蹴球中毒な男の独り言日記-バルサ偏愛的バルサ備忘録

 フットボールに魅了され、フットボール中毒に侵され、フットボールなしでは生きていけない男のフットボール的な日常についての独り言と備忘録です。愛するFCバルセロナの応援を中心に書いています。バルサのソシオなので、かなりのバルサ偏愛者です。

$蹴球中毒な男の独り言日記  -バルサ偏愛的バルサ備忘録--FCB Escudo.jpg

          UEFA "5 Stars" Stadium
          UEFA "4 Stars" Stadium
          Barça "El Dream Team"
          Fútbol Club Barcelona
          EURO 2008 ¡Campeones!
          ¡Felicita al Barça por el Triplete!
          Copa Mundial 2010 ¡Campeones!
          EL CLÁSICO (2015年03月23日更新)
          La 4ª Champions (Wembley 2011)
          CENS2012(ソシオの国勢調査更新)という書類への対応


テーマ:

Liga Española 2016-17  1a División (La Liga Santander)

 

Jornada 23 (19/02/2017, Domingo - 20:45)

Estadio: Camp Nou. (Barcelona)  63,378 espectadores.


Futbol Club Barcelona 2-1 Club Deportivo Leganés

FC Barcelona: 4-3-3.
 Entrenador: Luis Enrique.
 1 Ter Stegen;
 20 S.Roberto, 23 Umtiti, 24 Mathieu, 19 Digne (18 Jordi Alba, m.81);
 21 André Gomes (8 A.Iniesta, m.80), 4 I.Rakitić, 12 Rafinha (6 Denis Suárez, m.80);
 10 Messi [C], 9 Suárez y 11 Neymar Jr..
 [No utilizados: 13 Cillessen; 3 Piqué; 28 Aleñá; 17 Paco Alcácer.]

Club Deportivo Leganés: 4-5-1.
 Entrenador: Asier Garitano.
 13 Herrerín;
 2 Tito, 5 Mantovani, 22 Siovas (18 Insúa, m.87), 15 D.Rico;
 25 El Zhar, 6 Alberto Martín, 12 Morán (19 Unai López, m.65), 8 Gabriel, 11 Szymanowski (7 Machís, m.70);
 9 Guerrero.

Goles:
 1-0, m.04: Messi.
 1-1, m.71: Unai López.
 2-1, m.90: Messi.

Árbitro:
 Ignacio Iglesias Villanueva. (Comité Gallego)

Tarjeta Amarilla:
 FC Barcelona: Suárez (m.46).
 CD Leganés: Mantovani (m.55), Siovas (m.87) y Alberto Martín (m.90+5).

Incidencias:
 Camp Nou. 63.378 espectadores.








Força! Barça!


 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

UEFA Champions League 2016-17
- UEFA Liga de Campeones 2016-17 -

Round 16 - 1/8 Final


1st Leg  - Ida (14/02/2017, Martes - 20:45)

Estadio: Parc des Princes. (Paris)  46,484 espectadores.


Paris Saint-Germain Football Club 4-0 Futbol Club Barcelona

Paris Saint-Germain FC: 4-2-3-1.
 Entrenador: Unai Emery. (España)
 1 Trapp;
 12 Meunier, 5 Marquinhos, 3 Kimpembe, 20 Kurzawa;
 6 Verratti (24 Nkunku, m.69), 25 Rabiot;
 11 Di María (7 Lucas Moura, m.61), 14 Matuidi [C], 23 Draxler (10 Pastore, m.86);
 9 Cavani.

FC Barcelona: 4-3-3.
 Entrenador: Luis Enrique.
 1 Ter Stegen;
 20 S.Roberto, 3 Piqué, 23 Umtiti, 18 Jordi Alba;
 21 André Gomes (12 Rafinha, m.58), 5 Sergio, 8 A.Iniesta [C] (4 I.Rakitić, m.72);
 10 Messi, 9 Suárez y 11 Neymar Jr..
 [No utilizados: 13 Cillessen; 19 Digne, 24 Mathieu; 6 Denis Suárez; 17 Paco Alcácer.]

Goles:
 1-0, m.18: Di María.
 2-0, m.40: Draxler.
 3-0, m.55: Di María.
 4-0, m.71: Cavani.

Árbitro:
 Szymon Marciniak. (Polonia)

Tarjeta Amarilla:
 Paris SG FC: Rabiot (m.03).
 FC Barcelona: André Gomes (m.33), Sergio (m.62) y Rafinha (m.74).

Incidencias:
 Partido correspondiente a la ida de octavos de final de la Champions League 2016 - 2017 disputado en el Parque de los Príncipes en París.





■以下、ツイッターから転記━━


エメリにバルサ対策を練られて実践されているとはいえ今日のこの前半は工夫もなく受け身の姿勢から切り替えられずに酷いな。

立ち上がりからボールが持てずに主導権をパリに譲ってしまっているから待ち受ける守備機会が長く、バルサのチーム設計から待ち構えてボールを奪い返すようにはできていないから中盤でのフィルターが掛けられずに最終ラインの負担増。リズムの悪さが全体的に低調のまま。

まずはゴール。決め切ってパリからゴールを持ち帰ることに集中したい。

エメリはイブラヒモビッチがいなくなって精神的な足枷が取れたカバーニに守備のタスクを与えてセルヒオ番とさせたことでバルサはセルヒオがボールポゼッションのためのセーフティポジションとして機能させられずチームのボールポゼッションが上げられなかった。歯痒い前半だった。

前半から修正できず相変わらず待ち構えざるを得ない守備機会が多く、バルサのストロングポイントが出ずにウィークポイントが顔を出し続けてしまっている。

コンディショニングの問題もあって中盤で質的優位を持てないとパリの中盤の数的優位に守勢となってチームが機能せずにトリデンテが消えてしまっている。質的優位が確保できないと厳しい。3-0は厳しいからゴールを持ち帰りたい。

パリが強いとはいえ1/8Finalからレモンターダのキャンペーンを張るのは避けたい。

質的優位の長所でボールを持ち続けることができないから数的不利の短所が綻びとなって守勢となり、待ち構えての守備機会が多く戦闘力の低い守備力で対応せざるを得なくなっている。ボールを持ち続けることで戦闘力の高さを発揮できるわけでコンディションも含めて質的優位を維持できないと厳しい。

今宵のバルサは、コパの1/2Finalのアトレティコとの初戦、リーガ第21節のアスレティック戦とは明らかに別のチーム。ルーチョバルサはしばしば別の顔を出すことが多いが、この2週間という短期間での変わり様は酷い。

タラレバは無意味とはいえルーチョは中盤先発をラキティッチ、セルヒオ、イニエスタ、またはラキティッチ、セルヒオ、デニスにすべきだった。相手がいる以上組合せとチーム事情を考慮しなければならないが、質的優位で勝負するためには少なくともAゴメス、セルヒオ、イニエスタの組合せではなかった。

チャンピオンズリーグ1/8Final初戦
試合終了
パリSG 4-0 バルサ
1-0, m.18: ディ・マリア
2-0, m.40: ドラクスラー
3-0, m.55: ディ・マリア
4-0, m.71: カバーニ
大レモンターダキャンペーンが虚しく響くのは嫌だな…

大レモンターダキャンペーンが実ってカンプ・ノウでマニータ(5-0)で勝てば逆転勝ち抜け!と可能性はゼロではないが、エメリのパリは初戦のアドバンテージを活かした折り返し戦にしてくるだろうし厳しい。チャンピオンズにアディオスするには早すぎるよ…

 

 

 


Força! Barça!


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Liga Española 2016-17  1a División (La Liga Santander)

Jornada 22 (11/02/2017, Sábado - 16:15)

Estadio: Mendizorrotza. (Vitoria-Gasteiz)  19,840 espectadores.


Deportivo Alavés  0-6 Futbol Club Barcelona

Deportivo Alavés: 4-2-3-1.
 Entrenador: Mauricio Pellegrino. (Argentina)
 1 Pacheco [C];
 22 Vigaray, 5 Laguardia, 4 Alexis Ruano, 15 Theo Hernández (3 Raúl García, m.87);
 6 Marcos Llorente, 16 Daniel Torres;
 25 Katai (10 Ó.Romero, m.57), 23 Krsticic (21 Kiko Femenía, m.46), 7 R.Sobrino;
 9 Santos.

FC Barcelona: 4-3-3.
 Entrenador: Luis Enrique.
 1 Ter Stegen;
 22 Aleix Vidal, 23 Umtiti (18 Jordi Alba, m.66), 24 Mathieu, 19 Digne;
 4 I.Rakitić, 5 Sergio (8 A.Iniesta, m.64), 21 André Gomes (20 S.Roberto, m.72);
 10 Messi [C], 9 Suárez y 11 Neymar Jr..
 [No utilizados: 13 Cillessen; 6 Denis Suárez, 28 Aleñá; 17 Paco Alcácer.]

Goles:
 0-1, m.37: Suárez.
 0-2, m.40: Neymar Jr..
 0-3, m.59: Messi.
 0-4, m.63: Alexis Ruano. (Propia Puerta)
 0-5, m.65: I.Rakitić.
 0-6, m.67: Suárez.

Árbitro:
 Carlos Clos Gómez. (Comité Aragonés)

Tarjeta Amarilla:
 Deportivo Alavés: Laguardia (m.90+3).
 FC Barcelona: Umtiti (m.06), Sergio (m.59), I.Rakitić (m.61).

Incidencias:
 Partido correspondiente a la jornada 22 de LaLiga Santander disputado en el estadio de Mendizorroza ante 19.840 espectadores. Se guardó un minuto de silencio por los fallecidos en la avalancha de Angola.





■以下、ツイッターから転記━━


Força Barça!!!
Força Barça!!!
Força Barça!!!

このところの相手はリーガにせよコパにせよビルドアップに工夫がいる相手が続く。今日のアラベスもメンディソローサの後押しを受けていつも以上に厄介。

このチーム相手に自陣での横パスのミスはダメだろう。

マルコス・ジョレンテとトーレスのドブレ・ピボーテはメッシ相手でも果敢に来るな。

アラベスのコンパクトな守備陣系に狭い場所より広い場所へ出てボールに関与してトリデンテにボールを運びたいのはわかるが、こういう相手だからこそインテリオールはイニエスタのように狭いエリアでも間に進入してボールを受けてトリデンテにボールを配るんだ。ベンチのイニエスタは歯痒いはず。

インテリオールが外に出てラテラルを押し出してもボールが外を動くばかりだし、サイドチェンジも図れないからメッシがゴールから離れてその役割を果たすことになり、ゴールがやや遠い。

メッシがインテリオールの役割を担う時間が必要以上に長くなるとスアレスが右サイドに出ている時間も長くなり、ゴールが遠くなる。

セルヒオはボールを受けにポジショニングを取ってボールを引き出す動きをラキティッチにも要求しているぞ。

関係性とはいえラキティッチがいるべき場所ではメッシがプレーし、アンドレ・ゴメスがいるべき場所ではネイマールがプレーしていることで、メッシがいるべき場所とネイマールがいるべき場所に誰もいない。

守備とビルドアップでの雑さは気になるが、攻撃では意外性を感じさせるアレイシ・ビダルがアシスト役を務めてルイス・スアレスが仕留めて先制!

インテンシティにはインテンシティとばかり、力技でゴリゴリとゴールを毟り取った感じで0-2!

あってはならないのはわかってはいても、元エストレーモなのが悪い方向に働いて自陣と敵陣とで選択するプレーの判断が鈍るときがあるからのような印象。

最近のウンティティは若さが出てしまうことが多いからドブレ・アマリージャは避けなければ。

バルサにいたキコ・フェメニア

右サイドがユルユル…

チャビ・エルナンデスはスプリントなしで狭いエリアを幾度も幾度も細かく動き直してボールを受けるポジショニングを修正してボールを捌いて走行距離が長かったのだから今更ながら感服するしかない。

ディニェはマークを剥がされないようにクロスボールが上がる前からスプリントで戻り始めていたのが実った。

一瞬失ったボールに対してメッシの守備からのゴール!

激しいハードワークを継続するアラベスはタルヘタ・アマリージャがないのにバルサは3枚目…

アンドレ・ゴメスがボールを奪い返してからの逆襲。メッシのプレーよりもひとつ前のスアレスの遠い足でボールを受けて内へ切り返したプレーがすばらしい。

この点差なのだから無理はせずにパリ戦を考えてプレーしてくれ~

スアレスは大丈夫そうだな

コパのアトレティコ戦より長い時間のプレーでイニエスタはコンディショニングを上げていってくれれば。

運転免許はないが、ピッチの高速走行はお手の物のアルバ

ディニェは初速も速くないな

アレイシが大怪我となると…セルジ・ロベルトの競争相手にのし上がってきたというのに…

コパの決勝の相手との前哨戦(互いにローテーションだから厳密には違うかもしれないが)に大勝したと思ったらアレイシの負傷退場で気持ちに雲がかかった…

リーガ第22節
試合終了
アラベス 0-6 バルサ
0-1, m.37: スアレス
0-2, m.40: ネイマール
0-3, m.59: メッシ
0-4, m.63: アレイシス(P.p)
0-5, m.65: ラキティッチ
0-6, m.67: スアレス
コパ決勝の相手を撃破!

アレイシの怪我は不可抗力とはいえ得点差や時間帯から悔やまれる。6点差であれば相手が汚く乱暴に来るだろうことは予測できたし、あのプレーは避けたかった。ただアレイシはよくやったし、プレー機会を掴み取っていただけに残念。大怪我でないことを願うばかり。

走行距離でチャビの偉大さを思い出したが、こういうゴレアーダのゲーム終盤にこそチャビは相手への敬意で最後まで真剣にプレーしていた。相手を精神的に必要以上に追い込まずボールを持ち続けてゲームをコントロールしていた。そうすればラフプレーに遭遇する可能性が低くなるし本当に賢い選手だった。

 

 

 




Força! Barça!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。