熊本・福岡のうつ克服専門カウンセラー「後生川礼子」~絶対治るから、安心してね~

熊本・福岡など、九州や東京で活動する鬱病克服専門カウンセラー「ごしょうがわれいこ」です。わたし自身、重度のうつ病になり、鬱になった人間にしかわからない地獄を彷徨いました。2015年、ごま書房新社より「あなたのうつ病、絶対克服できます!」を出版。

NEW !
テーマ:

おはようございます(*^_^*)

 

熊本うつ専門カウンセリング カウンセラー看護師 後生川礼子です。

 

 

 

 

 

 

 

ブログ読者様の登録を見ると、鬱療養の方だけではなくカウンセラー関係の方々が多いように感じましたので、あえて今日はちょっと鬱と話題がそれますが自己実現について書いてみました。

 

今日のブログテーマは独り言なので、お暇な方はお付き合いくださいね(^_^)★

 

今朝も、早朝散歩しながら、2年前のゴールデンウイークの日の自分を思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

じつは平成26年秋。最後の診察日。医師からこう言われたのです。

 

「後生川さん、この冬を健康的に乗り越えられたら 大丈夫ですからね」

 

(詳しくは著書をどうぞ)

 

 

 

 

 

 

 

平成26年、9月1日からムリなく勤務できるように熊本市内で半日パートから再開。

 

午後13時に外来勤務終了。

 

ぼちぼち買い物を済ませ遅めの昼食。

 

好きな音楽聴きながら洗濯ものをゆっくり畳んだり、掃除機かけたりして。

 

夕飯を作り、子供や夫の帰りをまつ。

 

食欲もバッチリ。排便バッチリ。筋力アップ。夜も爆睡・・(断酒)

 

 

 

 

 

 

 

 

そうして迎えた平成27年正月。

 

同窓会やイベント、これまで自分とは無縁の様に感じていたキラキラした世界。色の見える世界にただただ感動しながら外出していたのを思い出します。

 

熊本市街のアーケードを涙ぐみながら仲間との集合場所まで歩いたことも有りますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしてを迎え、仕事にも慣れてきた平成27年ゴールデンウイーク。外来勤務だった私は外来が閉まる連休中はもちろん仕事はお休みになります。

 

 

 

 

 

 

 

うつの悪化の原因となってた「ネット依存」も治り、殆どSNSから離れた自然的な生活をしていたワタシ。連休中、何を思ったのか久しぶりにパソコンの電源を入れてみたのです。

 

 

 

 

 

 

ぽち・・・

 

 

 

 

 

 

シーー・・ン

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

とても部屋が静かだった。無音。

 

手を置いたままのキーボード。

 

 

 

 

 

 

 

だからと言って何をどうするか、全く浮かばなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

そうして10分くらいたった時でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

はっ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉が一気にどこからともなく降ってきたのです。

 

その時のワードで打ち込んだ文章はこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師であった私が よりよい情報を探し回ったときに正直感じた事。

 

「・・・・で、結局どうしたら治るの?」

 

頭のいい人が描いた本に書いてある言葉じゃなくて 実際に地獄から這い上がった体験者の声を、私は聞きたいんだ!

 

という切実な想いでした。

 

 

 

 

 

 

 

(※これは、そのまま冒頭の原稿に使用されました)

 

 

 

 

 

 

2年前のゴールデンウイークは後に1作目原稿となる文章、本当に言葉が降ってくる感覚でただただキーボードをうっていました。

 

 

 

 

 

 

ちなみに1年前のゴールデンウイークの私は・・・

 

4月の熊本地震でまだまだ家はヒビだらけ。壊れたままの家電。今の様にクライアント様もお問い合わせもさほど多くなかったので主婦として家の事をしていました。

 

勤務病院と保育園とスーパー。自損事故をおこし凹んだスズキのピンクの軽自動車に乗る日常。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから1年。今年のゴールデンウイーク。

 

毎日ブログ発信、ご紹介している通りの日々です。

 

 

 

 

 

 

 

考えてみたらこの1年間は、10年分くらいの事が一気に起こってきたように感じます。

 

実は、コレ(笑)。

 

とある方の1冊の本との出逢いだったのです(左側の本)

 

 

 

 

 

 

このまま何もしないでいれば あなたは1年後も同じだが潜在能力を武器に出来れば人生は とんでもなく凄いことになる。

 

 

 

 

 

 

 

題名の長さにびっくり(笑)

 

潜在意識の凄さは十分理解していた私は思わずパート帰りの図書館でこれを借りたのです。

(当時のパート給料では本を定価で買うお金がなかったので もっぱら無料の図書館通い)

 

 

 

 

 

 

で、こう考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の人生を実験台にしてみよう。

 

「潜在意識」でどれだけ一人の人間の人生が変わり得るのか、自分の人生で試そう。

 

 

 

 

 

 

 

恐れは一切ありませんでした。だって、主治医が言ってくれたようにこの冬を健康的に乗り越えたら大丈夫。鬱の恩恵を体中で感じ、もう生きているだけで丸儲けだと感じていたから。

 

 

 

 

 

 

著者である久瑠さんは別の著書でも、このように述べておられます。

 

「人生とは自らの 限界を超える為にある」

 

 

 

 

 

 

 

・・・私も同感です。

 

 

 

 

 

 

 

「人生の限界はイマジネーションの限界」

 

とも述べておられます。

 

 

 

 

 

 

 

イメージできた未来は手に入るという事。だからイメージ力がポイント。思考は現実化するというナポレオンヒルの有名な言葉にもありますよね(私のカウンセリングでもイメージ療法を取り入れてます)

 

とは言っても、まだまだまだまだ私も起業家2年生の発展途上中の人間です。

 

1年後、変化してみたい方、久瑠さんの本ぜひ(*^^*)

面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【追伸】

 

来月、久瑠さんと直接 お逢いしてきます。

 

 

 

 

 

 

うつ克服専門カウンセラー「後生川礼子

~あなたのうつ、絶対克服できます~

 

 

電話:080-4311-3344
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)
★電話受付対応時間:月~金 14~19時、土日祝 9時~19時

メール:info@gosyougawa.com

LINE@でご相談

 

著書はこちら
 

あなたのうつ、絶対克服できます 

ごま書房新社「あなたのうつ、絶対克服できます」


 

ごま書房新社「うつ克服するのはあなたの番です!―鬱を治した私たちから、あなたへのメッセージ」
 

 
ペタしてね読者登録してね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちわ。

 

熊本うつ専門カウンセリング カウンセラー看護師 後生川礼子です☆

 

 

 

 

 

 

昨日、訪問カウンセリングに伺ったOさん(^_^)

(※再度申し上げますが、イニシャルは事実と異なります)

 

 

Oさんは昨年は度重なる様々なことから辛い状態を過ごされていました。主症状が「動悸」だったことから

人ごみの年末年始もなかなか外へ出ることが出来ず・・。

 

 

しかし今年1月末の熊本三年坂TSUTAYA様からご依頼いただき開催した出版記念トークショー。

 

 

 

 

 

 

 

ご家族さま同伴の元、頑張って見に来てくださり、外へ出ることが自信にも繋がり一気に回復。

 

回を重ねていくカウンセリンのやり取りの中で、自分に与えられた病気の恩恵もしっかり感じる事が出来、様々な事柄に意味を見いだせる生き方へ変化。

 

 

 

 

 

 

結果、現在は薬も睡眠導入剤残り半錠のみ。もう完全復活までもう一歩☆

 

 

 

 

 

 

 

大好きなお菓子作りもリハビリになっておられます(*^_^*)★

 

 

 

ふわっふわ。ちなみに上矢印これは「ジンジャーシフォンケーキ」

 

生姜粉末入り。絶妙な加減で美味しかったです。Oさん有難うございます。

 

生姜を取り入れた食生活も効果があった様子。・・・・というか冷え取り生活がやっぱり重要ですもんね(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

Oさんが回復された要因の一つに、これらが関係します。

 

①気分がよくなるものリスト

 

②気分が悪くなるものリスト

 

 

 

 

 

 

 

自分自身のエネルギーが満たされる場所や物、今回の事で言えば「お菓子作り」をする「時間」。そして「香り」。「感触」。「触感」「BGM」「てを動かす」などなど・・

 

病気に捉われない時間をいかに増やせるのかが重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

思考低下や感情鈍麻が起こっている時にはなかなか出来ませんね。そんな時には・・・

 

はい。ここもカウンセリングの中でもお伝えしています(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして②.気分が悪くなること、それは人物だったり、情報だったり、時に家族だったり、音だったり場所だったり、環境だったり・・・人それぞれ色々なことが有りますよね。

 

それは「今、健康回復へ向かう自分自身に必要なのか」という問いかけをしてみてください。

 

 

 

 

 

それらとどの様に向き合って行ったらいいのか。

 

 

 

 

 

 

 

それもカウンセリングの中でお伝えしています。

 

私は物理次元の話ではなく、意識の話をも盛り込むので文章では書ききれない表現だからです。もしそれらがどう意味があって、そういう事になるのかは必要な方へ誤解のないように直接お話ししたいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

病院ではその話は一切触れられません。しかし私はそこもポイントだと思いますし現場で実践するのは非常にハードルが高い。だから現役やめたんですがね・・・

 

でも医療現場同様、個別性は絶対的重要視しつつ関わることで、鬱症状は回復する可能性があるのです。

 

 

 

 

 

薬は毒ではない。必要なタイミングで必要な量に頼りつつ使用してよいのです。しかし、離脱症状や減薬と同時におこる問題や薬剤のみの治療から抜け出せない状況であるなら、これまでの「常識を疑う事」も大切。

 

 

 

 

 

 

物事や人物も1面だけでは有りません、その裏側にあるものを感じ、ポイントを絞ってサポートすることで必ず、どこかにスイッチが有るのですからね。

 

 

 

 

 

 

 

先日のブログでご紹介した20年鬱を抜けて起業される方、そして今日、ご紹介したOさん、Bさん、他にも沢山いらっしゃいます・・最近はフェイスブックでのつながりも増えました。

 

いつか自分の経験を困っている誰かのために・・・

 

一体何が出来るのだろう・・

 

そんな思いの方々の存在は私自身、本当に本当に心強いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

その方々の心からの言葉に、また救われる方が果てしなく存在しているから。そうして鬱の偏見が減り、笑顔の輪が広がってほしいから。

 

未来の子供たちの為にも。

 

私も微力ながら日々活動する中で、私の方が勇気付けられる事ばかりなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございます。

 

ココロから感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【追伸】

 

先日の「熊本うつ当事者会」でご縁いただいたIさん。

 

この方も当事者の声を上げ熊本県の公的機関と密接に繋がり幅広い活動されている凄い方。

 

その方から頂いた御提案に私も鳥肌が立ちましたーー・・

 

 

 

 

 

 

また、そこは改めていつか書かせていただきますね(^_^)。

 

今日もお読みいただき感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

※連休中は諸事情により毎日更新できない可能性があります、ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

うつ克服専門カウンセラー「後生川礼子

~あなたのうつ、絶対克服できます~

 

 

電話:080-4311-3344
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)
★電話受付対応時間:月~金 14~19時、土日祝 9時~19時

メール:info@gosyougawa.com

LINE@でご相談

 

著書はこちら
 

あなたのうつ、絶対克服できます 

ごま書房新社「あなたのうつ、絶対克服できます」


 

ごま書房新社「うつ克服するのはあなたの番です!―鬱を治した私たちから、あなたへのメッセージ」
 

 
ペタしてね読者登録してね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます(*^_^*)

 

熊本うつ専門カウンセリング カウンセラー看護師 後生川礼子です。

 

 

 

 

 

 

 

先日このようなご相談がありました。

 

 

 

 

 

看護師でKと言います。私は20年間うつ治療をしていてやっと抜け出しまして第二の人生スタートします。看護師で医療現場の事は知っていましたが、やっぱり、もーーいい加減に自分がやりたいことやろう!って決めました。

 

これからは自分の経験をもとにして多くの方を助けたいと思うようになりました。

 

だってこれは本当に本当に本当に・・・なった人間にしか理解できない世界。

 

なったことの無い人には伝えられない事が私には有るんじゃないのか・・そう考えています。

 

後生川さんのホームページ見て「あ、私もこんな活動したい!」って思ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・ですよね。

 

これを乗り越えた先には支えてくれた方への恩返しや、克服したいって頑張っている方へのサポート、自分なりの「社会貢献」したくなっちゃいますよね。

 

 

カウンセラーって部屋で話すだけのイメージがありましたが、今はそうじゃない。カウンセラーのイメージを壊し独自の方法で頑張っている仲間が沢山いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

セラピストって他職種。私の強みは〇〇や〇〇。それでも自分が好きなことで経済収入えて誰かをサポートして結果的に社会貢献して・・そんな生き方って本当素敵ですよ。

 

後生川さんは沢山の顔をお持ちですが、大変じゃ無いですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然。あれだけのキツイ時間過ごしました。もうシンプルに生きているだけです。

 

自分の人生に責任を持つ生き方。

 

 

 

 

 

 

 

 

元当事者のカウンセラーが増えたら、きっと社会はよりよくなると思います。

 

私も第二の人生楽しみたい!起業コンサルお願いします(^-^)★

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

いや、、嬉しかったです。

 

私も現在全国に「元当事者カウンセラーさん」たちと繋がっていますが、このリアルすぎる言葉こそが、本当に悩んでいる方々を救って行くのではないか・・・そう感じるのです。

 

 

 

 

 

 

 

そのカウンセラーさん達と話をする機会があるのですが鬱病は表面では語られない世界がある。教科書ではない、その陰の部分を知っているからこそ本音のサポートが出来るんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

後生川さんって本当は「軽い」うつだった?

 

短期間で克服して薬も沢山飲んでいない。そして今、めちゃ元気だし・・

 

 

 

 

 

 

 

そういわれることが有ります。

 

 

 

 

 

 

ご存知の方もいるかもしれませんが6年間精神科医療現場で勤務していました。常にカギを持ち歩き保護室や閉鎖病棟、開放病棟の経験があります。・・で、思うのです。

 

精神薬を「沢山」飲んだからと言って早く健康になるわけじゃない!

(詳しくは著書参照を)

 

 

 

 

 

 

 

著書でも著書引用させていただきました埼玉獨協大精神科教授 井原教授も同じことを言われていました(一緒にスタバ行きましたが、とても気さくな先生☆)

 

 

 

 

鬱の常識、実は非常識な事ばかり。

 

今回、20年のトンネルを開けてカウンセラー起業相談に来られたその方も同じ思い。

 

自殺問題、鬱事情が複雑になる中、これから同じ使命感を持った元当事者のカウンセラーが増えると思います。医療現場では対応しきれない現状。

 

もう社会の流れがそうなるでしょうね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

鬱病と就労支援、これはこれから切っても切り離せない課題です。

 

 

鬱治し方 カウンセリング

 

 

熊本県の公的事業。女性起業支援。2期生として学び起業した私は、昨年3期生の方々へアドバイザーとして関わりました。

 

 

 

鬱治し方 カウンセリング

 

県内でも有名な専門家の方々。私もサポートして頂きましたし現在も大変お世話になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

鬱病を発症してしまったり悪化させてしまう原因の一つが仕事というもの。

 

今回の様に鬱克服後の「仕事」の在り方についてのご相談も、お受けしています。

 

今年9月、市からワークライフバランスについても講演依頼を頂いてます。ご興味ある方ぜひ★

 

 

 

 

 

 

 

 

【追伸】

 

フェイスブックでも情報発信していますよ(*^_^*)

 

下矢印昨日の投稿はこちら。下矢印

 

 

 

 

 

 

当事者でFB友人の長谷川さんの報道特集を投稿しました。

 

リアルな声です。

これを見てあなたは何を どう感じるでしょうか?・・

 

 

 

 

 

うつ克服専門カウンセラー「後生川礼子

~あなたのうつ、絶対克服できます~

 

 

電話:080-4311-3344
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)
★電話受付対応時間:月~金 14~19時、土日祝 9時~19時

メール:info@gosyougawa.com

LINE@でご相談

 

著書はこちら
 

あなたのうつ、絶対克服できます 

ごま書房新社「あなたのうつ、絶対克服できます」


 

ごま書房新社「うつ克服するのはあなたの番です!―鬱を治した私たちから、あなたへのメッセージ」
 

 
ペタしてね読者登録してね

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

おはようございます(^-^)

 

熊本うつ専門カウンセリング カウンセラー看護師 後生川礼子です。

 

 

 

 

 

 

今日もお読みいただき感謝いたします。

 

さて・・・早速本題ですが。私の口癖。これ。

 

 

 

 

 

 

 

有難うございます。

 

感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

私は使う言葉で人生が決まると言っても過言ではないと感じています。

 

昔から伝わる多くの自伝や哲学書、または病気を克服したり、逆境に向かい日本社会を動かして行く人々の本をよく読みます。そんな中、療養当時に親が買ってきてくれたこの1冊をご紹介いたしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

一番きつかった時に手に取りました。

 

言葉が変わるだけで、うつが治るなら誰も苦労はしないよ。

 

言葉で変わるなら、とっくの昔に世界のうつ病は消滅しているし・・・

 

とすら思っていました。

 

まさに批判的態度。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうは言ってもどこかに答えが・・・そうネット検索し誰の書き込みか分からない情報にイチイチ惑わされて正直途方に暮れていたのを思い出します。

 

症状が一向に安定しない現実。

 

「もーいい加減ネット依存は辞めよう。これじゃ解決しない。私はもう一度健康になってココロから笑いたい。」

 

 

 

 

 

 

 

そう克服する覚悟決めた時に潔く携帯をさっと手放し読んだのがこの本でした。

 

実は先日も久々に読み返してみたのですが、沢山沢山重要だと思う部分に線が引っ張ってあって当時の私が必死だった名残がありました。

 

飲み物こぼした跡も生々しい・・

 

時に蛍光ペンで何回もなぞったり、、時に自分の気持ちと当てはめて書き込んだり。

 

 

 

 

 

 

 

 

人って物理主義ですよね。

 

視界にあるもの、数字、確率、誰かの評価など目に見えるものにしか価値や意味を感じない傾向にあるのは、既にあなたもご存知ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

昨年、熊本ルーテル大学で100名ほどの公的機関の方々をもの前に講演する機会がありました

(いずれは公的機関との連携も行って行きたいですね)

 

 

 

その際、前列に座っておられた30年間うつ状態から抜け出せないという方から、こんな質問がありました。

 

「あなたが絶対。と言うその根拠は?証拠は?どこにある?」

 

 

 

 

 

 

私が返した言葉はこれ。

「そもそも回復できるものと思っていますか?」

 

 

 

 

 

すると

「そんなの思いません」

 

 

 

 

 

 

会の後に話を聴くと長い間に沢山の精神薬を服用し、沢山のネット情報に惑わされて、色々な方々に裏切られたり、家族も離れて行ったりして、減薬すらももう何が何だか理解できなくなっている状況とのこと。

 

そんな中、発する言葉はどうなるのかというと・・・ね。

 

 

 

 

 

 

 

著書にも記載してますが、鬱が薬だけでは改善しない理由。それは物理主義で生きる風潮があるためではないか?と思います。

 

 

 

 

 

 

目に見える物を信じていないのに、なぜ神社に手を合わせる?

 

なぜ、元旦の太陽にお願いするの?

 

ご先祖様のお墓に手を合わせるのはなぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが紛れもなく、そこに目に見えないエネルギーや何かを感じているからではないでしょうか。日常的に私たちは何かを信じながら生きている。

 

 

 

 

 

 

物には波動があって、引き寄せの法則とかも言われますし、よく言われるのは類は友を呼ぶ、とかね。

 

言葉も同じ。いい言葉にはエネルギーがある。

 

もしご興味ある方、斎藤先生の著書、一読くださいね☆

 

きっときっと何かが変わるから。

 

 

 

 

 

 

 

たかが本? されど本。

 

信じるか信じないかは、全てあなたにお任せいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

【追伸】

 

昨日は大分方面へ訪問カウンセリングへ行ってきました。

 

 

 

上矢印帰り道の阿蘇上矢印

 

 

 

熊本に限らず九州各地訪問へ伺っています。起業当初から県外からのお問い合わせが多いのですが車で訪問できる範囲は伺っています。

 

最近は比較的、熊本県内の方からのお問い合わせが増えつつありますね。

 

 

 

 

 

うつ克服専門カウンセラー「後生川礼子

~あなたのうつ、絶対克服できます~

 

 

電話:080-4311-3344
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)
★電話受付対応時間:月~金 14~19時、土日祝 9時~19時

メール:info@gosyougawa.com

LINE@でご相談

 

著書はこちら
 

あなたのうつ、絶対克服できます 

ごま書房新社「あなたのうつ、絶対克服できます」


 

ごま書房新社「うつ克服するのはあなたの番です!―鬱を治した私たちから、あなたへのメッセージ」
 

 
ペタしてね読者登録してね

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

おはようございます(*^_^*)

 

熊本うつ専門カウンセリング カウンセラー看護師 後生川礼子です。

 

 

 

 

 

 

昨日のブログにご案内したOさん。

下矢印下矢印下矢印

そのブログはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

Oさんの言葉を今日はシェアしたいと思います。

 

 

 

 

 

下矢印下矢印下矢印

 

 

 

 

 

『私はガンジーとか、マザーテレサの様に正義感があっていい人になろうとしていた。

 

大人になるにつれて、みんながその方向へ向かって成長していくものと思っていた。

 

絵にかいたようないい人になることが成長だと勘違いしていたのです。

 

 

 

 

 

 

なにをもって「いい人」とするのか・・・現実が客観的に見えてきた時に驚愕したんです。

 

社会人としてそれ相応の立場なのに、そうではなかった。言いたいこと言う人も沢山いるし、自由に生きている。

 

 

 

 

 

 

誰かと言葉を合わせて群れることが仲間だと勘違いしていた。

 

私はずっと正しくありたい・・そうおもってきた。

 

でももう、そう思わないんです。

 

バカバカしい。

 

 

 

 

 

 

 

いつも正しくある必要なんかない。

 

ですよね。

 

 

 

 

 

 

鬱病を経験して、どん底へいってみてその答えに気付くことが出来ました。

 

これだけ辛い想いした。もういい加減自分に戻ります。

 

これからは、いい人になろうと思わず自分らしく在りたいです』

 

 

 

 

 

 

 

・・・そういって彼女は全コース終了前に克服し笑顔で最後のカウンセリングを終えたのでした赤薔薇

 

 

 

 

 

 

 

彼女の気持ち私も理解できます。

 

私も常にいい人に見られたくって、言いたいこともいえず我慢していた。

 

批判されることを恐れていた。批判されるなら我慢。というか我慢している気持ちも無視していた。

 

 

 

 

 

 

 

そーだよねー・・って言葉合わせておいた方が「いい人」って言われているほうが生きやすいからね

 

しかしそれが結果的にココロと体を蝕むこととなる。

 

何故だか分かりますか?それは胸に手を当ててみたら理解できる。

 

 

 

 

 

 

 

鬱経験によって人生のシフトチェンジしていかれる方々を私は沢山知っています(*^_^*)

 

それくらいこの地獄の様な経験が衝撃的だから。

 

 

 

 

 

 

 

おかげで私もこのブログで表明しているように、自分軸という名の自己中人間です。

 

最新医療で?最新の薬で?ネットで☆いくつの病院?

 

誰の書き込みか分からない情報に自分の人生を任せてしまう事が怖くなってしまった。だから・・

 

 

 

 

 

 

自分の人生に責任を持つという生き方へ変えてから本当にココロの身体も生活もシンプルになりました。

 

それにきずけた人は、きっと大丈夫。

 

 

 

 

 

鬱経験は生き方を変えるチャンス☆

 

これ乗り越えた先の人生・・・想像してみて。

 

 

 

 

 

 

もうあなたに制限かける物はないのですから。

 

そうするために、まずは何をしたらいいのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて(^-^)

 

今日は朝一出発し、片道3時間の山越え訪問カウンセリング。

 

ご夫婦でのご相談です(私の両親と同世代)。

 

 

鬱 治すカウンセラー

 

熊本とお隣の大分の県境ですが、考えてみたら東京へ行く方が時間的に近かったりするアセアセ

(東京羽田➡熊本空港まで飛行機でたった1時間半くらい)

 

安全運転で行ってまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆鬱克服したい方へ◆

 

このままで本当にいいですか?

 

本当に今のままでいいですか?

 

もしそれが諦めの感情から来ているのであれば、決して諦める必要は有りません。

 

 

 

 

 

お腹抱えて心から笑ったり、仕事終わりに一杯飲んで、薬なしで爆睡したり・・。

 

一人ではムリと諦めないで。

 

まず今のあなたに出来ることがないか、私と一緒に考えていきましょうよ。

 

今年の桜を笑顔いっぱいで見られた方がたくさんいます。

 

 

 

 

 

 

だって、隣の誰が何と言おうと、何をどうしたって、たった一回の人生だから。

 

 

 

 

 

うつ克服専門カウンセラー「後生川礼子

~あなたのうつ、絶対克服できます~

 

 

電話:080-4311-3344
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)
★電話受付対応時間:月~金 14~19時、土日祝 9時~19時

メール:info@gosyougawa.com

LINE@でご相談

 

著書はこちら
 

あなたのうつ、絶対克服できます 

ごま書房新社「あなたのうつ、絶対克服できます」


 

ごま書房新社「うつ克服するのはあなたの番です!―鬱を治した私たちから、あなたへのメッセージ」
 

 
ペタしてね読者登録してね

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。