Reiko's Journey in America

異文化と通して感じるもの、アメリカの医療について、そして大好きな旅についても時々綴っています。


テーマ:

ハワイに戻ってきていますが、なんせ世界一周したような距離感で、時差ぼけもひどい。ハワイー中近東ーアジアーハワイはやはり遠い。

 

仕事もすぐに再開ですが、大学の課題の遅れにお尻に火。じさボケで眠いという言い訳はききません。catch up に追われています。

 

さて、ほんのすこしの時間しかアブダビでは時間を過ごせませんでしたが、心に強く残る経験ができました。住めるか?と言われると、やはり気候が厳しいのですが、歴史、文化が根強く残る美しい国でした。

 

レイオーバーで再入国した日は、平日で、私の友人スーザンは当然仕事。なので、主人と二人で観光をしました。オイル大国なのでガソリンは安いので、躊躇なくタクシーを利用できます。

 

一番見たかったモスク。イスラム教の礼拝堂です。本当に美しく感動ものです。が、聖地であるこのモスクではイスラム教をリスペクトせねばならないので、特に女性は肌を見せることが禁じられています。一応ロングスリーブ、ジーンズで肌を隠してみましたが、だめでした。別室へ連れて行かれ、あの、黒いヒジャブを強制に借用されました。でも無料です。ただし、暑いので、着ている間は蒸し風呂状態。しかもスカーフで頭も隠さないといけないので、時期によりますが地獄。12月はほどよい気温になっているとのことです。

 

{B7C2877C-BDB1-4F7E-97B7-684CA9122C58}

 

{ECD44000-0A05-4A19-88F6-510CE2EE37CE}

 

 

{349A6E67-B7FB-4E37-BDE3-373B5110F660}

 

 

 

 

地元の人によると、私たちが訪れた日はすばらしい気候だと言っていましたが、絶対に摂氏40度近くはあったと思う。ただ、ひどい時で摂氏50度でそういう時期は、人間を外で見かけることはないそうです。そりゃそうだ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

北京からアビダビまで11時間くらい、Etihad Airline で直行便。たまたま、主人が運良くアップグレード。夫婦だと言ったのに、一人しかビジネスクラスにはいけないと(北京現地の中国人曰く)いわれ、主人は私にビジネスの席を譲ってくれました。のちに、フライトアテンダントに聞いたら、普通だったら夫婦二人でアップグレードになるのにと言っていました。信用ならない中国人!

 

具合がいまいちだったので、フラットになる座席は本当に助かりました。食欲がなかったのが今でも悔やまれます。

 

さて、アビダビについてすぐに、友人のスーザンが空港まで迎えに来てくれて、図々しくも、彼女のマンションでシャワーを浴び、ウェルカムシャンペンを頂き、さらに、私は彼女のベットで1時間ほど昼寝までしてしまいました。

 

{5C90B637-8628-46BB-A93B-B1366862A102}

 

{A0E51DAE-EDDD-4FF4-ADE1-C176FB27FE1A}

 

 

{DBB64142-5E0B-4743-9E22-C09DB9E0C5A9}

 

 

 

 

その後は、彼女のオススメの中近東の食事を提供してくれるカジュアルなレストランで遅めのランチ。アブダビのいいところは、英語は普通に通じる!北京では一人で出かけて、迷子になったら最後、英語、日本語すら通じません。

 

中華もすごく堪能したけれど、ミドルイースタン料理も好き。豚肉はもちろん食べられませんが、ラム肉は非常においしい。

頼みすぎた?と思いきや、3人で完食!

 

{3E405737-DCCA-4A3D-9E09-A7C0825D0CD2}

 

{25E38F65-AD14-4E29-A7DE-34B0591B4C60}

 

 

{6EF5BF56-ED9D-4CF7-B939-ED80F5C6DC53}

 

 

{2D7DB7D9-6F93-4C9B-8B85-4DB66B46EE74}

 

 

{D2FAFE7F-D178-497A-A57E-DF8E7BD344BF}

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この季節の北京は、冬の時期より空気汚染が少ないそうですが(風が動く)、2日ほどどんより白い空気が動かないで、しかもいたるところで工事。さまざまな細かい粒子を鼻から、目から口から吸引したせいか、北京滞在の最後の方ではすでに具合がおかしかったのですが、アブダビまでの便が10時間以上、しかもレイオーバー19時間。ホテルが必要ないというのはよかったのですが、休息なしに1日、アブダビ観光をしていたので、ついにダウン。

 

でも、アブダビでは、尊敬する先輩と会えていい刺激を受けました。彼女は、現在アブダビでベストと言われる病院のナースのための教育コーデイネーター。インターナショナル病院なので、常用語は英語。ナースたちはさまざまな国からやってきているようで、イギリス、オーストラリア、インド、フィリピンなどなど。彼女がいうには、ナースレベルの教育が一貫しておらず(それも当然、国によってさまざまなレベルがある)、エジュケーションを徹底するのが難しいそうです。そして、特に、フィリピン人のナースたちのclitical thinking が乏しく、苦戦しているようです。それと、ECG がろくに読めない、点滴一つ十分にとれない、ICU ではドクターへ即座に報告する問題か、待てる問題かの判断が乏しいなど、基本的なアセスメント能力が今ひとつのようです。

 

病院から徒歩距離であるフォーシーズンホテルのレジデンスエリアに住んでいます。ワンルームマンションで、優雅な暮らしをしていました。が、普段は砂風と暑さで1年のほとんどはあまり屋外で長時間過ごせないので、やはりリラックスできる住まいは重要のように思います。しかし、屋内は寒すぎ。

 

{9DFB41C0-9271-438B-9740-246D148739DC}

 

 

 

彼女の勤務先の病院

 

{3D5846AB-D282-4B3D-B688-5F13002AF5FE}

 

 

 

アブダビ記、続く。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

北京滞在最後の日を迎えています。やはり心配した通り、インターネットの問題が生じて、大学の課題に影響がでてしまい、パニクりましたが、VPN というブロック解除機能を購入すれば、問題なくGoogle やYoutubeが使用できます。オンラインの大学の授業は教授にもよりかと思うけれど、Google を使ったビデオを投函するので、学生によってはどうしてもこれが必要です。

 

衛生面や、人々の対応などの違いにはだいぶなれました。しかし、主人は食中毒にかかり(私が来る前に食べた中国風しゃぶしゃぶ)、1週間ほど調子が悪かったのですが、快方に向かっています。食べ物には注意しよう!東南アジアよりはマシだとは思いますが、やはり食肉管理の悪さはスーパーでもちらほら見受けられます(客が素手で肉を触って選んでいるとか)

 

今回の滞在では”ひょんなきっかけ”でいわゆる裕福層の中国人と接し、なんとkeep in touch できるきっかけ作りができました。あまりお金の話はしたくないのですが、中国経済の急ピッチな現状で、裕福な中国人が続々と生まれています。田舎からでてきた成金と元々裕福な家庭で育った中国人とでは、話し方振る舞いなどが大きく違います。昨夜はとある投資家と夜中まで素敵なホテルのロビーでワインをご馳走になりました。本当に中国の金持ちというのは日本のレベルよりもさらに上をいっているということを感じました。さて、このビジネスが成り立つのかどうかはさておき、とっても勉強になりました。

 

{8B01D87E-4D76-42A1-BB86-DEB6CC8C542F}

 

{899C7783-B862-4BA9-9CDB-CE0C3CFBB8B1}

 

 

 

 

さらに、ここで医師として働いている二人の女性とも友達になりました。一人の方はアメリカのシアトルの医学部をでているので、アメリカの医師免許も持っています。現在は北京にある国際病院で働いています。驚くことに、年収はアメリカとほぼ同じだそうです。まさにこの方もお金持ち。

 

中国人というのは、最初はとってもとっつきにくいのですが、一旦受け入れてもらい、友人として見なされれば、本当によく尽くしてくれる人種です。正直、こんなにいろんなことをしてもらい、私は”借金”を抱えてしまったなという申し訳ない気持ちです。

 

今回はとってもポジティブな中国人の一部を学ぶことができました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ホノルル空港のインターナショナルのラウンジから。誰もいません、、。私一人。この夜中の便はあんまりないから。
{78CE47E5-CEC3-40FE-A0CA-47A40ABD53B8}


行きは一人ぼっちですが、最初の国で主人と合流。あまりわくわくはしていません、この最初の国。どうか、静かなフライトであるように。想像つく笑?北京が最初の数日を過ごします。Gmail、LINE も遮断されるので、日本の家族には連絡がとれませんが、アブダビに着いたら正常なネット状況になるのでそれまでの辛抱。

大学のオンラインの課題に支障がないことを今から祈っています。

今朝、職場の病院から電話があってビビりました。health stream (ナースに常に課されるオンラインの授業)は今のところ全部終えているし、休暇も受理されているし、、。個人面談の時期は私はハワイにいないのでボスにevaluation を私がアメリカを発つ前に電話でするか、バケーションから戻ってきてからするか、オプションをちゃんと伝えたにもかかわらず、、。まあ、なんとかなるでしょう。私は問題児ではありませんから笑。

ラウンジにで飲みすぎないように、、行ってきます。
{DCBA5EE9-62A6-462A-980C-3C1B86341080}


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今朝、イスラエルのテルアビブに引っ越した友人からメールが届いた。彼女は、以前、トラベラーの(長期の病欠などでその代行として期限付きで働くポジション)Nuclear Medicine Technologist
でうちの病院で数ヶ月働いてました。この種の職種は非常に専門性がたかく、核医学のテクニシャンです。

オハイオ州出身のめちゃくちゃ保守的な白人と思いきや、日本にも短期で住んでいたことがあったり、多文化にも柔軟に受け入れようとする姿勢は、典型的なmidwesten というイメージとは懸け離れた女性。

その彼女が、はや、イスラエルにあるフィリップ社に派遣されてはや2年。そろそろ任期が終わり、アメリカに戻ってくるとか、しかも自宅にはもどらず、ユタ州を考えているそう。時々しかメールのやり取りをしていなかったのですが、お互い気になる存在で近況報告をしていました。

彼女から、私や主人の最近はどう?と聞かれ、なんだか恥ずかしい気持ちになりました。私はいまだに同じ病院、同じフロア、同じことをしています。主人はこれから新たな人生を作り上げています。私だけ同じことをしている。

前回のブログに書いた、来月アブダビで会うナースの先輩も、新たな国で新たなチャレンジをしている。

焦ります、刺激を受けます。自分も新たな考えはあるものの、資金、自信がありません。

時期と勇気と人脈が一致したら、私もすぐにでも飛び立ちたいと思います。人生は短いから。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
あと、もう少しがんばって働いたら、3週間のバケーションです。アメリカの特に私の労働条件の優れたところは、PTO(年休に似たようなもの)がきちんと確保されている場合、長期で休みが取れること。私の親友のペギーは現在6週間のバケーション中。

今年の夏のバケーションもアジア、ヨーロッパなのですが、その途中に、アブダビで少し時間を取ることができます。去年は、ドバイへ行くチャンスがあったのですが、時間の関係で空港から外には出ませんでした。が、今回は丸1日あるので、出国し少し観光でもと思っています。

実は、私の尊敬する先輩が現在、アブダビにある病院で働いているので、彼女にあるのが最も楽しみの一つ。

この先輩

5月から異国でがんばって彼女のCardiac Cath. のスペシャリストなスキルを活かしてがんばっています。

そして、まだこの足で踏んだことのない国はいつもわくわくします。レイバーデーのホリデーまでがんばって働いて、大学の課題もなるべく片付けて、なるべくバケーションは仕事のことを考えないように!I can not wait to see my new findings!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、いろいろまさに人生を考えることが多く、気持ち的にアップアンドダウンが続いています。大学を諦めるか、そして違う方向へ方向転換するか、一気にいろんなことがどばっと重なるのが、mid life crisis!

結局、秋のセメスターもレジスターしたのでまた学期、がんばります。一応、ナースのお仕事もがんばります。

重圧に押し殺されそうなとき、こんなものを見ると、自分の人生なんてちっぽけと思います。

{054E77B5-6EA4-4141-B871-111604F4B54F}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
数ヶ月前にうちの病棟に新規採用になったナース、A、他州から来ました. 卒後、まだ5年目なのでまだまだ若手のナース。ところが、このA はまさに口が達者、マニュアル(joint commission) 大好き、病院をよくしよう精神、他者のミスや落ち度をすぐにマネージャーに言いつける。まさに、優等生ナース(?)。私を含めて古くからここで働いているナースたちは最近、ちょっと待って!私の中の良いナースが一度衝突しました。が、結果、このA の政治力に私の友人ナースは敗れました。

そして、現在今も一応はチャージナースのR 、彼女とは私もだいぶ衝突しました。なのでA との衝突も時間の問題でしたが、現在はR の完全失対。ずっと前は、私たちにだいぶ権力をぶちまけていましたが、今ではもう見る影もありません。他部門に転職を試みているようです。

出世がしたければ、A のような発言力と説得力と強さでのし上がればいい。でも何パーセントの人々がそういう強さについていくのかな?リーダーシップは難しい。

私の信念、アメリカでの職場、誰も信用しません。本当に数名だけ職場では。そして、文句があってもむかってときても、感情を出さずに黙っていいパフォーマンスをする。そうやり続けて何年たつのだろうか?出世はいまだにしていませんが、長く細くいく続けるには大事な要素。

そのうち、方向性を変えていくかもしれませんが。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ICU ナースのリズ。私と同年代だし、ナーシングのキャリア年数も同じくらい。なので、人生について、ナーシングについて、そしてキャリについてよく話します。彼女は、もともとはSan Francisco とある看護大学を出て、そこで就職、ICUナーシングの経験を持ち、この島に引っ越しをしてきました。私同様、管理職には全く興味はなく、20年も看護をやってくれば、そろそろお腹が満腹。

 

彼女の第二の人生の決断は、なんと、医療の世界とは全く違う、お花のガーデナー。もともと、写真は趣味でやっていた彼女、まさかガーデニングにも興味があったとは知らず。今回のパーティーはそのお披露目。友人のペギー宅の庭に数ヶ月前から花の花壇を作り始めていました。

 

リズとペギーの演出でとっても楽しい会になりました。実は、私はリズにもよくこぼしていますが、これからの私の人生。私もここらで大きな転換期がきそうな状況があります。そして、現在はその転換期に乗ると決心をしたならば、私のキャリアは大きく変わることになります。

 

終身雇用的な生き方が大嫌いな私は、クレージーだと言われようとも、おそらくここらでまた大きなチャレンジをしようというふうに思っています。もともとは、ナーシングのキャラアップのために大学へ戻ったわけですが、そのことを考えなければなりません。リズのように、さらっとスムーズに物事が動けばいいのですが。

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。