蹴球中毒な男の独り言日記-バルサ偏愛的バルサ備忘録

フットボールに魅了され、フットボール中毒に侵され、フットボールなしでは生きていけない男のフットボール的な日常についての独り言と備忘録です。愛するFCバルセロナの応援を中心に書いています。バルサのソシオなので、かなりのバルサ偏愛者です。

$蹴球中毒な男の独り言日記  -バルサ偏愛的バルサ備忘録--FCB Escudo.jpg

          UEFA "5 Stars" Stadium
          UEFA "4 Stars" Stadium
          Barça "El Dream Team"
          Fútbol Club Barcelona
          EURO 2008 ¡Campeones!
          ¡Felicita al Barça por el Triplete!
          Copa Mundial 2010 ¡Campeones!
          EL CLÁSICO (2014年10月26日更新)
          La 4ª Champions (Wembley 2011)
          CENS2012(ソシオの国勢調査更新)という書類への対応

NEW !
テーマ:

UEFA CHAMPIONS LEAGUE 2014-15
UEFA LIGA DE CAMPEONES 2014-15

Fase de Grupos - Grupo F
(Group Stage - Group F)

Jornada 05 (25/11/2014, Martes - 20:45)

Estadio: GSP Stadium. (Nicosia)   22,000 espectadores.



APOEL Nicosia FC  0-4  Futbol Club Barcelona

APOEL Nicosia FC: 4-4-2. (Doble Pivote)
 Entrenador: Giorgos Donis. (Alemania)
 78 Urko Pardo;
 28 Mário Sérgio, 3 João Guilherme, 5 Carlão, 15 Antoniades;
 8 Tiago Gomes, 16 Vinicius (79 Djebbour, m.74), 26 Nuno Morais [C], 46 Aloneftis (7 Efrem, m.46);
 21 Manduca (30 De Vincenti, m.63) y 9 Sheridan.

FC Barcelona: 4-3-3.
 Entrenador: Luis Enrique.
 1 Ter Stegen;
 22 Dani Alves, 3 Piqué, 15 Bartra, 18 Jordi Alba (21 Adriano, m.62);
 4 I.Rakitić (6 Xavi, m.62), 14 Mascherano, 12 Rafinha;
 9 Luis Suárez (5 Sergio, m.77), 10 Messi [C] y 7 Pedro.
 [No utilizados: 13 C.Bravo; 24 Mathieu; 11 Neymar Jr. y 31 Munir.]

Goles:
 0-1, m.27: Luis Suárez.
 0-2, m.38: Messi.
 0-3, m.58: Messi.
 0-4, m.87: Messi.

Árbitro:
 Gianluca Rocchi. (Italia)

Tarjeta Amarilla:
 APOEL Nicosia FC: Carlão (m.31) y João Guilherme (m.54).
 FC Barcelona: Dani Alves (m.33) y Rafinha (m.35).

Tarjeta Roja:
 APOEL Nicosia FC: João Guilherme (m.84, Doble Amarillas).
 FC Barcelona: Rafinha (m.70, Doble Amarillas).

Incidencias:
 Partido de la quinta jornada del grupo F de la Liga de Campeones, jugado en el GSP Stadium de Nicosia, que estuvo casi lleno (22.000 aficionados). Uno de los goles del estadio mostró un mosaico en el que se podía leer "UEFA", e instantes seguidos prendieron medio centenar de bengalas, que estuvieron muy activas durante casi todo el encuentro.







 前節、第4節のアヤックス・アムステルダム戦の勝利でバルサは1/8Final進出を確定させているものの、グループステージの目標はグループを首位で通過することであり、そのためには最終節のカンプ・ノウでのパリ・サン=ジェルマンFC戦に勝利することで状況を引っ繰り返すことが出来る。そして、この第5節のAPOELニコシアとのフエラ戦での勝利により12pts.としたバルサは、同時刻にアヤックスに3-1で勝利して13pts.に伸ばしたパリSGと1pts.差で最終節を迎えることになった。カンプ・ノウでの最終節に勝利することで順位を入れ替えられることが出来、1/8Finalで折り返し戦をカサで戦えるアドバンテージを手にすることが出来ることになる。














 FIFAウィーク明け直後のセビージャ戦に5-1で勝利したこと、メッシがテルモ・サーラが持つリーガ歴代最多得点記録251ゴールをハットトリックで253ゴールまで伸ばして一気に塗り替えたことによりチームはFIFAウィーク前の小さなクライシスにを吹き飛ばし、再び高い競争力を取り戻してチーム状態も上向きとなった。そしてチャンピオンズではグループを首位で通過するためにパリ戦の前に負けるわけにはいかない地中海の東に位置するキプロス島でのゲームでミッションである勝利を持ち帰ることが出来た。






 何より我らがギガ・クラックのレオ・メッシがリーガ歴代最多得点者となった夜から僅かに3日後であるにもかかわらず、チャンピオンズリーグ通算得点71ゴールでラウール・ゴンサレスと並んでいた記録をハットトリックであっさりと更新、74ゴールにまで伸ばした。そしてメッシは27歳であり、まだまだ伝説は続いていくことを考えると頼もしくもあり、どんな夢を見させてくれるのかの期待は無限な拡がりを感じさせる。バルサで生涯プレーを続けてほしい、切にそう願うばかりだ。






















 パリSGとの最終節は12月10日(水)、カンプ・ノウにて20時45分キックオフとなっている。








Força! Barça!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
Liga Española 2014-15  1a División (Liga BBVA)

Jornada 12 (23/11/2014, Sábado - 20:00)

Estadio: Camp Nou. (Barcelona)  78,283 espectadores.

Futbol Club Barcelona 5-1 Sevilla Fútbol Club

FC Barcelona: 4-3-3.
 Entrenador: Luis Enrique.
 13 C.Bravo;
 22 Dani Alves, 3 Piqué, 24 Mathieu, 18 Jordi Alba (21 Adriano, m.82);
 6 Xavi [C] (12 Rafinha, m.77), 5 Sergio, 4 I.Rakitić;
 9 Luis Suárez (7 Pedro, m.74), 10 Messi y 11 Neymar Jr..
 [No utilizados: 1 Ter Stegen; 15 Bartra; 20 Sergi Roberto; 31 Munir.]

Sevilla FC: 4-2-3-1.
 Entrenador: Unai Emery.
 13 Beto;
 23 Coke, 21 Pareja, 6 Carriço, 5 Fagueira;
 19 Banega, 4 Krychowiak;
 22 Aleix Vidal (18 Deulofeu, m.61), 17 Denis Suárez (7 Gameiro, m.61), 20 Vitolo;
 9 Bacca (14 Iago Aspas, m.74).

Goles:
 1-0, m.21: Messi.
 1-1, m.47: Jordi Alba. (Propia puerta)
 2-1, m.49: Neymar Jr.
 3-1, m.65: I.Rakitić.
 4-1, m.72: Messi.
 5-1, m.78: Messi.

Árbitro:
 Carlos Clos Gómez. (Comitè Aragonés) Juan Martínez Manuera. (Comité Valenciano)

Tarjeta Amarilla:
 FC Barcelona: Matieu (m.56).
 Sevilla FC: Coke (m.36) y Pareja (m.48).

Incidencias:
 78.283 espectadores en partido correspondiente a la duodécima jornada disputado en el Camp Nou.





 FIFAインターナショナルマッチウィーク明け直後のゲームであり、カンプ・ノウとはいえ対戦相手が好調セビージャということで難しいゲームを強いられるだろうという予想に反し、おとなしい余所行きのセビージャにバルサはネガティブな雰囲気を吹っ飛ばすように襲い掛かり、その中心には我らがギガ・クラック、リオネル・メッシがいた。




























 数日前、レオ・メッシは自らの将来に対する発言の一部を切り取られ、恰もバルサを離れる主旨の発現に組み替えられるメディアのミスリードで周囲が騒がしくなり、マスチェラーノを始め仲間たちが消火役に出る一幕もあったが、最終的には自らのハットトリックによる、それまでのテルモ・サーラの251というリーガ・エスパニョーラ歴代最多得点記録を253に更新する伝説的プレーにより、無理矢理に立てられた煙を消化して見せた。FCバルセロナにとってのメッシは永遠であり、バルセロニスモは常にメッシと共にいるを再確認する伝説的ゲームとなった。


 伝説的ゴレアドールのテルモ・サーラのリーガ最多得点記録251に対して、我らがメッシは250ゴールとリーチ状態で第9節(レアル・マドリー戦)、第10節(セルタ戦)、第11節(アルメリーア戦)と3試合連続でゴールがなく、偉大なるサーラの記録の前に足踏み状態だった。しかしながらメッシは直接フリーキック、カウンターアタックからコンビネーションを使ってのスライディングシュート、右方向から持ち込んでコンビネーションからの左足シュートと得点バリエーションを見せながらの記録達成となった。ドブレッテの段階でサーラの記録を塗り替えることになるが、ゲーム中に胴上げという珍事にもクレーは幸運にも巡り合うことが出来た。












 『MARCA』ではメッシのゴールはひとつ少なく、2ゴールでは251ゴールに並ぶだけとなるところ、メッシは結果的に特別な配慮となるハットトリックで『MARCA』基準でも最多得点者となるのだから素敵だ。ゲーム終了後には選手たちがピッチに残ってメッシの偉業を称えるセレモニーが執り行われ、流されたビデオを見て楽しんだ。最後にはチャビが照れるメッシを誘導し、仲間たちが作るパシージョでロッカールームへと誘われる演出となり、カンプ・ノウでのクレーの幸せな夜は締め括られた。おめでとう!レオ!ずっとずっと、バルサで夢を見させてください。









Força! Barça!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

UEFA EURO 2016

Fase de Clasificación (Qualifying Round)

Grupo C (Group C)

Jornada 04 (15/11/2014, Sábado - 20:45)

Estadio: Nuevo Colombino. (Huelva)  21,000 espectadores.

ESPAÑA  3-0   BIELORRUSIA

España: 4-4-2. (Doble Pivote)
 Seleccionador: Vicente Del Bosque.
 1 I.Casillas [C];
 16 Juanfran, 3 Piqué, 15 Sergio Ramos, 18 Jordi Alba;
 20 Santí Cazorla (19 Callejón, m.69), 8 Koke, 5 Sergio Busquets (21 Bruno, m.46), 22 Isco (10 Morata, m.80);
11 Pedro y 9 Paco Alcácer.
 [No utilizados: 23 Kiko Casilla, 13 De Gea; 2 R.Albiol, 4 Bartra, 14 Azpilicueta, Juan Bernat; 6 I.Camacho, 7 Rail García; 12 Nolito.]

Bielorrusia: 5-3-2.
 Seleccionar: Andrei Zygmantovich.
 1 Zhevnov;
 13 Matveychik, 18 Politevich, 3 Martynovich (19 Bordachev, m.31), 21 Yanushkevich, 16 Balanovich;
 23 Kalachev [C], 2 Dragun, 17 Nekhaychik;
 10 Krivets (15 Kislyak, m.80) y 8 Kornilenko (20 Signevich, m.67).

Goles:
 1-0, m.18: Isco.
 2-0, m.19: Sergio Busquets.
 3-0, m.55: Pedro.

Árbitro:
 Kenn Hansen. (Dinamarca)

Tarjeta Amarilla:
 España: Sergio Busquets (m.26).
 Bielorrusia: Balanovich (m.45+2), Kalachev (m.45+2) y Bordachev (m.90+3).

Incidencias:
 21.000 espectadores en el Nuevo Colombino.





 代表を退いたチャビ・エルナンデス、シャビ・アロンソ、そして負傷でアンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバ、セスク・ファブレガスの5人を欠いたラ・ロハとなったが、ビセンテ・デル・ボスケはブスケツとコケを中央に置き、両サイドを起点にするボールプレイヤーのサンティ・カソルラとイスコを起用する(1-)4-4-2の布陣でベラルーシ代表戦に臨んだ。ウェルバでのベラルーシとのゲームだったことでリラックスして戦えたことでチームは機能、前半でゲームを決めたことで主導権を握ったまま3pts.を獲得することが出来た。これが実力伯仲の相手にどこまで機能するかは不明だが、一先ず代表戦は4ヶ月の中断期間へと入ることになった。


















 第4節を終えてのグループCは、1位は12pts.(得失点差+6)のスロバキア代表、2位は9pts.(得失点差+10)のスペイン代表、3位は9pts.(得失点差+5)のウクライナ代表、4位は3pts.(得失点差-6)のマケドニア代表、5位は1pts.(得失点差-7)のベラルーシ代表、6位は1pts.(得失点差-8)のルクセンブルク代表となっている。


 次節の第5節のスペイン代表は2015年3月27日、ウクライナ代表を迎えてのゲームとなっている。首位のスロバキア代表も容易にはポイントを失わないだろうから、順位を引っ繰り返すには第7節となる9月5日のカサでの直接対決まで待つ必要があるだろう。


¡Vamos España!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード