザー・マーケットのニーズに応えて、

性能の優れた競争力のある、

付加価値の高い商品を、研究開発生産し、

新しい販路を拓き、

完全なサービスと満足を売る。


「企業姿勢」

フルタ電機が世界に向けて約束をし、

常に前進をしていく事


風を創造し演出する


「社員行動指針」

フルタ電機のスタッフが日々の活動において

あるべき姿


北極星の如くぶれない、展望を指し示せ



どれも素晴らしいですが、

「風を創造し演出する」というのは、

夢があってワクワクしますね^^


「北極星の如くぶれない、展望を指し示せ」

というのは、ものすごい厳しさを感じます。


言い訳は許されない、

なんとしてもご要望にお応えするんだ!

という気概を感じさせます。


生海苔異物分離除去機装置において、

訴訟を起こしています。


「北極星のごとくぶれない」という信念が

あればこそ、

仕方がないではなく、

正々堂々と戦いに挑むことができるのだと

思いました。


省エネに対しても真摯に取り組んでいます。

「持ちうる電力を大切に使う必要性」に

触れていました。


ペット用にエアコンを一日中付けている、

という話をとても頻繁に聞きます・・。


この問題を解決できるといいと思うのですが・・。

いかがでしょう^^?


最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

今日は一日中台風とにらめっこしていました。

昨晩、携帯から警報が鳴り響き、

避難準備勧告が出ました。

朝から暴風雨を覚悟していたのですが、

そんなにひどい雨にも会わずに

過ごすことができました。

各地では被害が出ているようです。

台風が続いているので、

緩んだ地盤が心配ですね・・。

いつも通る多摩川は、堤防ギリギリまで

水量が上がっていました。

河の横にある池や、ランニングコースなども

全て水没していました。

とても恐ろしい景色でした・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。


企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。


先日、伊那食品工業の井上社長の在り方を

素晴らしい後継者としてご紹介しました。


9月号の『致知』から、更に井上社長の言葉を

ご紹介したいと思います。


○いい会社とは、そこで働く社員が

イキイキとしていること


ん~やはり「社員」ですよね^^

人を本当に大切にしようとしていたら、

「従業員」という言葉は使えないと思っているので、

嬉しいですし、「イキイキと」という言葉にも、

社員への愛情を感じますね!


○聞く力は自らの人格を高めないと鍛えられない。


これは志ネットワークの上甲氏の言葉ですが、

井上社長はこの言葉を聞いて、

「乾いた砂が水を吸収するように、

心に入ってきた」のだそうです。


そのように聞けるのは、井上社長の人格故

だと思いました。


○凡事継続


誰にでもできる当たり前のことを

きちんと続けていく。

これは伊那食品工業の社風ですね!


○お天道様は見ている


これは井上社長のお父様、

つまり伊那食品工業の創業者の言葉です。


他人は騙せても自分の良心は騙せない。

お天道様に恥じない生き方をしている限り、

可能性は無限に開ける。


こういう言葉が根底にあるとのことです。



○リーダーに求められるのは、

「公平さ」と「私欲に走らない」こと。


これに対して、上甲氏は、

「リーダーは己のために図らない」

「身を以って範を示す厳しさ」として、

井上社長には傲慢さがないと褒めています。


更に上甲氏は、

「社員が会社を退職する時に、

本当にいい会社に勤めさせてもらって

ありがたいなと恩義に感じている間は、

その会社は繁栄すると思う」とおっしゃっています。


これらのことが全て、

「いい会社をつくりましょう」という社是に

凝縮していると思いました。


すごい企業理念は、

いくつもの「いい考え方」を内包しています。


そこからどれを取り出して磨きをかけるのか、

根底におくべき哲学は何か、

ということまで読み取れるのだと思います。


「いい会社をつくりましょう」


温かくて、厳しくて、広がりがあって、

どの会社にも言えることだからこそ、

実行していくことの大切さも含んでいますね^^


あとわずかな時間で、

リオオリンピックが終わりますね・・・。

若い力も素晴らしかったですし、

何度もオリンピックに出場している選手も

とても素晴らしかったです。

出場し続けて、メダルを取り続けるということは、

ものすごいことですよね!

イチローもそうですが、凡事継続、

微差が大差を生む、積小為大、

こういう言葉が浮かんできました!

たくさん感動しました!







最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

篤です。


企業理念のブログにようこそお越しくださいました。

ありがとうございます。


男子400mリレーの銀メダル!!!

最高でしたね!!

素晴らしいです!!おめでとうございます!

快挙です! ありがとうございます!!



時々斎藤一人氏の本を読みます^^

楽しくて、わかりやすくて、元気がでます^

今回は『強運』を読みました。


その中に「竹」のお話しがありました。


竹には節目があります。

その節を人生の壁に例えています。


節を一つ抜いたら、次の節まではすっといく。

そしてまた、節目に当たって、そこを抜いていく。


とてもイメージしやすいですよね^^


企業理念を浸透させる時にも、

必ず節にあたります。


その時に、この「竹」のイメージを知っていれば、

あぁ節なんだな・・と受け止められると思いました。


節を抜く方法は、ちっちゃな努力を

積み重ねることです。


努力もしないで、節を迂回する方法を探したり、

人頼みをしてもダメだとありました。

その通りだと思います。


がぶり四つに組んで、

日々努力を重ねていくからこそ、

ある時に節が抜けるのです。


本では、松下幸之助翁の生き方を例にして、

努力の大切さを説いていました。


企業理念に込めた想いが伝わらない、

唱和していても、やらされ感だけで、

全く気持ちがこもっていない。


施策についても、面倒なだけの様子・・・。


そんな時でも、「節だ、節だ」と捉えて、

浪花節で想いを伝えるのも一つの努力です。


在りたい姿、在ろうとしている姿に向けて、

試行錯誤を繰り返すのです。


ちっちゃな努力とはいえ、

きちんと振り返ることも大切です。


何が良くて、何がいけなかったのか。

いけなかった点は、日々改めていくのです。


効果が出るまでに時間がかかることは、

予めそういうものだと、納得しておくことです。


時間がかかると思いながら、

毎日ダメだ、ダメだ・・・と悲観するのは

運気を逃がしてしまいます。


耐えるべきところは耐えることで、

節の方が弱くなったりするのです。


節を抜くには、

ちっちゃな努力を積み重ねること。


忘れないようにしたいですね^^/


最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

斎藤一人氏の動画も沢山落ちていますね!

あの枯れた声で「いいかい? わかるかい?」と

言われると、とても素直な気持ちになります^^

斎藤一人氏は、怠け者が嫌いです。

努力をしないで、都合よく立ち回ることを

「違う」と思っています。

いろいろな出来事で足が地から離れがちな時、

斎藤一人氏の考えに触れると、

地に足がついて、平静さを取り戻せます。

「いいかい?わかるかい?」

少し前までは家庭の中で、

お年寄りがこういう指導を

してくださっていたのだなぁと思いました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。