不妊相談ひとすじ20年 子宝誕生1000組の秘密

不妊相談・子宝相談一筋にこだわってきた「くすりの麗明堂」薬剤師 金丸が、
子宝を授かるためのお話を中心に、皆様の健康管理に役立つ情報や、
お客様とのふれあいの中で感じたこと、日ごろの出来事などを書いています。


テーマ:

 皆さん こんばんは! 不妊相談ひとすじ20年 宮崎市の漢方相談薬局・くすりの麗明堂、一般社団法人認定の子宝カウンセラー 薬剤師の金丸です。

 

 先日、長崎のこどもの本の童話館グループ発行の『絵本のある子育て』(No.34)の中に、とても為になる素晴らしい内容がありましたので、ご紹介させていただきます。

 

 子どもに絵本を読んであげることは、さらに大きな恵みをもたらします。

それは、絵本を読んでもらうことは、自分へ向けられる直接の愛の表現だと、子ども自身が知っているということです。

 

 その時間は、体も心も親に抱きとめられ、あまえを受け入れられ、親からの丸ごとの愛を感じていられる時間です。家庭で絵本を読んでもらってきている子どもたちの表情が穏やかで、言動にも落ち着きがあるのは、彼らが言葉の愛に満たされているからです。これが一番の宝です。

 

 親と子であれ、大人同士であれ、言葉をとおして心の世界を共有できたと感じられるとき、人と人は深く結びつくのですね。

 幼いころより、言葉をとおして、たましいの奥深くへ届く愛を存分に受けて育った子どもは、自分を愛し、自分と同じように他の人を愛し、信頼することができます。そして、子どもからの、その愛と信頼を一身に受ける親は、その愛と信頼に慈しみを添えて、子どもへ返していきます。それが、“愛し、愛される”ということです。

 また、そのようにして、折に触れ人への愛と信頼を表すことのできる子ども、そのようにして成長してきた大人が、他の人から愛されない、信頼されないということがあるでしょうか。

 

 今の子どもたちの苦しみの多くは、無償の、ただ温かく抱きとめられるだけの愛に満たされていないからだと、私は思います。親の気に入る「良い子」でいることで、その対価として愛情が与えられる、と子どもが感じているのだとしたら・・・。

 ここにも、子どもや思春期の人たちによる、社会的な現象や事件の背景があるように思います。

 

 さりげなく素朴に、絵本を読んであげる。それだけで、私たちは、子どもが切に望んでいるものを手渡すことができます。 

 もちろん、絵本を読んであげるのは母親だけの役割ではありません。それに、子どもへの人生や社会への道筋を語るのは、むしろ父親(父性)としての役割ではありませんか。このような時間を子どもと共有することで、父親も確かに親となっていくのです。

 

 この文章を読んで、本当にそうだなぁ・・・ と改めて思いました。

 

 子どもに絵本を読んであげることは、いいことだということは知っていましたが、私が想像していた以上に大きな恵みがあることに気付きました。

 もう、私の子どもたちも大きくなったので、絵本を読んであげる機会は難しいですが、今度は孫のために練習をしておきたいと思いました。

 

  このブログをご覧頂いている皆様のもとに、大きな大きな喜びたくさんのが訪れますように…クローバー

 

~ブログをご覧いただいている皆さんへのお願い~

 パソコンからご覧の方パソコンは、この下にあるコウノトリのバナー 携帯電話の方携帯は、こちら  をタッチグッド!してくださいね 。よろしくお願いします。ニコニコ

 

 麗明堂の子宝専用HPコチラ →

http://www.reimeido.com/

 

 私が先月、パソコンから24時間いつでも聞けるインターネットラジオで、人生学入門「最高道徳が安定した幸せをつくる」』についてお話しています。ぜひ、お聴き下さいね!

http://www.omoraji.com/reimei.shtml  

 

蒲公英T-1エキスについての詳しい情報は

http://www.shawkeat-1.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

くすりの麗明堂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。