2015-02-23 11:15:08

今度こそホントに死ぬかと思った

テーマ:ニューヨーク
ペタしてね読者登録してね

今日は『チリの旅まとめ・ご飯編』にしようと思ったんですが、アイフォンのストレージ不足で、旅先で写真を大量に消してしまっていたことに気付き、ぎゃーと断念。
しょうがないので、『チリの旅まとめ・動画編』にしようかと思って動画を整理しはじめていたら、ヒョロロローっと電話会社からメールが。
「今月の請求金額が決まりました」
ってやつです。
チリにいる間ローミングしたけど、データローミングの契約しておいたし、あまり普段と変わらないかな?と思って確認したら。

ら。

ら。



ら。。。。。。








2980ドル






2980円じゃないですよ。
2980ペソでもないし、2980リラでもないし2980ズウォティでも2980ソモニでも2980ドブラでも2980フリヴニャでもありません。
2980USドルです。
私の中ではさんじゅうまんえん。

三十万円ですよさんじゅうまんえん。
電話代ですよ。
電話代がああた、さんじゅうまんえんってああた。
どこの世界にそんなああた。
電話代がさんじゅうまんえんってああた。


とりあえずチビりながら電話会社に電話しました。

電話に出たのは私の想像では、太った黒人の女性です(知らんけど多分そんな感じ)。
「あのう。今日届いた電話代金がですねえ。なんかどうも2980ドルっぽいような感じなんですけど、これは一体‥」

「オー。それは大変。ハッハッハー」

いや。
笑うけどああた。
私があなたの立場だったら、多分やっぱり笑うかもしれないけど、わたしゃそれどころじゃないんですよ。
え?
さんじゅうまんえんですよ。
請求されてるのは私なんですよ。
さんじゅうまんえん。
どうしてくれるんですか?

「それはまた大変な金額ですねえ。フフ」

笑いが抑えきれない感じ。
そんなに面白いか。
人が困っているのが、そこまで面白いか。
え?
面白いのか。

「ではちょっとお調べしますので、あなたのfull nameと電話番号を教えていただけますか?」

声に笑いが含まれているけれど、実はとても感じの良いカスタマーサービスのこの女性。
私が名前と電話番号を伝えると、
「ありがとうございますミスタケウチ。あなたの困ったお気持ちはとってもよくわかります。できる限りのことをいたしますので、少し時間をいただけますか?」
ととても丁寧な応対でした。

今回南米に出かけるにあたり、持参したのは個人用携帯と仕事用携帯の二台。
仕事用携帯で海外ローミングサービスの契約をして出かけましたが、普段は電話自体を切っていたし、必要最低限の時しかローミングしませんでした。
いくら考えても2980万円も請求される心当たりがありません。

数分待った後、再び電話口に来た女性が
「調査に少し時間がかかりそうです。1時間ほど後にコールバックしてもよろしいですか?」
とまた丁寧に言ってくれたので、電話を切りジリジリと待ちました。
待っている間にご飯の時間になりましたが、ポールが買い置きしてくれたローストチキンが喉を通らないぐらい心配で心配でたまりませんでした。
だって奥さん。
もしかして万が一さんじゅうまんえん払わないといけないことになったら、あたくしもう死んだふりをするしか道がございません。
モソモソとチキンを食べながらも、味がわからないぐらい気分はブルー。
ああ。
昨日はあんなに香ばしくて美味しかった私のチキンちゃんが、今日はただの座布団の中綿みたいな食感に。

結局ほとんど美味しく味わえなかったチキンちゃんをお弁当箱に詰めなおし(明日も食べるつもりらしい)、オスカーを見ながら電話を待ちました。

30分ほどわけのわからん連中(セレブだけど知らん人ばっかり)がにこやかにレッドカーペットを歩いている様子をボケーっと見ていると、じゃかすかじゃんじゃんと電話がなりました。

「ハローミスタケウチ?」

おお。さっきの人だよ!私の名前をちゃんと覚えているなんて、なんて優秀なんだ!(アメリカではこれが優秀)

「さて。さきほどの2980ドルのチャージの件をお調べいたしました結果‥」

み、妙な間をおく人だなあ。
早く言ってよどうなったのか、ドキドキハラハラ。

「2980ドルのチャージはですね‥」

うう‥。
また間をおくし。
もしかしてウケねらいか?

「この度の私たちのオファーは‥」

オファーって
オファーって。
やっぱりあれですかね。
半分払えとかそういうやつ?

実は待っている間にちょこちょこネットを検索したら、出てくる出てくる海外ローミングの悲劇話がわんさかと。
そのほとんどのケースが、数千ドルのチャージを半額にしてもらったとか、ひどい時は2万ドルを2000ドルにしてもらったとか、いいのか悪いのかわからない話ばかり。
私の場合、半額だって1500ドルですよ。
どうしよう、半額セールだったら。

此の期に及んでもまだ減額してもらえると信じ込んでいるわたくし。
そもそも使った覚えのないローミングフィーなのに、減額とか、なんとか500ドルぐらいにならないかなとか、そういう思考ですでに負け犬状態なことには全く気付いていません。

「33ドルになりました」


‥え。

「2980ドルは33ドルになりますが、ローミング契約代金の99ドルはそのままでお支払いいただきます」



さ、33ドル?

「いかがでしょうか?」

いかがって
いかがって
なんかあの、全然意味がわからないっていうか
あの。そもそもなぜ?なぜ2980ドルが33ドルに?
ていうか、2980ドルは何だったのかすらわからないんですけど?

「ええと。それは間違いでした」

間違い!!
間違いって間違いって間違いって。

「33ドルでよろしいですか?」


いいけど。
すっごくいいけど。
なんかわけがわからないんですけど。

「この度はAT&Tをご利用いただき、ありがとうございました。」
超長い確認番号を教えてくれた後、とってもにこやかに挨拶をしてくれた彼女は、本当に感じが良かったしとてもプロフェッショナルな応対で素晴らしかったと思います。
思いますけどね。
なんか、おかしくないですか?
2980ドルっていう金額の根拠もわからない上に、それが「間違いでしたので33ドルに」ってあっさりいうけど、これ、私が問い合わせしなかったらクレジットカードに2980ドル課金されていたってことですよね。
いいんでしょうか、こんなことで。
しかも、今もう一度よくよく考えてみると、この33ドルっていう金額の根拠も今ひとつわからないんですよね。
もしかして罠?
2980ドルで脅しておいて、33ドルっていうと誰でも喜んで飛びつくから、33ドル不正課金するための罠?
‥なんてちょっと考えすぎかなと思いますけどね。

それにしても、ああびっくりした。
本当に本当に本当にびっくりした。
ほんとにほんとにほんとにほんとに、死ぬかと思った。。。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

竹内玲子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

6 ■きっとそれは。。。

きっとそれは、29.80ドルだったのではないでしょうか。それにしても、良かった良かった。

5 ■良かったです!

信じられないですね!《とりあえず請求してみるか?運よければぼったくれるかもな?》的な感じなのでしょうか?
楽しかった旅行が悲劇に変わらなくて良かったですね!
そしてリンコさんが今度も死ななくて本当に良かったです〰。

4 ■無題

これが日本だったら40字詰めの原稿用紙20枚分くらいのお詫び状と菓子折り持参ですよ~ ある意味アメリカが羨ましい^^;

3 ■無題

恐るべし、電話会社!
からだに悪すぎます~。
間違えと判ってよかったですね。

チョビ本読み終わりました!
もう、ブログで拝見してたチョビとれいこさんの日常を思い出しちゃうし、電車の中で、鼻水涙が。。。。
でも、可愛かったチョビにまた出会えたような優しい気持ちになりました。
チョビは永遠です。

2 ■無題

こちらのミス請求でした、申し訳ありません、じゃなく、よろしいですか?が笑えました。 
油断大敵ですね。ものすごくお金持ちだったら、調べたりせず、払っちゃったりするんでしょうか?

1 ■(@_@;)

30万あったらまた旅行にいけますね~。。

3300円か!!

とにもかくにも 美味しくローストビーフを召しあがれ~~♪

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース