THE MOYURUPEN STREET JOURNAL

仁科広嗣(にしなひろつぐ)のTHE MOYURUPEN! STREET JOURNALは聖域やタブーなき公平・中立の表現の自由を守る砦です。随時世界に向けて発信しています。「Behind The Story 2020 Tokyo」を連載中。

◆The Moyurupen Street Journalのブログ記事は、ameblo、SeeSaa、Excite、Hatena、WordPress、Blogger、メルマガ、YouTubeで原則同時配信しています。とくに、YouTube動画小説においては110作品を配信しています。ご検索は、moyurupen、仁科広嗣にてお願いします。◆






テーマ:

「昭恵夫人と籠池夫人の本当のメールのやり取り」

 

自民党の西田議員が昭恵夫人から入手した記録を基に作成した内容ですが、公表したメールのやりとの内容(新聞報道)には、いささか断片的で繋がりと会話の脈絡に不自然な流れがあり、信憑性に欠けるきらいがあるように思います。恣意的と思われても仕方がないでしょう。完璧主義の西田議員の勇み足とも言えます。これは与党側が早く収束させるために、昭恵夫人の正当性を無理矢理すすめた結果と思われます。作家サイドから見ればそういう推理も成り立ちます。以下は、想像ですが、会話の自然な流れを意識した会話内容にしてみました。

 

【29.2.18】
(昭恵夫人)
「この度のことはどうなっているのか、ご説明もなく、マスコミから追いかけられて戸惑っております」
※これは昭恵夫人の言葉ではなく、恣意的な内容。文章があまりに無機質的。
正しくは、
「この度は大変な騒ぎになりましたね。いきなり名誉会長を辞することになりましたが、本当に残念ですね。主人も残念がっております。私の周りからでも十分な説明もなく、マスコミから追いかけられる日々が続き戸惑っておりますが、貴方様も大変でしょう」


【29.2.19】
(籠池夫人)
「自分の報告を昭恵さんの留守電にいれさせて下さい」
※会話の内容が不自然。これは昭恵夫人の言葉ではない。
正しくは、
「主人のからのお願いを留守電にいれさせていただきました」


【29.2.21】
(昭恵夫人)
「留守番電話聞かせていただきました。籠池園長の教育に対する熱意は理解しているつもりです。なぜ売却価格を非公表にしてしまったのですか。やはり怪しまれるようなことはしない方がよかったのかなあとは思います」
※昭恵夫人が国の払い下げ価格の非公表云々を語ってはいますが、そもそも国側が払い下げ価格を非公表にしていたわけで、昭恵夫人がこのことに首をつっこむのは不自然。怪しまれる云々はメールでは言わないはずです。別の角度からみれば、夫人付きの谷氏から財務省への忖度のメールといわれても違和感はなく、そのほうが自然性が高くなる。捜査になれば、メールの全てがサーバー記録から調査されることになり慎重になるはずだからです。

正しくは、
「留守番電話聞かせていただきました。籠池園長の教育に対する熱意は理解しているつもりです」  ~これ以後は恣意的な作成もしくは谷氏のメールを組み合わせた可能性は排除出来ない~


~順次追記します~続く

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

籠池氏の言い分は理にかなっている。

かなっていないのは、為政者・官僚側と国民は見ていることでしょう。

籠池氏の凛とした発言に自民党側はかなり動揺しているでしょうね。

いったいどうなってるんだ、と安倍氏の檄が聞こえてきそうな気がします。

4月解散総選挙がなければ支持率は急落しつづけることは明白。

第二、第三の森友が待ちかまえている。

加計学園(代表が安倍氏の親友、安倍昭恵氏が名誉園長)の

国家戦略特区(安倍首相が議長)扱いと

国有地払い下げ問題は、

森友より何十倍ものスキャンダルになるでしょうし、

このままでは政権が持ちこたえられないのは、

有権者が知っている。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

籠池氏と安倍氏とは思想的にも心情的にもウマが合い、

これまで蜜月が続いていたけれども、表に出てはいけないものが、

暴露されたとたん、安倍氏は籠池氏の尻尾切りをやり、

臭い物に蓋をするという策に出る腹なのでしょう。

私の祖父が現役の226青年将校だったら、

安倍氏は真っ先にターゲットにする輩となることでしょう。

親分さんの器量があるのだったら、籠池氏を徹底的に擁護するはず。

行き場を失った籠池氏は多くの爆弾証言や証拠を保持しているようです。

安倍内閣の臨終が見えてきたような気がします。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「物事の本質を見つめなくなった人類の未来」

アメリカ第一主義や欧州での自国第一主義の台頭は、

歴史の経緯をみれば、容易に予測はできる。

中東各地から欧州へ難民が押し寄せ、

各国は難民を許容範囲を超えてその限界の壁を感じて、

排他的になっている。多くの難民はどうして押し寄せて来るのか、

という本質を抜いて、ただ自国第一という面だけが一人歩きしている。

それで事は済むのだろうか・・・・、


しかしそれは済むはずがないのである。


歴史的に見て文明の興亡は必ず発生する。

中国の何千年もの王朝の興亡をみてもわかるように、

現在の中国共産党王朝も幕を閉じるのは歴史の宿命なのだろう。

ここ一千年の間、中東を踏みにじった欧州列強の植民地主義が、

いまの難民を生む起因となっていることを、そっちのけにして、

自国第一主義や民族主義的な思想が幅をきかせている現状にしか

目がいかないのは何故なのか。

人類の進化はいま止まっているように映る。

はるか40光年の地球に似た惑星の文明からは、

私達地球人はどう見られているのだろうか。

あなたは考えたことがありますか。

いま地球に住んでいる私達は、

自分第一主義、自国第一主義がある限り、

殺戮と破壊の繰り返しは未来永劫止むことはないだろう。

共存共栄と互助関係こそが、

人類の未来をみつめる糸口になることだけは確かなようである。

 

 

"The future of the mankind who didn't look at kind of matters any more"

 

 

Rise of an American first principle and an own country first principle at Europe?

When seeing the longitude and latitude of the history, it can be predicted easily.

A refugee presses against Europe from Middle East all part.

Each country, a victim, after a wall of its limit is felt beyond latitude.

It becomes exclusive. Why doing many refugees' surge and come or.

The kind which says so is removed, and, a free own country, first, and, only the face I say has wings.

Is the fact finished with that....?


But that can't be finished.


I see historically and bring about civilized fate certainly.

Even if fate of a Chinese thousands of vintage dynasty is seen, understand.

It'll be fate of the history that the present Communist Party of China dynasty also ends.

The colony principle in the Europe Great Powers that the Middle East was offended during these one thousand years.

After I make it ignored to become the cause which bears the refugee now.

Only in the current state in which an own country first principle and a folk principle-like thought can wield the power

Why aren't eyes attracted?

Human evolution seems so that it may stop now.

From the civilization of the planet quite similar to 40 light-years of earth

How are we seen by an earthling?

Have you thought?

We who live in the earth now?

As far as myself have the first principle and an own country first principle.

The future eternity wouldn't stop for a repeat of a slaughter and destruction.

Mutual coexistence and a mutual help relation.

Only to become the start which looks at the human future seems certain.

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。