la petite chambre

illustrator ree*rosee art works


テーマ:
映画「華麗なるギャツビー」のギャツビー邸パーティーシーンより。
ミア・ファロー演じるヒロイン・デイジーと、ペアルック(双子?)が
印象的な女子ゲストの夜会ファッション星
どのシーンの衣装も美しく目の保養だけど、とりわけこのシーンは
女性たちのきらびやかな装いが好みで楽しい♪

デッサンで描いた黒衣装も捨てがたかったけど(映像内でギャツビーの
デイジー・コレクションの写真で登場)パーティー着用の白バージョンジュエル

la petite chambre-daisie
フェイスアップとドレスのクローズアップ。
la petite chambre-d_faceup
ドレスと合わせたキラキラビーズのヘッドドレス、大ぶりなパールイヤリング、
サイズ違いのパールネックレス2連付け。

細やかなビーズ刺繍のデザインが美しく、ウェストから切り替えになって
アシンメトリーな裾のドレス、同じくビーズ刺繍がキュートなミニバッグ。
グラマラスな女性が着ると色っぽくなるところ、華奢なミアが着用すると
シルエットが美しくキュートな雰囲気に。
画像ではわかりにくいけれど、原画はラメビーズっぽい質感を出す為、
数色の絵の具で細かな色のグラデを付けました。
la petite chambre-d_dress

こちらは、鮮やかなレモンイエローに、襟元や裾にグリッターなビーズが
施された(バックショットも素敵)少しAラインシルエットのドレス、
ロング・パールネックレス、ハデ目なビーズのヘッドドレス。
端役ながら目を惹く二人でしたキラキラ
la petite chambre-flapper

ジュエル’the great Gatsby'「華麗なるギャツビー」(1974年/米) 

F・スコット・フィッツジェラルドの名作「グレート・ギャツビー」の
映画化作品。脚本はF・F・コッポラが担当。
一人の野心家の男と1920年代のアメリカの上流社会のきらびやかで
冷酷な世界観がメロドラマ調に描かれています。

野心家の男と彼が追い求める夢の女(実はしたたか)、富豪のダンナ、
その愛人の愛憎劇の連鎖が悲劇に向かい、美しいファッションや
映像と裏腹に、終盤は酷くエグい地獄絵図に。。
ある目的の為に富を築き名声を得た謎の富豪ギャツビー(ロバート・
レッドフォード)の華やかな世界と純粋なる願い。
手段を選ばずのし上がった男の野心の原動力は、執念深く純粋でもあり、
明かされる素性も涙ぐましい。
映画ではのし上がるまでの部分が端折られてたけど、原作はもう少し
丁寧に描写されてるのだろうか?原作読みたくなって来たニコニコ

カマトトなヒロイン・デイジーもえげつない女でイラッとするけど
(ピンチで恐怖におののく顔は「ローズマリーの赤ちゃん」ラストの
衝撃シーンとまったく同じ表情で笑えるw)それでもミアの可愛さや
美しく優美なファッションが見どころ。
デイジーのエレガントなファッションやデイジーの女友達ジョーダンの
クールな装いも見逃せず、アールデコ時代なファッションが豊富。
衣装担当はラルフ・ローレンだそうです(男性衣装のみかも)。

出番少なめであまり顔が確認出来ないけど、デイジーの幼い娘=
パッツイ・ケンジットでした。
そういえば彼女、子役出身でしたね(子役時代のは見たことないけど)
80’sのエイス・ワンダー時代、ウィスパー・ヴォイスと生意気な感じが
キュートで好きだったな~♡
声とルックスがちょっとヴァネパラっぽかったハート.*
la petite chambre-patsy

新作ギャツビーの予告編(リンク先音あり注意!)見たけど、
キャリー・マリガンの方が肉厚的で色気あってファムファタルな感じ♡
(ちょっとイーディーに似てる)画像元はコチラ→
la petite chambre-gatsby2
la petite chambre-gatsby


リボン  リボン  リボン  リボン  リボン  リボン  リボン  リボン  リボン  リボン

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

ree*さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。