レク担本舗

「レク担本舗」では、ラテンから民謡まで幅広いジャンルで音楽と劇を織り交ぜ、三味線・ピアノ・笛などを使い「歌って・踊って・笑って健康に!」を合い言葉に楽しいレクリエーションを頑張っています
そんな、日々の出来事をブログアップ出来たらと思っています。

音譜レク担本舗音譜店長 紹介祇園舞妓さん

メキシコ太陽の国メキシコに25年在住。

2005年に日本に帰国して両親の田舎広島に住む。

ひのまる日本には25年振りに住民票を移しました。


人の子の母

女の子次女は3歳で天使天使になりました。

スナフキン次男はメキシコで12年

日本で12年

大好きな空船の仕事をして24歳で天国の飛行場飛行機に逝きました。

子を5人産んで

2人私より先に逝ってしまった



メキシコ留学白書・日々のこと、レク担本舗の事ピアノ


ドキドキレク担本舗音譜店長は、カラオケが、大好き!
カラオケ大会荒らしです・・・。ニコニコ

カラオケ歌唱映像はルームをご覧ください.サルサおとめ座も歌ってます!音譜



NEW !
テーマ:

甲状腺の検査の結果は、右。左とも、良性でした

でも、左の腫瘍は5段階の5の大きさで、左側は摘出、右は5段階の2の大きさで、これは切らずに残すと

 

入院の日も決めて来ました

8階の最上階のレストラン【とっ言っても、うどんとカレーぐらいしかないけど】と、コンビニ

席の半分以上は看護師や医師がランチしてました

ここからの眺めは最高

ここのレストラン。患者さんでなくても、入れるから、これは、知っておいてよかった

 

久しぶりに原爆ドームを眺めながら

沢山の修学旅行生や、海外からの観光の方々が、一人一人「どんな気持ちでここを訪れるのか」と思いました

すごい数の人が「祈り」を捧げていましたが、その祈りの「想い」は人それぞれ

今日、ここへきて、この場所でオペをすることの意味も考えた

悪性の人もいるであろう病棟で

告知を受ける人もいる中で、余命を知る患者もいるであろう

「命」と真剣に向き合える場所だと思った

 

夏のいつもと変わらぬ朝、出勤に、通学に出かけた沢山の人々は、一瞬の「ピカっ」っと光った閃光に焼かれて自分に何が起きたのかも分からぬまま、命を終えた

 

まさか、自分が「この瞬間に死ぬなんて」誰も気づかぬままに

 

息子も、「まさか、こんなことで、こんな年で、こんな風に自分の命が終わるなんて!」と終えたことさえ気づかぬままに逝った

身体が疲労困憊して自分でも気づかぬうちに「過労」していた

そして、あの日に息絶えた

 

青空が美しく、平和な時間が流れている公園

自分の気持ちに中に「不自然さ」が常にある

現実なのか、夢なのか、時に混乱する

川沿いにこれは、どこの国だ?みたいなしゃれたカフェ

バレンシアオレンジが山積みに置いてある

 

平和な現実社会と、朽ち果てた原爆ドームと

この対照が大勢の観光客の人種の多さに不思議な「場所」として映る

 

私と、二男、三男が初めて原爆ドームを訪れた13年前

皆、気分が悪くなった。身体が熱くなり、苦しくなった。

川の中を見ると、何だか川の底から人の手が見えたと子供たちは言った

未だに、私はこの場所が恐ろしい

胸も詰り、苦しくなる。

 

その公園を前にした病院でオペをするのも、何か意味があるのだろう。

人の「死」は誰にもわからない

自分にさえ分からない

子が、オギャーと生まれ出たことを覚えていないように

「死」は【無】に帰るのだろうと思う

 

12月は【私の身体と心の冬の時期」、ゆっくり休めよう。

そして、考えよう

 

これからの事、春の事

 

 

AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。