Locations of visitors to this page
2009-03-05 03:00:00

血液から新型iPS細胞できた 東大チーム

テーマ:iPS細胞(基礎)

あらゆる組織や細胞になりうる新型の万能細胞(iPS細胞)を、血液からつくることに、東京大医科学研究所の中内啓光教授らが成功した。人のiPS細胞はおもに皮膚を切り取ってつくるが、採血で可能になれば、患者の負担が軽い再生医療の実現につながる。5日から開かれる日本再生医療学会で発表する。

iPS細胞は、患者の細胞からつくることができ、拒絶反応の少ない再生医療が期待される。患者の細胞はより簡単に入手できるほうがいい。皮膚の細胞は、針を使って採取するが、出血性の血液疾患の患者や子どもには向かない場合があるという。採血なら、患者、医師ともに負担が小さい。

今回のiPS細胞は、山中伸弥・京都大教授らが使った四つの遺伝子を人の血液に導入して作製した。ただ血液中には、赤血球や白血球などの血液細胞以外の別の細胞も混じっており、できたiPS細胞が血液細胞がもとになったのか、はっきりしない。

これを調べるため、マウスで実験をした。別のマウスの造血幹細胞を移植したマウスの血液からiPS細胞を作製し、遺伝子を調べたところ、別のマウスの遺伝子情報と一致した。血液中の造血幹細胞が変化した造血前駆細胞から作製されたとみられることが確認された。
(朝日新聞)
http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do





「新型」という表現がよく分かりませんが。。

由来が異なるくらいでは「新型」なんて言わないと思うし、記者さんが勝手につけたのかな??

それとも作製法にかなり工夫を加えているのか??

まぁ、それは置いといて、これでよりドナーの負担が減るので、臨床応用を考えると大きな成果ですね。


しかし、別のグループからはヒトの髪の毛一本からiPS細胞を作るとかも報告されていますが、つい数年前までは夢のまた夢だったこんな話が可能になると、一体誰が考えていたでしょうか。

ほんとこの分野の進展の速さは異常ですね。。


ところで、素朴な疑問なんだけど、造血幹細胞はHDAC発現の関係上、リプログラミングされにくいイメージがあるのですが、造血前駆細胞ではもう関係なくなってるんでしょうか。。

PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード