いまや教育費に大金を費やすのは当たり前、老後資金や住宅費用と並ぶ人生の3大必要資金といわれています。

 親になれば可愛いわが子のためにがんばるわけですが、教育費だけは待ったなし、節約なんてとんでもない! と考えてはいませんか?

 教育費にだって方法はあるのです。ご紹介しましょう。


教育費は、子どもの年齢とともに驚くほど高額になっていきます。しかし近年では、行政が援助するケースがあります。

 国が行う「高等学校等就学支援金制度」は、所得制限はあるものの公立、私立ともに月額9,900円が補助されます。

また、各都道府県の動きも見逃せません。今年度から東京都では、私立高校に通う世帯年収が760万円未満の家庭には、国とあわせると年間約44万の補助が受けられるといいます。

しかし受給者は都内居住者に限られており、地域により受給要件や内容に違いがあります。

 今後住宅購入を予定しているご家庭は、行政の教育支援内容を吟味することをおすすめします。

塾にもある! 割引制度
大学受験となると、進学塾への通学を検討することもあるでしょう。塾も、割引制度を採用している場合があります。

 兄弟割引や友達紹介割引として、入会金の減額のほか商品券などのプレゼントを行うこともあります。

また、母子家庭や父子家庭を対象にした割引では、毎月の授業料や各講習などにも利用できることもあります。

 金額が大きくなればなるほど、お得です。ぜひ、問い合わせてみてください。

 

大学:進学したいなら志望大学、企業まで調べまくる
教育費の最大の山場は、何といっても大学です。給付型の奨学金は必ずチェックしましょう。

 大学生が利用できる奨学金制度には、貸与型と給付型があります。

よく知られている独立行政法人・日本学生支援機構は貸与型であり、無利子となる第一種も有利子である第二種も、借りたものは返さなくてはなりません。

しかし給付型は、返済不用、頂けるのです。
例えば、


早稲田大学が運営している「めざせ!都の西北奨学金」は条件はあるものの、半期分の授業料が4年間継続して免除されます。

慶応義塾大学の「学問のすゝめ奨学金」

立教大学「自由の学府奨学金」

青山学院大学「地の塩、世の光奨学金」

明治大学や立命館大学にも数万円から数十万円までの支援制度

があります。
また、もともと授業料が抑えられている国公立大学の中にも、給付型の奨学金制度があります。

 中でも広島大学の「フェニックス奨学制度」はすごいです。

入学料全額免除、在学中の授業料も全額免除と文字通り無料で勉強できる上に、毎月10万円の奨学金給付までされる破格の待遇です。

 採用人数はごくわずかとはいえ、所得や成績が条件にあてはまるなら、挑戦する価値は大いにあるでしょう。

 奨学金制度は、大手保険会社のアフラックや旭硝子、JT、三菱UFJ銀行などの企業が行っているものもあります。あきらめず、視野を広げて調査してみましょう。

勝ち取ろう、夢への道
幸いなことに世の中は、授業料を軽減する動きが多く出始めています。

おカネがないからと才能を断念するのは、もったいない。多くの給付型奨学金の場合、ある程度の成績が求められる場合が多く存在します。

 親子でしっかり話し合い、やる気と本気を家族で共有しましょう。

 

AD