練馬区議会議員 
      倉田れいかのblog
へようこそ
音譜
練馬区議会議員 倉田れいかです。(無所属)
2007年4月 25歳で最年少(当時)にて初当選。
2011年4月 6585票 にて2期目の当選。
2015年4月 5238票 にて3期目の当選。

2014年12月に出産し、一児の母としても奮闘中!
子どもを産み育てやすい練馬区に向け活動中です。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-06-22 13:20:42

来年4月に向けた保育所待機児童解消の練馬区の方針について

テーマ:  ∟☆保育園・幼稚園

先日の委員会で、

来年4月に向けた保育所待機児童対策についての報告がありました。

 

平成29年4月時点での練馬区の待機児童数は48人でした。

(ちなみにこのカウントの仕方は厚労省が示している定義見直しでのカウントの仕方ではないため、育休中で復職の意思がある方などは含まれていません。

定義見直しでのカウントは来年度から適応されるものとみています。)

 

この48人の待機児童発生の背景には、

区の見解として

地域における需要と供給のミスマッチが挙げられています。

 

練馬区では、16.301人の供給を確保したのに対し、需要が15.169人となっており供給が需要を1.132人上回っています。

 

ミスマッチによる待機児童の発生は特に練馬総合福祉事務所管内で発生しており、郵便番号でいうと〒176のエリアになります。

 

また、今年度の待機児童の年代では3歳児についても発生しており、特に人数が多いのが練馬総合福祉事務所管内となっています。

 

このエリアは他の、光が丘地区や石神井地区や大泉地区と比べ、私立幼稚園が少なく、認定こども園や練馬こども園による3歳児以降の行先や定員拡大が難しいことや、保育所整備の場所の確保が難しい現状にあります。

 

待機児童対策として特に課題であった0~2歳児のための対応として小規模保育所を中心に整備していましたが、卒室してからの3歳からの行き場がなく、待機児童として発生していることになります。

 

そこで練馬区として、

来年4月に向けた待機児童対策として新たに700人分の定員拡大をしていく予定です。

中でも、3歳児待機児童対策として

練馬総合福祉事務所管内地区を対象に

区立幼稚園(北大泉、光が丘むらさき、光が丘さくら)の3園を活用し、バス送迎による3歳児1年保育を導入するとしています。

 

80人分を確保するとしており、朝・夕には一時的に子どもたちが滞在するステーションを設置し、そこからバス送迎で各区立幼稚園に行くというものです。

 

このことについては、先日行われた一般質問の中でも触れましたが、

そもそも保育所整備の用地確保が課題があるのに、

ステーションを整備する場所があるのかが疑問です。

 

他の自治体を参考にバスの運行は数本運行していくようで、

80人がいっぺんにステーションにいることは無いような答弁でしたが、

どの程度そのステーションに滞在するのか、保育士の配置基準や面積基準はどう適応されるのか、

朝と夕方以外にはその施設はどう活用するのか、

練馬地区も広域のためステーションへの送迎だけでも遠くなる可能性もあることや、

急な発熱などでお迎えに行くとなると練馬地区から北大泉や光が丘までお迎えに行かなくてはならず相当な負担になるとも考えられます。

我が家の子は月に1度くらいは風邪をひき、発熱してたりするので、

迎えに行くのも一苦労であると考えます。

 

3歳児1年保育は練馬地区での対応になるので、それ以外の地区は対象にはなっていません。

 

 

3歳児1年保育事業以外には、

保育施設の新規整備で540人分

保育ママの配置拡大で30人分

既存施設の定員拡大で50人分として合計で700人分の定員増となるよう整備していく方針です。

 

地区としての内訳は

やはり待機児童が深刻化している練馬地区では425人。

光が丘地区で95人。

石神井地区で170人。

大泉地区で10人となっています。

 

 

地域によって事情が様々です。

 

区として地域に合った対策をしていくとのことですが、保護者や子どもたちに負担とならず、通いやすく安心できる環境となるよう引き続き待機児童対策をみていきたいと思います。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース