2017-07-06 08:30:00

一般質問~みどりの保全と管理について~

テーマ:議員活動

6月9日から第二定例会で

今回は私が会派を代表し、一般質問を行いました。

 

今回は『みどりの保全と管理について』の質問と答弁を掲載いたします。

 

正式な議事録は区議会HPよりご確認いただけます。

 

 

 

みどりの保全と管理についてお伺い致します。            

区は、本年3月に5年ごとに行う、みどりの実態調査結果を公表しましたが、現在の緑被率は24.1%と、23区の中でも一位と高い緑被率であるものの、依然としてみどりの減少は続いております。

練馬区のみどりの約75%は民有地のみどりであることから、相続や樹木の生長による、日照阻害、枝葉の張り出しや落葉などによる近隣問題から伐採や保護樹木の解除申請がされるなど、都市部ならではの問題から、練馬区のみどりは今後、更に減少していくことが懸念されますが、そこでまず、みどりの実態調査結果を受け、新たな「みどりの基本計画」はどのような将来像を含めた計画になるのか、ご所見をお伺い致します。

今、全国的に桜の木の保全と対策が大きな課題となっています。特にソメイヨシノについては、戦後に多く植樹されてから560年が経過し、木の空洞化や根腐れから倒木等の危険があるとのことです。

桜は、新年度のスタートや日本の春の訪れを感じさせ、お花見散歩マップが作成されるほど、花見や鑑賞という日本人にとっては、大変思い入れが強い木と言えます。特に、ソメイヨシノは、生育が早く30年を経過した頃には、枝・葉先・根が重なり合うほど枝葉の密度が高くなるのが特徴です。10m間隔で植樹され、充分な生育環境があれば560年の寿命とはならず衰退もしないのが、都市部ならではのインフラ整備のために、太枝を剪定し、歩道整備などを行なってきたことで、いっそう樹勢衰退を促し、腐朽菌の侵入や枯死化の加速をさせているとのことです。

平成23年の調査では、直径50cm以上になる桜の木が区内に3,700本あり、桜の樹齢から推測しても区民の安全を守るために伐採をせざるを得ない状況の桜も多くあると推測されます。木を伐採しなくてはならない場合、区は地域や区民に対し、説明や理解を得られるよう努力されていますが、維持・保全に向けても、かなりの労力と経費も予測されますが、桜となれば思い入れが強いことだけに難しさを感じています。

 

目黒区では、平成25年度に目黒のサクラ基金を創設し、寄付金を活用して専門家等による樹木診断の結果、倒木の危険があるものは、順次伐採を行い、地域に合った桜の保全計画を策定し、保護・植替えの取り組みを進めているとのことです。

練馬区としても「葉っぴい基金」を設置しており、みどりの保全に向け、区民との協働のもと、みどりの区民会議や緑化協力員制度等の区独自の活動もされていますが、今後は、桜の木に特化した、区民協働の仕組みの構築や、啓発も必要と考えます。今後の桜に対する対策について区のご所見をお伺い致します。

 
 
 
===答弁===
 

昨年度実施したみどりの実態調査では、この5年間で公共のみどりが24ヘクタール増えたものの、86ヘクタールもの民有地のみどりが減少しました。農地を含む民有地のみどりは、所有者の高齢化や、落葉や剪定など維持管理の負担、相続などが原因で減り続けております。みどりの減少を最小限に留めるとともに、新たに創出することが大きな課題となっております。現在、公募区民も含めたみどりの区民会議において、樹木の管理やみどりの保全、創出について様々なご意見、ご提案をいただいております。

 今回の実態調査の結果や、みどりの区民会議等のご意見も踏まえ、現在、緑化委員会において、みどりの基本計画の改定をご審議いただいております。検討にあたっては、区民の実感やみどりの質という点から、練馬区の魅力である豊かなみどりを、区民とともに守り、さらに増やし、未来へつなぐことを基本として取組んでまいります。

 

次にサクラについてであります。区内の幹線道路や河川、公園などにあるサクラは、その多くが樹齢60年以上経過したソメイヨシノの古木であり、更新時期を迎えております。これまでも、定期的に点検を行い、衰退がみられる場合は、精密診断の上、保全対策や植え替えをしてまいりました。サクラは、春を象徴する花として多くの方々から親しまれる一方、花の散った後の害虫や落葉、枝や根の張り出しにより通行に支障が出るなど、維持管理にも大きな課題があります、すでに、地域の団体により、サクラ並木の見守り活動が行われているところもありますが、区民との協働は限られています。

 現在、みどりの区民会議において、区民協働による樹木の維持管理や、更新のあり方について様々なご意見、ご提案をいただいております。サクラなど地域のシンボルとなる区民とともに守り育てる方策について検討してまいります。 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

倉田れいかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース