パリでもデジタル機器

テーマ:

思えば初めてパリに着たときに、ノートパソコン、デジタルカメラ、携帯電話を持ってきていたのでした。最初に持っていたノートパソコンは、AppleのiBook(白のポリカーボ)でした。これを電話回線につないで、電話回線経由でインターネットに接続していたときもありました。

 

すでにAppleだけじゃなく、ノートパソコンにモデム端子は付いていないし、USBモデムも、ほとんど見かけません。それどころか、MacBookシリーズでは、LAN端子もなくなっています。ホテルでインターネットを使う場合、ほとんど無線LANですが、以前は有線LANのみのホテルもあったので、旅行時は、USB LANアダプタを持ち歩いています。

 

旅行に、どこまでデジタル機器を持っていくかは、目的と、荷物の量のトレードオフの気がします。いままで、持っていって試したのは、以下です。

・ノートパソコン(iBook、MacBook Air)

・Zaurus

・iPad mini

・NOKIAのスマホもどきスマホE72とか

・iPhone

・ポケットWi-Fi(SIM Free、レンタル、フランス専用)

・Xperia mini

左からLinux Zaurus、(今は無き8cm CD;大きさ比較用)、iPhone 4s、NOKIA E72

 

(1)iPad mini

現地でTVを見たり、ネット見たり、メール見たり、地図を見たりとかなり便利でした。ただ、毎日、散歩に持ち歩くには大きく重すぎます。取材時のみ利用しました。また、これで、撮影した写真の管理、バックアップ、編集もきついです。また、現地でネット予約して、そのPDFをホテルでプリントしてもらう場合も困りました。

今回は、iPad miniは持ってきてません。

 

(2)iPhone

現地で電話は、NOKIAのスマホやXperiaも使ったことがあるのですが、使い慣れたiPhoneが一番便利でした。辞書もマップもこれでOk。私の手持ちでは、iPhone 6 plusがSIMロックなので、現地ではiPhone SE(容量が足りないので、5s 16GBからSE 64GBに買い換えました)を使ってます。

今回は、iPhone 6 plusももってきてません。

 

(3)ノートパソコン

現地でのネット予約の関係、写真データの管理、バックアップ、編集を考えると、やっぱりこれに限ります。

現行システムは、MacBook Air 11インチ(2010年版)+外付けHDD 240GB(1.8インチ)です。外付けHDDに写真データをバックアップしてます。また、Wi-Fi経由で、現地用のTVチューナーを使ってTVを見ています。現地で予約したデータを、USBメモリーにコピーして、フロントでプリントしてもらっています。このために、USBメモリーも1つ持ち歩いています。

 

ただ。

MacBook Air、実は3代目なのです。

最初は、MacBook Air1号(13インチ 2008年)だったのですが、性能アップしたので、2009年に11インチに買い換えました。さらに、2010年に11インチが出たので、買い換えました。これが後々考えれば失敗でした。画面が狭い、字が小さい。自分の視力や年を考慮すべきでした(涙

自ずとネットブックの9インチとかも、もうムリです。

大きさや重さを無視すれば15インチですが、鞄に入る大きさや重さ(15インチは2Kgもある)を考えると、現状は13インチがギリな気がします。買い換えようかな。。。。

 

11インチと13インチだと、この位違います。

http://blog.sideriver.com/flick/2010/11/2macbook-air--1.html

AD

ワンコイン、日本では、多分500円。

EUのコインは、1ユーロ、2ユーロ、その次の5ユーロは紙幣です。

今時、2ユーロでは、コーヒーも飲めません。

 

(1)サンドウィッチ

結構高くて、5ユーロ前後です。ついでにドリンクもセットで買えば、7ユーロ以上です。

 

(2)カフェ

比較的安いのは、プレーンなオムレツ。パン(バゲット)が付いてくるし、水は水道水なら無料でもらえます。でも、5ユーロは超えます。

サラダ。これも、比較的安く、バゲット付きですが、ニース風サラダだと10ユーロ超えます。

 

(3)中華料理

ラーメン屋さんとか、中華料理屋ではなく、パリのあちこちに総菜や的なお店があります。たいていのお店は、中で食事もできます。

写真のように100gづつたのめば、その場で電子レンジでチンしてくれます。

ここも、水道水なら無料です。

焼きそばや炒飯的なものなら200gたのんでも5ユーロ以下です。

 

5ユーロ程度で外での昼食は、この中華パターンが一番安いかもしれません。中で座って食べられますし。

 

レストランとかで定食的なものをオーダーすると、安くても12ユーロ程度です。

日本のように、500円程度、5ユーロで定食が食べられるお店は、パリでは見たことがないです(以前、1ユーロ/個のサンドウィッチはあった)。

AD

Les Halles改装工事完了?

テーマ:
Les Halles。旅行者だと行かないかもしれませんが、大きな映画館やfnac(本、CD、家電)、ショッピングセンターが、フォーラム・レ・アールにあります。ただし、映画館を除いて、お店は日曜休みです。

さて、改装前、改装中と見てきましたが、今年の春に改装完了したようです。
外から見た感じ。

中から見た感じ。


この改装期間も、店舗は営業してました。
そこが日本と違うところで、工事中なのに、お店は営業。
新しいお店も入るようで、一部、まだ工事中です。

さらに、教会前の公園は、まだまだ工事続行。

 
Les Hallesには、元々、屋根付きの常設市場がありました。
こんな感じ。


これが取り壊されて、以前のレ・アール・フォーラムが作られました。
よく言えば斬新なデザインでした。

ざくっと言えば、この中央の中庭を挟んで、セーヌ方向の上下の区画にお店が入っていて、地下〜地上2階まで、お店が入っていました。
最大の問題は、区画間の移動が、めちゃめちゃ面倒なことだったのです。これは市民にも不評でした。
例えば映画館とfnacは、中央を挟んでいるので、この広場まで一度降り、ここを通らないと移動できなかったのです。

もともと、移動がしにくいように、うろうろしてもらうコンセプトだったのですが、やりすぎでした。
改装によって、移動のしやすさが改善されたかと言えば????なのです。

なお、今回のデザインも超斬新なので、公園まで完成したときの予想図は、こんな感じでした。
素朴な疑問なのですが、どこからどうやって見れば、こんな全景が見れるのでしょうか??????????????????????????
少なくとも、入り口から見ると、最初の写真です(振り出しに戻る)。







AD