蹴球中毒な男の独り言日記-バルサ偏愛的バルサ備忘録

 フットボールに魅了され、フットボール中毒に侵され、フットボールなしでは生きていけない男のフットボール的な日常についての独り言と備忘録です。愛するFCバルセロナの応援を中心に書いています。バルサのソシオなので、かなりのバルサ偏愛者です。

$蹴球中毒な男の独り言日記  -バルサ偏愛的バルサ備忘録--FCB Escudo.jpg

          UEFA "5 Stars" Stadium
          UEFA "4 Stars" Stadium
          Barça "El Dream Team"
          Fútbol Club Barcelona
          EURO 2008 ¡Campeones!
          ¡Felicita al Barça por el Triplete!
          Copa Mundial 2010 ¡Campeones!
          EL CLÁSICO (2015年03月23日更新)
          La 4ª Champions (Wembley 2011)
          CENS2012(ソシオの国勢調査更新)という書類への対応

NEW !
テーマ:

Liga Española 2016-17  1a División

 (La Liga Santander)

 

Jornada 02 (28/08/2016, Domingo - 20:15)

Estadio: San Mamés Barria. (Bilbao)  46,365 espectadores.

 

Athletic Club 0-1 Futbol Club Barcelona 

Athletic Club: 4-2-3-1.
 Entrenador: Ernesto Valverde.
 1 Iraizoz [C];
 18 De Marcos, 2 Bóveda, 4 Laporte, 24 Balenziaga;
 8 Iturraspe (12 Vesga, m.62), 7 Beñat;
 11 Williams, 5 Eraso (22 Raúl García, m.62), 14 Susaeta (10 Muniain, m.76);
 20 Aduriz;

FC Barcelona: 4-3-3.
 Entrenador: Luis Enrique.
 1 Ter Stegen;
 20 S.Roberto, 3 piqué, 23 Umtiti (14 Mascherano, m.71), 18 Jordi Alba;
 4 I.Rakitić, 5 Sergio, 6 Denis Suárez (21 André Gomes, m.71);
 10 Messi [C], 9 Suárez y 7 Arda (12 Rafinha, m.84).
 [No utilizados: 25 Masip; 19 Digne, 22 Aleix Vidal; 17 Munir.]

Goles:
 0-1, m.21: I.Rakitić.

Árbitro:
 Antonio Miguel Mateu Lahoz. (Comité Valenciano)

Tarjeta Amarilla:
 Athletic Club: Susaeta (m.45+1), Iturraspe (m.56), Eraso (m.62), Beñat (m.83) y Balenziaga (m.90).
 FC Barcelona: Umtiti (m.10), Sergio (m.37), Suárez (m.38) y S.Roberto (m.59).

Incidencias:
 24 grados y ligera lluvia. El estadio estaba lleno. 46,365 espectadores..





■以下、ツイッターから転記━━


アスレティックのハイプレスにテル・ステーゲンにドキドキが止まらないのは昨シーズンのスーペルコパがあるからだろうけど、もうすぐ10分経つものの慣れない。

テル・ステーゲン、やらかした。失点には繋がらなかったけど、サン・マメスでまず、やらかした。

セルジ・ロベルトがボールの出口を作るポジショニングでもボールが引き出せないのはラキティッチが関与する位置に下りて来ないからか。ピケとウンティティがテル・ステーゲンを含めてビルドアップをするのが相変わらず怖い。セルヒオ辺りが解決するための修正を施してくれるといいんだけど。

揺さぶって先制ゴール!

左サイドで作って右に展開して混乱させ、もう一度左サイドで壊し、中央で仕留める。そのためにもデニス・スアレスには窮屈なプレーでもボールに関与、ビルドアップに関与してもらわなければならん。

その点でやっぱりアルダはインテリオールではなくエストレーモの位置でプレーさせるのが妥当か。

右(というか自由)にメッシ、左にアルダ、右にラキティッチ、左にデニス・スアレスのアシンメトリーの方が相手はやり難いはず。

テル・ステーゲンは相手を引きつけてフィールドプレーヤーのマークを緩くしてフィードするのだけど、如何せん不安定感へ不安から怖い。

マスチェラーノよりウンティティの方がゴールの匂いがするのは何故だろう。

あの角度じゃ副審からも見えてないはず。マテウ・ラオスのミスジャッジを問い質してセルヒオとルイス・スアレスがタルヘタ・アマリージャ。

放り込まれた時のウンティティの高さは頼もしい。

自陣の左サイドのペナルティエリアの外側での窮屈なビルドアップでは左利きのセントラルは有利なだけにウンティティ獲得と更に適応はチームの戦闘力を上げてくれる。

カンプ・ノウもハイブリッドだし、ハイブリッド対応はスパイク含めてターンの仕方とか慣れが必要だけど、相変わらずジャガイモ畑みたいなピッチもあるから選手も大変。

最小得失点差は怖い。

ウンティティ→マスチェラーノデニス・スアレス→アンドレ・ゴメス

メッシ、貫禄だな。

バルサは中盤より最終ラインの方が小さい。偉大なるペケニョスからすると見慣れない。

小回りの効く重戦車ルイス・スアレス惜しい…

アルダ→ラフィーニャ

ブラボの安定感、居なくなってから実感。

アンドレ・ゴメスも途中出場からでは難しそう。でも出場機会を活かせないと先発は難しい。

リーガ第2節
試合終了
アスレティック・クラブ 0-1 バルサ
ルイス・スアレスは留めを刺せずもサン・マメスで勝利!

 

 

 




Força! Barça!


 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

Liga Española 2016-17  
1a División (La Liga Santander)


Jornada 01 (20/08/2016, Sàbado - 18:15)

Estadio: Camp Nou. (Barcelona)  65,731 espectadores.



Futbol Club Barcelona 6-2 Real Betis Balompié

FC Barcelona: 4-3-3.
 Entrenador: Luis Enrique.
 13 C.Bravo;
 20 S.Roberto, 3 Piqué, 23 Umtiti, 18 Jordi Alba (19 Digne, m.76);
 4 I.Rakitić, 5 Sergio, 6 Denis Suárez (17 Munir, m.70);
 10 Messi [C], 9 Suárez y 7 Arda.
 [No utilizados: 25 Masip; 2 Douglas S., 22 Aleix Vidal; 16 Samper y 27 Kaptoum]

Real Betis: 3-5-2.
 Entrenador: Gustavo Poyet (Uruguay).
 13 Adán [C];
 4 Bruno, 23 Mandi, 20 Pezzella;
 16 Álvaro Cejudo, 8 Jonas Martín (10 Dani Ceballos, m.36), 5 Petros (21 Fabián, m.59), 6 Felipe Gutiérrez (7 Musonda, m.55), 14 Durmisi;
 9 Sanabria y 24 Rubén Castro;

Goles:
 1-0, m.06: Arda.
 1-1, m.21: Rubén Castro.
 2-1, m.37: Messi.
 3-1, m.42: Suárez.
 4-1, m.56: Suárez.
 5-1, m.57: Messi.
 6-1, m.82: Suárez.
 6-2, m.84: Rubén Castro.

Árbitro:
 Alberto Undiano Mallenco. (Comité Navarro)

Tarjeta Amarilla:
 FC Barcelona: Suárez (m.62).
 Real Betis: Álvaro Cejudo (m.45), Dani Ceballos (m.68) y Rubén Castro (m.77).

Incidencias:
 Partido disputado en el Camp Nou frente a 65.731 espectadores.





■以下、ツイッターから転記━━


ベンチの控えメンバーを見ると、ピケとウンティティにアクシデントがないように90分願い続けるしかない開幕戦!

今日はカンプ・ノウだし、スーペルコパのイダと違ってソックスは赤ではなく青。

ちなみにプリメーラのスポンサーが変わってLa Liga BBVAからLa Liga Santander。

生まれ変わったアルダがリーガ開幕戦で先制点!

このメッシが右サイドの低い位置でボールに関与、生まれ変わったアルダがインサイドに入って3バックを内側に寄せて、左の大外のスペースをアルバが突いているが、ディニェだったとしてもアルバ同様に同じようにプレーできるだろうか。

デニス・スアレスは地味なプレーで愚直にベティスのトリボーテの一角を引きつけてセルヒオに比較的時間と場所を与えてボールを捌かせているのは素敵。セルヒオから長短のボールが配給されるプレーは見惚れてしまう。

メッシはリーガでもスゲェな

時代も経歴も年齢も違うから容易に比較はできないけれど、ウンティティはアビダルを凌ぐ速さでバルサに適応して晩年のアビダルに急速に近づく印象を与えてくれるプレーぶり。

ただ適応段階ということで、ドライブでボールを運びながらの視野は狭く、ドライブでセントロカンピスタのマークを緩くさせるには至っていない。それが伸びしろへの期待が大きくなる。

ルイス・スアレスのゴールは今シーズンも唐突!

生まれ変わったアルダは左の偽のエストレーモでのプレーで適応しているからでインテリオールでは未知のままの印象。インテリオールでは既にデニス・スアレスの方が適応している。バルサBでプレーしていたから当然ではあるけれど。

4点目のカウンターの起点はアルダ、5点目もアルダとセルヒオのボール奪取からのカウンターとアルダは2年目でようやく存在感を出してきた感じ。ツーリストでないことを証明するだけでなく、エストレーモでもネイマールの存在を脅かすオプションとしてチーム力の底上げを図って貢献してほしい。

セルヒオに時間と場所を与えるためのポジショニングを始め、及第点のプレーを見せたデニス・スアレスに代わってアルダが左インテリオールで残り20分をプレーするが、どんな風にプレーするのか開幕戦からアルダは試験に次ぐ試験。

ウンティティ、ディニェ、アルダ、ムニルという左サイドになったことでアルダの試験も緩いものに。ルーチョの信頼が篤くなったのは間違いなく、またフレブみたいにツーリストのまま恨み節でクラブを去ることもなさそう。マスチェ、アルバ、イニエスタ、ネイの競争相手がいる今季は3連覇へ期待大。

セルジ・ロベルトの右サイドでのプレーぶり、振る舞いは本職の右ラテラルだな。

リーガ第1節

試合終了
バルサ 6-2 ベティス
1-0, m.06: アルダ
1-1, m.21: ルベン・カストロ
2-1, m.37: メッシ
3-1, m.42: スアレス
4-1, m.56: スアレス
5-1, m.57: メッシ
6-1, m.82: スアレス
6-2, m.84: ルベン・カストロ

 




Força! Barça!


 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2015-16 国王杯 Final FCバルセロナ vs. セビージャFC





























































Força! Barça!


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。