春乃れぃ/東京に帰りたい

2017年は東京に戻ろう、帰ろう、帰りたい


テーマ:

能年玲奈こと「のん」さんが出ているLINE CM。

いいよね、すごく。

 

 

 

 

いいよね、気になる、って言ってる若い人たちも多いみたい。キリンジの名曲中の名曲で多くのアーティストがカバーしている「エイリアンズ」に能年玲奈さんの透明感がすごく合ってる。

 

テレビはオンタイムではほぼ見ずに、ハードディスクに入れたものをCMカットするのだけどこのCMだけは見入る&聴き入ってしまう。

 

17年くらい前の歌が、時を経てこんな風に今時の人たちの耳にも届くことが嬉しい。作曲家でもなんでもないただの音楽好きの勝手で素直な気持ち。
 

 

星 エイリアンズ/キリンジ

 

 

 

 

LINEついでにベツバナを少々――ショップの男性店員さんから名刺をめっちゃもらいます。東京ではなかった現象なので、これはなんなんだ? 神戸のセレショ勤務の男はなぜ名刺(またはショップカードに直筆で名前&出勤日時を記載)をくれるのだ? と、とても不思議で仕方がない。

 

もしもわたしが今よりも20歳若くて能年玲奈さんに似ていたなら、彼らはLINEの交換を申し出てきているだろう。だがしかし、なぜに名刺。なぜ直筆入りショップカード。

 

「LINE教えて」と言われないところに彼らの本心が見えるのだけれど――恋愛感情的なものじゃないっすよ、オバサン!――なんで名刺なんだろう、ほんとに意味が分からない。ご丁寧にショッパーの内側にホッチキスで(名刺を)留められたことも1度あり。
 

 

名刺/ショップカードを渡してきた男性店員の共通点を書き出してみた。

 

1. 30分以上、ファッションの話をした

2. わたしは「東京の人」ってことになっている ←神戸には住んでいないことに

3. テレビとかのお仕事をされてるんですか? と訊かれたので、ファッションやヘアメイクの仕事をしている、と言った ←本業は作家だけども

4. 彼らはもれなく地方出身→神戸在住・勤務(28歳~33歳)

 

――ここで、名探偵ハルノはひとつの仮説を立ててみる。

 

「こいつらもれなく全員、東京に出てファッションの仕事したいんじゃね? それでわたしととりあえず細い糸でも繋がっておこうって魂胆なんじゃね?」

 

恐らくこの推理は9割くらい当たってる気がする。近頃の男子はひ弱っちぃと言われているけれど、なかなかどーして野心的でいいじゃないの恋

 

 

そんなことはさておき、近ごろのわたしは「初体験」を重ねています。

 

漢方ドクターに連れて行っていただいたお鮨やさんで、人生で初めて「わさび」と「うに」を食べました。ほんとは全然食べたくなかったけど、食べないわけにはいかない空気だったもので……でも美味しかった!
 

 

その10分後、右手中指にしていた太い指輪が、真っ二つに割れるのをこの目で目撃し、震える声で「ゆびわ……われた……」と割れた指輪の欠片を持ち上げたところ、わたし以外の女性のお客様や鮨屋の大将の奥様が悲鳴を上げて、店内はプチ惨事に。

 

50代くらいの男性のお客様は「指輪が身代わりになってアンタを守ってくれたんだ」と言い、鮨屋の大将は「わさびとうにを(嫌がらずに空気を読んで)食べたご褒美に運が開けたのかもしれませんねー。運気が変わる時に大事にしているモノやお気に入りのモノが壊れるって聞いたことがありますよ」と言った。

 

確かに運気がよくなってきた手ごたえあり!!!
 

 

↑に味をしめたわたしは、これまで怖い! 嫌だ! と思っていたモノモノにびびりながらもトライ&チャレンジしております。知人の奥様から紹介カードをもらったので(笑)、鍼灸デビュー! 美容鍼(ビヨウバリ)にも初挑戦。
 

 

例えば歯科治療においても、麻酔を打つために麻酔を塗ってもらうわたし。分かりやすく書くと痛みを誤魔化してもらうための麻酔注射が怖いから先に麻酔を塗ってください、なんなら全身麻酔でもよろしいです、と頼み込むほど痛みに弱いわたしが鍼デビューする日がくるとは! しかも顔にまでぶっさす日がさっそくこようとは。

 

 

しろかお 海老蔵におかもとまり... 最近芸能人が「顔に鍼をした写真」を公開してるw

https://matome.naver.jp/odai/2142550870394604101

 

 

芸能人の皆さんのように、法令線あたりに無数の鍼を刺す――といったことはしていませんが(あそこまでする必要ないです、ってうちの鍼灸師が言いますもんで)お顔にプスプスさされながら思ったのは「顔に10本も鍼さして……わたし、なにやってんのかなw」ってこと。※わたしは電気は流していません
 

 

初めての鍼灸・美容鍼レポートはまたいずれ。

AD
いいね!した人

テーマ:

 

 

神戸に暮らしてもうすぐ2年。

 

かつては大阪の高校生・大阪のOLだったはずなのに、関西を離れて10年以上ともなると「関西ってこんなんだっけ……? なんかすげー」と驚かされることが多い。
 

 

例えば「すぐに家賃を訊いてきやがる」ってのがある。

 

「家賃いくら?」←こんなの、ふつう他人にきかないじゃん? でもこっちではそれがわりとふつうみたい。誰かが戸建てをたてたりマンションを購入したりすると「いくらで買ったん?」ってふつうに訊く&「○○千万やで」と答えるみたい・答えなきゃいけないらしい。

 

我が家ではお金のことは他者に言わない・訊かないのがマナー&訊いたり言ったりするのははしたない行為だと厳しく言われて育ったもので、大阪の高校生・大阪のOL時代にも訊いたり言ったりした記憶がほぼない。

 

が、およそ2年前。我が家を訪ねてきた母は「このマンション、家賃いくら?」って平然と訊いてきた。わたしのワードローブを見るたびに「この服、いくらしたん?」「このバッグなんぼ?」って言ってきた。
 

 

関西に暮らして大きく驚いたことがもうひとつある。

 

局のアナウンサーは、芸人さんと同じくらいのボケ・ツッコミを当たり前に求められて、それに対応できてはじめて一人前、対応できなきゃ「イキってる(=気取ってる)」「ノリが悪い」「(アナウンサーのくせに)空気も読まれへん」「おもんない」と半人前以下扱いを受けること。

 

よって、関西の局アナは男女を問わず芸達者だと感じる。「サービス精神」と「前へ前へ出る精神」が良く言えば旺盛・悪く言えば過剰。すっかり東京に馴染んでいたわたしは神戸に戻ってめっちゃ驚いたもんです。「関西の局アナはクセが強ぇ」。
 

 

 ミヤネ屋の宮根誠司さんや、川田裕美アナ(←東京に出てからかなり大人しくしてるぽいけど http://ameblo.jp/kawata--hiromi/ )レベルがゴロゴロ居ると思ってくだされば間違いない。
 

 

 

――さて、前置きはここまでに。

 

皆さま、ナジャグランディーバという女装家をご存知でしょうか? 2時間かけて絵画のような完璧なメイクを仕上げることでおなじみのナジャさんは、昨年の10月より「ナジャとアナの虹色レインボー http://www.mbs1179.com/naja/ 」というラジオ番組のパーソナリティを務められています。

 

毎週とっても楽しみにしていたこの番組も、今週の金曜日でいったん最終回を迎えてしまうんですけども……タラリ



 

 

この番組はナジャさんがMCで、毎回のゲストはMBS(毎日放送)のアナウンサーがアラカルトで登場。ラジオなので当たり前に『耳』だけで番組を楽しんでいるのですが

 

話し方や頷きを含むリアクション、声色・声のトーンや“間”で、人の印象って全然違うものになるんだなーと当たり前のことに改めて気づかされます。
 

 

関西のアナウンサーに詳しくないわたしは先入観ゼロでこの番組を聞き始めたのですが、毎週異なるゲストアナウンサーの声の表情』だけで、無意識に――このアナウンサーは好き・苦手、意地悪っぽい・優しそう、人に好かれそう、人に安心感を与えるetc,を分別しながら耳を傾けている自分を発見しました。
 

 

「ナジャとアナの虹色レインボー」をキッチンで流しながら料理をしていたある日のこと、リビングにいた夫が「この人、すごくいいね! 話し方も声のトーンも。すごく可愛い人なんじゃない?」と声を上げました。

 

 ちょうどわたしも「リアクション上手だし、ものすごく感じのいいアナウンサーだな。誰だろ?」と思っていたところでした。

 

夫とわたし以外にも同様に感じたリスナーがいたようで、当日だったか後日だったかに「○○アナと話すナジャさんが、これまでの放送の中で一番リラックスして聴こえた」と絶賛のメールが届いていた。

 

 

――という話を目下、会話術や話し方のレッスンを受講している生徒さんにしたんだけれども、実はこの話には続きがある。
 

 

:「このアナウンサーの話し方、あの子に似てない?」

わたし:「もしかしてAS美?」

:「そう、AS美ちゃん。あの子すごく感じいいじゃん。声がキラキラ踊ってるし聞き上手」
 

 

シンガーソングライターをしているAS美は、当たり前かもしれないけど声の表情」がとても豊かだ。またそれだけではなくリアクションがとても良い。だから、多くの人が彼女に話を聞いてもらいたくなる。

 

最後まで(=区切りのいいところまで)相手の話をしっかり聞いたのちにすかさず
 

 

「ふんふん、それでそれで?!」

「ほんまに?! ほんまに?!」

「えー!! それってむっちゃ××じゃないですか!?」
 

 

などと、こっちの話のつづきをワクワクしながら促してくれる。また、これらの相槌(=リアクションを入れるリズム・テンポ)が絶妙で、話している相手にかぶらない。
 

かぶらないこと何の如しか例えられないほど、AS美とは声がかぶらない。このコツ、ほんま教えてほしい。まさに聞き上手界のプリンセスと言える。

 

定期的に話を聞いてもらいたくオンナって、すごく強いと思う。そりゃ国内外を問わず若い男にモテるわけですね。ククク。

 

 

――話を元に戻そう。

 

なぜ、ナジャさんのラジオ番組をがっつりと本腰入れて聴くことになったのか。それはこちらの掲示板がきっかけでした。

【ナジャ・グランディーバ好きな方 http://girlschannel.net/topics/1078769/
 

 

この中でナジャさんの話し方を好きだと書いている人が思いのほか多くいたので、ラジオを聴いてみることになったというわけ。ナジャさんは、誰の意見も強く否定しないでまずは受け入れることがとても多い。

 

話し口調もゆったりで、がなりたてたり騒ぎ立てたりしない。意見を求められて反対意見を述べる際にもやっぱり最後まで(=区切りのいいところまで)相手の話を聞いたあとに「う~ん、それもありかもしらんけど~」「ん~どうなんやろ~あたしの場合は~」とまろやか・まったり。だけども的を射ていたり。
 

 

『話し方=声の表情』って大事だね。

わたしはがなりたて・騒ぎ立て・脅しかけるトークをする女なので自分が話している動画を録って見返すたびに、下品だなぁ品性の欠片も色気もないなぁ、チンピラじゃんと猛省。

 

 

――アナウンサーさんのお顔を検索せず、つまり先入観を持たずして一度聴いてみてほしい。わたくしの夫が「この人、すごくいいね! 話し方も声のトーンも。すごく可愛い人なんじゃない?」とキャッキャ言った日の放送を。※他のアナウンサーがゲストの回と聴き比べするとさらに違いが分かりやすいでっす
 

 


恋 ナジャとアナの虹色レインボー 2017年2月10日

 

 

 

 

姿勢のいい女性が美人に見えるように、声の表情がいい女性もやっぱり美人度がグンと増すと思います。今日からわたしも口角上げて笑顔の口元を作って、ゆっくり話そう。

 

美しい人って、美しく見せることが上手な人のことだと思う。

 

※画像、もろもろお借りしました

 

 

AD
いいね!した人

テーマ:

 

近所のカルディコーヒーにジラスペアミントをはじめとするタブレット数種類とハチミツを買いに行ったのね。お買いものを終えて外に出たら、目線の3メートル先でおじさんがいきなり後ろにひっくり返ったんだ。

 

そのおじさんはカラダのどこかが不自由なようで車イスではなく、自分のカラダを支えるためのバギーのようなものを押して歩行している人だった。

 

はじめはそれが見えなくて、おじさんだけが突然倒れたように見えた。表現は悪いのだけれども裕福とは真逆の様相をしていたから、昼間から安酒をかっくらった酔っ払いが倒れたんだろうくらいに思ったんだ。

 

だから、駆け寄って助けることもしなかった。周りにいた人たちも、きっと同様に思ったのだと思う。誰もおじさんを助けなかったから。倒れたままのおじさんを厄介なものでも見るようにして足早に去っていく人たちもいた。

 

そうしたら、ひっくり返ったおじさんが「助けて、助けて!」って悲鳴を上げた。

 

その声に皆の目が覚めたのか、50歳くらいのおばさんが先ず動いた。いち早く駆け寄って倒れているおじさんの傍に座り込んで手を伸ばした。続けて和装の若い女性店員さんが、道を歩いていた若い男性が……次々におじさんに駆け寄った。

 

――なのに、わたしは動けなかった。

おじさんがひっくり返ったのを目撃した場所に突っ立ったまま、動けなかった。

 

 

手前味噌だけど、わたしはそんなに悪い人間ではないと思う。胸を張って良い人間だと言えないところが悲しいけど。倒れた人ひとりに手を差し伸べられないような人間ではないと思う、少なくともそんな人間ではなかったと思う。

 

東日本大震災から6年が経った。ボランティアなんかも色々した。だけど、今日のわたしは目の前でひっくり返ったカラダの不自由なおじさんに、駆け寄ることも出来なかった。

 

目の前にいた、助けを必要としている人に手すら差し伸べられないで、「わたしはそんなに悪い人間ではないと思う」なんてよく書けたもんだなと思う。

 

今日は自分を軽蔑した日。

だから明日はいいことをしまくろう。

 

 

星 今日の音楽-最期の川/CHEMISTRY

 

 

 

AD
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。