ノブと伽羅と、時々REIKO〜PART2〜

自閉症ノブと柴犬伽羅さんがかき回す、ゆかいな一家の物語。
ココログがPART1 ぼちぼち、こちらに移動していきます(^o^)


テーマ:
{3B96F82E-9C3C-4205-97DF-ABF8B4579873}

金曜日は鍋曜日~
変わらぬ習慣、週間(笑)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
{C197C61A-031F-4637-B6DB-089DAD2DD8F5}

ノブは自宅支援中。
同じもの、食べてる最中(笑)
離れたところで、同じもの(*^_^*)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{C78649FE-CE08-45EB-8D75-67322717EC7A}

いえいえ(笑)
伽羅さんだ(^O^)

{8ED8DCE5-B928-4CA1-9208-E1C525843B69}

さっきまで、おてて揃えて
お行儀よくしてたのにね(笑)
「ど~こ~い~く~の~?あせる
って?(笑)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
もう45年も前のことだから、
時代も環境も変わっているんだろうけど、
ワタシが高校受験をしたとき、
学区外というハンディはけっこう大きくて、
担任からは、安全圏の学区内の高校を薦められた。
ワタシは行きたい高校は決まっていた。
行きたい学科も決まっていた。
薦められる普通科に、魅力を感じなかったし、眼中にもなかった。

その時の担任は、ワタシがあきらめるように持っていこうとしているのが見え見えだった。
「その科には従来コースと進学コースがあるぞ」
「どちらの方が難しいですか?」
「そりゃ進学コースの方が人数少ないし、かなり難しい」
「わかりました。進学コースにします!」
と、ワタシが応えたとき、担任は
「わかった。お前は公立は無理だろうから、私立を押さえとけ!」
と言い放った。

勉強ぎらいのワタシも、このときばかりは燃えて(笑)
優等生の友人たち(友人に恵まれていたねぇ)の手ほどきで、
苦手な数学や理科、がんばりましたわ(笑)

合格発表のとき、あの頃はまだ名前が貼り出される時代だったから、
自分の名前がで~ん!とひときわ大きく見えたのを憶えています。
一緒に見に行ってくれてた姉が、自分のことのように泣いていたなぁ。

ワタシは、やった!と思うと同時に、
「○○先生(担任)、この合格通知、その顔に、たたきつけてあげるよ!」
(実際には、ていねいに報告しましたが(笑))
と胸がスキッとしたのを、今でもはっきり憶えています。

あの頃と、学校を取り巻く環境も、時代も、違うかも知れません。
でも、
つよくあれ!わかものたち!
誰に薦められても、誰がとがめても、おかしいことはおかしいと言い、
自分がやりたいことはやりたいと言い、
その結果は、自分が受け止めれば良い。

自分で掴んだ高校生活は、とても楽しかった。
本当に楽しい3年間だった。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

5年前と同じ金曜日です。

あの日と同じように、ワタシは「あの瞬間」を、
ノブを迎えに行く車の中で迎えることになります。

「あの瞬間」は、遠く離れた四国の地では、
ピクとも感じられなかった。
家に帰ってからつけたテレビ画面の前で、
ワタシは固まった・・。

被災地の人の気持ちは、
どんなにしてもわからないだろう。
わかるとか、理解できるというのは、
嘘だ。

せめて、祈ることと、想うことで、
この日を過ごそうと思う。

運転しながらも「あの瞬間」目は閉じられないが、
心で合掌して、
黙とうをささげよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。