こんばんは。

今日は最近読んだ本を紹介いたします。


実は、この本は2013年1月26日に映画公開が決まっています。

「ストロベリーナイト」公式サイト

http://strawberrynight-movie.jp/

インビジブルレイン/光文社
¥1,785
Amazon.co.jp


ストロベリーナイトのスペシャルドラマを観て、感動したのはいつだっただろう。

犯人役の役者の演技がとてもうまかったこと。

姫川という刑事が元々いたかのように違和感なくすっと入ってきたこと。

そしてとてもカッコイイ女性であること。

大好きな桐谷健太さんが出ていたこと。


内容はかなりエグイなあと思ったが、本まで読んでしまった。

あの内容だったら普通は読まないが、読みたくなった。


それからの連続ドラマ。

姫川班、とっても良かった。

毎回毎回とても切なく、ひとりひとりが姫川班だけでなく、犯人までとても丁寧に描かれていた。


そして、この作品。

だんなにかなりオススメされて、まだ読んでいる本があるというのに読むように言われた。笑

そんなにいいのだろうか?とその本を読み終わってから読み始めたのだが夢中になってしまった。


あんなに強い女性を前面に打ち出し、トラウマを抱えていた姫川が恋におちる話である。

意外な一面が見れる。

その上、その相手というのが、ヤクザなのだ。


この「インビジブルレイン」は2013年1月26日に映画化される。

もちろん姫川は竹内結子さんだ。この人意外にありえない!

そして、恋の相手は大沢たかおさんらしい。

本では190センチの大男である。

他の人を考えてみた。

でも、ピッタリな人が思いつかない。

ドラマ化されたストロベリーナイトは配役もぴったりだったと思う。

特にガンテツの武田鉄也さんとか、西島秀俊さんとかものすごくいい。

なので、大沢たかおさんもきっとぴったりだろう。


映画化がものすごく楽しみな作品である。


何人かのリアルタイムが区切りごとに話される書き方で、読みやすいが、映画ではどうだろう?

他の配役もかなり気になっている。


インビジブルについて調べてみた。

「目に見えないさま。」という意味らしい。

なるほど。


早く映画を観てみたい。
AD