霊界とは、人の心(意識)の中に広がる世界のことです。
霊界は、全ての人々の心(意識)の中で繋がっています。

この世界(人間界)における我々“人間”は、霊界(心の中の世界)においては“魂”であり、“人間”と“魂”とは別次元に存在していますが、“人間”と“魂”は連係しています。
「霊に憑かれる」や「霊が憑依する」とよく耳にしますが、霊は、この世界(人間界)における人間の身体に憑くのではなく、正確には霊界(心の中の世界)における魂に憑きます。

霊界(心の中の世界)では、日常的に様々なことが起こっており、それがこの世界(人間界)の人間に影響をもたらします。
例えば、怨霊や悪霊に憑依されることによる作用、以心伝心や虫の知らせ等は、霊界(心の中の世界)での出来事が、この世界(人間界)の人間に作用したものです。
したがって、この世界(人間界)の人間が幸福か不幸かは、全て霊界(心の中の世界)における魂の状態で決まると言えます。

悩みや心の病等は、全て霊界(心の中の世界)での魂の状態、状況に起因するものです。
悩みや心の病を抱えている人々の魂のほとんど全ては、怨霊に憑依されています。
怨霊は、前世で殺されたり、死に追い込まれたりしたことに対する復讐を果たすために、憑依します。

そして、怨霊は魂に憑依すると、人の心を自由自在に操り、人生を大きく左右します。

つまり、魂が怨霊に憑依されると、この世界(人間界)における人間は、自分の心をコントロールすることはできなくなります。
そのため、ストレス解消法や悩みをなくす方法等といったものが、本やテレビで紹介されていたりしますが、悩みや苦しみをそういったもので自力で解決することは不可能です。
また、精神的な症状や心の病等は、精神医学では解決できない分野であるといえます。
したがって、薬物療法やカウンセリング等では、症状を軽減する、抑えることは可能であるかもしれませんが、完治することは不可能です。

悩みや苦しみをなくし安らぎを得るため、幸福な人生を送るためには、魂に憑依している怨霊を除ける必要があります。
怨霊を除けることなくしては、悩みや苦しみの根本的な解決は不可能です。


詳しくは、
「心霊なんでも相談室」のホームページへ

AD