ニコニコいつもおなじみの

珠帆印inねとらじ、

聞き書きを見にきていただき

ありがとうございます。


7・8月放送分の聞き書きを

新ブログ(http://tamahofutakoazekura.seesaa.net/ )にアップしました!



7/4 珠帆美汐×片岡ひろ子さん
http://ameblo.jp/reiseikouzyou/entry-11323490954.html


7/11 ふたこわたる×尾崎真奈美さん
http://tamahofutakoazekura.seesaa.net/article/286471707.html


7/18 珠帆美汐×あづまやすしさん
http://tamahofutakoazekura.seesaa.net/article/286653174.html


7/25 あぜくらみちたか・珠帆美汐・ふたこわたる
http://tamahofutakoazekura.seesaa.net/article/286791032.html


8/1 珠帆美汐×天宮奈津子さん×宮崎孝範(SAKI)さん
http://tamahofutakoazekura.seesaa.net/article/287088339.html


8/8 ふたこわたる×伊勢みゆきさん
http://ameblo.jp/reiseikouzyou/entry-11323658129.html

今後もSeesaaブログに聞き書き記事をアップしていきます!(http://tamahofutakoazekura.seesaa.net/






AD

ニコニコいつもおなじみの

珠帆印inねとらじ、

聞き書きを見にきていただき

ありがとうございます。


今後はSeesaaブログに聞き書き記事をアップしていきます!

http://tamahofutakoazekura.seesaa.net/



いままでの記事はこのまま残しておきます。クローバー

新ブログにもいままでの記事を写してはおりますが、

文字化けしている個所もあるのでこちらでご覧いただいたほうが

読みやすそうです。



ペタしてね





AD

パート1からの続きです。

http://ameblo.jp/reiseikouzyou/entry-11323658129.html



(伊勢)

レイナちゃんとサクラちゃんの犬の話です。


レイナちゃんが14歳で亡くなってしまいました。

サクラちゃんは当時10歳くらいで、レイナちゃんのことを慕っていました。

サクラちゃんはレイナちゃんがいなくなって、食欲がなくなり、家族がいなくなると分離不安でものすごく泣き叫ぶようになってしまった。

そんなことで、飼い主さんから依頼を受けました。


サクラちゃんとお話すると、そこにはレイナちゃんの存在が感じられました。

レイナちゃんがとても心配していると感じました。

亡くなった動物ともコンタクトできます。

はじめは亡くなった動物とのコンタクトについて半信半疑でしたが、次第に信じることができるようになった。

動物とコンタクトできているのかを検証できるように、飼い主とペットだけが知っているような質問をたくさんするようにしました。

亡くなったレイナちゃんが言うには、2頭目を迎い入れるのではなく、


サクラちゃん一頭だけになったので家族からの愛情を十分に受けてほしいという思いだそうです。

サクラちゃんはいっぱいいっぱいになってお話できないのでレイナちゃんが出てきてくれた。

サクラちゃんはレイナちゃんが亡くなったと認識しておらず、いなくなったと誤認していたので、レイナちゃんが自分が亡くなったことを説明したら、サクラちゃんの目から涙が流れていました。

家族も号泣、私も号泣していました。





後日、アニマルコミュニケーションが終わってから、サクラちゃんは普段はしないことなのですが、すぐにご主人のところに行って顔をなめたそうです。

もう、サクラちゃんは泣き叫ぶことはなくなりました。



家族が、サクラちゃんのことをわからなくてごめんねと謝ったらサクラちゃんの目から涙がでてきました。







(ふたこ)

犬が愛情深いということがわかるお話ですね。

そのひとつひとつのエピソードから、動物の思いの深さ、伊勢さんの人柄を知ることができます。

アニマルコミュニケーションは誰にでもできるようになるのですか?





(伊勢)

アニマルコミュニケーションは誰にでもできるようになります!


きっかけは、うち犬が若いときに、老人ホームでセラピードックとして活躍していたのですが、あるとき、一緒に活動している仲間の犬が元気が無くて、飼い主に話を聞いたら飼い主のお母さんが亡くなったのだそうです。

その犬は、自分のせいでお母さんが死んでしまったと思っているようです。

飼い主は私の友達だったので、私の妄想かもしれないと前振りしてから、その子にお母さんが死んだのはあなたのせいじゃないよって教えてあげてと友達にお願いしました。

そうすると、翌週にはその子は元気に飛びついてきて、飼い主と私も手をとりあって喜びました。




日本で海外の先生のアニマルコミュニケーションセミナーがあったので参加しました。

初級では、力みすぎてうまくいかなかった。

イメージできることにこだわらなくても大丈夫です。

先生がセミナーの最後に、できなくても練習すれば必ずやできると言ってくれました。

セミナーでは散々な結果だったので、人の百倍練習しようと思ったのがいまになったら良かった。

そのおかげで、いまではよくできるようになった。

mixiで練習相手の動物を探しました。

だんだん、練習したいという方の声が増えてきました。





(ふたこ)

掲示板から質問です。

動物の種別による性質の違いはあるでしょうか?




(伊勢)

犬だから、ねこだからといった先入観をもたないようにしています。





魔法のしっぽ

http://www.mahounoshippo.com/




///////// こちらで音声の全内容を聞いていただけます ///////////////




◆ 過去ログはこちら。全録音データ無料提供中。

http://therapist-jp.com/modules/webphoto/index.php






ituneストアでも無料配信中。珠帆印ねとらじの過去の放送を、

自宅や電車で聴いていただけます!

http://itunes.apple.com/jp/podcast/id445340891






◆珠帆印ねとらじのブログ!

放送日時の確認や、出演ゲスト、

聴取URLなど、こちらで一目瞭然!!

過去ログもこちらから聴けます。ぜひお気に入りに!

http://tamahonetradio.seesaa.net/






////////////////////////////////////////////////////////////////





ペタしてね


































AD

パーソナリティ:ふたこわたる


起きたてのライトワーカー@ムーちゃんの足跡


ゲスト:伊勢みゆきさん


起きたてのライトワーカー@ムーちゃんの足跡








ヘッドフォンメモ放送内容の聞き書きヘッドフォンメモ




『蝶の羽ばたき』






(ふたこ)

伊勢さんのお仕事、アニマルコミュニケーターとはどのようなことをするのですか?






(伊勢)

動物とテレパシーでお話をするものです。

飼っているペット、犬、ねこ、うさぎ、フェレット、ハムスター、小鳥、魚とお話できます。




(ふたこ)

科学側でわかっている知能の高さと、コミュニケーションでできるのとかかわりがありますか?




(伊勢)

実際にアニマルコミュニケーションをしてみると、人間と同じような感情を持っていて、いろいろなことを理解しています。




(ふたこ)

すごく複雑な、繊細なやりとりをしておられますよね!





(伊勢)

私も最初は思いこみとか気のせいと思っていましたが、感じたことを飼い主に聞いたら心当たりがあるということで、まんざらでもないと思いました。

セッションしながらも、出てくるのはこんなん出ましたといった感じで、クライアントにどのように受けとってもらうかを委ねます。




(ふたこ)

具体的だけど守秘義務的に問題ない話をしてほしいです。





(伊勢)

東日本大震災での福島の話ですが、飼っていた動物をそのままにした飼い主が多かったです。

自力で抜け出した動物もいるのですが、捕獲して新しい飼い主に渡す活動をしている方々がおりますが、レスキューし他県に連れてきたところで逃げ出してしまい、近くまできたのでつかまえようとしてもつかまえきれず、それでアニマルコミュニケーションの依頼がありました。



その子(犬)の写真を見ると、とても賢そうな、強い意志を持った目をしていました。

おびえているのではなく、自分の意思で逃げていると感じた。

人間が捕まえようとする雰囲気を察して、逃げるのでした。


その子の心をイメージしながら犬とコミュニケートしたところ、その犬の感じたことや今の思いを聞くことができ、今の生活にとても満足しているのでこのまま野良犬でいたいという気持ちでいることがわかった。

その子に、人類代表として原発事故で怖い思いをさせたこと、あなたがたのことを置き去りにしてしまったこと、についてお詫びをしました。

せめて新しい家族のもとで幸せになってほしいと思っていること、このまま野良犬のままでいると保健所につかまり処理されてしまうので、レスキューに捕獲されて新しい家族と一緒に暮らすのを選んでもいいんだよと問いかけましたところ、考えておくと返事をもらいました。


1週間後、レスキューの人が他の犬と散歩をしていたら、その子が一緒についてきて、そのまま安全に捕獲されました。
その子は、一番いい捕まり方を自分で考えたのです。
今では里親が決まって幸せになっているそうです。





(ふたこ)

なかなかタフな仕事ですよね

ペットと楽しく話しましょうってイメージでしたので。





(伊勢)

ペットの困ったことを聞いて、飼い主とペットの仲介を動物よりの立場でやっております。

飼い主よりの人だと心を開いてもらえません。

飼い主の希望を押し付けるのはなく、ペットがそそうを起こす原因をペットに聞いて、それを解消することでそそうを起こさなくなります。


まだまだマイナーな分野ですので、私のことを見つけてくださる方はかなり理解のある方です。



(ふたこ)

コミュニケーションであり、ファシリテーターでもあり、一方的ではなく飼い主とペットをつないでいくので、ただ動物の声を聞けるだけではとてもできないことだと思いました。



もうひとつくらいお話よろしいですか?


パート2へ続きます。

http://ameblo.jp/reiseikouzyou/entry-11323660611.html















パート5からの続きです。

http://ameblo.jp/reiseikouzyou/entry-11323505012.html



(片岡)

自分の思いこみの中だけで自分側の世界ができてしまって、相手側からみると実は違っていたのだという誤解がたくさん生じています。


まずはぶっちゃけることで相手との距離を縮めるのです。

自分が感じている感情を素直に伝えることです。

決して、相手を攻撃したり責めるようなことをすると、相手はだぶん話を聞きたくなくなってしまう。

私が~~と感じたんだ!というようなことだったらどんどん言ったらいいと思います。







(珠帆)

Iメッセージですね。





(片岡)

私と夫もたくさんけんかをして距離を縮めているのです。

本当の自分を表現しつくしている人が少ないと思います。

このため距離が縮まらないのです。

本当はわかり合いたい、繋がり合いたいと思っているのに、本当の自分の思いを表現しないから自分が自分自身からから離れてしまい、相手も自分から離れていくことになります。


離れてしまってさみしいから、相手とは違う人とつながってしまおうとするのですが、相手が離れるからではなく、自分が自分自身と離れているのだから、相手を交換したってまた同じことになります。


ありのままの自分でOKを出せていない状態だと、自分自身と自分の距離が離れているのと同じように、周りの人も自分と距離を置くようになる。







(珠帆)

夫婦仲を改善してすごく動揺したことがあります。

よく見ていくと、いままで家庭に自分の居場所が無い、自分が相手に安定して愛される立場になるわけがないという、幼少期からの思いこみがあったのです。

もし、別れてしまって他に良い人をみつけたとしても、再び同じようになるでしょうね。







(片岡)

夫婦関係は人間関係の中でも、最も深いもので、幼少のころの体験を投影しやすいです。

傷ついたりすることで、いままでの思いこみに気づいて成長していくことができます。





(珠帆)

ツイッターよりヒヨコ

選択したくないことを選択してしまう癖を治したいです。





(片岡)

「~~をしたいです」が自分の中にあり、治すのは難しいと自分で思っているので、一度「治します」と言ってみるといいです。


言っていることで、すごく違和感があることに気づくと思います。

まずは、自分の中で癖を治す気が無いのだと気づきます。

宣言やアファメーションなどで、何かをとなえるときに自分の身体の感覚に意識を向けてもらうと、何か違和感があることに気がつきます。


「癖を治します」→何か違和感を感じる→まだ自分の中では治すつもり

が無いとわかる。


あとは、いっそのこと選択したくないことをしまくってしまえ~。

ネガティブを喜んでしまうおバカモードを前のめりでやってしまうと、もういいやという気持ちになります。


治しますと言ったときの、この違和感を無くそうとせず、違和感をじっと感じていて欲しいのです。

そうすると感情が溶けてきます。

これを繰り返しているうちに、違和感が軽くなってきて、治したくないというブロックが徐々に外れていきます。







(珠帆)

自分がこんなことを思っていたんだと、自分の中にあるものを見つけられそうですね。





(片岡)

身体の違和感をサインでやると、マインドは巧妙であるため隠そうとしたりするが、身体の感覚は素直に出てくれるので、まだ治すための準備ができていない、とか抵抗があるのかということに気づくのですが、気づくだけで50%くらいは消えていきます。


残りは積極的にブロックを受け入れることをやります。

受け入れることについては言葉では伝えきれないので、ワークショップなどでやります。

事前に私のブログなどを読んでいただき、頭ではわかっているんだけれども、という状態を作ってきてくれると、ワークやセッションの中で体感しやすくなります。




片岡ひろ子さん

サイト

http://trueseeds.web.fc2.com/


ブログ

http://ameblo.jp/piroko0618/




///////// こちらで音声の全内容を聞いていただけます ///////////////


◆ 過去ログはこちら。全録音データ無料提供中。

http://therapist-jp.com/modules/webphoto/index.php


ituneストアでも無料配信中。珠帆印ねとらじの過去の放送を、

自宅や電車で聴いていただけます!

http://itunes.apple.com/jp/podcast/id445340891


◆珠帆印ねとらじのブログ!

放送日時の確認や、出演ゲスト、

聴取URLなど、こちらで一目瞭然!!

過去ログもこちらから聴けます。ぜひお気に入りに!

http://tamahonetradio.seesaa.net/

////////////////////////////////////////////////////////////////


ペタしてね