社会人向け演劇活用法レッスン

「マインドセットだけで人は変わらない!」「体験だけが人を変えてくれる!」人生演出メソッドは演劇による体験を通じて想像力と表現力を学ぶレッスンです。変化の実感が本物の自信をつけてくれます。社会人向け演劇活用法の第一人者「池田練悟」が役立つ知識を伝えます。


テーマ:

演劇とゲームの専門家、池田練悟です。

話し方教室で一番伝えなきゃいけないのは、話の内容よりも表情の大切さだったりします。

 

会話が面白い人ってのは表情の豊かな人だからです。

テレビでお笑い芸人さんを見てみてください。

彼らの話している内容をテキストに落とし込んでみたら、実はそんなに面白いことを話していなかったりします。

 

ではなぜ面白いと感じるのか。

それは身体表現と音声表現が言語表現に様々な彩りを与えているからです。身体表現の中には表情や姿勢を含みます。

表情が変わると音声表現は変わります。

笑顔で怒った声は出しにくいし、悲しい顔で嬉しい声は出しにくい、表情と音声は繋がっているのです。

 

だから表情を鍛えるだけで話の面白さはかなり向上します。

この表情ってのは筋肉です。

表情筋の練習を積めばいい。

表情の練習法なんてのはネットで検索すればいくらでも出てきますから、毎日の習慣の中に練習をする時間を組み込んでしまえばいいのです。

 

一ヶ月もたたない内に表情筋はついてきます。

 

さて練習ってのは学び(習い)と体験改善(練る)の積み重ねです。表情筋のトレーニングというのは体験改善、練る部分に当たります。

表情を鍛える方法だけでなく表情そのものに関しての学びを深めていくことでより表情は使えるようになってきます。

 

ポール・エクマンの微表情研究などは非常に読み応えがあって面白いです。

役者を志す人が表情のトレーニングを考えるなら、ぜひそのあたりは読んでみるといいのではないかなと思います。

あ、もちろん役者を志す人でなくても面白いですよ。

 

さて表情筋は30種類くらいあります。

解剖学的にも表情を知っておくのもとても面白いです。

平均的には1分間のうち28秒ほど動いていると言われていますが、無表情と言われる人は40秒ほど全く動かないこともあります。

感情を表すをひっくり返して表情ですから、表情が動かないということは音声にも感情はついてこない。

これは面白くないわけです。

 

なぜなら面白さは差異から生まれるからです。

面白いと聞いて一番最初に出てくるのは「笑い」でしょう。

一般的に笑いは「構図のズレ」であるとされていますが、ズレということは差異があるということです。

 

1分間でどれだけ表情を動かすことができるかを意識してみるだけで、普段自分があまり表情に意識的でなかったことがよりわかります。

 

演劇活用法では36種類の感情と表情を目の前の相手に自らの表情がしっかり伝わっているのかどうかをチェックしながら適応させていきます。

そうすることで自分の表情のバリエーションを増やして、より面白い、魅力的なコミュニケーションの技術を身につけていくのです。

 

表情、意識できてますか?

ぜひ一度意識してみてください。

話し方が確実にレベルアップします。

 

たとえば10分間できるだけ表情豊かに話をしよう、話を聴こうとするだけで表情筋がピクピクしてきます。

それはコミュニケーション改善の大きな一歩だったりするのです。




IRGのレッスン&イベントのご案内

【連絡先】
簡単予約フォームはこちら
お問い合わせはこちら

【レッスン】
社会人向け演劇活用法レッスン

【イベント】
ふらっと!(アナログゲーム交流会)
その他イベント

【劇団】
CrownCrown 劇団員募集

【池田練悟】
プロフィール
Facebook(お気軽に友達申請を。基本承認しています)
Twitter
Youtube

【IKEDA REGO GARAGE】
公式ホームページ
Facebookページ

 
 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

演劇とゲームの専門家 池田練悟さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。