テーマ:

【介護保険関連法案可決、与党が採決に踏み切る】
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3027218.htm
『「森友学園」を巡る与野党の攻防が法案審議に大きく影響しています。』
 
『衆議院の厚生労働委員会で、民進党が事前通告が無いまま「森友問題」についての質問を行ったなどとして与党側が反発。当初、与野党間で14日に採決を行うことで調整を進めていた介護サービス利用者の自己負担割合引き上げなどを盛り込んだ介護保険制度関連法案の採決に踏み切り、混乱の中、法案は可決されたのです。』
 
『民進党は13日以降の全ての国会審議を拒否する構えです。』


 




昨日の日記で、ガラにもなく民進党がシリアや北朝鮮をめぐる情勢から、衆議院予算委員会で集中審議を行えと与党側に要請したというニュースを取り上げた
 
「よくもまあ、心にもないことを…」と思ってコメントしたが、やはり民進党にとっては党利党略のほうが大事なのであり、国会が空転しようと国民の安全と生活がどうなろうと構わないのである。
審議拒否を続けるならもう一層のこと、全員、議員辞職すればよいではないか。

いいね!した人  |  リブログ(0)

Dr.Mさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります