蹴球中毒な男の独り言日記-バルサ偏愛的バルサ備忘録

 フットボールに魅了され、フットボール中毒に侵され、フットボールなしでは生きていけない男のフットボール的な日常についての独り言と備忘録です。愛するFCバルセロナの応援を中心に書いています。バルサのソシオなので、かなりのバルサ偏愛者です。

$蹴球中毒な男の独り言日記  -バルサ偏愛的バルサ備忘録--FCB Escudo.jpg

          UEFA "5 Stars" Stadium
          UEFA "4 Stars" Stadium
          Barça "El Dream Team"
          Fútbol Club Barcelona
          EURO 2008 ¡Campeones!
          ¡Felicita al Barça por el Triplete!
          Copa Mundial 2010 ¡Campeones!
          EL CLÁSICO (2015年03月23日更新)
          La 4ª Champions (Wembley 2011)
          CENS2012(ソシオの国勢調査更新)という書類への対応


テーマ:

Liga Española 2016-17  1a División (La Liga Santander)

 

Jornada 06 (24/09/2016, Sábado - 16:15)

Estadio: El Molinón. (Gijón)  26,098 espectadores.

 


 

 

Real Sporting de Gijón 0-5 Futbol Club Barcelona

Sporting de Gijón: 4-4-2. (Doble Pivote)
 Entrenador: Abelardo Fernández.
 1 Cuéllar;
 16 Lillo, 4 Meré, 5 Amorebieta, 11 Lora [C];
 23 Moi Gómez (20 Dani Ndi, m.68), 6 Sergio, 10 Nacho Cases, 14 Burgui;
 7 Víctor Rodríguez (2 Douglas, m.77) y 24 Duje Cop (9 Carlos Castro, m.68).

FC Barcelona: 4-3-3.
 Entrenador: Luis Enrique.
 1 Ter Stegen;
 20 S.Roberto, 3 Piqué, 24 Mathieu, 19 Digne;
 21 André Gomes, 5 Sergio [C] (6 Senis Suárez, m.69), 7 Arda;
 12 Rafinha, 9 Suárez (17 Paco Alcácer, m.72) y 11 Neymar Jr..
 [No utilizados: 13 Cillessen; 14 Mascherano, 18 Jordi Alba; 4 I.Rakitić, 8 A.Iniesta.]

Goles:
 0-1, m.29: Suárez.
 0-2, m.32: Rafinha.
 0-3, m.81: Neymar Jr..
 0-4, m.85: Arda.
 0-5, m.88: Neymar Jr..

Árbitro:
 Carlos Del Cerro Grande. (Comité Madrileño)

Tarjeta Amarilla:
 Sporting de Gijón: Lora (m.09 y m.74).
 FC Barcelona: ---.

Tarjeta Amarilla:
 Sporting de Gijón: Lora (m.74, Doble Amarillas).
 FC Barcelona: ---.

Incidencias:
 El Molinón (casi 29.000 espectadores). Los medallistas olímpicos Cristian Toro y Saúl Craviotto hicieron el saque de honor en los prolegómenos.





■以下、ツイッターから転記━━


ラフィーニャとアルダが同時で先発で、イニエスタとラキティッチが控えで、デニス・スアレスもベンチスタート。左ラテラルもディニェだし、左インテリオールはアンドレ・ゴメスだし、コンビネーションによるオートマティックな連動性に円滑さが存在するのか、やや不安な11人だな。

ディニェ戻ったな

アルダとラフィーニャの位置がよくわからない

ラフィーニャが右エストレーモ、アルダは左インテリオールか。ふたりともプレーしやすく、ストロングポイントが出やすいポジション。

アルダは左ラテラルのディニェの前方のタッチライン際のスペースに出てボールを引き出す動きで自身のストロングポイントを活かす感じ。ボールを持って周りのマークを緩くするプレーでネイマールが活きればスポルティングの右サイドは破壊できる。

セルヒオはビルドアップの時に相手の2トップに対して数的優位を作るため、また質的優位を作るために単に中央に落ちるのではなく、自身へのパスコースを作るためにもピケの右側に落ちる工夫をしている。

テル・ステーゲンは毎試合何かしら良くも悪くも仕出かすな。

テル・ステーゲン、自演自作のパラドンに期待。

セルヒオは自身へのパスコースを消されないポジショニングと見るやセントラルの間に落ちてビルドアップ隊となる。

セルジ・ロベルトのボールの持ち出し方、ボールを運ぶライン取りは素敵だと思う。この点はインテリオールの選手の特性が活きている。

エル・モリノンで先制!

ラフィーニャも仕事した。セルジ・ロベルトも仕事した

エル・モリノンの芝生は根付きが浅いのか随分あちらこちらで剥がれて浮いているなぁ。だからスリップが多いのか。

左サイドの約束事のようなディニェが持ち上がった時はネイマールのポジションに合わせてアルダが動けている。ネイマールが中ならアルダはタッチライン際へ、ネイマールが外ならアルダは中でパスコースを作って左サイドの連動性を高めている。決定機は作れていないけれど。

一方、右サイドはアンドレ・ゴメスはセルジ・ロベルトの前方へは動かない。ラフィーニャが中に入っているとしても。アシンメトリーな感じ。相手は守りにくくはあるけれど。

テル・ステーゲンのキックミスは、かつてのラファ・マルケスの初年度みたいな感じで、慣れと共にその精度の緻密さが増して精密機械のような正確さとなるといいのだけれど。マルケスほどの名手も初めの頃は結構ミスが多かった。

当たり前だけど、みんな遠い足で受けてのコントロールオリエンタードが巧いなぁ。

イニエスタが不在だと小休止的な中盤でのひと呼吸してもリズムを変えることが見られない。

ドグラスはゲームに出られるローン契約なのか。

パコ・アルカセルはあともう少しでゴールになるな。

パッとしない中でもスコアだけは重ねられていく。

デニス・スアレスのスルーパスは素敵だった。外側へのキックモーションから変則的に内側へのスルーパス。

終わってみれば、気づいてみれば、そういえば、マニータというゲーム。

リーガ第6節
試合終了
スポルティング 0-5 バルサ
0-1, m.29: スアレス
0-2, m.32: ラフィーニャ
0-3, m.81: ネイマール
0-4, m.85: アルダ
0-5, m.88: ネイマール




 

 



Força! Barça!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

Liga Española 2016-17  1a División 
(La Liga Santander)

 

Jornada 05 (21/09/2016, Miércoles - 22:00)

Estadio: Camp Nou. (Barcelona)  89,421 espectadores.

 

 


 

 

 

Futbol Club Barcelona 1-1 Club Atlético de Madrid

FC Barcelona: 4-3-3.
 Entrenador: Luis Enrique.
 1 Ter Stegen;
 20 S.Roberto, 3 Piqué, 14 Mascherano, 18 Jordi Alba;
 4 I.Rakitić, 5 Sergio (21 André Gomes, m.51), 8 A.Iniesta [C];
 10 Messi (7 Arda, m.59), 9 Suárez y 11 Neymar Jr..
 [No utilizados: 13 Cillessen; 19 Digne, 24 Mathieu; 6 Denis Suárez; 17 Paco Alcácer.]

Atlético de Madrid: 4-4-2. (Doble Pivote)
 Entrenador: Diego Simeone. (Argentina)
 13 Oblak;
 20 Juanfran, 15 Savić, 2 Godín, 3 Filipe Luis;
 8 Saúl Ñíguez (9 Fernando Torres, m.60), 14 Gabi [C], 6 Koke, 10 Carrasco (22 Thomas, m.73);
 21 Gameiro (11 Correa, m.60) y 7 Griezmann.

Goles:
 1-0, m.41: I.Rakitić.
 1-1, m.61: Correa.

Árbitro:
 David Fernández Borbalán. (Comité Andaluz)

Tarjeta Amarilla:
 FC Barcelona: Suárez (m.84) y Jordi Alba (m.90+2).
 Atlético de Madrid: Koke (m.54), Griezmann (m.67), Thomas (m.82) y Filipe Luis (m.86).

Incidencias:
 Partido correspondiente a la quinta jornada de LaLiga Santander 2016 - 2017 disputado en el Camp Nou ante 89.421 espectadores. Los jugadores del FC Barcelona lucieron brazaletes negros en memoria de Alfredo Pérez, utillero del Barça B durante 15 años fallecido este miércoles.





■以下、ツイッターから転記━━


アトレティコの高速カウンターは怖いが、同等の速い帰陣とボールフォルダーへのアプローチでどうにか遅らせてボールを持たせてしまって攻撃のやり直しを強いてしまえば無力化できそう。無駄にボールを失わずにアトレティコの横スライドより速くボールを走らせていけば綻びはできてくるはず。

黒いユニフォームだからか、アトレティコが自陣のバイタルエリアを固めると人数が多く見えてスペースが全くない。やっぱり速い攻撃か、ネイマールとメッシが離れたエリアでボールに関与して揺さぶるしかない。今のメッシのミドルは良い展開だった。

自陣でのラキティッチのボールロストから危ない場面…

今日はアトレティコ陣内でのチームとしてボールを奪い返すプレーが好い。

アトレティコの速い攻撃の機会をできる限り摘んでいるのはいい。だからこそ前半の内に待望の先制点がほしい。

19m×28mを4-4-2で固められると…厳しい

アルビトロはアンダルシア協会所属のダビド・フェルナンデス・ボルバラン

今日の中央圧縮で居場所を消去されてしまっているスアレスには90分に及ぶ駆け引きに終始して消えてしまっていてもいいから1分の活きるプレーで理不尽なゴールでアトレティコの守備をこじ開けてもらえればいい。

ラキティッチ!先制ゴール!!

テル・ステーゲン、ピケ、マスチェラーノで2枚を剥がし、セルジ・ロベルトが加勢してボールを一気に運んでアトレティコ陣内まで迫り、メッシのシュートで終わる展開も見事。セルジ・ロベルトはたいしたもんだ。

この苦しいカサでのアトレティコ戦に勝利できれば首位(マドリーはカサでビジャレアルに1-1のドロー)に1pts.差にできる。

後半のフワリとゲームに入った感は何だ?前半のテンションはどこへ行った?

セルヒオは恥骨炎が悪いのか?アンドレ・ゴメスには奮起してもらおう。

メッシは鼠蹊部を傷めたか?

60分を前にメッシはダメか…

2枚替え直後のリスタートから失点…

スコアが戻ってしまったことでアトレティコも全体的なポジションが変化するはずだから前半と同じようにボールを左右に速く走らせてもらいたい。

イニエスタのボールの置き所、運び方は素敵すぎる。

正面だけど、近すぎるか?

アルダは右サイドだと窮屈そう。左サイドでならまた違うのかもしれない。

ピケ、惜しい…

決めたかった!

リーガ第5節
試合終了
バルサ 1-1 アトレティコ
1-0, m.41: ラキティッチ
1-1, m.61: コレア
第5節でのアトレティコ戦は2pts.を失って1pts.獲得には留まる。正直ゲームをコントロールしていただけに残念なところ。

もちろんメッシの負傷具合も気になるが、セルヒオの具合はどうなんだろ?ベンチでも奥に座っていたのか、カメラに抜かれることもなかったし、50分での交代は気になるところ。

メッシの所は誰がやっても戦闘力は落ちるわけで、その点でラフィーニャやパコが代替すればいいが、セルヒオの所は安定力とか地味に重要でアンドレ・ゴメス一択では不安。セルジ・ロベルトを起用したいが、右ラテラルが…という別問題も発生する。スポルティング、ボルシアMG、セルタと乗り切りたい。



 

 

 

 

 



Força! Barça!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Liga Española 2016-17  1a División (La Liga Santander)

Jornada 04 (17/09/2016, Sábado - 13:00)

Estadio: Municipal de Butarque. (Madrid)  10,000 espectadores.

Club Deportivo Leganés 1-5 Futbol Club Barcelona

CD Leganés: 3-4-3.
 Entrenador: Asier Garitano.
 13 Serantes [C];
 3 Bustinza, 13 Insua, 15 Diego Rico;
 17 Víctor Díaz, 19 Unai López (23 Omar, m.61), 12 Medjani (21 Rubén Pérez, m.46), 22 Sastre;;
 14 Kone, 8 Gabriel y 7 Machís (11 Szymanowski, m.61).

FC Barcelona: 3-4-3.
 Entrenador: Luis Enrique.
 1 Ter Stegen;
 14 Mascherano, 3 Piqué, 23 Umtiti;
 12 Rafinha, 4 I.Rakitić (7 Arda, m.57), 8 A.Iniesta [C] (6 Denis Suárez, m.65), 18 Jordi Alba;
 10 Messi, 9 Suárez (17 Paco Alcácer, m.56) y 11 Neymar Jr..
 [No utilizados: 13 Cillessen; 24Mathieu; 20 Sergi Roberto, 21 André Gomes, ;17 Paco Alcácer.]

Goles:
 0-1, m.15: Messi.
 0-2, m.31: Suárezi.
 0-3, m.44: Neymar Jr..
 0-4, m.55: Messi. (Panalti)
 0-5, m.64: Rafinha.
 1-5, m.90: Gabriel.

Árbitro:
 Ricadro de Brugos Bengoetxea. (Comité Vasco)

Tarjeta Amarilla:

 CD Leganés: Medjani (m.27), Víctor Díaz (m.39), Bustinza (m.54), Omar (m.80).

 FC Barcelona: I.Rakitić (m.24) y Neymar Jr. (m.80).

Incidencias:
 Partido correspondiente a la cuarta jornada de Liga, disputado en el estadio de Butarque ante unos 10.000 espectadores. Eva Calvo, medallista en taekwondo en los JJOO de Río, realizó el saque de honor.





■以下、ツイッターから転記━━


マスチェラーノ、ピケ、ウンティティの3バックだな。

中盤は右かラフィーニャ、ラキティッチ、イニエスタ、アルバの(1-)3-4-3

バルサの(1-)3-4-3の3-4-3バックの左でもプレーできたらウンティティは凄すぎるぞ。

ボールを動かせない。自陣ではテル・ステーゲンを含めてボールを動かすのはドキドキだな。自陣から中盤を経由してボールを運べない。。

選手間の距離と角度がいつもと違うし、それによりパススピードも違いし、ギクシャクのノッキングが酷いな。

テル・ステーゲンのフィードの精度が今日は悪い。そしてデフェンサとのコンビネーションも悪い。

カウンターからのトリデンテで先制ゴール!レガネスのゲームプランを壊したことで、この後の展開が変わるか。

イニエスタとラキティッチも同じラインにいるし、チームとしてパスコースを減らしてしまっている。早い時間に修正が必要。

追加点も納得できるゲームじゃない。

何だかドタバタ酷い。マスチェラーノがキッカケを作られてしまっているのは考えもの。

前半は中盤が同一ラインでパスコースの少ない(1-)3-4-3のまま。レガネスに数的同数を作られてセントラルには3トップをつけられ、ラキティッチとイニエスタには両インテリオールをつけられ、ラフィーニャとアルバのラテラルにもアウトサイドでマッチアップを作られ、修正しないで折り返した。

ルーチョは(1-)3-4-3を採用したにもかかわらず、レガネスに数的同数のマッチアップを各所で図られ、それに修正を加えずにMSNのトリデンテに頼るだけの前半にはスコアとは別に残念。数的同数に窮屈のまま改善もしないで手を拱いているようなプレーを見るのは苦しい。

来週は水曜日にリーガのアトレティコ戦も控えているし、不本意ながら前半で0-3と得点差もつけられたわけだから控え選手を出してシステムを変更してフットボールを修正して選手を休ませて無駄な負傷なども避けて確実に3pts.を持ち帰りたい。

後半、バルサはメンバー交代なき、マスチェラーノを右ラテラルにした(1-)4-3-3で開始。

メッシがペナルティキックを決めて0-4!

パコ・アルカセルはオフサイドか

ラフィーニャのゴラッソ!

結局、混乱の(1-)3-4-3的なフォーメーションっぽい?中盤がフラットな単一ラインなのが気に入らないまま残り時間が減っていく。

リーガ第4節
試合終了
レガネス 1-5 バルサ
0-1, m.15: メッシ
0-2, m.31: スアレス
0-3, m.44: ネイマール
0-4, m.55: メッシ
0-5, m.64: ラフィーニャ
1-5, m.81: ガブリエル






Força! Barça!

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。