今Abema TVでやってる

 

主君の太陽

 

だいぶ前に観たんですけども

 

数ある韓流ドラマの中で

 

大好きなドラマの一つです♥

 

 

事故をきっかけに

 

幽霊がみえるようになっちゃった女の子と

 

大金持ちの御曹司のラブコメディーなんですけどもあせる

 

 

 

 

個人的に大好きな

 

女優さんコン・ヒョジュンさんが

 

主人公なので余計に思い入れが・・・💛

 

 

 

 

「恋はドゥグンドゥグン」

「大丈夫、愛だ!」

 

などでも

 

とってもキュートな魅力を

 

振り巻いてる彼女。

 

わたし考えてみると

 

こういう絶世の美女タイプではない

 

「オカメ顔」の女の子

 

大好きかもですラブラブ

 

以前もブリジットジョーンズでおなじみの女優

 

レニーゼルウィガーについて

 

熱く語りましたが

 

 

レニーもオカメ顔ですよね。

 

 

 

絶世の美女ってわけじゃないけど

 

表情がとっても魅力的な女性が

 

大好きなんだとおもいます。

 

 

 

わたし、ほんと昔からブスだのデブだのと

 

容姿のことでは

 

親や親せき、同級生から

 

からかわれてきました。

 

 

なので、自分の顔も体も

 

大嫌いでした。

 

でも大人になって

 

そうやって拗ねてても

 

モテもしないし、なんもいいことない!

 

と一念発起!

 

少しでも魅力的にみえる

 

メイクや表情の使い方を学び

 

まぁ、写真を撮られるのも

 

いやではなくなった程度には

 

自分の容姿に対しての嫌悪感は

 

薄くなりました。




 

それとともに

 

 

少し変わってきたことがありまして

 

自分の容姿にコンプレックスが特に強かった

 

10代~20代前半の頃は

 

イケメンや美女じゃないと

 

好きになれませんでした。

 

 

 

 

容姿がさえない人と一緒に

 

いるところをみられるのが

 

嫌で仕方なかったんですよ。

 

 

ブス同士つるんでる。

 

不細工同士お似合い。

 

 

 

そんな言葉を投げつけられるくらいなら

 

美男美女の引き立て役でもいいから

 

美しい人たちと一緒にいたい!

 

という非常にねじ曲がった感覚の持ち主でした。

 

 

 

当然、そういう考え方をするということは

 

心がブスなわけですから

 

美しい人からも、そうでない人からも

 

モテるわけがなく

 

わたしはいつも孤独でした。

>自業自得ですけどもね。

 

 

でも、メイクを習い

 

表情筋の使い方などを勉強し

 

苦手だった接客業に飛び込み

 

コミュ障的な性格を少しずつ克服し

 

 

昔からやるときめたら

 

そういうことは平気でやれたニヤリ

 

 

 

30代に入ったころぐらいから

 

ようやく少しずつ自分を

 

受け入れることができるようになって

 

自分の容姿がそこまで

 

気にならなくなると同時に

 

人の容姿がほとんど気にならなくなり

 

今に至ります。

 

 

 

自分を受け入れていけばいくほど

 

人に対しても寛容になれるってのは

 

これ、本当のことなんだなと

 

体感で知ってしまいました。

 

 

なかなか彼氏ができない、

 

いい男がいない、人間関係に恵まれない

 

という

 

ご相談を受けることもあるのですが

 

こういう悩みを持った方の

 

ほとんどが

 

自分自身を受け入れてないことが

 

原因で

 

人に対しても、あれはダメ、これはダメと

 

ダメ出ししてしまってることがあるので

 

なかなか理想の人が現れない、

 

男女問わずなかなか仲良くなれそうな

 

素敵な人がいないという


悩みがあるのでしたら

 

まずは自分自身を素敵だと

 

思う練習をしてみましょう。

 

 

♥自分で自分を褒めるのが苦手な人は

脳内執事さん、脳内王子に手伝ってもらってください♥

 

 

オカメ顔でもふとめの体でも

 

自分で自分を愛してれば

 

ちゃんと素敵な愛を


手に入れることができます💛

 

************

 

本日は夜10時まで待機しています💛

明日は午後2時~午後9時までの待機予定ですよ。

 

電話占いフルゴラ