Reiko's Journey in America

異文化と通して感じるもの、アメリカの医療について、そして大好きな旅についても時々綴っています。


テーマ:

早いもので、もうすぐ今年も終わり。大学のFinal 期末試験が迫っていてナーバス。けれど、12月上旬には終わり、数週間のブレイク。そして、前回のブログに書いた、意地悪ナースを告訴した件、少し進展がみられています。そのうちアップします。

 

今年は、なぜか感謝祭はお休みでした。勤務を希望したつもりだったんだけど、今年のホリデースケジュールはクリスマスイブとクリスマスだけ。もちろん、自分であの巨大な七面鳥を焼く気もなかったのですが、3パーティー(家族)からお呼ばれされて、なんと3件も感謝祭パーティーに行ってきました。23日は主人の友人の農園で。七面鳥ではなくて、巨大なハムでした。翌日の感謝祭当日は、はしご状態で2件。しばらくターキーはみたくない笑。最初のご近所のうちのターキーは3種類。普通にオーブンに入れて焼いたもの。それから、ハワイアンスタイルで、地面の下で蒸し焼きにしたもの。そしてスモークしたもの。どれも絶品でした。

 

さて、前夜祭の農園では、主人の友人のために働いている若い農園スタッフも持ち寄って、若さ溢れるパーティーでした。

 

{E5B62431-8B73-43CD-841C-DDE8E25D72DB}

 

{AF935B4C-96CE-41B9-A6AE-CB5532768EBB}

 

 

 

 

私の方は、期末試験が終わったら、我が家に私のfavorite friends を呼んでホームパーティを企画しています。クリスマス勤務が終わったら、日本!楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

アメリカでもあります、どんな職場でもいじめは。そして、自分の職場が現在、その一人のナースのBULLY BEHAVIOR (いじめ行為)で悩んで去っていくナース1人、2人、。発端は5月ごろから。彼女、決してここに長く勤務しているナースではなく、今年採用になったRN. 最初はまだいじめの才覚を放っていなかったものの、徐々に、うちのマネージャーにKISSING ASS 媚を売り始め、今では、なんのタイトルもないのに(チャージナースではない)言いたい放題。言いたい放題のみならいいのですが、言葉の暴力と批判を繰り返し、すでに2人ナースが去りました。休憩室にある、個々のロッカーを指差して、”次は彼女が去るべき”SHE NEEDS TO GO. 当時、私はこの意地悪ナースには特に危害は被っていませんでしたが、昨日の日勤で、私の一番の信頼おけるチャージナースが、"I AM SICK OF IT. I WILL GET OUT OF HERE!" 彼女は長年ここに勤務し、経験も豊富で頼りになるチャージ。その強い彼女が意地悪ナースにつつかれているのです。意地悪ナースは私たちのボスを虜にしています。

この現状、昨日、決心しました。黙ってられない!正義、正義。今朝、HR 人事に駆け込みました。その後、私に同意し、賛成してくれた同僚6名。今後、おそらく修羅場が想定されます。でも、戦うと決めました。WE WILL SEE.... 

ちなみに、この意地悪ナース、ナース歴たったの4年。若年者が私たちをなめるな!とここで彼女にわかってほしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

大統領選挙が終わっても、まだ結果に納得できず、落胆と未来への不安でいっぱいです。最近、アメリカの市民権を取ろうかどうしようか考えていたのですが、保留。もう少し日本人でいようと決めました。共和党だけを非難しているのではなく、なぜあの人、トランプなのか?今後の彼の政治動向を注意深く観察しなければ、あの暴言通り、移民政策、人種差別を言葉通りに政治に反映した場合、外交はめちゃくちゃ。そうならないように願いますが。そして、一番の心配が、アメリカ市民が彼をサポートしたという事実、ここに問題があるのです。クリントン氏もいろいろスキャンダルはありました。が、ファンダメンタル的な政治能力はトランプより優れているし、そのスキャンダルは今後の政治の流れにさほど大きく影響がないと私は思っていました。問題は、一見、民主党ぽいのに、今回の選挙で、最後にトランプに流れた国民が多いというのが想像。主人と友人のパーティーに呼ばれた時に、その中の1カップルがトランプに根が入りそうな発言を聞いた時、危ないと感じました。FACEBOOK でほんの数名ですが、トランプを支持しています。普段は普通のアメリカ人なのに。

 

さておき、普段、夜な夜な外出してお酒を飲むという機会はなかなかないのですが、この晩はひさびさガールズナイトをしてきました。主人が出張だったので、本当の女子会。友人達と結局は現在の病院のマネージメントの最悪さ、今後、この施設にい続けるのか?じゃあ、どうするか?ただ、1人はICU 一人はEMPLOYEE HEALTH のナースで(守られている状況)、もう一人は薬剤師。結局はこの中で病院の被害者ナースは私一人。私自身が今後の身の振り方を考えなくちゃいけないじゃんと暗い気持ちになりました。なので、飲み過ぎました汗。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

Nursse to patient ratios とは1RN に対する患者数。最近、親病院のマネージメントが徐々に追いかぶさり(以前、うちの病院が売却されたことは書いたと思います)、コスト削減=ナーシングスタッフの重圧。もちろん、管理職も一斉に整理はされましたが(完璧ではない)、患者と直接向き合う私たちナースと看護助手への負担が増しています。例えば、現在、私は以前のメイトリックスだと3−4人の患者を持っていました。なぜなら、うちの病棟は外科内科病棟のみならず、循環器、小児科も入っているからです。ところが、ここ数週間6人が当たり前、一昨日は病欠も出て7人を受け持ちました。まず、安全な比率ではなく、非常に自身のライセンスを心配になりました。

 

自身で、アメリカ合衆国でのNURSE TO PATIENT RATIOS についてリサーチしたところ、14州でRN の患者を受け持つ比率は法で守られていることを知りました。ハワイ州?もちろんNO! つまり病院の思うままです。

 

現在、ユニオン=組合と掛け合っています。リサーチ上、カリフォルニア州の組合の強さは感じますが、うちの病院は???

 

たった1日働いただけで、burn out なぜなら12時間+の勤務時間内にランチタイムがたったの15分程度しかとれない現状。

 

おととい、ヘルプに入ってくれたFBU のナース(最近採用になったPRN フル職員でないナース)が言っていました。このratios は狂っているって。

戦います!

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

まさに日々時間に追われていて、なかなか旅行記が終わらない汗。短縮して今回でい今秋のバケーション記は終了したいと思います。

 

アブダビをでて、フランクフルト、ミュンヘンとドイツ旅。毎年思うのですが、ドイツへ行くと必ず便秘に悩まされる=野菜に有りつけない。せっせと摂取しようと思うのですが、レストランで頼めるもののサラダは…(レベル低し)。普段食べているような豊富な食材種類サラダではない。その反面、中国料理は生野菜はなかなか食べれないけど、炒め野菜が豊富。その辺で食物繊維の摂取量に差がですのでしょう。でもホワイトソーセージを毎日たくさん食べられたので文句なし。

 

今年のオクトーバーフェストの人口は明らかに去年の半数と言っても過言ではないと思う。テロを警戒しての自主防衛。入口各地も警備員が配置されており、携帯バックのサイズも定められていました。つまり、普通のバックバックでもダメ。

 

私が訪れた日は、晴天に見舞われ、暖かい1日でした。相変わらずみなさん飲む飲む。私は早々とワインに切り替えました。ビアガーデンによっては、オクトーバフェストでなぜワインを提供するんだ!と1種類のビールしか出さないとところもありますが、いつも行っているレストランでは豊富なワインセレクションがあります。

 

北京の公害で具合が悪かったのですが、解熱剤を飲みながらアルコールを飲んでいた私。真似しないで〜〜〜

 

{8E1AD7BA-23B3-4A53-9428-42D16E9D870D}

 

{1B27AA43-796C-4802-9E7D-C2360E49BD9C}

 

 

{C2150061-BEE6-4A18-930A-897E5EB02AC2}

 

 

{66D7FFA5-9446-4A49-86C2-12340FAC0C12}

 

 

{9B1643E7-97FD-4DC2-B78E-1670D59477E7}

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハワイに戻ってきていますが、なんせ世界一周したような距離感で、時差ぼけもひどい。ハワイー中近東ーアジアーハワイはやはり遠い。

 

仕事もすぐに再開ですが、大学の課題の遅れにお尻に火。じさボケで眠いという言い訳はききません。catch up に追われています。

 

さて、ほんのすこしの時間しかアブダビでは時間を過ごせませんでしたが、心に強く残る経験ができました。住めるか?と言われると、やはり気候が厳しいのですが、歴史、文化が根強く残る美しい国でした。

 

レイオーバーで再入国した日は、平日で、私の友人スーザンは当然仕事。なので、主人と二人で観光をしました。オイル大国なのでガソリンは安いので、躊躇なくタクシーを利用できます。

 

一番見たかったモスク。イスラム教の礼拝堂です。本当に美しく感動ものです。が、聖地であるこのモスクではイスラム教をリスペクトせねばならないので、特に女性は肌を見せることが禁じられています。一応ロングスリーブ、ジーンズで肌を隠してみましたが、だめでした。別室へ連れて行かれ、あの、黒いヒジャブを強制に借用されました。でも無料です。ただし、暑いので、着ている間は蒸し風呂状態。しかもスカーフで頭も隠さないといけないので、時期によりますが地獄。12月はほどよい気温になっているとのことです。

 

{B7C2877C-BDB1-4F7E-97B7-684CA9122C58}

 

{ECD44000-0A05-4A19-88F6-510CE2EE37CE}

 

 

{349A6E67-B7FB-4E37-BDE3-373B5110F660}

 

 

 

 

地元の人によると、私たちが訪れた日はすばらしい気候だと言っていましたが、絶対に摂氏40度近くはあったと思う。ただ、ひどい時で摂氏50度でそういう時期は、人間を外で見かけることはないそうです。そりゃそうだ。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

北京からアビダビまで11時間くらい、Etihad Airline で直行便。たまたま、主人が運良くアップグレード。夫婦だと言ったのに、一人しかビジネスクラスにはいけないと(北京現地の中国人曰く)いわれ、主人は私にビジネスの席を譲ってくれました。のちに、フライトアテンダントに聞いたら、普通だったら夫婦二人でアップグレードになるのにと言っていました。信用ならない中国人!

 

具合がいまいちだったので、フラットになる座席は本当に助かりました。食欲がなかったのが今でも悔やまれます。

 

さて、アビダビについてすぐに、友人のスーザンが空港まで迎えに来てくれて、図々しくも、彼女のマンションでシャワーを浴び、ウェルカムシャンペンを頂き、さらに、私は彼女のベットで1時間ほど昼寝までしてしまいました。

 

{5C90B637-8628-46BB-A93B-B1366862A102}

 

{A0E51DAE-EDDD-4FF4-ADE1-C176FB27FE1A}

 

 

{DBB64142-5E0B-4743-9E22-C09DB9E0C5A9}

 

 

 

 

その後は、彼女のオススメの中近東の食事を提供してくれるカジュアルなレストランで遅めのランチ。アブダビのいいところは、英語は普通に通じる!北京では一人で出かけて、迷子になったら最後、英語、日本語すら通じません。

 

中華もすごく堪能したけれど、ミドルイースタン料理も好き。豚肉はもちろん食べられませんが、ラム肉は非常においしい。

頼みすぎた?と思いきや、3人で完食!

 

{3E405737-DCCA-4A3D-9E09-A7C0825D0CD2}

 

{25E38F65-AD14-4E29-A7DE-34B0591B4C60}

 

 

{6EF5BF56-ED9D-4CF7-B939-ED80F5C6DC53}

 

 

{2D7DB7D9-6F93-4C9B-8B85-4DB66B46EE74}

 

 

{D2FAFE7F-D178-497A-A57E-DF8E7BD344BF}

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この季節の北京は、冬の時期より空気汚染が少ないそうですが(風が動く)、2日ほどどんより白い空気が動かないで、しかもいたるところで工事。さまざまな細かい粒子を鼻から、目から口から吸引したせいか、北京滞在の最後の方ではすでに具合がおかしかったのですが、アブダビまでの便が10時間以上、しかもレイオーバー19時間。ホテルが必要ないというのはよかったのですが、休息なしに1日、アブダビ観光をしていたので、ついにダウン。

 

でも、アブダビでは、尊敬する先輩と会えていい刺激を受けました。彼女は、現在アブダビでベストと言われる病院のナースのための教育コーデイネーター。インターナショナル病院なので、常用語は英語。ナースたちはさまざまな国からやってきているようで、イギリス、オーストラリア、インド、フィリピンなどなど。彼女がいうには、ナースレベルの教育が一貫しておらず(それも当然、国によってさまざまなレベルがある)、エジュケーションを徹底するのが難しいそうです。そして、特に、フィリピン人のナースたちのclitical thinking が乏しく、苦戦しているようです。それと、ECG がろくに読めない、点滴一つ十分にとれない、ICU ではドクターへ即座に報告する問題か、待てる問題かの判断が乏しいなど、基本的なアセスメント能力が今ひとつのようです。

 

病院から徒歩距離であるフォーシーズンホテルのレジデンスエリアに住んでいます。ワンルームマンションで、優雅な暮らしをしていました。が、普段は砂風と暑さで1年のほとんどはあまり屋外で長時間過ごせないので、やはりリラックスできる住まいは重要のように思います。しかし、屋内は寒すぎ。

 

{9DFB41C0-9271-438B-9740-246D148739DC}

 

 

 

彼女の勤務先の病院

 

{3D5846AB-D282-4B3D-B688-5F13002AF5FE}

 

 

 

アブダビ記、続く。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

北京滞在最後の日を迎えています。やはり心配した通り、インターネットの問題が生じて、大学の課題に影響がでてしまい、パニクりましたが、VPN というブロック解除機能を購入すれば、問題なくGoogle やYoutubeが使用できます。オンラインの大学の授業は教授にもよりかと思うけれど、Google を使ったビデオを投函するので、学生によってはどうしてもこれが必要です。

 

衛生面や、人々の対応などの違いにはだいぶなれました。しかし、主人は食中毒にかかり(私が来る前に食べた中国風しゃぶしゃぶ)、1週間ほど調子が悪かったのですが、快方に向かっています。食べ物には注意しよう!東南アジアよりはマシだとは思いますが、やはり食肉管理の悪さはスーパーでもちらほら見受けられます(客が素手で肉を触って選んでいるとか)

 

今回の滞在では”ひょんなきっかけ”でいわゆる裕福層の中国人と接し、なんとkeep in touch できるきっかけ作りができました。あまりお金の話はしたくないのですが、中国経済の急ピッチな現状で、裕福な中国人が続々と生まれています。田舎からでてきた成金と元々裕福な家庭で育った中国人とでは、話し方振る舞いなどが大きく違います。昨夜はとある投資家と夜中まで素敵なホテルのロビーでワインをご馳走になりました。本当に中国の金持ちというのは日本のレベルよりもさらに上をいっているということを感じました。さて、このビジネスが成り立つのかどうかはさておき、とっても勉強になりました。

 

{8B01D87E-4D76-42A1-BB86-DEB6CC8C542F}

 

{899C7783-B862-4BA9-9CDB-CE0C3CFBB8B1}

 

 

 

 

さらに、ここで医師として働いている二人の女性とも友達になりました。一人の方はアメリカのシアトルの医学部をでているので、アメリカの医師免許も持っています。現在は北京にある国際病院で働いています。驚くことに、年収はアメリカとほぼ同じだそうです。まさにこの方もお金持ち。

 

中国人というのは、最初はとってもとっつきにくいのですが、一旦受け入れてもらい、友人として見なされれば、本当によく尽くしてくれる人種です。正直、こんなにいろんなことをしてもらい、私は”借金”を抱えてしまったなという申し訳ない気持ちです。

 

今回はとってもポジティブな中国人の一部を学ぶことができました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ホノルル空港のインターナショナルのラウンジから。誰もいません、、。私一人。この夜中の便はあんまりないから。
{78CE47E5-CEC3-40FE-A0CA-47A40ABD53B8}


行きは一人ぼっちですが、最初の国で主人と合流。あまりわくわくはしていません、この最初の国。どうか、静かなフライトであるように。想像つく笑?北京が最初の数日を過ごします。Gmail、LINE も遮断されるので、日本の家族には連絡がとれませんが、アブダビに着いたら正常なネット状況になるのでそれまでの辛抱。

大学のオンラインの課題に支障がないことを今から祈っています。

今朝、職場の病院から電話があってビビりました。health stream (ナースに常に課されるオンラインの授業)は今のところ全部終えているし、休暇も受理されているし、、。個人面談の時期は私はハワイにいないのでボスにevaluation を私がアメリカを発つ前に電話でするか、バケーションから戻ってきてからするか、オプションをちゃんと伝えたにもかかわらず、、。まあ、なんとかなるでしょう。私は問題児ではありませんから笑。

ラウンジにで飲みすぎないように、、行ってきます。
{DCBA5EE9-62A6-462A-980C-3C1B86341080}


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。