世界のすみっこで本と人生と祖国好きを叫ぶ

年間500冊読了を目標に最高記録は300冊なさりたの読んだ本紹介とその他いろいろブログ。
ここの記事をもとに動画も作成してます。


こんにちはの方も初めましての方も、いらっしゃいませ。




ここは青沢さりた@新人読書アドバイザーによる




ほぼ読書感想ばかりのブログです。




内容もかなり増えてきましたので、読書感想の目次を作成してみました。




より見やすく面白いブログを目指して、これからも努力していきたいと思います。







目指せ、二回以上見たくなる、本の読みたくなるブログww





あ~う行の作家



え~お行の作家



か行の作家



さ行の作家



た行の作家



な行の作家



は行の作家



ま~わ行の作家



海外小説 あ~な行の作家



海外小説 は~わ行の作家



評論・エッセイ他



国内・海外の児童書・絵本



映画感想



ドラマ感想


アニメ感想
NEW !
テーマ:
 
プレンティスタウンから逃げ、存在していないはずの少女に出会いともに逃げるトッド。
プレンティスタウンの神父、アーロンの襲撃から必死に逃れ、
アーロンを殺すチャンスを得るが、トッドはどうしても殺すことができない。
しかし、アーロンは執拗に自分を殺すように言う。
それこそが追手の狙いであった。
 
トッドはついに故郷の謎を知ることになるが…。
 
絶望をかさねながら逃げた先で結局…。
下巻になってもひと段落どころか状況は悪化する一方。
そして思った以上にひどかったプレンティスタウンの歴史。
不信と憎悪を募らせ続けてきた男たちの恐ろしさ。
でも、ほかの村でも当たり前のように極端な男尊女子社会が存在していて、
この植民星の救いのなさが浮き彫りになっていきました。
 
シーズン2になってもこれは絶望一直線じゃないかな…。
正直、読み始めていたのを後悔しそうな辛さです。
最後になんらかの救いがあることを、今は想像できない。
「怪物はささやく」のような救いある終末に向かいますように!!
 
この巻えらいところで切られてるよ…。
 
【混沌(カオス)の叫び 過去感想】
 心のナイフ 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
かの有名なホラー映画です。
大分前に買った古本福袋に入っていた一作。
 
由美は気乗りのしない合コンで、友人の陽子におかしな着信が届くのを知った。
それは陽子自身の携帯番号から二日後の日付で送られており、
本人の悲鳴が流れてきた…。
そして二日後、陽子は同じ声を上げて死ぬこととなる。
 
チェーンホラーですね。
こういう理不尽な状況は日本ホラーの真骨頂かな。
ちゃんと怨念の元となる存在はいて、そしてギリギリの邂逅、対決、解決、と思いきや…。
ストーリーラインはリングとほぼ同じ。
ホラー映画の定型なのかな。
その中でも携帯という小道具と、
いきなり首を捻り折っての殺害という思ってもみないグロさに驚きました;;
そしてわりとヤな奴の多い人物設定。
 
ドキっとさせられ嫌な気分になり、最後に驚かされてと
一通り楽しんだとは思うんですが。
リングのような衝撃は薄かったです。
どうも締めが弱いのか…。
貞子ほどの魅力を持つ霊はなかなかいないものですね。
文章上でも。
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本屋や図書館で、腸が元気になる事ってありませんか?

それ以前に落ち着く匂いですけど(*^▽^*)

そんな香りのこんなのが今月発売されました。

{02637F43-81D2-4FDB-B137-9B82C59AA331}

来るか青木まりこ現象⁈

それはそれとして。香り自体は「なんかわかる」って感じですね。
もちろん好きな香りです!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
久方ぶりの恒川先生。
不思議な「獣」にまつわるお話4編。
 
元寇で祖国を探る斥候にされた少年が出会った、
不思議な少女。
彼女は元に滅ぼされた一族の巫女だった。
人を食らう獣を潜ませてしまった話。
 
ある不思議な空間を求めて旅する自殺者集団と、
彼らにかかわっていく女性。
 
ある女性に引き寄せられ、人生を見つめる「私」。
 
 
そして不思議な獣を見つけ、飼い始めて
その後に起こる悲劇。
 
説明が難しいですが、どれも戻ってこられない場所、
帰ることができない人たちの話、と捉えられました。
異世界のものたちはただそこにあり、
人はそれをひと時見つけ、時に巻き込まれ同化していく。
特に今回は冷ややかな終わりが多いように思えました。
 
幻想的なのに、隣にふと現れそうな異世界。
いつもながらの恒川ワールド、堪能しました。
 
今回は読んでいる間、
たそがれ時のすすきの原のイメージが離れませんでした。
そんなシーンないのにね。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。