世界のすみっこで本と人生と祖国好きを叫ぶ

年間500冊読了を目標に最高記録は300冊なさりたの読んだ本紹介とその他いろいろブログ。
ここの記事をもとに動画も作成してます。


こんにちはの方も初めましての方も、いらっしゃいませ。




ここは青沢さりた@新人読書アドバイザーによる




ほぼ読書感想ばかりのブログです。




内容もかなり増えてきましたので、読書感想の目次を作成してみました。




より見やすく面白いブログを目指して、これからも努力していきたいと思います。







目指せ、二回以上見たくなる、本の読みたくなるブログww





あ~う行の作家



え~お行の作家



か行の作家



さ行の作家



た行の作家



な行の作家



は行の作家



ま~わ行の作家



海外小説 あ~な行の作家



海外小説 は~わ行の作家



評論・エッセイ他



国内・海外の児童書・絵本



映画感想



ドラマ感想


アニメ感想
NEW !
テーマ:

母がプレゼントしてくれました。

毎日を大切に過ごす生き方入門。

少女のころフランスに留学したアメリカ人の「私」は、

おしゃれに、そして丁寧に毎日を生きるフランス人に感動。

食事は間食なんてしない。

口にも体にもおいしいものを、

ゆっくりと味わって食べる。

ワードローブは、自分に似合う、自分を美しくしてくれるものを

10着のみで、大事に着まわして、毎日おしゃれを楽しむ。

 

うーん、とってもおしゃれで憧れる生活。

もちろん今からでもできますねw

一つ一つのことは、特に目新しいことを言ってるわけではありませんが

わくわくとおしゃれな生活を少しずつしてみたい!という気持ちになります。

 

おしゃれじゃない自分の変化を楽しんで「やってみましょうよ!」という

上から目線じゃない書き方が素敵ですね。

大事に取っておきたい本になりましたw

元気を出したい時に読む本です。(元気がない時ではない)

 

ところで、これをじっくり読み始めてから、少したって。

私は今年人生の大きな買い物をすることを決断する機会に恵まれ、

決断しました!

 

これは運命?www

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

完結もとっととしてしまってますが、

マイペースにもほどがあるペースで見てます、池袋群像劇。

 

懸賞金騒動も落ち着いたある日、

平和島静雄のもとに、男と少女の襲撃者。

男は埼玉のチームTO羅丸のリーダー・六条千景。

そして少女は・・・セルティが粟楠会・四木から受けた依頼の本人だった。

そんな中、帝人は行方をくらましていた親友・正臣から

警告を受け取った。

 

「何かやばいから、しばらくおとなしくしてろ。」

 

今回は新章のプロローグと起の助走期間というところ。

群像劇にふさわしく、火種がいろんなところでくすぶり始めました。

そしていつもの黒幕も動き出します。安定のぼっちですがね。

新キャラのろっちーこと六条くんがかっこいいな。

シズちゃんの人外な物理攻撃を4回受けて立っていられるタフガイで、

ちょっと極端な女の子大好きっこ。

池袋の可愛い女子たちに会えるのが楽しみですw

 

ちっちゃい女の子は粟楠会の女の子なのかな。

いきなりシズちゃんにスタンガン突きつけてくるという不穏さですが、

誰に何を吹き込まれてるんだろ;;

 

そしてセルティさんは…今度のラストでえらいことに。

セルティさんじゃなきゃ死ぬ目にあわされてましたけど、大丈夫かな?

セルティさんを罠にかけたグラマラスなライダーは何者なのか・・・。

 

並行して起こる物語がどのように展開・収束していくか。

新たな池袋の物語、開始です。

 

【デュラララ!!×2 承 過去感想】

  1話 百聞は一見に如かず
    2話 和を以て尊しと為す
  3話 泣き面に蜂
  4話 人の踊るときは踊れ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

目が覚めたら、全身を包帯にまかれていた私。

私は火事で全身にやけどを負い、皮膚移植を行った。

そして私は記憶を失っていた。

皆は私をミ(ミシェル)だという

でも私は本当は火事で死んだド(ドムニカ)ではないか。

ドはミを殺してなり替わろうとしていたのではないか。

さて、わたしはどっち?

 

記憶を失った女性の一人称で語られるミステリ。

彼女はミなのかドなのか。被害者なのか加害者なのか。

ミの世話役で共犯者のジャンヌや

ミの男友達、ドの恋人、ミにドとジャンヌの謀略をささやく男、

次々と現れるキャラクターが徐々に真実を明らかにしていく…のですが。

 

ミになり替わろうとした理由である遺産の行方が

途中でひっくり返り、さらに事故前のミにも新たな疑惑が…。

 

途中ミだったら面白いなとかドだったら哀しいなとか思ってましたが、

ラストに訪れるのはどうしようもない切なさ。

彼女は果たして「どっち」だったのか。

 

友情のような愛情のような憎悪のようなお互いの感情の合間にいる「私」は

どんな思いをこれからしていくのか…。

 

最後のヒントはタイトルにあります。

 

フランスミステリの逸品でした。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中学生のミカコとノボルは、なんとなく仲のいい友人同士。

ノボルは彼女とおなじ高校に行くんだろうとなんとなく思っていた。

ミカコの口から宇宙へ行く国連軍選抜メンバーとなることを聞かされるまでは。

 

新海監督が、ほとんど一人で作り上げたというデビュー作。

30分ほどの短い映画のなかで、淡い恋と途方もない距離が感じられます。

メールでのやりとりが要になっていますが、

距離が遠くなるにつれ、メールが届く時間が遅くなっていきます。

最後のメールは8年後。ミカコは敵に囲まれ攻撃を受け・・・

ノボルは8歳年上になり、ミカコに追いつくため、宇宙軍勤務に。

そして・・・

 

はっきりした終わりはない物語ですが、何とも言えない

せつなさが残ります。

 

そしてミカコが宇宙から送るメッセージにある、

雲や雨や雪がなつかしいという言葉とともに、

のちに真骨頂となる美しい風景が流れていきます。

ちゃんと描けてないなと思う未熟な面や、

個人が作った粗さが見えますが、ほのかな感動の邪魔はしません。

 

邦画興行収入2位までのし上がった新海監督の初めの一歩。

堪能しました!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リング、らせんに続く三部作完結編。

 

ループループ
1,728円
Amazon

医学生の馨は、新種のウイルス性の癌におかされた父を見舞いながら

精神を不安定にした母の世話をし、辛い毎日を送っていた。

ある日、父と同じ病に侵された少年と、その母に出会う。

馨はその母である女性と恋に落ちる。だが、病は恋人たちにも広がり始めていた。

馨は、そのウイルスが父が作ったプログラムと関連があると知り…。

 

ループ・らせんから続く完結編という事でしたが、

貞子さんを含む今までの登場キャラが全然出てこず、

また呪いのビデオの話にもならず、「本を間違えたかな?」とすら思いましたが…

まさかこう来たか…!!

 

まったく全然これっぽっちも想像しなかった展開で、本当に驚きました。

ある意味でこの結末を夢見たことのある人は多いと思いますが・・・

壮大な世界のその先の物語があった、というべきか。

恐ろしく壮大な箱庭の物語があった、というべきか。

全く別のSF小説となっていました。

 

ただスケールのある内容のはずなのに、

井戸から出る女性のイメージを期待しすぎてスケールを感じなかったのが残念。

貞子さんのとんでもない影響力には脱帽ですが…。

「らせん」での増殖ってまさかそういう事だったとは;;

でもなぜ貞子は生まれたのか。その謎は謎のままでした。

加耶子と戦っている場合ですか貞子さん!

 

【リング三部作 過去感想】

 らせん

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。