心と身体の調和とバランス〜リラクティブ・コア・コーチング〜

リラクティブ・コア主宰/セラピスト&パーソナル・コーチ。
東洋医学や陰陽五行、古武術などから「心とカラダ」の仕組みや繋がりを探求することをライフワークとしています。
主にカラダの状態から、心の声(無意識)を読み取るコーチングをします。


テーマ:

こんばんは、中村悦久です。

 

昨日のブログ記事を改めて読み返してみました。

 

書いているときは、

 

「うまくまとまった!」

 

と思ったのですが…

 

 

改めて読み直すと、

説明不足で分かり難かったようにも感じました。

 

なので、今回の記事で、

具体例を挙げて話してみたいと思います。

 

 

それは依存なのか?それとも信頼なのか?

 

そもそも、

 

パートナーシップなどの関係性で、

 

依存している関係と信頼が築けている関係。

 

その違いってちょっと分かり難いんじゃないかと思うんです。

 

 

何が違うの?

どうやって見分けるの?

 

という疑問が生まれるのも、

その分かり難さからなんですよね。

 

 

ちょっと分かりやすい例えで話します。

 

 

夫婦関係でよくある?光景です。

 

 

 

妻が体調を崩して寝込んでいるとき、

 

夫が妻に、

 

夫「僕のご飯、どうしたらいいの?」

 

 

 

どうでしょう、

よくある光景じゃないですか?

 

 

 

これ、夫は妻に依存しているかというと…

 

 

 

 

完全に依存ですよね。

 

妻の体調なんかお構い無しに、

自分の都合を優先しているんですから。

 

普段、妻がご飯を作ってくれている。

 

だから、

 

作ってくれることが「当たり前」だと、

そう思い込んでいるわけですね。

 

 

 

いくら、普段の食事を妻が作ってくれているとはいえ、

体調が悪いときくらい、自分で何とかしなさ~い!

 

と言ってやりたいですね。

 

むしろ、自分のことは気にしないでゆっくり休めと。

そう一言あっても良さそうなもんです。

 

 

まあ、これは依存している側の話ですね。

 

 

 

むしろ、僕にとっての本題は、

 

このときの妻の対応なんです。

 

 

まず、信頼関係が築けているのなら、

 

妻「今、体調が悪いから自分でなんとかしてね」

 

 

となりますよね。

 

だって、体調が悪いんですから。

 

それに、相手は何もできない子供ではありません。

 

自分の体調不良をおしてまで、

ご飯を作る必要はないんです。

 

 

ここで、きちんと信頼関係を築けているのなら、

 

夫に対して「ノー」を言います。

 

自分は辛くてそれどころではないんだと。

 

 

 

ですが、

 

これが依存関係で我慢をしているとどうなるか…

 

妻「ごめんね、今作るから…」

 

 

となってしまいます。

 

自分の体調の悪さを我慢して、

夫のご飯を作るんですね。

 

 

本当に?

 

と思うかもしれませんが、

僕の施術を受けている方には結構います。

 

嘘だと思うかもしれませんが、

本当にこういう方がいるんです!

 

 

僕はそんな方達に、

 

「我慢の境界線」を聞いたことがありました。

 

 

どこまでなら我慢して、

どこからは我慢しないのか。

 

 

驚いたことに、

 

みなさん共通して同じ答えが返ってきました。

 

 

それは、

 

「自分が本当に動けなくなったとき」

 

です。

 

 

つまり、

 

どれだけ苦しくても、辛くても、

自分が動けるうちは我慢をするそうです。

 

 

そして、その理由も共通で

 

・自分の親がそうしていたから

・自分がやってあげないといけないから

 

でした。

 

 

どうでしょう、「自分も同じだ!」と

心当たりありましたか?

 

 

自分が動けなくなるまで我慢するって、

そりゃ病気にもなりますよ。

 

 

 

僕は、

 

依存している人に足りないのは、

 

相手の立場に立ってみる「想像力」だと考えています。

 

 

そして、

 

依存させている人に足りないのは、

 

「ノー」と言う勇気と、

我慢に気づくことじゃないでしょうか。

 

 

でもね、

 

我慢してるってなかなか気づけないんですよね。

 

 

なんでかって言うと、

 

 

その人にとっては、

そうすることが「当たり前」のことだから。

 

それが自分の役割だと思っているから。

 

 

その根底にあるのは、

 

 

「人は役に立たなければ価値がない」

 

 

という思い込みなんじゃないでしょうか?

 

 

だから、

 

どんなに辛くても、苦しくても、

自分を押し殺して、我慢して、

 

そうまでして、誰かの役に立とうとするんです。

 

 

そんな人を見たとき、

みなさんならどう感じますか?

 

 

そんなの当たり前だと思いますか?

 

それとも、

 

自分を犠牲にしていると思いますか?

 

 

そして、もしそれが自分だったとしたら…

 

どう感じますか?

 

 

自分では気づいてないけど、もしかしてそうかも。

我慢しているのは分かってるけど、どうしたらいいのかが分からない。

 

 

そんな方へ、

身体の声から心の声を聞きき、

心と身体の調和とバランスをとるサポートをしていますので、

ご相談ください。

 

施術&カウンセリング

 

 

身体は別に…

という方は⬇︎こちらへ⬇︎どうぞ

 

トライアルコーチング

 

 

そして、

 

互いに我慢をしないで関係性を深められる、

パートナーシップの築き方

 

に興味のある方は⬇︎こちらへ⬇︎どうぞ

 

お茶会

 

みなさまのお力になれれば幸いです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中村 悦久さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。