世界のすみっこで本と人生と祖国好きを叫ぶ

年間500冊読了を目標に最高記録は300冊なさりたの読んだ本紹介とその他いろいろブログ。
ここの記事をもとに動画も作成してます。


こんにちはの方も初めましての方も、いらっしゃいませ。




ここは青沢さりた@新人読書アドバイザーによる




ほぼ読書感想ばかりのブログです。




内容もかなり増えてきましたので、読書感想の目次を作成してみました。




より見やすく面白いブログを目指して、これからも努力していきたいと思います。







目指せ、二回以上見たくなる、本の読みたくなるブログww





あ~う行の作家



え~お行の作家



か行の作家



さ行の作家



た行の作家



な行の作家



は行の作家



ま~わ行の作家



海外小説 あ~な行の作家



海外小説 は~わ行の作家



評論・エッセイ他



国内・海外の児童書・絵本



映画感想



ドラマ感想


アニメ感想

テーマ:
アンナ・カヴァンの「氷」と同じく、「バーナード嬢曰く。」で紹介されてましたSF児童書です。



優秀な科学者夫妻のジョンとマーサは、新婚旅行の最中に事故にあい死亡した。
だが、ジョンは目を覚ます。そこは自らが所属していた人工頭脳センターの中。
ジョンは人工頭脳の中で脳だけの存在として生きていた。
そして、自らが国家の陰謀により殺されたと知り、生前使っていた研究室である合成生物をつくることに…


これは面白かった!児童書と軽く見るなかれ、
国家のエゴや陰謀、人権無視の残酷性があり、挿絵が可愛いので気になりませんが不気味な怪物を使ってのアドベンチャーあり、
そしてラストの切なさといい読ませてくれました。

人工頭脳のなかに組み込まれた脳が意識的にここまで活動出来るっていうのは
ちょっとファンタジーですけど。ほぼ超能力に近い感じ。

いい人が次々と、しかもあっさりと殺されていく容赦のない展開もページをめくる手を早めます。

まあ長い作品ではありませんが。
ジュブナイルSF、満喫しました。

バーナード嬢では子供の時に読まないとって言ってましたけど、確かに子供のころ読む方が衝撃もトラウマも半端ないだろうなあ、、。
やんわり楽しめる大人が読んですみませんです。
神林しおりさんオススメの旧版はこんなん。
{A85BA6DE-8F04-4D47-BC39-F0FC957B8A99}

シンプルながらかっこいいな。
{3FFC0555-8AFE-43B0-AD28-16941EDFCE74}

{27050E4E-26A1-45F8-940F-F32903A0E845}

私なら「かいじゅうムズング」をめんどくさく推します。まあ今考えるとアフリカに植民地支配に来た白人の話だったんだけど。
{DDD5575B-7726-4A58-9C24-E4E91A1C08F5}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ジョジョの奇妙な冒険の荒木飛呂彦さんが大好きな映画論を語る!

ホラー映画を見ることにより人生への試練の向かい方を知る!含蓄のある端書から始まり
ゾンビ映画、田舎に行ったら襲われた系映画、アニマルホラー、SFホラーなどなど、ジャンル分けしてオススメホラー映画が語られます。

ホラー映画に癒しがあるとは驚きでしたし、
ゾンビは無個性であるからこその生態があり
田舎と都会、別の世界に入り込むことの恐怖など
面白い映画論満載でした。

あとお猿さんが女の子を好きになる「リンク」ですか。
これが三部のストレングスの元ネタがと納得したり。
あのシーンは怖いという前に生理的に気持ち悪かったですね。

ジェイソン、フレディ、レクター博士…たくさんの有名殺人鬼も出てきます。
あとキング原作映画も一章にまとめられており、
私はここが一番面白かった。
長く積ん読してますドリームキャッチャーの話があり、こんな話かとやっと手にとってみたり( ・∇・)

ホラー映画は触れられないけど理論に興味はつきません。
また挑戦してみようかな。

あとがきには荒木先生の故郷を襲った東日本大震災によって日本人が、日本の子供たちが与えられたトラウマをどのように癒していくか。
その一端として物語世界に触れることは、意味のない事ではありません。

存外しんみりとしながら本書を閉じました。

面白かったです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今回はクラシックなサスペンスに挑戦。

 

 

 

↓このコーナーが好きで、(この回かはわすれましたが)

こちらでよくヒッチコック監督の映画が紹介されるため、気になってw

 

 

 

ジョン・ファーガソンは優秀な刑事だったが、追跡中の事故がきっかけで高所恐怖症となり、

高所に立つとめまいが起こるようになっていた。

ジョンは警察を辞職するが、ある日旧友エルスターに相談を受ける。

彼の妻の挙動がおかしくなり、時々死の衝動に襲われるというのだ。

気が進まないながらもジョンはエルスターの妻、マデリンの行動を追うが、

彼女が海に衝動的に飛び込んだのをきっかけに、

ジョンとマデリンは距離を縮めていく。いつしか恋に落ちる二人だったが、

マデリンは発作を起こし、ジョンの目の前で飛び降り自殺をしてしまい…。

 

狂気か現実か。

最初は女性が本当におかしくなっているのかどうかという話でしたが、

ジョンが恋をしてロマンチックな映画に、

しかし彼女が死んで…そして彼女にそっくりな女性が出現。

マデリンにそっくりな女性が出てすぐにある真相が語られますが、

そこからはジョンの歪んでしまった愛情がどんどん怖くなっていきます。

主演のジェームズ・スチュワートの目力が遺憾なく発揮されてて

色素の薄い瞳がどんどん狂気をまとっていくのが凄い。

 

ヒロインを演じたキム・ノヴァクさんもみごとなブロンド美女。

最初に出てきたときから「うわ美女」って感じです。

古い映画ですがこういう美女は今も美女ですね…。

でも悪いところがなくて、ずっと罪悪感にさいなまれながらも

愛情を深めていくところが好き。

それなのに…。

 

後半の歪んだ愛情と、クライマックスの愛憎まじりの錯乱。

風景が美しいだけに恐怖も純粋・・・と感じました。

映画鑑賞はまだまだ素人ですが、この古典的名作をちゃんと楽しめてよかったです。

 

ただラストは…え?と首をかしげてしまいましたが。

・・・いろんな意味で哀れ…。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

真田北高校に通うタダクニ、ヨシタケ、ヒデノリの3人はいつも何となくつるんでは馬鹿をやる
ごくごく普通の男子高校生。
そのバカバカしくもありそうでもない日常。

えーと、ちょっと前の作品ですね。Huluで配信されてたのでお気楽そうと思ってぽちり。
腹筋崩壊しました。私にはすごいツボです。

特にラストの文学少女ネタがたまらん。
私も高校時代に中二病に溢れた設定の小説を書いては
友人と交換したイタかゆい思い出が蘇ってきました。
しかし河原で見知らぬ男子と女子がこーゆー接近をしてもまあ擬似中二空間しかできないですね。確かに。
焦りまくってすごい台詞を言ってしまうヒデノリ、大喜びでのってくる文学少女、助けを求めたのにうっかりのってしまうヨシタケの三段攻撃には腹筋が死にました。

学生時代って、いいよね。と
爆笑してノスタルジックにも浸れました。

だけどさー、男子率の高い教室って普通にすごい臭いですよ。体育の後なんか特に。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。