Reiko's Journey in America

異文化と通して感じるもの、アメリカの医療について、そして大好きな旅についても時々綴っています。


テーマ:
最近、いろいろまさに人生を考えることが多く、気持ち的にアップアンドダウンが続いています。大学を諦めるか、そして違う方向へ方向転換するか、一気にいろんなことがどばっと重なるのが、mid life crisis!

結局、秋のセメスターもレジスターしたのでまた学期、がんばります。一応、ナースのお仕事もがんばります。

重圧に押し殺されそうなとき、こんなものを見ると、自分の人生なんてちっぽけと思います。

{054E77B5-6EA4-4141-B871-111604F4B54F}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
数ヶ月前にうちの病棟に新規採用になったナース、A、他州から来ました. 卒後、まだ5年目なのでまだまだ若手のナース。ところが、このA はまさに口が達者、マニュアル(joint commission) 大好き、病院をよくしよう精神、他者のミスや落ち度をすぐにマネージャーに言いつける。まさに、優等生ナース(?)。私を含めて古くからここで働いているナースたちは最近、ちょっと待って!私の中の良いナースが一度衝突しました。が、結果、このA の政治力に私の友人ナースは敗れました。

そして、現在今も一応はチャージナースのR 、彼女とは私もだいぶ衝突しました。なのでA との衝突も時間の問題でしたが、現在はR の完全失対。ずっと前は、私たちにだいぶ権力をぶちまけていましたが、今ではもう見る影もありません。他部門に転職を試みているようです。

出世がしたければ、A のような発言力と説得力と強さでのし上がればいい。でも何パーセントの人々がそういう強さについていくのかな?リーダーシップは難しい。

私の信念、アメリカでの職場、誰も信用しません。本当に数名だけ職場では。そして、文句があってもむかってときても、感情を出さずに黙っていいパフォーマンスをする。そうやり続けて何年たつのだろうか?出世はいまだにしていませんが、長く細くいく続けるには大事な要素。

そのうち、方向性を変えていくかもしれませんが。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ICU ナースのリズ。私と同年代だし、ナーシングのキャリア年数も同じくらい。なので、人生について、ナーシングについて、そしてキャリについてよく話します。彼女は、もともとはSan Francisco とある看護大学を出て、そこで就職、ICUナーシングの経験を持ち、この島に引っ越しをしてきました。私同様、管理職には全く興味はなく、20年も看護をやってくれば、そろそろお腹が満腹。

 

彼女の第二の人生の決断は、なんと、医療の世界とは全く違う、お花のガーデナー。もともと、写真は趣味でやっていた彼女、まさかガーデニングにも興味があったとは知らず。今回のパーティーはそのお披露目。友人のペギー宅の庭に数ヶ月前から花の花壇を作り始めていました。

 

リズとペギーの演出でとっても楽しい会になりました。実は、私はリズにもよくこぼしていますが、これからの私の人生。私もここらで大きな転換期がきそうな状況があります。そして、現在はその転換期に乗ると決心をしたならば、私のキャリアは大きく変わることになります。

 

終身雇用的な生き方が大嫌いな私は、クレージーだと言われようとも、おそらくここらでまた大きなチャレンジをしようというふうに思っています。もともとは、ナーシングのキャラアップのために大学へ戻ったわけですが、そのことを考えなければなりません。リズのように、さらっとスムーズに物事が動けばいいのですが。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
現在、北京滞在中の主人。数年前からちょこちょこ足を運んでいるので、だいぶ中国人の知り合いも増え、友好関係も密になりつつあります。私自身、大好きな国とは言い難い中国ですが、主人のこういう機会がなければ、普通の中国国民と接したり知り合えたりはできなかったと思うので、私はこういう新たな発見には感謝したいと思います。

少し前のブログに書きましたが、ハワイに遊びに来ていた中国人のファミリーとここで時間を過ごすことで、また新たな中国人の発見(いい意味で)ができました。現在、主人が北京にいるので、週末はきっと彼らが主人のためにいろいろ考えているようです。さて、ここで、面白い彼らの感情。主人が中国版のフェースブックで北京の古くから残されている建物が残っているフートンアリアの写真を投函したところ、このファミリーの奥さん(内科医)は、あからさまに嫌な感情を抱いたようです。さて、なぜか?裕福層の中国人は、この古い家々が残る、フートンを恥ずかしいと思っているようです。家が古いだけではなく、個々の家全てにトイレが設置されていないので、公衆トイレで生活しています。しかもくみ取り式。以前、私はこの公衆トイレを使わなければならない状況で、始めて入った途端、気絶しそうになりました笑(本当です)。しかも、アメリカから来た白人である主人が中国版フェースブックで投函したことに、いきどおりと恥ずかしさを感じたようです。”こんな汚らしいところを紹介しないで!”という暗黙のサインを主人は受け取り、すぐに削除したそうです。

さらに、数年前、このフートンにあった小さなホテルで知り合った、少女、ベラ。すでにこのホテルは北京の地価高騰で現在は閉鎖。この少女、若干20歳。すごくハングリー精神の旺盛な活発な中国女子。英語もそこそこできます。中国の小さな農村地で生まれ育ち、両親は貧乏だったので親に頼ることなく、単身北京入り、大学へ行くお金すらもちろんないので、英語の専門学校で英語を学び、当時は、ホテルのマネージャーとして、外国人客の応対、維持などをがんばっていました。まだ20歳だというのに、彼女のハングリー根性とアンビシャスには頭が下がります。学歴はなくとも意地でも英語を習得して、将来何か欧米人と仕事がしたいというエネルギーが伝わってくる子です。日本の若者も、このくらい強くなくちゃ!と逆に思ってしまいます。
さて、この子が最近、同じ村出身の青年と結婚をしました。ということで、ご両親が北京に来るそうです。そこで、なぜか主人がその会に招待されたのです。両親に紹介したいということで。意味不明です。が、私の内心では、彼女が、白人の知り合いを持ち、英語で主人と話をしているところを家族に見せたいのではないかと思います。

私が中国に行って感じることは、若者がベラのようにハングリー精神で欧米人と交流を持とうとしている人々を多く見かけます。そして、まるで白人を神のように扱う中国人を面白おかしく日本人の私には滑稽にうつります。今後の将来の中国はきっと大きく変わっていくことでしょう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
{0A4CC3C1-ED00-4BA1-9C8D-0DD2963FBF81}

雑誌の表紙にもあるように、1ベットルームが1億円?!終わりのない高層ビルの建設ラッシュのホノルル。異常なほどの不動産の値上がりで、なんと1件家ではなく1ベットルームがこの値段で売り買いされるって、いったいどういうことでしょう。オアフ島はすでにハワイではなくハワイという名の大都市に変わりつつあります。それでも、経済一般は本土アメリカに比べると、産業の限界があるので、本土ほどの経済成長は見込めない。今後、ホノルルはどう変貌していってしまうのでしょうか?ハワイの不動産はアメリカ全土でも特殊な場所ですから、仕方がないのかもしれません。

特殊な場所といえば、以前住んでいたサンフランシスコ/カリフォルニア、ここも尋常ではありません。10前に売ったマンションがすでに倍の値段。ベイエリア全体がもう一般人には手が出ないお値段です。知り合いでシリコンバレーにお勤めのIT関連のお仕事をされている人で、当然収入は1千万以上はあります。サンフランシスコのミッションというエリアでコンドを購入しました。以前はメキシコ人が多く住んでいて、比較的、安価に住宅が買えましたが、今ではその特徴は変わり、あそこも”手が出ない”価格になっているそうです。ローンと通勤で切り詰めざろうえない生活だって。

私は1億する1ベットルームのコンドミニアムより、こうして自然に囲まれたホームで真のハワイを楽しめる生活が贅沢だと考えます。
{9AB75952-2500-475C-94A8-26BB2DB5EF3F}


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
国際的な仲裁裁判所が、中国には南シナ海の海域内の資源に対する歴史的な権利を主張する法的な根拠はないとの判断をくだしました。この件に関して私はずっとこの裁判の結論を興味をもって待っていました。やはり、いや当然の決断だと思いますが、中国政府の反応はわかっていました=反発。

この決断にどう反応するかによって、中国が国際的に孤立するのか?戦争という最悪な事態に落ちいるのかわかりません。

中国政府の政治的な姿勢は好ましくないと思っています。人権問題などを含めて。ただし、国民一人一人が中国政府に忠誠しているか?そうでもないということを今日は書きたいと思います。

先週、3日間、北京から観光で来ていた中国人と密接に関わるチャンスがありました。中国人といっても、中国は格差社会が広がり、裕福層と下層ではまったくもってマナー、考え方、国際的な知識というものは違います。今回関わったグループは、いわゆる裕福層(3週間もハワイを観光できるわけですから)。奥さんは、ドクター、旦那さんは外資系の会社の管理職。もう一人の同行した女性は、シアトルの医学部を卒業しているので、アメリカの内科医ライセンスをお持ち。現在は北京で医師として働いています。

彼らに日本と中国との政治的な隔たりなどについて率直に聞いてみました。もちろん日本の謝罪の不十分さと彼らの歴史的な考え方はありますが、だからといって、決して日本人に対して憎しみや怒りは普段の生活では持ってないようです。日本の90年代のドラマのことをよーくご存知で、私より知っていました。日本食も大好きで、私がもてなした、だたの鍋もとっても興味をもって恥ずかしくも写真をばちばちとっていました。出汁の効いたスープはチャイニーズのものとは違いますから。

いろんなところへ主人を先頭にハイキングへ行きました。ハワイへは何度も来ているようですが、秘境という場所へはやはり現地に精通している人にしかわかりません。そこでは大変興味をもっていたし、まるで親が子供と一緒に子供のようにはしゃいでいました。北京の光化学スモックと共存している人々にとっては、まさに天国だったのでしょう。

日本のマスコミが中国のことを悪く書いているのは、どうしても目にします。読者はそれを鵜呑みにしてしまいます。いくら政治的な論争があっても、経済、文化は密着いるということを彼らからなんとなく感じました。

私たち夫婦は、北京へ行くチャンスが最近は多く。北京の公害やまだまだ国際レベルというマナーは国民全体には広がってはいません。ただ、少しづつでも、裕福層が海外へ観光を含め中国以外の国はこうなんだと感じ始め、自国と比べている彼らを見て、中国政府が国際的に協調しなければ、優秀な人材をどんどん失っていくのではないかと思いました。この中国人の家族のご主人はここの不動産について事細かく私に聞いてきていました。私がプロパティー(家)をハワイに買う予定なの?と聞くと、そうだと答えていました。

{3481F743-4D9C-4234-8F43-50322DB3E166}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
諸事情(銀座でリサーチ)で東京に1週間弱。まだ6月だったので、さほど暑くなく、でも雨の多い梅雨の滞在となってしまいましたが、経費を抑えて実家でお世話になりました。もちろんJR PASS も購入せず。そこで、私たち夫婦は、suica と  pasmo の違いがわからず汗。でも便利。

しかし、電車賃は本当に高いです、日本は。

ところで、銀座のとある、ハワイアンカフェへ足を運んだところ、コナコーヒーのマグカップサイズの値段が、なんと1500円!?目が飛び出ました。これはマグカップを含めての値段なのかそうでないのかはさておき、あまりにも全てが高いのでびっくり。

あまり時間がなかった滞在だったので、ごく限られた友人としか会えませんでしたが、改めて、日本は清潔で安全でおいしいものがたくさんあるな〜〜と。

{E4074D8F-F9FF-4B79-993E-6F58B9F67948}

{B187D516-FAC5-4CCB-BB51-5E769AE0E992}

{0926E9E2-034C-4E29-B561-AEFAB7166A6B}

{25FE6E91-6967-4B4C-866F-BBF5772DD4D6}

{79A1EB95-BFCB-4D09-8AD1-098DE518FDA8}

{6E87E788-88ED-4978-BB6E-2DCB9375A95C}

{AEACEF0F-0A26-4E04-B4A2-A5B49C6F5960}

{42AFCA53-0121-4EF0-9353-A98C29DF9C35}

{EDAD147B-1968-4B09-BB42-2462E12A003A}

{C94E4E68-BEA4-4CB4-8F09-D1ADBA37C30F}

{1FFD6035-17D5-466B-BF95-C48B694CC459}



DEAR MY FAMILY AND FRIENDS,
THANK YOU FOR A GREAT TIME IN TOKYO!!!!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう、かれこれ8年も同じ病院で働いているナースたち。普段は病院近くの友人とハングアウトすることがおおいのですが、私の住んでいる街で偶然3人でランチをすることができました。今では、皆違う部署で働いているので、なかなか一緒することができなかったので、とっても楽しみにしていました。

普段は昼はアルコールは控えめにしているのですが、今日は、ビールとカクテルを飲んでしまい、頭痛、、。

メインのトピックは、一人の友人が、22年間連れ添ったパートナーに裏切られ、現在裁判沙汰。傷心しきっていました。なんと彼女はモヒートを3杯完飲(でも必要だったと思います)。
問題は、持ち家は彼女が買い、借金返済をも彼女がしていました。パートナーは生活費(光熱費、食費)を負担していましたが、なぜか、この家のオーナーシップに間違いにも、このパートナーの名前も登録してしまってあったのです。もちろん、その時は信じていたし、別れるということは想像していなかったと思います。

現在の問題は、思い出のつまった大きな家で彼女は暮らせないので、さっさと売りたいところ。ところが、自由に売れない事情が、”名前”。彼女の元パートナーが売却に賛成せずに、書類のサインしなければ、思うようにいきません。いくら結婚をしていなくても、いくら、彼女がローンを払い続けていても、彼女一存では決められないということ。

車の所有も同じです。さっさと権利を放棄することができません。連名だから。

心の傷プラス、こういう諸問題を片付けていくのは大変です。自分だったら?でも私のSWEETHERT はそのようなことはしないと100%信じています笑。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハワイに越してきてからというもの、仕事中心できているし、ハワイが大好きで大好きでという理由でここに越してきたわけでもなく、少しハワイ文化や歴史に触れたりはしているものの、食文化などには興味ゼロ。あんまりおいしくはないと思うので。例えば、ロコモコ、パンケーキ、タロイモ、などなど。ハワイアンレストランへも数えるほどしか足を運んだ覚えがありません。

ところが、最近、東京では”ハワイアンcafé”がホットだとか?本当?調べてみると、渋谷、青山近辺に続々オープンしているようです。

最近、ローカルなレストランが銀座にオープンしたとかのニュースを見ました。やはり”ハワイ”は日本人には根強い人気があるのだと改めて。
{2043EB74-0300-4A4E-82DC-8E3B613BA377}


興味がてらに、近所のハワイ料理店へ主人と出かけてみました。ふ~~ん、やはりイマイチね汗。ポケもマヨネーズとふりかけが混ざっていて、なんで余分なものを入れるのだろう、醤油とわさびで十分なのにと日本人の舌は感じます。カルーアポークもキャベツにきちんと火が通ってない。
{55C9EABF-DD4A-4870-A87A-69465C6C3A07}

{36CDC240-DD7B-419C-B29F-86A20B5A19AA}


ただ、このレストランが繁盛している一つの理由が、量。家畜に食べさせるような量を提供しているのが魅力なのでしょう。ほとんどの人が食べきれず持ち帰っていました。

おそらく、東京にあるハワイアンcaféはどんな量は出さないはず。そして盛り付けや味ももっと洗練されていると思います。
{115FD976-AFB9-46F6-9E07-3FF318B632FD}

{E8C34616-E53F-4E33-B0C3-DC0A724032F7}

{2D157A8F-34B4-4217-B071-72D1F02A322D}

{EE43A86D-7BAE-4C54-B722-01A3CE6A4178}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
つい先日、ひょんなきっかけで知り合いになった大富豪笑。農園、ホテルをいくつも経営しているパワフルなおばあちゃん。お宅からは素晴らしいビューと農園のほんの一部が。この一角は全てライチの木で、なんとベトナムやタイなどに輸入をしているほど、質がいいのです。ベトナムやタイだって、ライチはなりますが、やはり質らしいのです。
{23DEAEB7-E30E-40F6-B708-464E08CE4BB2}

{1DB05DA0-D990-4050-8661-DED9996078D3}

{AB6C2A88-204B-42E3-B33D-4FC2AFBAFDC6}

{6C0D8517-5FE3-45D0-A40B-36B20F7DB421}

{F4CE34E4-59C4-485C-9634-4EBBF141843D}


ワインを片手に農園の話で盛り上がりました。

さて、質問がみなさんにあります。ハワイのコーヒーというとどこのコーヒーが思い浮かび、美味しいと言えますか?例えば、南米やアフリカのコーヒーとどう違うと感じますか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。