Michi-kusa

大切なものはいつだって形のないもの ... The important things are always the ones without form ..


テーマ:
≪第7回UQ WiMAXお客様の会≫レビュー(レストラン編)


Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山・外苑前/ 女性を美しく魅せてくれるオシャレな空間で、美味しい本格イタリアンいただいてきました



先日ランチをいただいたイタリアンレストランが素敵だったので、フォトログ。
青山・外苑前のイタリアンレストラン『il desiderio(イルデジデリオ)』で撮ってきた写真と感想を記録しておきます。

実はこちら、≪UQ WiMAXお客様の会≫というイベントで訪れたレストラン。 この会は、日本でWiMAXの提供をはじめたUQコミュニケーションさんが、年2回20名ほどのユーザを招いて開催しているもので、キーパーソンの方々から最新情報を聞かせていただいたり、直接、意見交換させていただけるいつも楽しみにしているイベントです。 参加者は、システム、メディア、ガジェットなどに詳しい方々から私のようにただネットを楽しんでいるユーザまでと幅広く、性別・年齢・経歴・ステータスも異なる皆さんからいつも刺激をいただいて帰ってきます。 

商用サービスが始まる前からWiMAXのことが気になり使い始めたことがきっかけで、参加させていただいて今回で7回目。会場は、いつもオシャレでいつか行きたいと思ってた居心地のいいレストランばかり。ユーザの意見やアイディアをサービスや開発へ反映したいということで、トレンドに敏感な社員さん達が、毎回、寛いでお話できる空間を自腹で探し歩いていらっしゃるらしいです。

≪第7回UQ WiMAXお客様の会≫
開催日:2012年2月19日(日)
会場:『il desiderio(イルデジデリオ)』




イタリアンレストラン『il desiderio(イルデジデリオ)』

外苑前駅から2分、青山通りから一歩入ったところに、お気に入りのレストランやスィーツのお店が入っている≪PASSAGE AOYAMA(パッセージ青山)≫という静かなエリアがあります。石畳が敷き詰められたパティオから階段を上って2階にあるのがこの≪il desiderio(イルデジデリオ)≫。 高級レストランばかりが登場するあの≪ぐるナイのゴチバトル(日本テレビ)≫で紹介されたり、2011年の≪OZ Magagineの口コミトップ10≫にも入ったお店です。

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ、ダル・ペスカトーレ、エノテーカ・ピンキオーリ、リストランテ山崎 … いくつもの有名なイタリア料理店で修業を積んでこられたシェフや女性シェフ・パティシエ、それにソムリエの方もいらしてワインの品揃えも豊富だそうです。

店内は落ち着いた雰囲気。、コンセプトは≪女性を美しく見せてくれる空間≫だとか。 今回はランチタイム。 大きなガラス窓に掛けられたレースのカーテン越しに差し込む光が、真っ白なテーブルクロスに反射して、人もお料理も美しく演出してくれてます。

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン
Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン






イタリアそして日本の旬の素材を使って表現されたお料理は、
ひとつひとつが絵のようにキレイ。


今回いただいたお料理は5品。 

・北海タコのカルパッチョ 焼きナスソース 冬野菜
・ズワイガニ 赤軸ほうれん草のカルボナーラ タリオリーニ
・本日の鮮魚のインパデッラ 白ワイン
・熟成豚のロースト 菊芋とカステルマーニョのブレア
・ミックスベリーのロールケーキ ピスタチオジェラート



≪テーブルセッティング≫

ランチタイムは、明るい陽射しを浴びてスタイリシュな空間。 シンプルで品のいい真っ白な器やキラキラ光るグラスが眩しくて、お料理の新鮮さや彩も映えるテーブルセッティングです。 

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン
Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン



≪北海タコのカルパッチョ 焼きナスソース 冬野菜≫

透明なガラスに盛られているのは、タコ、赤カブ(?)、黒いキャビア、それに添えられてる野菜の彩とレイアウトがキレイ。 テーブルクロスからそこに並ぶグラスや飲み物までひとつになってるって世界観がいいですね。
 
Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン



≪フォーカッチャとバケット≫

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン



≪ズワイガニ 赤軸ほうれん草のカルボナーラ タリオリーニ≫

手打ちパスタ、じっくり食感を味わいながら大切にいただきました。

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン
Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン



≪本日の鮮魚のインパデッラ 白ワイン≫

パリパリでしっとり。 一瞬、お魚とは気づかず口にして...

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン
Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン



≪Montepulciano d'Abruzzo モンテプルチャーノ ダブルッツオ≫

いただいた赤ワインがお料理に合っていて美味しかったので、ボトルも写真に。

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン
Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン




≪熟成豚のロースト 菊芋とカステルマーニョのブレア≫

お肉はジューシーで、付け合わせの野菜は、素材の味も楽しめました。

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン



≪ミックスベリーのロールケーキ ピスタチオジェラート≫

春を感じさせるスイーツは、今年のトレンド、『シャーベットカラー』。 ジェラートの風味にはサプライズが。 姿からは想像していなかった味にちょっとぴっくりしたけど、お代わりしたいくらい美味しかったです。でも、食べ始めてから気づきました...写真撮るの忘れてたこと。

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン
Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン
Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン



≪食後のコーヒー≫

余韻にしたりながら、いただくコーヒーもいいですね。 話もはずみます。

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン




≪お土産にいただいたDALLOYAU(ダロワイヨ)のサブレ・クール≫ 

多分これ、お店では手に入らない気がしますが? 自分だけで食べるのはもったいないので友達とシェアしていただきました。


Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン



美味しいお料理とオシャレなレストランをもっと楽しむ方法


お料理の写真と感じたことはしっかり記録して、その場で料理好きな友人達とシェア。 こんな時に活躍してくれるのが、通信系ガジェット&サービス(Eye-Fi、WiMAX、pogoplug)とSNS(Flickr、facebook twitter)。

オシャレだったり珍しかったりするレストランでは、大量にお料理の写真を撮ることが多いのですが、後の写真の管理が大変。 だから、カメラにEye-Fiを入れて、Wi-Fi(WiMAXモバイルルータ)経由でMacBook AirとSNSへ自動転送。 今回も写真共有サイト≪Flickr≫へアップした写真を、その場でfacebookとツイッターで皆さんへもご紹介。

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン


コースメニューが振る舞われるようなレストランでパソコンを広げるも大変だったのですが、7回にもなると慣れてきました。 ≪逆への字≫状態にして膝に載せてテーブルとお腹の隙間(こぶし2つ分)へ。 聞いたお話をメモしたり、撮った写真がPCとネット上に自動転送されてるのをチェックしたり、SNSに投稿してみたり...。ほんとはこんなオシャレなレストランではNGですけどね。

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン



帰りに見つからなかったクロークの番号札を返しに、もう一度≪イルデジでリオ≫へ。
店内を撮らせていただいている間に、こんな手づくりメニューが出来上がっていました。『あのときのお料理の名前が気になって』とお話してただけなのに...。なんだか嬉しいですね、こんな心配り。 これが≪おもてなしの心≫っていうのですね。

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン


いつか夜のディナータイムに訪れてみたいです。

レストランウエディングや記念日など、
≪大切な人と大切な時間を≫
青山・外苑前≪イルデジデリオ≫は、そんな時にオススメの本格イタリアンのお店でした。




今朝も寒かったですね
東京の最低気温はマイナス1℃
でも、ちょっぴり春の予感が
春一番が待ち遠しい今日この頃です




≪参考≫

■イル デジデリオ
http://www.ildesiderio.jp/
住所)〒107-0062 東京都港区南青山2-27-18 PASSAGE AOYAMA 2F
TEL)050-5518-6068
定休日)月・年末年始
アクセス)地下鉄銀座線外苑前駅 1a出口 徒歩2分 地下鉄表参道駅 A4番出口 徒歩8分
営業時間)(ランチ)11:30~15:30(L.O.14:00)、(ディナー)18:00~23:00(L.O.21:30)

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン

Michi-kusa-il desiderio(イル・デジデリオ)青山 イタリアン

■今回使ったガジェット&サービス
Eye-Fi、WiMAX、pogoplug(ポゴプラグ)、Flickr、facebook twitter


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
( この記事は編集中です )



$Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー



《 関連記事 》
期間限定「ソウルマッコリBAR」イケメン編 / ファーストインプレッション~ソウルマッコリの魅力
期間限定「ソウルマッコリBAR」テイスト編/ 美容と健康に優しいマッコリをオシャレにいただく方法




「ソウルマッコリバー」での体験を、イケメン編 と テイスト編 で書き留めましたが、最後は空間デザインについて写真と一緒にアップしてみたいと思います。


=========================================
「ソウルマッコリBAR」は、サントリーのソウルマッコリを体験するために、3日間限定でオープンするスタンディングバーで、チャン・グンソクさん出演のTVCMに登場する白いバーを再現したもの。 入場料300円でバーテンダーがサーブする「ソウルマッコリ」とマッコリカクテル2杯の計3ドリンクと、人気若手シェフ3人が創ったフィンガーフードを味わえるイベントです。
( 詳細は、こちら http://www.suntory.co.jp/news/2011/11183.html
=========================================




バーカウンターはTVCMのイメージ通り、白を基調にしたスタイリッシュでオシャレな空間。  

真っ白なバーカウンターの壁は、カウンターを包み込むような半ドーム形で、カウンターテーブルも照明のひとつになっています。 透明なグラスをキラキラ輝かせてキレイです。

店内照明は、ほとんどがスポットライトと間接照明。 その光が、白い床・壁・インテリアに当たり、反射光で涼しげな色合いの明るさです。

曲線と直線のコントラストが印象的なインテリアは、スペースをよりスッキリと見せてくれているようです。

ラウンジ中央には、スタンディングバー用のテーブルとイスが置かれていて、座っていても、立っていても話のしやすい高さになっています。 パソコンを広げていても違和感がありません。

こんな雰囲気と照明は女性を綺麗に見せてくれる効果もありそうですね。


ここで、色鮮やかなマッコリカクテルとフィンガーフードいただいていると、まるであのCMの中に入り込んでしたみたいで、幸せな気分になってきます。




シンプルだからこそ、そこにいる人を美しく魅せ、素敵な時間を演出してくれる空間。

もしかしたら、これがソウルマッコリをつくった方がイメージしていた世界観なのかも?




そんな世界感を感じながら撮った写真がこちらです。



■BAR COUNTER


Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー


Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー





■ROUNGE

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

$Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー





■FLOOR & CEILING

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー





■COUNTER TABLE

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー





いつもと違う道を通って
今まで行ったことのない場所へ行って
見たことのない景色を見つけられたら...

また新しい自分に会えそうな気がします

だからそんな瞬間がすきなのかも






■参考


期間限定「ソウルマッコリBAR」

-----------------------------------
会場  : 東京都港区六本木6-9-1 テレビ朝日本社1階
      六本木ヒルズ 多目的スペースUMU
最寄駅 ; 東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木駅」1番出口より徒歩約5分
営業期間: 2011年9月23日(金・祝)~9月25日(日)
      9/23~24 15:00~22:00、9/25 13:00~20:00
入場料 : 300円
-----------------------------------

( 詳細は、こちら。http://www.suntory.co.jp/news/2011/11183.html )
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
( この記事は編集中です )



$Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー


《 関連記事 》
期間限定「ソウルマッコリBAR」イケメン編 / ファーストインプレッション~ソウルマッコリの魅力
期間限定「ソウルマッコリBAR」空間デザイン編/ スタイリシュでオシャレな白い空間に酔ってみた




イケメン編でご紹介した期間限定「ソウルマッコリBAR」でいただける、お料理とカクテルの写真をアップしてみました。



=========================================
「ソウルマッコリBAR」は、サントリーのソウルマッコリを体験するために、3日間限定でオープンするスタンディングバーで、チャン・グンソクさん出演のTVCMに登場する白いバーを再現したもの。 入場料300円でバーテンダーがサーブする「ソウルマッコリ」とマッコリカクテル2杯の計3ドリンクと、人気若手シェフ3人が創ったフィンガーフードを味わえるイベントです。
( 詳細は、こちら http://www.suntory.co.jp/news/2011/11183.html
=========================================




会場では、ソウルマッコリと一緒にソウルマッコリを使ったカクテル(6種類)、そして3人の人気若手男性シェフがつくったフィンガーフードがサーブされていたのですが、マッコリってちょっとオシャレな飲み物だと知りました。 カラフルなカクテルとお料理がとてもマッチしていてついつい写真撮るのに夢中になってしまいました。



ついでに、マッコリのことやら何やらいろいろ教えていただいたのでちょっと覚書。



マッコリってどんなお酒?

マッコリは韓国の代表的な伝統酒(醸造酒)で、米と米麹(または小麦粉)で仕込んだ酒の上澄みと下の濁った部分からできてる濁り酒だとか。 自然発酵されたお酒なんですね。

マッコリにも種類があって、韓国での主流は殺菌してないなままの生マッコリで、日本に輸入されているのは殺菌してあるもの(殺菌マッコリ)が主流だそうです。 簡単にいうとソウルマッコリは両方のいいところをとった殺菌マッコリだとか。(後でもっと詳しく書こう...)




初めてのマッコリを味わってみる

ソウルマッコリの印象は、前の記事にも書いたように、白くて、円やかで、シツコクない甘さがあって...。爽やかのようでどこか深い味わいもあるし、いろんな可能性を秘めてるって感じ。

それに、口当たりがよくって、フルーツとは違うサラッとしていて癖がない(シツコクない)甘さ。 一瞬、甘酒の風味がしたような気がしたのはやっぱりお米を使っているからなのでしょうか。後味がサッパリしているのは、「やわらか微炭酸」の効果らしいです。

お酒をそんなに飲まない私でも美味しくいただけたり、カクテルにもお食事にも合うのは、癖のない甘さとコクのせいかもしれませんね。

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー




ソウルマッコリの楽しみ方

乳白色で、透明なグラスに注ぐと見た目にも美味しそうでキレイ。 だから、缶のままでなくて、グラスに注いで飲むのがオススメですね。

頭の中にあったマッコリという名前のイメージとはちょっと違って、見た目も味も、ちょっとオシャレなドリンクでした。

TVCMや今回の期間限定「ソウルマッコリBAR」のようなオシャレな空間と雰囲気の中で飲めたら最高ですが、自宅に友人や恋人を招いての雰囲気創りにはお一役買ってくれそうです。いろんなオードブルをつくりっても楽しいし。アボガドとクリームチーズをつぶして混ぜて載せただけの簡単なおつまみでも合いそうです。(鮮やかな色を保ちたいならレモンを絞って)

レシピもいただいてきたので、あとで作ってみようかな。

(レシピは後でアップしますね。)


$Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー





マッコリって美容と健康にいいらしいです

このイベントの次の日、肌に張りと艶がでたような気がして(多分、気のせい?)思い出したんですが、 アミノ酸、乳酸菌を含んでいて美容と健康を意識する女性にも人気のお酒だとか。

実は、最近、肌の調子が悪かったので気になってちょっと調べたりしていたんですが、乳酸菌、たんぱく質、ビタミンが豊富に含まれて、低アルコール&低カロリーだってことなので、「ちょっといいかも」と。

$Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー






ソウルマッコリの美味しい飲み方

せっかくなので、一番いい美味しい状態で飲む方法を教えていただきましたのでメモ。

1)よく冷やしたからソウルマッコリとグラスを用意します。
2)4~5回回転させます。
3)炭酸で吹きこぼれないように、ゆっくりタブを開けて、グラスに注ぎます。

こうやって飲むと、ソウルマッコリもさらに美味しく飲めるそうです。

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー





ソウルマッコリBAR ‐ MENU

最後に、ソウルマッコリBARでいただける色鮮やかなシャーベットカラーのカクテルと人気若手シェフ考案のお料理を写真と一緒に書き留めておきますね。


Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー



《 ドリンクメニュー 》

柚子マッコリ  (乳白色)
 さっぱりした美味しさの柚子リキュールのカクテル。
 ソウルマッコリ(70ml) 贅沢ゆず酒(20ml)

マッコリトニック (白)
 トニックウォーターとの組み合わせは爽快感あふれるすっきりとした味わい。
 ソウルマッコリ(60ml) トニックウォーター(30ml)

マッコリブルー (スカイブルー)
 見た目も鮮やかなブルーキュラーのカクテル
 ソウルマッコリ(40ml) ザ・ブルー ブルーキュラソー(15ml) トニックウォーター(35ml)

マッコリメロンソーダ (きみどり色)
 メロンリキュールの奄美とソウルマッコリの爽やかさが程良くマッチ。
 ソウルマッコリ(35ml) ミドリ メロンリキュール(20ml) サントリーソーダ(35ml)

巨砲マッコリ (ピンク色)
 巨砲リキュールをミックスしたフルーティな味わい。女性にはオススメ
 ソウルマッコリ(70ml) クレームドキョホウ(20ml)

ファジーマッコリ (オレンジ色)
 桃のリキュールとオレンジジュースでソウルマッコリがさらに優しい口当たりに。
 ソウルマッコリ(40ml) ルジェ クレーム ド ペシェ(20ml)100%オレンジジュース(30ml)


Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

$Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー



《 オリジナルフード 》

イチジクのクロスティーに (ベリッシモ・フランチェスコさん)
のりたまクリームチーズ (五十嵐豪さん)
玉ねぎジャムのカナッペ (有坂翔太さん)

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

$Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー









キレイになる秘訣って

からだと心に優しいものをいただくこと
笑顔と希望を絶やさず生き生きしてること

それから...

どきっとするような、恋をすること?







■参考


期間限定「ソウルマッコリBAR」

-----------------------------------
会場  : 東京都港区六本木6-9-1 テレビ朝日本社1階
      六本木ヒルズ 多目的スペースUMU
最寄駅 ; 東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木駅」1番出口より徒歩約5分
営業期間: 2011年9月23日(金・祝)~9月25日(日)
      9/23~24 15:00~22:00、9/25 13:00~20:00
入場料 : 300円
-----------------------------------

( 詳細は、こちら。http://www.suntory.co.jp/news/2011/11183.html )

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
( この記事は編集中です )


$Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー



《 関連記事 》
期間限定「ソウルマッコリBAR」テイスト編/ 美容と健康に優しいマッコリをオシャレにいただく方法
期間限定「ソウルマッコリBAR」空間デザイン編/ スタイリシュでオシャレな白い空間に酔ってみた



9月23日(金・祝)から9月25日(日)までの3日間期間限定で開催されている「ソウルマッコリBAR」のオープン先行ご招待ブロガーイベントに参加してきました。

白を基調にしたスタイリッシュでオシャレな空間で、お酒とお料理も美味しくて、楽しいひとときを過ごしながらたくさん写真を撮ってきました。


「ソウルマッコリBAR」は、サントリーのソウルマッコリを体験するために、3日間限定でオープンするスタンディングバーなのですが、 実はこれ、チャン・グンソクさん出演のTVCMに登場する白いバーを再現したもの。 入場料300円でバーテンダーがサーブする「ソウルマッコリ」とマッコリカクテル2杯の計3ドリンクと、人気若手シェフ3人が創ったフィンガーフードを味わえるイベントなんです。

あのCMに登場する真っ白なバーに、一度行ってみたいなとずっと思ってたのでうれしかったです。


今日が最終日なのですが、デートにはおススメですので六本木にいらっしゃる方はぜひ!

=========================================
会場  : 東京都港区六本木6-9-1 テレビ朝日本社1階
      六本木ヒルズ 多目的スペースUMU
最寄駅 ; 東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木駅」1番出口より徒歩約5分
営業期間: 2011年9月23日(金・祝)~9月25日(日)
      9/23~24 15:00~22:00、9/25 13:00~20:00
入場料 : 300円
=========================================
( 詳細は、こちら。http://www.suntory.co.jp/news/2011/11183.html



今回サーブされてるフィンガーフードをつくられた、デザイナーでイタリア料理研究家の「ベリッシモ・フランチェスコ」さんとフードアーティストの「有坂翔太」さんとは、少しだけお話をすることができて写真を撮らせていただきました。 そこにいらっしゃるだけでも場の空気が変わるような、気さくでアグレッシブな印象をうける方でした。 ただのイケメンじゃないです。 楽しそうにお話をされると、一緒にいるとこちらまで幸せな気分になってきます。 どちらかと言えば、シェフというよりもタレントさんかアーティストさんって感じのステキな方でした。



空間デザイン、マッコリとお料理のテイストについては、またあとで詳しく書き留めるとして、
まずは第一印象「ファーストインプレッション」から。



第一印象「ファーストインプレッション


マッコリは今回が初体験。でも、これまでいたいていたイメージとは全く違うものでした。


やはりマッコリを試したことがない友人に、

「どんな味だった?」

そう聞かれても、上手く説明できないと思いながらふっと気づいたのですが...

ソウルマッコリの印象は、
白くて、円やかで、シツコクない甘さがあって...。爽やかのようでどこか深い味わいもあるし、いろんな可能性を秘めてるって感じ。 TVCMに出演されてるチャン・グンソクさんも、この白いスタイリッシュなバーも、そしてシェフとスタッフの皆さんも、そんな魅力をもっているからこのバーのイメージとして起用されたのかもしれませんね。

ちょと気づくのが遅かったでしょうか。


話は変わりますが、
最近は人物の写真に興味があって、知り合いにモデルをお願いして撮り始めましたところです。だから、今回は勉強になりました。 表情、仕草、光と影のバランス、それから服装や周りの雰囲気で、人の印象は変わってくるんですね。

ソウルマッコリもちょっとそれに似たところがあるのかも。
お料理とも合わせやすくて、カクテルにすると味わいも印象もまた変わってくるようですから。



ということで撮った写真はこちらです。


■チャン・グンソクさん出演のソウルマッコリのTVコマーシャル


Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー




■プレゼンテーション : 「本日お召し上がりいただく料理」


$Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー
(有坂翔太さん、五十嵐豪さん、ベリッシモ・フランチェスコさん)

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー



■ソウルマッコリってこんな感じ


”白くて、円やかで、シツコクない甘さがあって...。爽やかのようでどこか深い味わいもあるし、いろんな可能性を秘めてるって感じ。”


Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー

Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー


” 表情、仕草、光と影のバランス、それから服装や周りの雰囲気で、人の印象は変わってくるんですね。”


Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー
Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー


Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー
Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー


Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー
$Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー
Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー


Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー
Michi-kusa-ソウルマッコリBAR - サントリー





今日の独り言。。。


魅力ってどこからやってくるのでしょう

自信だったり経験だったり...

決してプラスだけじゃなくて
ときにはマイナスさえも人の心を魅了するもの

不思議ですね




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Michi-kusa-茨城・福島農産物サポートプロジェクト



先日、『フクベジ』という野菜ボックスが届きました。

箱の中には、長ネギ、葉ネギ、シイタケ、エリンギ、なめこ、きゅうり、トマト、プチトマト。 今、一番美味しく、この暑い季節に必要な栄養素を補ってくれる、旬の野菜が入っていました。

『フクベジ』は、『茨城・福島農産物サポートプロジェクト』が提供する野菜パッケージのひとつ。 このプロジェクトは、福島第一原発事故の影響を受け販路を断たれた農家をサポートするために立ち上げられ、既存の流通ルートでは価格がつかなくなった農産物を農家直接集め「野菜ボックス」を作り、全国のサポーターへ届けるというもの。 そして、最近、私もサポーター登録しました。

負けるな東北、負けるな福島、農産物を購入して支援...

でも、サポーターになったワケはそれだけではないんです。




福島の野菜をさがして

震災後、当たり前のように手にしていた食品が入手困難になり、電力不足で食事の支度に不安を感じる日々が続きました。 そこで、手に入る素材を使い、電気を使わない自炊をはじめました。ほんの少し手をかけ、心配りをするだけで、美味しい料理がつくれることがわかりました。 それは決して辛いことばかりではなく、これも生活を快適にするライフハック。 素材を探し選べることの有難さも感じるようになりました。

そんなある日、立ち寄ったデパ地下の野菜売り場でのこと。 山積みされた見切り品のホウレン草を見かけました。 新鮮で、品質の良いものです。 でも、立ち止まる人もまばら。 出荷停止になったホウレン草のことが話題になった日だったでしょうか。 もちろん産地も違う安全基準もクリアしたお店も自信をもって並べている商品です。

それから、売り場の様子は少しずつ変わっていきました。

数日後、福島のある野菜農家の現状をニュースで知りました。 『安全な野菜を子供たちへ届けたい』。 そんな思いで栽培方法にこだわり、心を込めてつくった有機野菜が、出荷停止となり希望を失ってしまったというもの。 それからは野菜売り場へ行くと『福島産』の文字を探すようになりました。 でも、行きつけのスーパーでもデパ地下でも見つけることができません。 ツイッターでそのことをつぶやいたとき教えていただいたのが、このプロジェクト。 プレゼントキャンペーンをやっていることを知り応募。

そして、こんなに新鮮でみずみずしい野菜を、農産物サポートプロジェクトさんからプレゼントしていただきました。

Michi-kusa-葉ネギ(茨城・福島農産物サポートプロジェクト
Michi-kusa-ネギ(茨城・福島農産物サポートプロジェクト
Michi-kusa-トマト(茨城・福島農産物サポートプロジェクト
Michi-kusa-シイタケ(茨城・福島農産物サポートプロジェクト
Michi-kusa-プチトマト(茨城・福島農産物サポートプロジェクト
Michi-kusa-エリンギ(茨城・福島農産物サポートプロジェクト
$Michi-kusa-きゅうり(茨城・福島農産物サポートプロジェクトMichi-kusa-なめこ(茨城・福島農産物サポートプロジェクト




『茨城・福島農産物サポートプロジェクト』とは 

販売店は売れないものを店先に置くことはできませんし、卸業者も同様です。 出荷の目途も、価格も付かず、丹精込めてつくられた野菜も行き場を失い廃棄されていきます。 先が見えない今、いろんなカタチで、風評被害という一言では納得できないツライ状況が続いているようです。

そこで、こだわり野菜づくりを続ける農家と、それを支援したい全国のサポーターとを繋ぐためにはじめられたのが『茨城・福島農産物サポートプロジェクト』。 風評被害対策で緊急的にスタートし、システムも運用も手探りすすめる中、登録農家も賛同するサポーターも増え続けているようです。

届けられた野菜は、鮮度も品質も満足のいくものでした。 でも、『本当に安心できる納得いくものでないと』。 そんな気持ちで、手に取った素材を調理し味わうだけでなく、いろいろと情報を収集もして、サポーターとなりました。


【 茨城・福島農産物サポーターのもとへ農産物が届くまでの流れ 】
1.登録ページhttp://japavege.force.com/ から登録をする
2.農産物サポートプロジェクト事務局が農家から農産物を集約する
3.事務局が仕分け・パック作業を行う
4.発送


価格設定は、送料・手数料を覗いた野菜の価格の50%以上が農家の収入になることを目標にして、現在80%程度で運用されているようです。スーパーの場合で、20%~30%というお話もあるそうですから、納得のいく価格だと思いました。

そう言えば、自治体や協力者と並んで運用を支援している中に、震災直後に現地へ入り情報網復旧に活躍されていた企業のお名前を見つけました。 まだ混乱が続く厳しい現場でいったい何が必要なのか...。 これは肌で感じたことから生まれたプロジェクトなのかもしれませんね。

茨城産の野菜が詰まった野菜ボックス『イバベジ』、福島産の野菜が詰まった野菜ボックス『フクベジ』は、決められた農産物が入っているのではなく、そのときにいい状態で届けることができる安全な野菜を集めてパッケージとして発送しているそうです。

昨日(7月2日)、サポーターになって初めてのパッケージが届きました。今回は農産物ではなく水産物を注文してみました。 震災では多くの水産業者も被災し、復興には時間がかかりそうだとういうことですが、その業者の冷凍庫で無事が確認された震災前に水揚げされたものだそうです。 他にも、こだわり野菜をつくっている農家を見つけると、新しいパッケージとして提供されているようです。 こんなプロジェクトだからこそできること、まだまだありそうですね。 たとえば、facebookの公式ページで一足先に情報は収集していたのですが、【7月限定50ケ第一弾】プレミアムブルーベリー生果実などもそのひとつです。

詳細については、公式のサイトをご覧ください。⇒ http://www.gokigenfarm.org/0141831

$Michi-kusa-茨城・福島農産物サポートプロジェクト




電力不足やら何やら、今年の夏は、さらに厳しくなりそうです。 今回の『フクベジ』に入っていた野菜を使って、そんな厳しい暑さやストレスに負けない、心も身体にやさしい料理というのをいくつかつくってみました。 素材の特徴と風味を生かし、自分自身でも、そして大切な人達にこの夏を乗り切ってもらいたいからつくった家庭料理です。

武蔵野うどんの肉汁、鶏の酒蒸し添え夏野菜のサラダ、ビタミンカラーのイタリアンプレート、なめことのお味噌汁...。

写真とレシピは、またあとでアップしたいと思います。



明日の福島(FUKUSHIMA)へ

いつだったか、こんな言葉をネットで見かけました。

『奇跡の街 ~FUKUSHIMA~』


ちょっと進んでは後戻り。 福島、そして震災地の復旧にはまだまだ長い道のりとなりそうですね。  でも、不可能と言われるものを可能にしてきたこの国なら。 福島(FUKUSHIMA)の文字が、『原発被害の街』から『奇跡の街』になる日も、そんなに遠くないかも知れません。 早く、そんな時がくるといいですね。

まずは、明日へ繋がるところから。 



Fans:Fans
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。