普通のブログ

教室での出来事や、大好きな映画や音楽についての日記です。。。


テーマ:

サンプルが手元に来ましたウインク

 

 

 

 

 

 

「播磨・おとなの塗り絵」

 

 

 

 

 

西播地域の風景をモチーフにした塗り絵を12点収録。

 

 

そのうち6点を、

 

 

 

切り絵という画法を用いて

 

ぼくが描いております。

 

 

 

5月下旬発売予定ですお願い

 

 

。。。

 

 

 

 

よく、

 

 

 

「自費出版ですか?」

 

 

 

とか

 

 

 

 

「良い趣味をお持ちですね!」

 

とか、言われるぼくです(笑)

 

 

 

 

 

まだまだ頑張れの。

 

 

って

 

 

 

 

画家だったおばあ様の魂に

小突かれてる気がしてなりませぬおねがい

 

 

 

 

 

家系では、ぼくが一番の落ちこぼれえーん

 

 

 

 

 

それはさておき、

 

この本にあたっての依頼作品の制作は

本当に楽しかったですウインク

 

 

自分がよ~~~く知ってる

街並みや風景を、絵にするわけですし、

 

また、

子供のころ大好きで、絵の技術の向上に多大な影響を与えてくれた

 

塗り絵

 

をぼくが創作させてもらえるわけですからドキドキ

 

 

 

 

 

描きながら、

 

 

この絵を楽しく塗る人たちの顔を

思い描きながら

 

 

制作をする。

 

 

 

こんな幸せな仕事はないですもぐもぐ

 

 

 

 

 

 

 

5年前に脱サラしたときの思い、

 

 

 

 

アートというものを身近にする、

「創作に挑む」ことのハードルを下げる、

老若男女に絵を描く楽しさを伝える、

絵画を通じて達成感というものを知ってもらう

 

 

 

それらに近づく

 

 

はじめの一歩の

 

第一歩、

 

に近づけたかな。。。

 

 

 

 

まあ、まだまだ生きるわけですから、

時間かかっても

 

 

必ず達成してみせます。

 

 

こんな楽しいことはですねえ、

 

 

みんなに伝えたい。

 

 

それがすべてですからウシシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在作品展示させていただいている場所はコチラの、

 

古民家を改装したカフェ!!

 

つどい場 TAO

671-1234 姫路市網干区新在家505
営業時間 金土日 10:00~18:00頃

※上記以外の日に展示をご覧になりたい方は、八田までご相談ください。


あぼし商店街の中にOPEN!!
駐車スペース有り。

 

 


ぜひお越しください!!

お茶も飲んで行ってねっ!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hachiの切り似顔絵のオーダーはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

教室では「切り絵」以外にも、水彩画、デッサン、塗り絵、パステル画等様々な画材を選んで絵を描けますおねがい

 

春の生徒募集中!!!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

似顔絵データ販売中!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

切り絵アーティストHachiのホームページはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

八田員徳 KAZUNARIHATTA

切り絵アーティスト・似顔絵師・絵画講師 

1975年姫路市生まれ。

2012年、脱サラし、絵画教室カラフルキッズアートHACHIを開講&切り絵アーティストとして活動開始。姫路市内の幼稚園・小学校への出張教室なども行う。

また、観客の前で下絵ナシの切り絵を制作するパフォーマンス「切ル・観ル」では、多彩なミュージシャンと共演。自身のライフワークでもある。

 

 

お問合せ・ご注文♪

himeji.hachi@gmail.com

TEL/FAX 079-227-2416

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

久しぶりに・・・

 

本当にダラダラと・・・

 

ブログを書いてみようかなと思います。

 

 

 

現在、古民家を改装した、かなり雰囲気の良いカフェ「つどい場 TAO」さんでちょっとした作品展を開催しております。

 

 

 

 

昨年オープンしたばかりのこの場所を、知人に紹介してもらったのは今年3月に入ってすぐくらいだったと記憶しております。

 

 

このTAOさんがあるのは、姫路市網干区という町の、昔ながらの商店街です。この町は、異人館や古い町並みが残っていたり、とても情緒あるところなんです。

そんな町にあった古民家を上手く改装して、TAOさんは営業されております。

 

 

2階建ての建物でして、店舗は1階のみ。かつて2階では、書道教室が開講されていたようですが、その広いスペースは現在は使用されていません。お店のマスターとのお話次第では、習い事やちょっとしたイベントごとなどでお借りできそうですよ。

初めて訪れたとき、お店の雰囲気も気にいりましたし、珈琲も美味しくて。

 

すぐに「作品展をしたいです!」とマスターにお話しました。

 

その方は、快く引き受けてくださり、4月の1週目から作品展示させていただく運びとなりましたが、実はぼくは夏に予定の大きな個展を開くまで、作品をどこかへ並べようと考えていなかったのでした。

 

というのも、夏の個展というのが、決定している、その会場でしか展示できない作品のシリーズで、全作品が完成するまで、誰にも見せられない、というのが理由のひとつ。実際、TAOさんで展示してあるものは別の作品たちです。

 

で、その「夏シリーズ」とは別に制作中の「新シリーズ」が何作かあったんで、それも年内に発表しようと、同時に手を着けていました。

「夏シリーズ」はですね、もう会場も決定していて、発表すること前提で手がけ始めた作品たちです。対して、「新シリーズ」は、特に発表の場も決まっていない、いわば「自由課題」みたいなものでした。

ところがこの自由課題、いざ数点作り始めるとこんな感情が湧き出てきたんです。

 

 

「手放したくない」と。

 

 

絵を売って生きる絵描きにあるまじき感情です。

けれど、ぼくは「自分が一番観たいと思う作品を作る」ことを心がけて制作しております。

その心がけのせいで「他人に渡したくない」と思うのって、矛盾することですが、ひょっとするとこれって、結婚もしていないぼくが言うのも何なのですが、娘を嫁に出したくないとおもってしまう親父さんの気持ちと似ているのかもしれません。

 

売れたら嫌だ…ずっとおれが手元に置いていたい…そんなふうな考えが湧いてきてですね、しばらく自宅に放ってる日々が続いていたんです。そんな時、TAOさんと出会い、「あ、このお店でなら作品飾って、人に見てもらいたい。このお店で出会う人なら、作品を買って飾ってもらいたい」と思ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、TAOさんでは17点作品を置かせて頂いております。もう少し手直しが必要な何点かはまだ自宅で修正中で、「新シリーズ」として制作したものは1点しか出しておりません。

後は全て過去の作品で、すでに鑑賞済・ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

いずれ、この「新シリーズ」はまとめて皆さんにご覧頂きたいと思っております。

 

 

その前にお届けする「夏シリーズ」!

 

 

早く多くの人に観てもらいたくてウズウズしておりますが、まずはそれらも、完成させてから、ですね(笑)

 

 

 

 

 

 

現在作品展示させていただいている場所はコチラの、

 

古民家を改装したカフェ!!

 

つどい場 TAO

671-1234 姫路市網干区新在家505
営業時間 金土日 10:00~18:00頃

※上記以外の日に展示をご覧になりたい方は、八田までご相談ください。


あぼし商店街の中にOPEN!!
駐車スペース有り。

 

 


ぜひお越しください!!

お茶も飲んで行ってねっ!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hachiの切り似顔絵のオーダーはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

教室では「切り絵」以外にも、水彩画、デッサン、塗り絵、パステル画等様々な画材を選んで絵を描けますおねがい

 

春の生徒募集中!!!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

似顔絵データ販売中!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

切り絵アーティストHachiのホームページはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

八田員徳 KAZUNARIHATTA

切り絵アーティスト・似顔絵師・絵画講師 

1975年姫路市生まれ。

2012年、脱サラし、絵画教室カラフルキッズアートHACHIを開講&切り絵アーティストとして活動開始。姫路市内の幼稚園・小学校への出張教室なども行う。

また、観客の前で下絵ナシの切り絵を制作するパフォーマンス「切ル・観ル」では、多彩なミュージシャンと共演。自身のライフワークでもある。

 

 

お問合せ・ご注文♪

himeji.hachi@gmail.com

TEL/FAX 079-227-2416

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月1日(月) カルフール青空市場 10:00~16:00

カフェカルフール

 

 

 

5月5日(金) あぼし花祭り

会場:つどい場 TAO

10:00~17:00頃

 

 

5月13日(土) 「春の市」10:00~16:00

加古川養護学校

 

 

 

 

 

ぜひお越しください(^^♪

 

励ましのお便りや

脅迫状も引き続きお待ちしていますウインク

 

 

 

またイベント出店決まりしだいお知らせいたします!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

姫路シネマクラブ・シネマ窟特別編

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

 

 

毎年、全国各地の映画祭で上映・受賞した短編の中から、とある団体がさらに名作を選出し上映会を開催しております。

 

その団体、とは・・・

 

我らが姫路市が誇るのは、姫路城の他に

映画を愛する歴史ある団体・姫路シネマクラブさん。

 

 

この姫路シネマクラブさんが「これは!」と感じた作品をピックアップ。

それらを一挙上映する「映画祭対抗短編合戦」に昨年参加したぼくは、

 

大・大感動。

 

 

ただひたすら感動したぼくは、

 

もっと多くの人達にこれらの映画を観てほしい

 

そう思いましたビックリマーク

 

 

で、無理言って再上映を行なってもらうことにしました。

それこそが

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

なのです。

 

で、ぼく切り絵アーティストHachiは、

この度上映される作品を紹介してまいりましたが・・・

 

 

本日は最後

 

4本目です・・・・

 

こちら!!!!!!

 

 

 

IS THIS WHAT DEMOCRACY LOOKS LIKE?

【17分/2016年】

 

監督:高畑鍬名 滝野弘仁

 

 


民主主義って何だ?
――彼ら。

2015年。ツバサとミサキは同棲をはじめ、そし
て別れた。同年9月、安保法案が参議院で可決。
個人と社会、日常と政治、恋と民主主義。
春夏秋冬、17分のワンカット。


第20回水戸短編映像祭コンペティション審査員奨励賞
ショートピース!仙台短篇映画祭2016「新しい才能にであう」上映
オムニバス映画『TEN GOODBYES』内上映

 

 

 

 

 

昨年、姫路で行われた映画祭対抗短編合戦。

 

 

 

もしもですが、

 

 

こちらの上映会に行かれた方が、

 

ぼくの、4回にわけて書いてきたブログ(映画祭対抗短編合戦リターンズに関する投稿)

 

 

 

を今日までわざわざ読んで下さっていたら、疑問に思うはずです。。。

 

 

 

 

 

なんで最後の紹介がこの作品なの?

 

と。

 

 

 

というのも、

昨年の映画祭対抗短編合戦での上映順というのが、

 

 

 

さよならファンタジー

 

N.O.A

 

と来て、本日ご紹介する

 

IS THIS WHAT DEMOCRACY LOOKS LIKE?

 

で、最後が

 

こんぷれっくす×コンプレックス

 

 

 

 

 

でも、ぼくのブログの紹介順が①②と進んだ後、

 

③と④が入れ替わってるんですよねもぐもぐ

 

 

 

 

 

どうしても、最後に紹介したかったんです。

 

 

 

4月23日(日)の上映順はまだわかりませんが(Skypeで監督さんとお話もするので、その都合もあるでしょうから・・・)。

 

 

 

その動機についてですがまず、

 

 

昨年の上映会でのことを書きます。

 

 

 

 

1作ずつ上映されたあと、それぞれの監督さんとSkypeによるお話、

鑑賞者が気軽に感想や質問をぶつける、という素晴らしい時間が設けられておりました。

 

もちろん今回も、全監督とはいきませんが、その予定です。

 

どの作品も、鑑賞後は誰もがテンションがあがり、明らかに興奮に包まれているのが空気でわかりました。

その勢いで、みんな監督さんと話したくて、司会者への挙手が連鎖していきます。

 

そんな中、

 

 

この作品

 

IS THIS WHAT DEMOCRACY LOOKS LIKE?

 

 

・・・だけが、

 

 

みんな

 

鑑賞者たちが

 

ポカーンとして反応がない・・・びっくり

 

 

ナント言いますか、

これはぼくの感想なんですが、

観終わってすぐ、

消化しきれなかった作品でした(他の方々はどう感じたのかは知りません^^;)

 

う~む。

 

や、面白いとか面白くないとか、そういうことじゃないんです。

 

17分の上映時間中に、マンションの一室を舞台に、時間も四季も変わっていく、という展開をワンカットで見せる、というまるで舞台劇のような緊迫感と無理のないストーリー。

 

そのすさまじいテンションは伝わります。

 

・・・が、

 

すぐに心のなかでね、フォルダー分けができひんのですよ。。。

 

 

 

他の作品はみんな、観終わってすぐ

 

あーーー面白かったああ!!!!

 

って言えたのに。

なんとも解析しがたい気分。

 

しかし。

 

その日から2週間ほど経ったある日・・・

 

「ああ、そういえば、あの短編映画祭、面白かったなあ」

 

なんてアホ丸出しの顔で、コーヒー飲みながら思い出してみる。

 

 

 

その時、まず初めに頭に浮かんだのが

ある作品のラストシーン。。。。。。

 

 

それが

IS THIS WHAT DEMOCRACY LOOKS LIKE?

のラストシーン。

 

 

思い浮かぶと同時に

 

うあああああああああああああ

 

 

 

って、静か~にですね、

涙が溢れてきたんですえーん

 

 

 

 

 

なんじゃあのシーン・・・

 

 

泣けるやん・・・

 

今ごっつ泣けるやん・・・

 

一番泣けるやん・・・

 

 

 

 

映画

絵画

音楽

文学

芝居

 

すぐに感動したり、面白かったって思えるものだけが良作とはかぎらんぜよ。

 

漢方薬のような、

3年殺しのような、

リハビリのような、

 

そんな感動があったっていい。

 

 

 

 

 

4月23日

姫路で

IS THIS WHAT DEMOCRACY LOOKS LIKE?

 

観ることができます!!

 

 

 

 

 

姫路シネマクラブ・シネマ窟特別編

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

姫路シネマクラブ・シネマ窟特別編

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

 

 

毎年、全国各地の映画祭で上映・受賞した短編の中から、とある団体がさらに名作を選出し上映会を開催しております。

 

その団体、とは・・・

 

我らが姫路市が誇るのは、姫路城の他に

映画を愛する歴史ある団体・姫路シネマクラブさん。

 

 

この姫路シネマクラブさんが「これは!」と感じた作品をピックアップ。

それらを一挙上映する「映画祭対抗短編合戦」に昨年参加したぼくは、

 

大・大感動。

 

 

ただひたすら感動したぼくは、

 

もっと多くの人達にこれらの映画を観てほしい

 

そう思いましたビックリマーク

 

 

で、無理言って再上映を行なってもらうことにしました。

それこそが

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

なのです。

 

で、ぼく切り絵アーティストHachiは、

この度上映される4本をすこしずつ、紹介したいと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

こんぷれっくす×コンプレックス

【24分38秒/2015年】

監督:ふくだみゆき


中学2年生のゆいは大人に憧れている。
ワキ毛が大人の象徴だと思っており、クラスいち
ワキ毛の生えている武尾に興味を持っていた…。


第8回下北沢映画祭グランプリ
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016 アニメ部門グランプリ
第19回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭グランプリ

 

 

 

 

はい、4作品中唯一の

 

アニメーションですビックリマーク

 

 

 

前提として、

 

個人的なことなんですが。。。

 

 

ぼくはアニメーション作品が大の苦手なんですゲッソリ

 

 

 

 

絵を描く人間ですし、

漫画も大好きです。

 

でもぼくは、アニメーションが好きではありませんでした。

 

あくまで好みもありますが、実写映画と違ってアニメはじ~っと鑑賞できないんです。

 

 

観ていて耐えられなくなる。。。

 

 

 

そんなぼくです。

 

 

 

 

しかし、昨年鑑賞させていただきました本作。

観終わってすぐ思ったことは

 

 

間違いなくアニメーションでしか表現できないことが、あるひらめき電球

 

ということでした。

 

 

 

 

アニメ苦手なぼくでしたが、この作品に関してこんなふうに考えました。

 

 

これをもし実写などで撮影したら?

こんな役演じれる10代おる?

いたとしても、

ミョーにナマナマしくなるよな?

 

 

 

などなど。。。

 

 

が、それらは後から感じたことです。

 

 

 

しかし、そんなことより、ただ単純に

 

良い作品だラブラブ

 

って思いましたラブ

 

 

 

 

なんていうことのない、青春時代に味わう感覚を

 

ワキ毛

 

というひとつのキーワードから描かれてまいります。

 

 

いや、ワキ毛なんかキョーミないし

 

 

っておっしゃる方も観てくださいチョキ

(まあ、ほとんどの方が興味ない・・・って答えはるかもですが^^;)

 

 

 

最終的にはワキ毛なんてどうでもいいのです

(や、大切なのですが・・・ワキ毛も^^;)

 

 

 

 

ぼくはただ、

 

 

 

あの

 

 

ラストシーンに漂う、

 

 

 

 

舌先にレモンの香りが乗っかるような感覚・・・

 

それを皆さんに味わってほしいんですウインク

 

 

 

 

 

きっと誰もが感じたことのある、青春あるあるだと思います。

 

 

あの映画「君の名は。」の新海誠監督も賞賛し、

映画賞の受賞も数々。

 

 

 

 

そういった実績からも、あまりアニメーションに馴染みのない方もひっくるるめて、

短編映画として評価されていることが窺えます。

 

 

 

 

そんな、

こんぷれっくす×コンプレックス

が姫路で上映されます!!!!!!!!

いよいよ4月23日(日)です!!

 

姫路シネマクラブ・シネマ窟特別編

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

姫路シネマクラブ・シネマ窟特別編

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

 

 

毎年、全国各地の映画祭で上映・受賞した短編の中から、とある団体がさらに名作を選出し上映会を開催しております。

 

その団体、とは・・・

 

我らが姫路市が誇るのは、姫路城の他に

映画を愛する歴史ある団体・姫路シネマクラブさん。

 

 

この姫路シネマクラブさんが「これは!」と感じた作品をピックアップ。

それらを一挙上映する「映画祭対抗短編合戦」に昨年参加したぼくは、

 

大・大感動。

 

 

ただひたすら感動したぼくは、

 

もっと多くの人達にこれらの映画を観てほしい

 

そう思いましたビックリマーク

 

 

で、無理言って再上映を行なってもらうことにしました。

それこそが

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

なのです。

 

で、本日より、ぼく切り絵アーティストHachiは、

この度上映される4本をすこしずつ、紹介したいと思います♪

 

先日ご紹介しました「さよならファンタジー」に引き続き・・・

 

 

 

 

 

「N.O.A」

 

下向拓生監督

カラー15分/2015年

【主な受賞歴】

第4回(2015年)クォータースターコンテスト グランプリ、げきぴあ賞(スポンサー賞)受賞
第4回(2016年)MKE映画祭 グランプリ他4冠

【物語】

スマホの秘書機能アプリN.O.A.(ノア)にアパートまでの道案内を指示する男、マコト。
しかし、N.O.A.は超天然系女子。見当違いなことばかり言って、一向に命令を聞かない彼女にイライラするマコト。
彼女はマコトが興奮していることに気づき…。

 

 

 

 

 

 

 

僕が思うに

 

これは、

 

 

一人の男の決断を懸けた

ボケツッコミ漫才である。。。

 

 

 

主人公の抱えている、一つの目的に対する「ある動機」。

その目的のために主人公は車を走らせようと乗り込みます。

 

 

 

物語の舞台は近未来。

 

 

 

車に搭載された、高性能知能を持つナビゲーションシステム「N,O,A」と主人公とのやり取りが、まるで「あっち向いてホイ」ばりにコミカル。

一見、漫才のようにも思えるそのやり取りが、ある結末へと向かっていきます。

 

 

本当にうまく演出されていると思いました。

 

 

ちょっと間違うと、

素人がやると、

 

サブいぼ出るような恥ずかしい映画になりそうなストーリーです。

 

 

 

が、さすがに巧みな演出能力をお持ちの監督さんだと感じました。

 

ストンと心持っていかれてしまいました

 

 

あまり詳細に書いてしまうと、

これから鑑賞される方の楽しみを奪ってしまうので、漠然とした表現にとどめておきますが・・・

 

 

主人公が抱えた「ある動機」

感情移入できん人はあまりいないと思うんです。

日本人に限らず。

 

きっと、字幕を付ければ、

どこの国で上映しても感動してもらえる作品だと思っています。

 

 

 

あまりくどくど語ると、

ネタばれに近づくのでこの辺りでやめとこ。

 

 

とにかく、ノーカット&ノー編集という創作スタイルということもあって、緊迫感ある、

あっという間の15分。

ぜひ今回の上映会でご覧になってくださいウシシ

 

 

 

 

姫路シネマクラブ・シネマ窟特別編

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

 

 

 

 

 

 

 

切り絵アーティストHachi作品展開催中です。

ファンレター・怪文書も、お待ちしています♪

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hachiの切り似顔絵のオーダーはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

教室では「切り絵」以外にも、水彩画、デッサン、塗り絵、パステル画等様々な画材を選んで絵を描けますおねがい

 

春の生徒募集中!!!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

似顔絵データ販売中!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

切り絵アーティストHachiのホームページはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

八田員徳 KAZUNARIHATTA

切り絵アーティスト・似顔絵師・絵画講師 

1975年姫路市生まれ。

2012年、脱サラし、絵画教室カラフルキッズアートHACHIを開講&切り絵アーティストとして活動開始。姫路市内の幼稚園・小学校への出張教室なども行う。

また、観客の前で下絵ナシの切り絵を制作するパフォーマンス「切ル・観ル」では、多彩なミュージシャンと共演。自身のライフワークでもある。

 

 

お問合せ・ご注文♪

himeji.hachi@gmail.com

TEL/FAX 079-227-2416

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

姫路シネマクラブ・シネマ窟特別編

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

 

 

毎年、全国各地の映画祭で上映・受賞した短編の中から、とある団体がさらに名作を選出し上映会を開催しております。

 

その団体、とは・・・

 

我らが姫路市が誇るのは、姫路城の他に

映画を愛する歴史ある団体・姫路シネマクラブさん。

 

 

この姫路シネマクラブさんが「これは!」と感じた作品をピックアップ。

それらを一挙上映する「映画祭対抗短編合戦」に昨年参加したぼくは、

 

大・大感動。

 

 

ただひたすら感動したぼくは、

 

もっと多くの人達にこれらの映画を観てほしい

 

そう思いましたビックリマーク

 

 

で、無理言って再上映を行なってもらうことにしました。

それこそが

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

なのです。

 

で、本日より、ぼく切り絵アーティストHachiは、

この度上映される4本をすこしずつ、紹介したいと思います♪

 

まずはこちら・・・

 

 

 

4月23日映画祭上映作品その①

「さよならファンタジー」

監督/木場明義

カラー・20分/2015年

 

福岡インディペンデント映画祭2016 20分部門最優秀作品賞

長岡インディーズムービーコンペティション準グランプリ

第27回月イチ映画祭 グランプリ

 

 

 

映画上映開始間もなく、

 

 

冒頭からこんな格好の男性が、

日常の街なかをトボトボ歩いているわけです。

 

昨年12月、この画像がfacebookのタイムラインで流れてきて、

上映会に「絶対行こう!」と思ったのが、わずか1週間前だったと思います。

 

 

 

サラリーマンなのか、ゲームの中の主人公なのかよくわからないけれど、その真剣な表情とのミスマッチ具合が、どうやらおふざけではないことを物語っている。

とにかく、こんなシーンから始まる映画の行く末を観てみたい、と思ったわけです。

 

 

 

■パンフレットによるストーリー概略

行方不明になっていた兄が4年半ぶりに突然帰ってきたのだが、戸惑う弟に兄は「異世界で勇者となって悪の魔王と戦ってきた」と言い張るのであった。

 

 

 

ね?

 

 

 

めっちゃ面白そうでしょラブラブ

 

 

 

どう見てもフツーのオッサンが主人公。

 

 

 

映画が進んでゆくとわかるんですが、

そのフツーのオッサンが、

どうやら伊達や酔狂ではなく、

マジでロープレみたいな世界で勇者として過ごしてきている。

 

そして現実世界に戻り、

「あほか」

と言わんばかりの弟を尻目に、

空白の4年半を取り返そうと奮闘する姿が描かれていきます。

 

 

 

たった20分の中で繰り広げられる世界。

 

この小さな世界の中で、

 

思わず吹き出してしまうシーン、

ジンワリくるシーンが綴られてゆき、

 

最後には爽やかな一陣の風が吹くような印象で終わります。

 

 

 

この作品の上映後、木場明義監督とSkype中継でお話させていただきました。

 

ぼくが一番面白いと感じたシーン

があるんですが、それについて直にお話が聞けましたお願い

 

 

ちょっとネタバレになるので、詳しくは書きませんが、ほんの一瞬のカットなんです。

 

 

プッと笑えて、尚且つファンタジーと現実世界の違和感が一体化したような、ある種重要な場面があって、監督にそのことを直接伝えてお話できたのは、本当に刺激的で楽しかった。

 

 

こういった、小さな上映会の醍醐味ですよね。

 

 

 

 

とにかく、老若男女、誰が見ても面白い映像作品です。

 

「その監督だれ??」

 

なんて言ってる暇があれば、ぜひこの作品をみてください!!!

 

 

 

 

 

 

姫路シネマクラブ・シネマ窟特別編

「映画祭対抗短編合戦リターンズ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひお越しください!!

お茶も飲んで行ってねっ!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hachiの切り似顔絵のオーダーはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

教室では「切り絵」以外にも、水彩画、デッサン、塗り絵、パステル画等様々な画材を選んで絵を描けますおねがい

 

春の生徒募集中!!!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

似顔絵データ販売中!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

切り絵アーティストHachiのホームページはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

八田員徳 KAZUNARIHATTA

切り絵アーティスト・似顔絵師・絵画講師 

1975年姫路市生まれ。

2012年、脱サラし、絵画教室カラフルキッズアートHACHIを開講&切り絵アーティストとして活動開始。姫路市内の幼稚園・小学校への出張教室なども行う。

また、観客の前で下絵ナシの切り絵を制作するパフォーマンス「切ル・観ル」では、多彩なミュージシャンと共演。自身のライフワークでもある。

 

 

お問合せ・ご注文♪

himeji.hachi@gmail.com

TEL/FAX 079-227-2416

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

古民家を改装した
素敵なお店にて♪

 

 

 

久々の

 

 

作品展示をしております音譜

 

 

 

つどい場 TAO

671-1234 姫路市網干区新在家505
営業時間 金土日 10:00~18:00頃

※上記以外の日に展示をご覧になりたい方は、八田までご相談ください。


あぼし商店街の中にOPEN!!
駐車スペース有り。

 

 

 

 

4月いっぱいの予定ですウインク

 

 

 

 


大作・新作もふくめ17点ご覧いただけます。

ご覧になるだけではなく、販売もさせていただいていますラブラブ

 

 

 

 

ちなみに展示している作品の中で大作とよべるものが2点。

どちらも額装した切り絵で、作品自体のサイズは

 

1091mm×1596mm。

 

 

 

 

この2作が他の作品と違うのはサイズだけではなく、その制作スタイル。

 

 

 

 

 

 

 

LIVEパフォーマンスで描いた

下絵ナシの切り絵であるということ。

 

 

 

 

 

額に入ると

こんな感じです。

 

 

※2015年7月ホテルシーショア御津岬での個展より。

 

 

 

 

 

 

ただいまこの中から2点、展示中!

 

 

 

ちなみにコチラのサイズがF10という大きさです。

 

「Face」

530mm×455mm

 

会場・つどい場 TAOさん入ってすぐ左手の壁に展示。

 

 

 

 

 

それに比べて

 

 

「祈り~Suite~」

1091mm×1596mm

 

 

 

 

・・・でかい。

 

 

 

 

でかいから販売価格、高いよね??

 

ってお思いでしょうが・・・

 

 

 

LIVEで描いた作品は、ひと目についてこその作品なのです音譜

 

 

ですので、

 

 

も施設やお店など、多くの方々の目にふれる場所で飾っていただけるようでしたら、

 

お安くご提供させていただくことにします音譜

 

運ぶのも大変かと思いますので、せめて価格だけでも良いバランスになるようにいたしますお願い

 

 

 

 

 

展示させていただいている場所はコチラの、

 

古民家を改装したカフェ!!

 

つどい場 TAO

671-1234 姫路市網干区新在家505
営業時間 金土日 10:00~18:00頃

※上記以外の日に展示をご覧になりたい方は、八田までご相談ください。


あぼし商店街の中にOPEN!!
駐車スペース有り。

 

 


ぜひお越しください!!

お茶も飲んで行ってねっ!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hachiの切り似顔絵のオーダーはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

教室では「切り絵」以外にも、水彩画、デッサン、塗り絵、パステル画等様々な画材を選んで絵を描けますおねがい

 

春の生徒募集中!!!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

似顔絵データ販売中!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

切り絵アーティストHachiのホームページはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

八田員徳 KAZUNARIHATTA

切り絵アーティスト・似顔絵師・絵画講師 

1975年姫路市生まれ。

2012年、脱サラし、絵画教室カラフルキッズアートHACHIを開講&切り絵アーティストとして活動開始。姫路市内の幼稚園・小学校への出張教室なども行う。

また、観客の前で下絵ナシの切り絵を制作するパフォーマンス「切ル・観ル」では、多彩なミュージシャンと共演。自身のライフワークでもある。

 

 

お問合せ・ご注文♪

himeji.hachi@gmail.com

TEL/FAX 079-227-2416

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

行きたいところウインク

 

話したい人おねがい

 

やり遂げたいことラブ

 

 

 

いろんなことがハッキリとしてて・・・

 

いろいろなことに自覚

はしている。

 

 

 

 

 

まあほんとは、

 

 

 

それだけで

 

 

そんなものがあるってだけで

 

 

 

 

 

人生ほとんど勝ったようなものなんですが・・・

 

 

 

 

 

 

それでも人って満たされないわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ悩む。

 

 

そして生き続く。

 

 

 

そんなこと

むにゃむや考えてここんとこ生きてます。

 

 

 

 

 

 

 

そんなときに

 

 

 

まさしくキンキン、

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日こんなことを

教えてくれた人がいて。

 

 

 

 

 

「お金ってやつをさ、

血液とするならって例え話ね。

重要なもんだけど、血液だけで俺たち、

生きていけないわけじゃない?

心臓も腎臓も肝臓も

骨も軟骨も、確実に要る。

でもって

少し気持ちに余裕を持てたら、

髪の毛も、

要るよね。

みんなそろって生きてゆけるわけで。

だから

輸血だけで生きていけないのが人間だから、あんまそこに、

ひとつのことに

とらわれないでいくべきだよね」

 

 

 

これ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関西弁丸出しのオッサンの言い放った言葉ですが、

 

 

 

 

あまりにかっこよく見えたので、

標準語で脚色を(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

脚色・・・

 

 

 

そこが絵描きや小説家の特権かと(笑)

 

 

 

 

 

 

総論。

 

 

 

 

 

 

愛も不埒も

 

 

 

正義も悪徳も

 

 

 

自分ひとりの物差しだけなら受け入れられん、

 

擁護も排他も、

 

差別もフォルダ分けも

 

できん。。。

 

 

でも、

 

 

誰かのためなら・・・

 

 

それが大勢だろうと

 

たったひとりだろうと、

 

 

自分以外のだれかの存在も関わることなら

 

 

 

全部呑みこんでみせるぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月まで・・・

 

こちらで作品を展示しています。

ぜひともお誘い合わせのうえご来場ください!

↓   ↓   ↓   ↓   

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ようやく戻ってきました。

正確には戻って来れたって感じです。

脱サラして、「絵を描くこと」に全身全霊を傾ける決意をした動機。

その地点に戻ってこれました。

 

もう一度戻って来れた。

 

「アートっちゅうもんを

 

みんなにとって

 

もっともっと

 

身近なもんにする」

 

 

 

 

 

その思いに戻って来れた・・・

ってことはですねえ・・・

 

 

 

そこから離れていた期間があっての帰還なわけです。

 

 

 

 

 

男の子として生まれました。

 

 

 

 

だから・・・

 

 

 

 

お金、

女、

地位、

名誉。

 

 

 

 

 

 

いろんなものが人生ゲームのように目の前に現れては過ぎてゆきます。

 

 

きっとこの先もね。

 

 

 

 

外面内面含め、いろんなメタファ~~~がですね、

 

 

 

発達するものもあれば摩耗してゆくものもあります。

 

 

 

 

 

摩耗してゆくものの中には

 

「いったん摩耗したものの、

やっぱり根ざしているから

ムクムクと発達してゆく」

 

 

 

 

そんなものもあります。

 

 

 

 

それが先ほど述べた、ぼくの動機というやつ。

 

 

 

 

 

結局、

 

 

 

 

ある時は

「怒り」を力にしてみたり

「愛」を力にしてみたり

いろいろな時期を経ますが

 

 

 

これだけは

 

 

しなだれたり

 

 

忘れかけたりしながらも、

 

 

 

 

心の奥底から力強く雑草のごとく生き返ってくるものなのです。

 

 

 

 

 

 

芸術

アート

 

敷居が高く

お高く見えて

近寄りがたく

理解することすら避ける人々も存在する、

 

そういうもの。

 

 

 

 

この

 

とても優しくて強い

思いやりの根源のようなものを

 

 

 

 

 

 

身近で

触れやすくて

いつでもそこらへんにあるものだって

 

 

 

そんなふうに感じられる未来を作りたくて

 

そんなふうに思える世界にしたくて・・・

 

 

 

こどもも

おとなも

こどものこころのおとなも

おとなのこころのこどもも

おとこも

おんなも

おんなのこころのおとこも

おとこのこころのおんなも

 

 

 

 

なんの違いがあろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

このアートという名の

 

 

ルーズゲーム。

 

 

 

これを始めた5年前の自分の気持ち、思い出したのです。

 

そんな心で、残りの2017年

臨みます。

 

 

 

 

って、相変わらず文章めちゃくちゃですが、

 

 

 

あんまり

 

 

 

 

これはインテリジェンス、とか

これはチープとか、

 

 

出来るとか

出来ないとか、

 

 

いろんなものを決めつけない

 

 

 

 

そういう世の中でいてほしいんです。。。

 

それだけなのです。。。

 

 

 

 

 

 

 

Hachiの切り似顔絵のオーダーはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

教室では「切り絵」以外にも、水彩画、デッサン、塗り絵、パステル画等様々な画材を選んで絵を描けますおねがい

 

春の生徒募集中!!!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

似顔絵データ販売中!

↓   ↓   ↓

 

 

 

 

切り絵アーティストHachiのホームページはこちら

↓   ↓   ↓   ↓

 

 

 

八田員徳 KAZUNARIHATTA

切り絵アーティスト・似顔絵師・絵画講師 

1975年姫路市生まれ。

2012年、脱サラし、絵画教室カラフルキッズアートHACHIを開講&切り絵アーティストとして活動開始。姫路市内の幼稚園・小学校への出張教室なども行う。

また、観客の前で下絵ナシの切り絵を制作するパフォーマンス「切ル・観ル」では、多彩なミュージシャンと共演。自身のライフワークでもある。

 

 

お問合せ・ご注文♪

himeji.hachi@gmail.com

TEL/FAX 079-227-2416

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。