ついに私も読み始めました。

 

 

久しぶりに次男と同じ本。共通の話題があると彼の読書も進むかな〜と期待しながら😅 でも、私の方がハマって読んでます。#1は読了。(以前、次男と一緒に読み始めたけど、途中で止めてたのを再開)今、#2を持ち歩いて読んでます。

あまり知られてないシリーズみたいなので、少しだけご紹介しますね。

舞台はイギリス。

主人公は3人の子供達で、MS408と呼ばれる解読を禁止されているコードを解くチーム『ベリタス』で訓練をうけ、解読を始めます。どうして解読が禁止されているのか、そこに書かれている謎は?…という事で、ブラックチャンバーの人達に襲われたり、子供達の1人、ブローディの母親の謎の死が少しずつ明らかになったり、テンポよく話が進んでいきます。

『ダビンチコードのキッズ版』などと言われてる様です。実在するヴォイニッチ手稿と呼ばれる古文書が元になっていて、実存する人物や場所、コードも出て来ます。英語はThe 39 Cluesくらいのレベルかな〜?と。子供達にはそれぞれ得意分野があり、それをいかして謎解きするあたり、The 39 Cluesと似ているかもしれません。でも今のところ、あまり残虐なシーンがないので(それが理由でThe 39 Cluesは止めたので)、子供達に薦めやすいです。全6巻かな?

 

サイトへのリンクはこちらから

 

こんなビデオを見つけました。子供達がヴォイニッチ手稿のコピーを見つけたところ。

 

 

夏休みの間にどれだけ読めるかな〜。英語をブラッシュアップしなきゃ。

 

 

AD