パリでブラタ○リ

テーマ:

パリは平坦な土地のイメージがありますが、シャンゼリゼ大通りも、凱旋門からコンコルド広場へ向かって下がっています。

パンテオンのあるところは、ちょっと丘になっています。

わかりやすい丘は、モンマルトルの丘です。

フニクラの横などに、階段があるのですが、そこにブラタモ的な見事なヘリがあるのです。

まさに、絶壁。しかも、写真のように、階段近くは、草に覆われていないので、岩肌もよく見えます。

フニクラ近くになると草に覆われていて、ヘリがあったことを見逃してました。

 

チャ、チャ、チャ〜♪

AD

今年は、11月21日の夕方に開始されました。

朝、ラジオを聞いていたら、告知してました。

年々、シンプルになっている気が。。。

多分、年ごとにメインスポンサーがいて、そのスポンサーの金払いの影響もあるのかもしれません。

車も比較的少ない。人も比較的少ない。

大観覧車

AD

パリのあちこちでもクリスマス・マーケットが始まりました。暇だったのでシャンゼリゼ大通りのマーケットへ行ってきました。

正式には「LES VILLAGES DE NOEL PARIS」(パリ、クリスマス村)と言います。

昼間、見れば、こんなもんです。

て言うか、朝10時なのに開いてない。さすがフランス。

 

身も蓋もない話ですが、お店はたいした物は売っていません。焼き栗、服、ホットワイン、スナック菓子、(なぜかフランスではよく売っている)マトリョーシカ人形、肉、チーズ、アクセサリー、焼き栗、服、ホットワイン、スナック菓子、マトリョーシカ人形、肉、チーズ、アクセサリー、焼き栗、服、ホットワイン、スナック菓子、マトリョーシカ人形、肉、チーズ、アクセサリー、マルセイユ石鹸、ヌガーなどなど。

 

マトリョーシカ人形

肉、チーズ(これは、クリスマスだから分かる)

店員さんがポーズをとってくれている。

ポテトにチーズを載せた物

誰も買ってくれないので、おっさんがデモ中。

焼き栗(冬の名物)

焼き林檎

焼き林檎にチョコレートコーティングは、くどそう・・・

 

お店が並んでいるのは、コンコルド広場からシャンゼリゼ大通りの終わりまで。

地図で赤く塗った両側に、ずらーと、たぶん100軒以上並んでました。

 

なんと移動遊園地までいました。

滑り台(有料)

あのスリラーハウス。(有料)

年末年始、バスティーユ広場に現れます。

クリスマス?バージョンです。

人工のスケートリンクもあります(有料)

まずそうなレストランや、まずそうな軽食屋さんもいました。

なかで生演奏していて、「お〜 しゃんぜりぜ〜〜〜♪」と歌ってました。

シャンゼリゼ大通りで、この歌を聴いたのは初めてです。

なんか、恥ずかしい。。。。

 

ちなみに、シャンゼリゼ大通りでホットワインをオーダーすると、共通のカップに入れてくれます(持ち帰り可)。

フランス人は、ホットワインだけをオーダーし、中国人はホットワインと軽食をオーダーしてました。

 

そういえば、確かにパリ市内、シャンゼリゼ大通り、モンマルトルなどから日本人の観光客が、ばっさり減っています。前は、どこでも日本語が聞こえたいたのがウソのようです。

なお、観光客が(比較的)多い場所には、かならず警備がいました。

 

 

 

 

AD