1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Mon, September 26, 2016

ハッセルバックポテト

テーマ:食べ物おばけ
こんにちは。

アートの事でなく、料理や酒の
事をたまに書いてますが、
先日ヒマだったんで、このイモ
料理を製作。

{BFF8496A-1FEF-4BB3-AC33-53433FBFE455}

スェーデンの料理、というかイモ
を焼くだけなんですが、意外に
美味しかったので。

皮ごとの馬鈴薯、底を1.5cmほど
残して2mm程度の切り込みを
全体に入れます。

断面のデンプンを流水で流したら
かなり濃い塩水に浸けて(まんべん
なく塩を揉み込んでもいいんです
が、塩水の方が簡単なので)、切れ
目を広げながらオリーブ油もかけ
ます。

あとはパセリのみじん切りを振り
かけて、オーブンかトースターで
20分程度焼くだけ。

あっさり過ぎるという向きには
バターでもよろしいですね。
さらに最後あたりでチーズをかけ
て焼いても美味いです。

食感が面白く、見た目も少しだけ
おしゃれなんで、ステーキの付け
合せにもええかと。

ちなみに僕は、大好きなジョンソン
ビルの太いソーセージを3本焼いて、
その付け合せにしました。

軽く茹でたブロッコリーに、グリル
パンで黄色と赤のパプリカを網目
つけて焼いて添えたら、ちょっとした
男料理になりますね。

ほな。。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, September 25, 2016

手帳の振り返り

テーマ:最近思うこと
こんにちは。

休日って、予定を決めて動かないと、あっという間に夜になってしまいますね。

僕はそんな感じの休日が多いんですが、朝イチに今日何をするか、まずベランダに出たりして、外の空気を吸いながら考えるのが良いかと。

別に外出しなくても読書でも映画観るでもいいし、漠然とテレビ眺める…というのをやめたいなと思います。

で、まず今日やることを手帳に書き込んでみようと、手帳を広げたら、まぁ細かいこと。毎日あれやこれやと書いてます。

{9F64C1E4-F167-4437-B223-B9DAFB072FBA}

それを見直すことはあるのか?というと、これが案外見返してないんですねぇ。

改めて今年の初めから見返して見ました。書いてる書いてる、もったいないことはわかりが。

誰かと会って刺激されたこと、セミナーに行って学んだこと、読んだ本で参考になったことetc....

こまめに書くわりには、これを何も活かしてない自分に改めて気がつきました。ホンマあほです。

読書もいいけど、まず過去にinputされた事柄をRe inputしてみる。そして何らかの形でOutputしてみる。

SNSに翻弄されている昨今、スマホばかり見てないで、手帳をゆっくり見直す時間も必要かな。。。

そんなことを感じた日曜の朝であります。

ほな。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Thu, September 22, 2016

1996年に創刊したArt Maison

テーマ:日本でのお仕事
こんばんは。

今日、9/22は秋分の日。ボチボチ秋やのに、8月から台風ばっかりで、落ち着かん天気ですね。

どこにも行かない休日、家で我が麗人社の初期の出版物を引っ張り出して、当時を思い起こしたりしていました。

今はギャラリーマネージャーの岡田が編集長だった頃(当時社員6人ですが)、1996年に創刊したArt Maison。この時は英語だけで編集。今は和英併記で年刊発行ですが、当時は僕も記事を書いていて横尾忠則、故・白髪一雄、故・元永定正…それぞれお宅に訪問インタビュー。

{A93F428D-6607-43D7-AE21-CC95640FB580}

{1ACC49F6-C3AA-499A-AB3D-CFDCF2FE29CF}

{8B625A3A-A63C-4204-B0D3-49457D872E3B}

最初の写真は「具体」の1人、白髪一雄。アクションペインティングの白髪さんのアトリエは、ダウンタウンも島木譲二も生まれた尼崎にあり、訪問した時は奥様が玄関先で水撒きを。

「ぶら下がって足で絵を描いた」というロープに僕もぶらさがらせてもらい、美味しい玉露とメロンを奥様が出してくれましたが、このぬるめのお湯で淹れた「茶碗の底にチョロ」の玉露が、「ん?出し汁?」と思うほど旨味があって美味しかった。インテリアは洒落た中国趣味で清時代の家具だらけ。三国志の言葉を作品のタイトルにつける彼らしい。

横尾さんの成城にあるお宅は、鬱蒼とした森の中にあるような佇まい。その昔、タイトルデザインをしてご本人も出演していた寺内貫太郎一家、僕にはこの印象が強い。この時は緊張しまくって、抽象にまつわるとんちんかんな質問をしてしまい、機嫌を損ねてしまいました。具体、アブストラクトについてどう思うかなんて、超愚問。そのせいか撮った写真も不機嫌そう。

そのあと、宝塚にある元永さんのお宅ではお弟子さんもたくさんいて、一緒に絵のお勉強を。

白髪さんも元永さんも今は亡き2人です。

{55244418-9C86-41B7-80BA-E8DD2EE03D91}

{B3E5659A-2A0D-462B-9725-43F3202A5594}

{E87D036E-B187-4C27-BCCD-5860A1EA5A9E}

{4F98D73D-DA96-415B-841A-A3427A843862}

すでに雪舟国際美術協会も設立していたので、雪舟についての記事も。そして日本画の故・稲垣伯堂さんのアトリエで1日かけて描き方の取材を。今は編集もしませんが、当時は営業も取材も、記事起こしも経理も。会社の初期って、概ね経営者がなんでもかんでもやるもんですね。朝方エアキャップにくるまって寝る徹夜続きなんて当たり前で、だから今より15kg痩せてました^^;

1996年はOASISという展覧会もスタートした年。それにちなんで、日本のアートフェアの在り方について、なんて生意気な記事も書いていました。アートフェア東京の前身、NICAFも始まる前のこと。

{0EFCC40E-4816-4A5E-BA84-315991CECC86}

表紙は郡山市美術館からお借りした、写真に着彩した作者不明の作品写真を、かなり加工して使いました。斜めから見たら人物が浮き出るような加工。この金色だけで3版、計7版も使うという贅沢な印刷。たいしてお金もないのにようやったと思います。アホです。

思えばこの創刊号、薄かったなぁ…と、つまらぬ回想で失礼しました^^;

http://www.reijinsha.com/publication/art_maison.html

ほな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, September 17, 2016

清濁併せ呑む

テーマ:最近思うこと

こんばんは。

ここしばらく、約1ヶ月以上にわたって採用面接を

行っていました。大阪本社、東京支社の営業社員

ですが、有効求人倍率が厳しく中小企業にとって

採用難の時代。なのに140人も応募がありました。

採用枠は6~7名なので採用率は今回5%です。

 

とは言え今回は中途採用で年齢にも制限は付け

なかったので、比較的年令高めの方も多かったの

ですが会社説明会を兼ねたグループ面接は10回

以上、そこから約15%が2次面接へ。個別の2次

面接は30分の人もいれば1時間以上の人も。概ね

採用の可能性が高いと感じたら長話になりますが。

 

大阪本社は既に決まって研修がスタート、東京支社

は10月からです。僕の2次面接は、正味の雑談。

趣味や家族、友人の事、仕事というものに対しての

考え方などが話題です。そこで話の反応から、その

人の考え方などを感じとって、営業マンとしての可能

性を判断し、最終的に数名を選ぶわけですが、どんな

仕事にも共通する「清濁併せ呑む」という事に対しての

考えなども聞きます。

 

つまり世の中の仕事や出来事は、きれいごとだけで

できているのではなく、ボランティアでは給与と言う

報酬をもらうことはできないという、当たり前な事。

 

企業理念実現のためには、まず仕事で成果を出して

その対価としての報酬を得る、そして仕事が継続でき

てこそ理念が実現できる。

 

当然給与が無かったら仕事は誰もしない訳ですが、

その報酬がどこから来ているかという現実を話します。

社会経験の乏しい新卒の場合、そこが理解できて

いない、というか理想と現実の違いがあるから五月病

などというミスマッチの結果がある訳ですね。

 

それを生まないためにも、面接ではしっかりとそんな

話まで詳しく伝え、プロとしての自意識をしっかり持て

そうな人を選びたいと思っています。つまり我が社の

「社会と美術界の架け橋になる」という理念は、ビジ

ネスとして成り立ってこそ実現可能なものである事。

 

だからどういったビジネススキームで美術業界におけ

る我が社が運営できているか、報酬の源泉とは何か、

美術業界の良いところ悪いところ、業界裏話、日本と

海外の我々を取り巻く美術環境の違い(1冊の本が書

けそうですが)、我が社の美術界における夢=ビジョン

も話し合い、理解力のある人が最終的に選ばれること

になります。当然、人柄やコミュニケーション能力も含

めてですが。

 

その意味で、今回の応募者は優秀な人が多かった

ように感じています。そこから選抜されるので期待は

大きい。無論他人ごとではありませんが、これからの

REIJINSHAという会社、まだまだ大きくなる気がした

面接最終日でした。経営者のワクワクは、新しい仕事

を生み出すとき、そして新しい人を迎えようとするとき、

そんなときに生まれるんですね。

 

ほな。

 

Thu, September 15, 2016

1年前のリブログ。”クリムトさん、野口家に降臨…”

テーマ:最近思うこと
Sat, September 10, 2016

FADアートフェアに思う。

テーマ:日本でのお仕事
こんばんは。

Free Border Art Directorが
集まるアートフェアとして、
四ッ谷3丁目のアートコンプ
レックスセンターが開催して
いるFad Fairに今年初めて
参加。昨日から始まってます。

若手中心のユニークな作品が
集まってます。

我がREIJINSHA GALLERYが
出品している漬物の絵、美味そう
でしょ♬ 

http://www.gallerycomplex.com/fad2016/exhibitor.html

{9572DFED-4C21-429C-BE28-E392DD41353A}

{B5FBDF14-C978-402A-9A56-843E8CDD6104}

{EBDFE5E5-F64F-4CFB-BC0D-A2F07C29EF93}

他にも3名。すべて東北芸術工科
大学を卒業した若手からスタッフ
と話し合って厳選しました。

{83D00900-0547-4ED7-92EB-E365E1EE6524}

{219F9FA7-95DD-46C9-B669-8A600E281D19}

{6D31CF7B-0FE8-4063-8049-C86EE6346CEB}

{C97B4158-B5E0-4FCE-891E-A750CA962AB5}

{6DFCB8B7-C9A8-404F-82CF-68759098A084}

初日の昨日はこんな感じ。

{6D993967-911F-4D0D-8379-68DBB61EE6CF}

{92A66CB3-64BA-422D-B38C-2D57D7CD140B}

売れっ子作家をたくさん生む
公募のFACE展をやってる損保
ジャパンの五十嵐さんも登場。

{DF6C5C50-39FA-404E-9645-183F6B34FE68}

他のブースも載せたいけど写真数
に制限あるので、また。

………………………………

アートフェアにも色んな形が
あるけど、これは小規模。

現代アートで若くて質の高い
グループ展が集まったような
感じです。

この4日、実りのあるイベントに
なればいいなと。

{A5BCF27F-CB67-4FB1-90E8-F61AE2CA9DE6}

僕の右どなりが館長の式田さん。
若い頃はみゆき族のオシャレ兄貴。

美術界も色々あるけど、ここに
来るお客さんもカラーがあります。

銀座でも色んな派閥?と言って
良いのか分からないけど、いくつ
か銀座の画廊にもチーム分けが。

政治でもなんでも人間が集まれば
必ず徒党を組みたがる。そして
必ず親分が生まれる。となると、
他をよく言わない。

僕は正直そんな事はどうでもよく
て、美術界全体をマクロに見た
動きをしたいなと。

今回の参加もその1つ。もちろん
コレクターさんにも派閥のような
ものもあるけど、僕はギャラリー
以外にもたくさんの作家と出逢う
仕事をしているので、分け隔てなく
アート全体を見ているつもり。

公募系がどうとか、現代アートで
なきゃとか、伝統系なんて、とか
了見の狭い事を言ってたら日本の
アートを世界に伝える事はできな
いと思うんですよ。

なので自分のギャラリーでは、スタ
ッフの感性も受け入れながら、
作家を選んで質の高い展示をして、
そして色んな人に観てもらえる画廊
でありたいな。

ほな。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, September 04, 2016

3度目の台北

テーマ:海外でのお仕事
こんにちは。

一昨日、台湾から帰国。来年の
イベントに向けて3回目の訪問です。

フライト時間は2〜2.5時間、近いし
何かと美味しいし、親日国で人は
親切だし、行くたびに好きになる
国です。

{11DE0153-0C4F-4A87-B043-E2A9A8ED7D27}

{A4E7E1E6-E958-4E48-9BB0-52092A0335EC}

EVA AIR、派手な飛行機ですが、
ハローキティは大人気なんです
ねぇ。

今回は、いろんな方面の方に協力
を要請しにきました。

まずは台中政府の方に。

{F7B1450B-EC09-495B-BA78-B986966AF0F1}

台北なのになぜ台中か。それは
また追って来年に。

そして台湾政府鉄路局の方々と会談。

{C1D05049-59FC-4E99-B36E-AE4BAE20687F}

{E06878A6-13A3-4439-BD9F-9A5D47B25B81}

政府の公的な建物を使わせて
いただきたい、という事で色んな
複雑な手続きがありそう。

そして台湾の美術界で最も著名な
方へ協力をお願いしに。

{C594A640-854B-4A71-BE9A-CDC36E91AC46}

{A9F1C60F-FC21-4D87-84B6-2B9978B930CD}

アート台北を主催するRick Wang
さん。台湾画廊協会理事長で、
現代アートのAKI GALLERYも経営。
アジアの美術界の中で、今最も
有名な方かもしれません。

台湾のギャラリーの数は約1.000、
その中で世界的な活動をしている
のは約130とか。僕の知る限りでは
日本で世界に目を向けているのは
40ギャラリーほど。現代アートに
おいては負けてるかも知れませんね。

さて、台湾といえば料理!
でも今回、かなりタイトなスケジュ
ールで訪問したので、食三昧という
わけにはいきませんでした。

でも、現地の関係者が連れて行って
くれたのは「欣葉」という有名
レストラン。とにかく何を食べても
美味い!初対面の方と一緒なので
パシャパシャ写真撮るのは控えま
したが^^;

昼間はフードコートで簡単なラー
メンなどです。

{59722E02-A018-40AA-B30B-31B6C0CCCB73}

牛肉麺セットで400円ほど。日本の
半額ほどってイメージです。

朝食は、リーズナブルなホテル
ながらそこそこ美味い。

{C7C8FA12-CBF3-4E88-8AA7-F69442190CFF}

なんせ日本人出張者の多い国。
普通に白いご飯や味噌汁もあって、
ヨーロッパ出張のノーモアパン!と
いう感じにはなりません。

最後の夜はスタッフたちと、この
店へ。「呂桑食堂」、地元の人が
オススメの安くて美味しい店。

{CF6EC9B2-5BBF-4A11-92F3-70FC627EB7D2}

牡蠣の豆豉炒め、これはもう鉄板で
美味い。台湾は小粒の牡蠣ですが、
ネギに豆豉とオイスターソース、
台湾は海に囲まれた国なので、鮮度
も文句なしです。

{59FAD0B1-6F94-400F-ABAB-19F686B2A33D}

筍の炒め物。仕上げにゆで卵を
細かくしたものをまぶしているの
かな、妙に美味い。

{737B65D9-82F8-474B-9DF9-3F2A10AC7BD1}

どの料理も180NTW$程度。500円
ほどなので、遠慮なく食え〜!と、
調子に乗って意外に高かったです。
とはいえ日本でチェーン居酒屋に
行った程度ですが。

{8449F118-3C12-4A36-82C9-99B463A926F5}

炒飯は申し分のない炒め具合。ホテル
中華のレベルでした。が…

{2039EBE5-C0FC-4FA0-A37A-A95129C65011}

このサメ肉の燻製、ほぼ味がなくて、
唯一美味しくなかったです。これを
注文した初海外出張の宮園くん、
罰として全部食べさせられるハメに。

{C9413F33-CA1D-47D9-8927-D45C758D36CD}

まぁ、この時期の台湾。沖縄より
南ですから涼しい訳ないですよね。

お仕事なので、ずっとスーツです。
汗かきの僕はホテルのタオルを
拝借する毎日でした。

さて来年、この苦労が身を結ぶか。
モナコ政府と一緒に開催している
モナコ日本芸術祭はもう20年も
継続していますが、最初は何かと
大変でした。

産みの苦労はつきもの、芸術先進国
とも言えるこの国と、うまくイベント
を成功させたいものです。

ほな。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, August 31, 2016

台北到着。

テーマ:海外でのお仕事
こんばんは。

昨年から3回目の台北、先ほど到着
して早速お気軽な日本人経営の
居酒屋へ。

{D1674068-4C52-4622-B5D1-40A0F4143D77}

もう何も日本の居酒屋と変わらない
味。そう、ここはもはや日本なんか
なと。

昨年秋、アート台北を見学しに来ま
したが、今の所この国の好感度、僕の
中では高いです。

今回の目的は、しばらく先になる
かも知れないけど、この国で日本の
アートを広めるための下地づくり。

政府の人にも画廊関係の人にも
会いますが、「すべてはお客さまの
うまい!のために」…って、なんか
「情熱大陸」のアサヒビールのCM
みたいですけど、ドラッカーの言う
顧客のニーズが何かを知る、って
事に基づいてます。

とにかく1つの企画を作るためには、
最初の努力が大事なんでしょうね。

{96448E01-3B72-4076-9445-4EACA14989F0}

{F31EF9BE-6411-4A57-BAEE-80E4467CA0A1}

明日の午前からアポがあるので、
今回は夜に到着するスケジュール。

それも頑張るけど、なんせ台湾は
食事が美味い!なので、それも
頑張り報告します。

ほな♬



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Mon, August 29, 2016

「50の顔 Vol.2」

テーマ:日本でのお仕事
こんばんは。

雪舟展の翌日から、REIJINSHA
GALLERYでは「50の顔 Vol.2」
が始まっています。

http://www.reijinsha.com/r-gallery/69_50faces.html

昨年8月に開催して大好評だった
この企画展。

しかし50人を選抜して声をかけ、
実現にいたるまでは、まぁまぁ
大変な企画。

でもやはりオープニングの始まる
前からお客さんはいっぱい。
やはり人気のある若手アーティスト
もたくさん出品しているので、
皆さん情報はよく見て頂いてる
ようです。

{4D8AD6B7-FC76-4602-9CF9-9FC247EF3D46}

{A46AEFD1-E70A-41AA-A080-949C00010D40}

{1805D039-7063-42F4-85FC-15E08CF93139}

{F7D54132-9B09-4157-AA47-12DC54EC0CAB}

{EE50C489-D479-47B6-AEBA-EA84ECDA05D5}

おかげさまで初日からたくさんの
お買い上げ。

アメブロの写真アップは数の制限
があるので、一部しか出せません
が少し…

{BEFC53B1-A88A-4E8E-BA80-475F44012129}

{3FD4FCEA-0788-48A5-9528-D0428115819C}

{13C32E11-5F01-4C7B-8715-E237B3971474}

{A9F83C79-8F1D-43D1-8A4F-9914BCB7B172}

{3071E31F-4E84-443D-8331-498AF65351C2}

{DF0BA160-35CD-40CB-B77F-DC72D11AD435}

{BEBDF677-1166-4A65-970F-292725F07DEF}

{04E75234-86DC-456A-A5A2-23F0D4E53915}

{E8C39F09-F79C-437B-ABEE-4F5D13170C44}

{E0E328E3-3F68-4C07-90B7-7F2A53D7261C}

一番最後の作品は、芥川賞を受賞
したピース又吉直樹さんの「火花」
の表紙絵を描いた西川美穂さんの
作品。

とにかく個性的で自分の世界を
しっかり持った画家たちを選びま
した。手前味噌ながら一見の価値
はあると思います。

9/3まで開催していますので、ぜひ
お越しください。

さて、明日から台北に出張。台風
10号の行方、気になりますね。

大阪はもう明日には影響がなくな
ると思うので、フライトは問題ない
と思うんですが、東北は心配ですね…

ほなまた帰国したら!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Mon, August 22, 2016

雪舟特別展〜書画の架け橋〜はじまる

テーマ:日本でのお仕事
こんにちは。

関東、どえらい雨の1日でしたね。

そんな中、わが雪舟国際美術協会
の東京都美術館での展覧会がはじ
まりました。

http://www.reijinsha.com/sesshu.html

さすがに土砂降りの上野恩賜公園、
人がいませんねぇ。つまりオープン
したけど人が来ず。

そこへ上野経済新聞の記者さんが、
ずぶ濡れで来てくれました。取材を
受けて色々話していたらポツポツと
お客様が。

{2CE42F58-C71F-4BC1-BFDF-1F2D29FEBD2E}

{5FF1B67D-1309-4DAF-8D7D-5577DE2F021C}

{00403224-5272-4D7A-9089-080E42E6703F}

{752B9CD9-0C01-48E7-B95D-5DB97CE479E4}

会員、一般公募の作品、参考展示など
合計161点。この広さにしたら少ない
点数なので、美術館の企画展示みたい
にゆったり飾る事になりました。

{AB0B866B-2962-4399-8D2A-6941FCD3249F}

{80B5B11C-0CA5-4556-A0A1-B91753399E3F}

{B338E9F5-2744-469F-B249-71B6A03C4677}

{BC023680-33AE-4811-A95C-D346EDCFA068}

{E90A4C25-BEF7-4819-9610-3D07C80DD61F}

{2D244314-2C7B-4430-BD26-EAA079D9A4A5}

{D162BB8D-6338-451F-BEC6-90C68F5EFEBA}

今回は書画の架け橋と題して、一般の
人に書画の楽しさを味わってもらおう
と、ワークショップやギャラリートーク
に時間をさきます。

{B4ED65E8-1B92-4996-A77C-B84E64688F11}


午後からは外国の若者なども訪れ
いつもよりは人が少ないものの、
アットホームな感じで作家と触れ合
ってもらう事ができました。



{828D98FC-FDC5-4200-8F21-7567816886A2}

{78524B57-CB32-47E7-8B29-0377E9800E7E}

最後はスタッフまで教えてもらう
事に。ええ勉強になります。のし袋
の御祝いという文字なんか、やはり
書家が書くとさすがなんです。

さて明日からはギャラリーの方も
「50の顔」という企画展がはじまり
ます。

http://www.reijinsha.com/r-gallery/69_50faces.html

こちらもヨロシク!

ほな帰ってズボン絞ります^^;





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。