西梅田らんぷを出てから、ムタヒロさんの二郎系がどんな味に変化しているのか気になってこの日最後に訪問しました。
訪問した時はちょうどランチタイムだったので、お客さんの入れ替わりが激しいのですが、お客さんをうまく捌いているスタッフの動きにちょっと感動しました。

福二郎ニンニク少し味玉トッピングを注文しました。

{2C86055B-C367-4F89-948D-58CB5FFF9BE0}

{D988F536-C202-4C9D-8851-3BB46941177C}

{542F2EE4-C7E1-4B6D-826D-E51F363AC2B1}

この日のスープは乳化具合は若干非乳化よりのスープで、醤油がキリッと引き立っていました。非乳化よりのスープですが、コクのある味わい深い旨みと香りの余韻に浸れて食欲をかき立てます。

喉ごしのいい麺はモチっとした弾力感と噛み応えがあります。程よく旨みを引き上げ、お箸が進みます。

{38B50032-CEED-4853-B1FE-919B9251A2C7}

{7B060083-16C6-4233-8780-635034F5CBB3}

チャーシューは薄くスライスされたものが3枚入っています。適度に脂身の入ったチャーシューは薄いですが、肉汁がギュッと閉じ込められていて食べ応えがあります。
キャベツが多く入っているので、野菜に飽きが来ないのも嬉しいです。

{201353F2-B96F-4157-A4A9-81A01FBAEA61}

味玉は醤油がしっかり染み込んでいますが、ちょうどいい味加減です。半熟加減のいい黄身が味わえ食べ応えがあります。

今までの乳化スープとは味の違っていましたが、非乳化よりのスープでも普段と変わらないコクと味わい深さが味わえ、満足のいく一杯でした。
AD

5月23日:西梅田らんぷ

テーマ:
豚骨まぜそば小僧さんの周年祭を後にして、最近福島にできた評判のいい西梅田らんぷというラーメン屋さんへ行きました。
西梅田らんぷさんはご存じの人が多いと思いますが、大阪で有名なラーメン屋カドヤ食堂さんが監修しているお店です。
お店に到着すると行列ができているのかと思っていたのですが、ここでも豚骨まぜそば小僧さん同様偶然カウンターが3席空いていたので、カウンターに案内されました。

定番メニューの醤油ラーメン ポーク 味玉付を注文しました。味玉は名古屋コーチンの卵を使用とのことです。

{A79AB4CA-F23A-42EF-ABE0-BAF905843AE2}

{5209B3F6-BDBC-4C23-AF5A-BBC8229A0870}

{700EA77C-83ED-4542-86F2-18170E20EBAA}

チャーシュー増しはしていませんが、デフォでチャーシュー6枚入っています。

豚肉などの旨みと香りが味わえるスープはコクのある味わい深く、あっさりして飲みやすいです。若干甘めの味ですが、醤油感も存分に味わえます。

喉ごしのいい麺は歯切れがよく、噛み応えがあります。程よく旨みを引き上げ、食欲をかき立てます。

{D9407317-6352-4016-8972-6A59A539A700}

{B0D0168C-8031-43AC-95D5-D599AE27F619}

脂身の少ないチャーシューは一枚一枚肉汁が凝縮されているので、ジューシーで食べ応えがあります。
名古屋コーチンの味玉は醤油が優しく染み込んでいるのでちょうどいい味で食べやすいです。半熟の黄身と白身が濃厚な味わいで、チャーシュー同様食べ応えがあります。

関西ではなじみの薄い甘めの醤油ラーメンですが、その甘さの虜になってしまう一杯です。

次回は醤油ラーメンのチキンを注文したいと思います。
AD
本日は豚骨まぜそば小僧さんが開店1周年で限定ラーメンが提供されると以前から告知があったのですが、たまたま出勤表を見ると会社を休みだったので訪問しました。ラーメン小僧さんとは何かと縁があります。

{A0F4F6E9-EE45-4CCF-B160-023F394FD095}

開店40分前に到着して9番目でした。その後徐々に列がのび、開店時には20人並んでいました。平日で20人並ぶのは人気店だと改めて実感させられました。

{E025C63C-A34C-4A71-AF05-4FA95AC9EEA3}

豚骨まぜそば小僧では好きな味のうまい棒を1本自分で取ってから席に座ります。うまい棒はサービスなので、自分好みの味がなければ取らなくても問題ありません。私は納豆味が好きなので、納豆味があればうまい棒を取るようにしています。

1周年限定メニューのプレミアム豚骨まぜそば〜ローストビーフ乗せ〜を注文しました。
紙コップが用意されているのはラーメンにのせられた花が食用ではないので、花を置くために用意されたものです。こういう気配りのきくのは嬉しいです。

{3C06F0F3-D539-41B3-9E8D-AD4042589770}

{FACC1012-4FEC-4EE0-A266-003B2A5C3BB5}

{BA76F769-4F40-4E20-9EFA-7D872F7F5FE7}

トンコツベースのタレを一口口に含むと上品でコクのある味わい深い旨みと、タレから香り立つ芳醇な香りが鼻から抜けて香りの余韻に浸れます。香りの余韻に浸れること、上品で味わい深い旨みが食欲をかき立てます。
普段提供されているトンコツベースのタレに比べて、スッキリした食べやすい味です。

喉ごしのいい麺はモチっとした食感と、歯切れのいい噛み応えのある独特の食感が味わえます。程よくタレを引き上げるので、独特の食感と相まってお箸が進みます。

{E1F92ACC-B5FF-4242-B18E-2E7232F543C6}

{A167F963-93A1-48C3-80EC-1229F666D181}

低温調理されたローストビーフはそのまま食べても肉汁が凝縮されているので、ジューシーで食べ応えがあります。トンコツベースのタレや麺と一緒に混ぜると、それらの余熱がローストビーフに移り肉汁の凝縮加減がさらに引き締まり一層食べ応えがあります。

アボカドの和え物、苦みがほとんど感じられないピーマン、フライドオニオン、白ネギを一緒に混ぜることで、トンコツベースのタレが引き立って飽きることなく食べられます。

開店時間より30分までは〆のご飯、フィニライスが無料とのことで、食券を渡す時に注文しました。

{263F6FC4-7E44-4380-9E1A-3F358BD17237}

粗挽きコショウのかかったご飯は、そのまま食べるとコショウがご飯の甘みが引き立って食べ応えがあります。添えられたレモンと一緒に残ったタレにダイブさせて混ぜ合わせると、タレの旨みがレモンの酸味でまろやかになりつつ、粗挽きコショウで旨みが引き立ち最後までおいしく食べられます。

1周年記念の限定まぜそばがここまで食べる側を考えているなと感じられた一杯だったので、2周年目がどういう方向に向かっていくのか楽しみになりました。また時間を作って伺いたいと思います。
AD
丿貫さんを出てから自分の用事を済ませ、晩ご飯を食べるため久しぶりに福島にあるムタヒロさんへ行きました。
今月のムタヒロさんは限定ラーメンの二郎系福二郎ニンニク少しと味玉トッピング、そしてゴハン(小)を注文しました。

{F6B37A10-29D2-4FF9-B120-1C260AE4E57F}

{663A4806-BAE7-435F-A09F-4851EB6D8830}

{25B31EFC-E9E6-453A-8118-79F496420713}

豚肉などの旨味が凝縮されたド乳化スープは滑らかな舌触りで、醤油がキリッと引き立っています。醤油のキリッと引き立った味がド乳化スープから香り立つ芳醇な香りが鼻からすり抜け、香りの余韻に浸れます。香りの余韻に浸りながら、滑らかな舌触りと相まって食欲をかき立てられます。

{43C35527-A920-4ADC-8046-1606B4D2033B}

喉ごしのいい麺はモチっとした弾力感と噛み応えがあります。程よく旨味を引き立てお箸が進みます。
麺の食感が先日食べた二郎麺と微妙に違う食感だったので、二郎麺はその後どうなったのか尋ねると「二郎麺は使っていない」と言われました。二郎麺に近い食感を味わえるので、最初に比べて茹で具合のタイミングなどを考えているのだなあというのが伝わってきました。

{14D04192-7447-4B69-B162-09D866B860F7}

{FBC56E4F-92FA-4106-B409-7AC6B266D7AD}

味玉は程よく醤油が染み込んでいて、黄身の半熟加減もよく、箸休めにちょうどいいです。
スライスされたチャーシューが3枚入っています。薄くスライスされていますが、適度に脂身が入っているので食べ応えがあります。脂身の甘さがクセになります。

{004607B9-F9F8-432A-9E3E-290DDC7FE37A}

ド乳化スープを最大限引き立てるのが、ご飯の甘みだなと食べて実感しました。ご飯の甘みがしっかり味わえお箸が進みます。

福二郎は5月末までの提供ですが、結構杯数が出ていると聞きました。日によっては遅い営業時間に行けば売り切れている場合もあります。

ここまで丁寧に作っていることが伝わってくる一杯で、いつ食べに行こうか考えてしまいます。

5月20日:布施丿貫【コラボ限定・提供終了】

テーマ:
麺屋一燈グループで働いていた福原さんという方が大阪で店をオープンさせるとのことで、大阪おかえりSPと題して急きょ決まったコラボラーメン企画に参加してきました。

{4E907445-9B70-4B50-9C15-004340A16DD7}

{1CB67662-6B89-4E54-B6D8-463710D69CDD}

{A7AB5F69-6D29-4C3C-8AF6-23F92C2A191F}

店に到着したのが開店時間の11:30頃でした。その時の整理番号は29番でした。

{162AEB61-7D25-491F-80D3-283BE58F8185}

今回は時間を区切ってやっていないので、昨年のイベントの時の時間を参考にして、40分ほど周辺を散歩して店先に戻ってくると、あと3人で自分の順番が回ってくることを知り少し店先で待っていました。
ちなみに、整理券は40番で打止めでした。また料金の支払いは今回、席へ案内された時に支払う方式でした。

濃厚煮干つけ麺(麺量200g)を注文しました。

{8BBB9BAC-9689-49CF-8034-19C4EC886477}

{79ED801F-FE5F-4AD6-99CD-F8333EA614DA}

煮干しの旨味が存分に凝縮されたつけ汁から漂う煮干しの香りが鼻から抜けて、香りの余韻に浸れます。煮干しの香りの余韻に浸れることと、塩分強めのつけ汁によって食欲をかき立てられます。

{70237C34-988E-4BC5-966C-56351ED36DEC}

{092E2D0C-E0D4-4716-801B-2AD3342D5665}

{9BEBA3FB-0066-4A57-8195-34CCA73A5C48}

{E76DB937-061B-42F5-99D4-D7C799ED049B}

喉ごしのいい麺は麺処ゆうきさんの麺と翌日分かりました。モチっとした適度な弾力感と噛み応えのある麺で、塩分強めのつけ汁を食べやすく変えてくれるのでお箸が進みます。

{D4E63000-C0B5-422F-861C-D588D89071B7}

スープ割りは羅臼昆布でとったスープがポットに入っているので、自分の好きな量を入れることができます。羅臼昆布のおとなしい味が煮干しに勝てないので、ある程度の量のスープで割らないと味が変わりません。昆布の味がきいてくると、煮干しの味が優しい味に変わり最後までおいしく食べられます。
なおスープ割りは、牡蠣玉を食べた後に頼みました。

つけ麺を食べ終わって、丿貫さん定番メニューの牡蠣玉を注文しました。

{9B7A9613-D54E-4DC8-889D-0D947DA3F013}

{392A9F2D-1835-4B1A-BE33-42E74E43E09C}

{DC771C28-B0FD-42F9-AE02-22329F3418F3}

{2FA55B51-B54F-4383-B969-BF53E41FE5C7}

醤油ベースのタレと牡蠣ペーストがうまく混ざり合って、牡蠣独特のクセが感じられず食べやすいです。

若干カタメに茹で上げた麺は噛み応えがあり、魚粉とタレがうまく絡んで味を引き立てます。玉ネギのシャキシャキした食感がいいアクセントになっています。

丿貫さんのイベントは都合が合わずなかなか行けませんが、イベントに参加をすればおいしいラーメンを提供するので、また予定が合う時に伺います。
久しぶりの煮干しのきいたラーメンが食べられてよかったです。

5月17日:らーめん まる氣

テーマ:
5/9からつけめんと辛つけが提供開始したことをTwitterで知ったのですが、行く機会がなく仕事帰りに小腹が空いたので立ち寄りました。

つけめんニンニク少し玉ネギ少し、味玉トッピングを注文しました。つけめんのみ麺量300gです。

{35043C58-64C3-48A6-A573-EB63BF13AD4C}

{6CCF63B0-904A-45FD-933F-44A2DB443AC6}

醤油の旨味が引き立ったつけ汁は、旨味の味わい深さはありますが、醤油の味の方が目立っています。麺の噛み応えに負けないように醤油を引き立てているようです。
野菜を入れてもつけ汁の濃さがあまり変わらないので、醤油を引き立たせているのではと感じました。

脂身がいくつか浮いていて、いい味を出しています。

{8C4AAAB5-9FBC-4E59-99A0-D9764C28FB71}

喉ごしのいい麺は水で〆たため、噛み応えがあって食べ応えがあります。ラーメンに比べて麺の噛み応えと喉ごしの良さがダイレクトに伝わって食べ応えがあります。程よくつけ汁の旨味を引き立て、お箸が進みます。

{B2150EC8-8B54-4388-ADD5-20A4A79DA5E5}

{CE494037-6D24-4E6F-8106-AAD91AE2509F}

豚はデフォで一枚入っています。適度に脂身の入った噛み応えがあります。豚1枚ですが役不足ではありません。つけ汁と麺を味わう一杯なので、豚が一枚でも十分満足できます。

味玉はしっかり醤油が染み込んでいますが、つけ汁や麺を損なわない味つけで名脇役感があります。

{E4D07647-F70B-401B-B0BD-BE0AABF66525}

{793CAD8E-2DB8-4644-8A16-4444E3C1ABCD}

麺を先に食べても飽きがこないので、麺だけ食べても十分満足できます。
つけめんの販売時期にまた伺いたいと思います。次は辛つけを食べたいです。

5月16日:清麺屋

テーマ:
ガテンさんを出てから、徒歩で日本橋方面へ歩いて行き、先日予定の都合で食べられなかった清麺屋さんへ行きました。
一番売れているのがつけ麺のようですが、ラーメンの方が気になったので二番目に売れ筋と書いてある鶏と鯛の塩そばと、とろろご飯を注文しました。

{BB1091CE-041F-4E43-8E00-820A3F20E437}

{8D4FCD9D-D4BD-4151-9647-566635F973D8}

{3B7D7C0B-22CA-4847-B339-9D58735B5AFC}

{67216498-97A3-4957-8CCA-094638ECBBD4}

鶏と鯛を使っているとのですが、鶏と鯛の味のバランスがいいせいかどちらかの素材に味が偏っていないこと、旨味の味わい深さが優しくじんわり伝わってきて食欲をかき立てられます。

喉ごしのいい麺は歯切れがよく、噛み応えがあります。程よく旨味を引き立て、お箸が進みます。

チャーシューは低温調理されたレアチャーシューが1枚入っています。厚さはありませんが、噛むと肉汁が口の中で広がり、ジューシーで食べ応えがあります。

旨味が優しくじんわり伝わってくることでまとまりのある一杯です。

{9F33DB02-B4BF-4CCB-880F-4995383AAF54}

トロロご飯はトロロのふんわりした柔らかい食感がクセになり、トロロ本来の味を存分に味わえます。
ラーメンの味を損なわず食べられます。

次は一番売れている鶏もつつけ麺を食べようと思います。
なんばポンバシらーめん倶楽部2017というイベントで、麺屋ガテンさんとのスたがコラボした二郎系ラーメンが提供されると聞いて、提供初日に訪問しました。

賄いガチ醤油(麺量200g)ニンニク少しを注文しました。のスたと違い野菜と背脂が無料で増量可能、麺量150gと200gは同額の820円ですが、300gは+100円とのことです。また平日のランチ限定でキムチ食べ放題です。

{3DB91E4A-E96E-4D43-A889-0DE1FC79E43D}

辛さがあまり感じないキムチはすっぱくなく、いい具合に発酵されて食べやすかったです。

{EAB9861E-F028-4F4F-B842-73E57A682B4F}

{BBF22858-9A24-46AF-A0BE-7A8BADD21415}

{8D85E31D-F8EB-4461-9321-3AF4C640C91F}

{02CDE7A8-C5D2-4629-A4D7-E2628CA35AEB}

豚肉などの旨味のきいたスープは味わい深く、程よく醤油の味が味わえる食べやすい仕上がりになっています。のスたとコラボしていますが、のスたのような暴力的醤油の味ではありません。

喉ごしのいい麺は歯切れがよく、噛み応えがあります。程よく旨味を引き立て、食欲をかき立てます。

豚は1枚入っています。ホロホロと柔らかく、ジューシーで食べ応えがあります。

のスたのようなジャンクさはありませんが、程よい旨味と醤油加減で食べやすい一杯でした。のスたのラーメンを彷彿させたい場合は野菜を増せばいいかと思います。
とうひちさんを後にして、バスに乗って出町柳駅まで行き、そこから歩いてこだわりのないラーメン屋さんへ行きました。ダブルラリアットの時に食べられるワシワシめんが5月いっぱい食べられるので、久しぶりに食べたいと思い訪問しました。

帰ってきたワシワシめん並(麺量200g)を注文しました。

{7E9ADF71-2F67-46A0-B3D7-605CD1888A24}

{40972685-F4BE-4B63-B323-C3B24530537D}

{DB0F0F20-9A98-442C-BEFE-B4EF95C31395}

{43FD959C-D116-4878-8826-85392C6CFF21}

{1A57B90C-9511-49F2-922E-1451B1C8956B}

スパイスのきいたタレとチーズ(この日はチェダーチーズ)のバランスがよく、芳醇な香りが鼻からすり抜け香りの余韻に浸れます。香りの余韻に浸れることで、食欲をかき立てられます。

喉ごしのいい麺は、パツンパツンと歯切れのいい食感で、ワシワシと食べられ噛み応えがあります。麺に含まれるフスマが香ばしいせいか、ワシワシ麺はおいしいのだなと感じてしまいました。フスマは以前行われたワークショップの時に食べました。香ばしい香りが印象に残っています。

写真には写っていませんが、チャーシューは分厚く切られたものが2枚入っています。ダブルラリアットの時に提供されたものに近いです。混ぜた時に崩れしまいました。ホロホロと柔らかくジューシーで、食べ応えがあります。

ダブルラリアットの時はいつも食べられたワシワシ麺だったので気がつかなかったのですが、麺がこんなに美味しかったのかと新たな発見ができた一杯でした。もう一度食べる機会があれば伺いたいです。

5月15日:らぁ麺 とうひち

テーマ:
午後から京都で用事があったので、昼ご飯を食べに久しぶりにとうひちさんへ行きました。京都二郎ができた関係で池田屋と京都二郎のかけもちが多くなり、なかなか訪問できませんでした。
たまたま池田屋は昼の部臨時休業で、京都二郎への訪問は予定の関係で訪問できない日だったので、とうひちさんへ行けました。

とうひちの定番メニューの鶏醤油らぁ麺と唐揚げ(4個)を注文しました。

{03D524FE-1B94-4861-9053-B91D258C71EA}

{D24CA374-2586-423C-8A12-BB73956D2597}

{7D7C2369-D86A-4F85-BFEB-92C86C4EFB66}

{A6893EB8-C6D2-4BE3-A518-CD1B2B60C19F}

以前食べた時に比べて味わい深い鶏の旨味と醤油の引き立った香りが鼻からすり抜け、香りの余韻に浸れます。香りの余韻に浸ることで、食欲をかき立てられます。角ばった醤油の味ではないのですが、醤油が引き立っています。

喉ごしのいい麺はパツンパツンと歯応えがよく、噛み応えがあります。程よく旨味を引き立て、お箸が進みます。

チャーシューは鶏と豚のチャーシューが1枚ずつ入っています。どちらもジューシーで食べ応えがあります。

{4100EDF3-B815-4D6E-81E3-5554F8AAECA1}

唐揚げは肉汁がたっぷり詰まっているので、箸休めに唐揚げを食べてからスープを飲むと、鶏の旨味の重厚さがクセになり、とうひちで唐揚げを注文するのが必須アイテムです。

鶏の旨味と醤油がしっかり味わえる一杯で、また食べに行きたくなる一杯です。