Locations of visitors to this page
2008-06-07 20:00:00

「万能細胞から心筋」効率上げるたんぱく質 千葉大発見

テーマ:ES細胞

さまざまな細胞や組織になりうる万能細胞の一つ、胚(はい)性幹細胞(ES細胞)から心筋の細胞をつくる効率を最大20倍に高めるたんぱく質を、千葉大学医学部の小室一成教授らの研究グループがマウス実験で見つけた。心臓病の再生医療の開発につながる。新型の万能細胞である人工多能性幹細胞(iPS細胞)でも試す。英科学誌ネイチャー(電子版)に発表した。

研究グループは、骨髄系の細胞を培養した液を使うと万能細胞から心筋細胞への分化が促されることに着目した。この培養液中にある「IGFBP―4」というたんぱくが心筋をつくる効率を上げる働きがあることをつかんだ。ES細胞から心筋細胞になるのは、これまではよくて全体の1%程度だが、マウスのES細胞にふりかけて培養したところ、10~20倍もできた。

再生治療に使うためには、万能細胞を心筋細胞にして移植するか、このたんぱく質を含んだ薬剤を注射し、心臓内にある幹細胞を心筋に変身させる方法が考えられる。
(朝日新聞)
http://www.asahi.com/science/update/0606/TKY200806060038.html


ES細胞を心筋に 千葉大、成長促す物質発見
受精卵のように未成熟な細胞から、心臓を形作る心筋へと成長を促すタンパク質を、小室一成・千葉大教授(循環器内科)を中心とするチームがマウスの実験で新たに特定し、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

マウスの万能細胞である胚(はい)性幹細胞(ES細胞)にこのタンパク質を加え培養したところ、心筋細胞に成長する効率が、従来の約20倍程度まで向上。目的の細胞を効率よくつくる技術が鍵とされる、再生医療に役立つ成果だ。

チームは、マウスのES細胞を骨髄と一緒に培養すると、心筋細胞ができやすいことに注目。骨髄細胞を詳しく調べた結果、「IGFBP4」と呼ばれるタンパク質が、心筋への成長を誘導していることを突き止めた。

小室教授は「心筋梗塞(こうそく)などの患者に、万能細胞から成長させた心筋を移植する治療の実現につながる」と話し、今後はES細胞に加え、新型万能細胞の「iPS細胞」でも研究する方針。

同教授はまた「将来はタンパク質を患者に注射するだけで、心臓にわずかに存在する幹細胞を心筋に成長させることも可能になるかもしれない」としている。
(産経新聞)
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200806060006a.nwc




千葉大グループ、ES細胞を心筋細胞へ成長促すたんぱく質発見 」の追加情報です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

京都人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。