【子燕国際文化センター】中日友好の翼を目指す小李老師のブログ

中国と取引される日系企業様のサポート「メール、書類の翻訳、中国側との電話対応、打合せなどの同行通訳」、中国語レッスン、中国のネットショッピング代行、伝統手芸の『中国結び』講座、本場餃子の皮作り講座など、日中友好に繋がるイベントを多数やらせて頂いております。


テーマ:

子育てしながら医療通訳の勉強をしたり、読書日本語のレッスンを連続2ヶ月も受けたり、本当にいつ寝ているかなと思うくらいに感心しています(^_^)この前に偶然に会えたのは嬉しかったです。❤️同じ東京にいるので、また会いましょうね👭 009+莉莉+D20+写作 题目【花まんま】读后感 かわいい題名『花まんま』に惹かれて先生と一緒に読みましたが、最初は生まれ変わりなど、信じない私だけど、読み進むうち、信じたい気持ちにさせられました。本当に切なくなる作品だと思いました、この小説のストーリーはまだ幼い妹がある日突然、母のお腹にいた時のことを話し始めます。それから保育園をぬけだし、電車でどこかへ行ってしまうし、習ったことの無い漢字を書き出すし、それに、自分は誰かの生まれ変わりだと言い出した。当時子どもだった主人公たちの思い出が語られます、そのあとで幼い妹がとあるエレベーターガールの生まれ変わりだと言い出す話。この話では、妹を守ろうとする兄の思いと、高校生の娘を失ったおじさんが描かれいて、、、主人公の兄が、子供ながらに妹をこよなく愛し、彼女が前世の家族に心を移していくことを必死に拒もうとする様子が、痛いほどに伝わってきました。また、「花まんま」は、年少の妹が「自分は彦根に住んでいたエレベーターガールの生まれ変わりだ」と言い出し、兄とその元の家を訪ねる話だ。不憫な死を遂げた娘を思う親の心情と、妹の行動に隠された祈りが胸を打ち、「花まんま」の意味がわかったとき、これも涙腺をツンツン刺激されて涙がとめどなくあふれました。「花まんま」とはお花で作ったおままごと遊びのお弁当だ。弁当箱に花を詰めたシーンは情景が目に浮かぶようでとても美しい。輪廻転生からよみがえる記憶が不思議に魅力的な小説です。読み終えた後、小説のセリフや感情が心の中に残りました。私も家族を守りたい、親を大切にしていきたい[拥抱][拥抱]

Lishuangさん(@xinsina7)がシェアした投稿 -

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

思えば半年くらいまでからのご縁ですね(^_^)もともと日常生活の中で日本語を使っているのに、弛まぬ努力し続けている姿はとてもカッコいいと思います。📚この先も格助詞に気を付けながら正しい日本語を使っていきましょうね。 012+美佳+D20+写作 今日は“花まんま”という伴読日本語レッスンの最後の日になりました!早いですね!✨ 宿題と時間に追われ充実な毎日で、ひさしぶりに学生時代に戻ったような気持ちでした❤️ “花まんま”は涙を流す感動作でした!家族の大切さ、人と人の繋り[縁]というものが不思議だけど確かに存在すると思います。🌙 親とは、兄弟とは、友達とは、知人~~みんな何かの縁によって結ばれ、この世で一緒の記憶を共有しています。短い人生で大切な人を大切にし悔いがない人生を作りたいと思います!🙋🏻♀️ 最後の授業になると思うと寂しくなります💦一緒に頑張って励ましあってきたクラスメートたちと伴読助手と丁寧に教えていただいた李先生に感謝しています💕またご縁がありましたら、よろしくお願いします❤️

Lishuangさん(@xinsina7)がシェアした投稿 -

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

友達を大事に思い、先生のことまで気にかけてくれるあなたは、可愛い不思議ちゃんですね^^まだお仕事を探しているところかな?作文を見るを有料化にすると言っていたのが可愛かったですよ。「今日は作文を書きません」と投稿するのもなんだか憎めなくて可愛かったですが、できれば毎日書きましょうね。日本語も上手で心も優しいあなただから、きっといい仕事が見つかりますよ。頑張りましょう。応援しています。 003黄利+D20+【花まんま】完読感想 先生のお陰で「花まんま」を完読しました。本の内容は悲しかったです。特に最後の3日の分を読んで私も涙が出て来ました。娘が事故にあって死んだときにおじちゃんは呑気に天ぷらうどんを食べていた自分が憎くて許せなくて、娘の供養ができるように、毎日牛乳やらジュースやらで、死ない程度に栄養だけをとって、生きています。筆者は文章の中で「マッチ棒のように」、「ガイコツみたい」「電話帳一冊くらいの厚み」などの言葉でおじちゃんの痩せ細った姿を描写していました。こんな姿を想像しておじさんの悔しさとか悲しさとかを分かるでしょ〜 普通は年命日に墓参りするけど、多分おじちゃんは娘の月命日に毎月も欠かさず墓参りに行っているから、それで、娘の生まれ変わりの人に通じて、夢の中ではっきり前世の事を覚えているのかもしれません。いろんなことを経ってやっと前世のお父さんが転生した娘に会いましたが、残念なのは何も変わらなかったです。亡くなった人より生きている家族のほうが辛いと思います。 今、経済発展で道路に車もずいぶん増えて来て、事故も増えてきた。「事故にあって亡くなった人の家族にとってどんなに悲しいか」、「生活を飽きて自殺した人の家族にとってどんなに悲しいか」、「悪い人に刺殺されて突然に亡くなった人の家族にとってどんなに悲しいか」......、皆さんも想像できるでしょ。だから、「運転手も運転する時は携帯を見ないで集中して運転するようにお願いします」、「どんな辛い事にあってもちゃんと生活して、命を諦めないで欲しいです」、「他人を刺殺する悪い人はいつかバチ当たると思います、あんな考え方をやめたほうがいい」。これから、皆さんも自分の為にも家族の為にもちゃんと生きてください。

Lishuangさん(@xinsina7)がシェアした投稿 -

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。