福島県いわき市☆穏心書道~中西儷のブログ~

                      


~書くことで無心になり、いつのまにか心が穏やかに~




~そして、今日もミラクルありますように~

はじめまして。 書道家 中西 儷です。




筆文字デザイン書、美文字ワークショップ、賞状書き、看板筆文字、商品ロゴデザイン、書道イベント、揮毫ライブ、展覧会、個展など多数手掛けております。




書道教室のお問い合わせはホームページまたはブログメッセージ、電話からお願いいたします。




詳細は書道家 中西 儷 ホームページ
へ。



福島県いわき市小名浜諏訪町26-11


0246-54-2729または09064504272




テーマ:
大変ご無沙汰しておりました。
今、確認したら9ヶ月も更新しておりませんでした💦😓
にもかかわらず、毎日どなたかはブログを覗いていてくれた方がいまして本当にありがたく思います。

実はFacebookの方は頻繁に更新しておりまして、
もしもご興味のある方がいましたら、Facebookの方を覗いていただけましたら幸いです。


さてさて、この9ヶ月の間、私は何をしていたかといいますと、今までと何も変わりなく有難いことにとても充実の毎日でした。

あっ、新たな挑戦がひとつありました!
2月に大きな会場でラテンダンスの世界チャンピョンの先生と踊ってしまいました!
私が挑戦したのはラテンではなく、舞踊です。
なぜ舞踊を?ってとこですよね。
それは書道パフォーマンスの魅せ方を勉強するためです。
{570F5F3E-EA8F-4C02-B9AD-E7CC9D63324F}


{857C81FF-1E30-4C89-9E22-56150F46AA80}

実際、これから書道パフォーマンスに力を入れていきたいのかはわかりませんが、依頼が来た時にきちんと応えられるように。という学びです。

そのほか、看板筆文字やご依頼の書作品、展覧会の出品、書道イベントなどして参りました。

これから時間をみて、作品をアップしていけたらと思います。

引き続き、書道活動を中心に投稿していきたいと思いますので、懲りずにお付き合いいただけましたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆








テーマ:
先日、「墨翔展」矢部澄翔書展10th Anniversary 第10回眞墨書道教室作品展を観てきました。

会場は池袋の東京芸術劇場。
{C841B38B-BFF4-4747-83BD-852FADEFB702}

まず会場の大きさとオシャレな建物にびっくり
長〜いエスカレーターを上り、その先にかっこいい書が飾られておりました。

わーぁ理想の雰囲気だわぁ

{4E11FC6F-4BCE-45C9-B368-EE7051DB6E5C}


そして、会場に入ると作品の大きさに圧倒されました

スケールが大き過ぎ。

流石だわっ
{759B7E41-773E-4DB7-90F4-092E262A4563}

壁一面に連複の軸が並んでおりました。

澄翔先生が10年間書き溜めた作品たち
{1D2776A0-A0CE-482C-AF84-0BE37BF72A72}

表装もひとつひとつこだわっており、なんともオシャレで
澄翔先生のセンスにはいつもぐっときちゃいます。

こちらは生徒さんの作品です。師範クラスのお弟子さんがたくさんおり、こちらも立派な作品ばかりでとても見応えがありました。若い方の育成にも力を入れているのがわかります。

学生さんの作品も力強く見事です。

{F569C220-4A32-40F3-8375-3DFDF80D11B3}

会場作り、作品作り、お客様への配慮、作品紹介プログラム、写真撮影担当者、ビデオ撮影での紹介、お弟子さんの接客対応などなど
すべてにおいて意識が高く、妥協がなく、かっこいい!

とても勉強になりました。


そして。

そして。

澄翔先生、なんと2週間前にご長男を出産したばかり。しかも初産です。産後2週間にこの大きな書道展を開催したのですよ

ということは、大きいお腹で準備をして、産後もミルクをあげながら接待等々をこなしているわけです。

いやいや、素晴らしい体力、精神力です


最後に作品の中でもいちばん好きな作品の前で写真を一緒に撮っていただきました(o^^o)

{206E6592-216C-45A4-81E8-130283E5563D}

こちらは臨月の時に書かれたという我が子へ向けたメッセージ。

人に感動をあたえられる書を書けるって本当に素晴らしいですね

澄翔先生、ご長男ご誕生、本当におめでとうございます。
かけがえのない我が子。
子育ては大変ではあるけれど、なによりも愛おしく大切な存在に出会えたことは人生において大きなことになったことでしょう。


我が家の子供たちはすっかり大きくなり、ほとんど手がかからなくなりましたが、
今思えば、私も娘を抱っこして息子をおんぶしてお稽古に通いながら書道を続けてきました。
(周りの方は大迷惑していたでしょうね(^_−)−☆)
そして子供たちが寝た後、夜12時からに書きだし、昼間もお昼寝をした隙に書いていました。

思うようにはなかなかいなかったけど、この地道に積み重ねてきたことが体に染み込み知らず知らずに形となったのでしょうね。

こうしてまでも続けている書道。どれだけ魅力のあるものなのでしょう。

きっとこれからも、いや、死ぬまで私は書き続けるんだろうなぁと思います。

そして、いつか私もこのような大きな会場で素敵な書道展をしたいと思います














Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。