我慢できた

テーマ:

トイザラスで木のレールの電車セットが半額以下になっているのを広告で見つけ、

買いに行くことにしました。


しかし、鼻風邪をひいていたため、耳鼻科にかかり、その後で行ったのですが…




なんと、売切れてしまったのです(><)



金土日の3日間と書いてあったのでまだ1日あるからと油断していたのが悪かった。

数量限定なら数量限定って書いてくれればいいのに…。

もうちょっと早起きして午前中に買いに行けばよかった。と

後悔の渦を巻きながら、けんくんが泣いて駄々をこねるんじゃないかという不安に

襲われたのでした。


「残念だったね。また広告でたら買いに来ようね。」

「次は広告見たらすぐに買いに来よう。」

「誕生日でもないし、正月でもないのに買って貰える事の方がラッキーだよ。

もともと買ってもらえなかったと思ってあきらめてね。」と

いろいろ話しながらその場を立ち去りました。。。


すると、思ったよりすんなりあきらめてくれたのでした。

これは成長の証か?!

我慢するということがどれだけ大変なことか。

大人だって手に入ると思っていたものが

手に入らなかったときの落胆・苛立ちは大きいはず。

こんな小さな子どもがしゃんとして我慢しているなんて!!


普通に手を繋いで車まで歩いていってましたが

私の心はほんのり温かかったです。

AD

お手紙交換

テーマ:

幼稚園ではお手紙交換が流行っているようです。

最初はけんくんからある女の子に書きました。

「●●ちゃんにお手紙書きたい!」と突然言い出しまして…

字は自分の名前しか書けないので絵を書いて出すことにしました。

返事は期待していなかったのに

翌日お返事が!!

しかもなにやら絵と一緒に字も書かれていて

『だいすき』『❤』などところどころに書かれているではないですか!!!

いやぁ、幼稚園児とはいえ女の子はおませさんですね^^


その後、他の女の子(クラスの子)二人からお手紙もらったり

バス停の女の子二人にお手紙書いたり、

お手紙交換をしています。


お友達がたくさんいて喜ばしい反面、

全員女の子ということに気付きました。






ところで、ちょっと気が多すぎやしませんか???


AD

500系で横浜へ

テーマ:

新幹線好きなパパとけんのために500系で横浜へ行く旅行を計画しました。

(2/28で東海道線のラストランになるのです。)

なんと旅行に出る2/6は初雪が積もりました!


朝起きるとけんは(しっかりした記憶がある時期で)初めての雪を見て

驚いた様子でした。

(後日談「けんちゃんね、朝起きたら『あれっ?!』ってびっくりしちゃった。。。だそうです)

朝ごはん食べて支度して、外へ出ました。

初めての雪にどんな反応なのかなって思っていると

「ねぇ、ママ。…雪食べていい?」

だって。

出発時間が遅めなため

少し散歩して雪だるま作って、足跡つけたり、雪玉投げたりして雪遊びも出来ました。


名古屋駅に着くと案の定、新幹線のダイヤは遅れていました。

(15-20分程)

パパの意向で指定席でなく自由席にしたので

パパが責任を持って並んでくれるということでした、が

定刻の15分前から並んでいたので結局約30分も寒さに震えて待つことに!

しかも、500系というのは先頭車両のみドアが一つしかないということに

気付かず、せっかく並んでいたドアは開きませんでした。。。

パパ、ドジ!せっかくの苦労が無駄骨。。。

新幹線には詳しいんじゃなかったのかしら?!

あわてて一つ後ろのドアへ走り、なんとか最後の最後の席を取り事なきを得ました。

(座れなかった人も何人かいました。飛び飛びの席でしたが代わってもらえて並んで座ることも出来ました。)


一日目はアンパンマンミュージアム

混雑して人だらけの館内をちょろちょろと動き回って

追い駆けるのが大変でしたがいろいろ撮影もできたし、滑り台をしたり楽しめました。

キャラクターのパン屋さんではママがアンパンマン、パパがジャムおじさん、けんが名犬チーズ

を食べました。

その後ランドマークタワーへ行ったのですが

2/6と7が停電のため休業ということで残念でした。

代わりにマリンタワーで港の景色を観ることにしました。

昔行ったままの姿だなぁと上を見上げていたら

低層階はとてもきれいに改装されていて入り口が高級ホテルのように

なっていたのがびっくりでした。

洒落たディスプレイも面白かったし。。。

(透明なプレゼントボックスがあり、ベイブリッジやランドマークタワーの景色を

プレゼントに見立てて写真撮影が出来る☆)


夜は中華街でご飯を食べて満足でしたし

2日目は八景島シーパラダイスで存分に遊びまくりました。

帰りにほっきょくぐまのぬいぐるみとイルカのバルーン(空に浮かぶ)

をねだられ、疲れきっていたパパはダメという気力もなくしょうがなく買ってやっていました^^;

帰りの電車&新幹線でバルーンはとっても邪魔で目立っていました。。。


最後の最後にママがポカをしてしまいました。

新幹線を降りる時おみやげの袋を持って降りるのを忘れてしまったのです!!

あわてて「すみません!」と乗り降りする人を掻き分け

取って降りてなんとか発車までには間に合いました。

あーよかった。

そのまま京都に行ってしまうこともなく戻ってくることが出来ました。

パパは「よくやった。よく気が付いたな。」って

誉めてくれました。

人間ができてるな、たまにはいい事いうな、と思いました。

(ドジだなとか言われてたら自分こそ気をつけてよとケンカにもなりかねないので

旅の最後が台無しにならなくてよかった☆)


けんはとても楽しかったようでまた横浜に行きたいと言ってました。

ホントよかったです。

AD

もやもや

テーマ:

今日ある教室でけんがけがをしました。


レッスンが終わった後の母親同士の意見交換の最中のできごとでした。


先生が司会役で輪になって母親は子供達に背を向けている状態でした。

会議室にあるようなテーブルがあり、

けんとAくんがその下にもぐりこんで遊んでいましたが

けんは顎の辺りをひっかいたような傷を作って

「痛い~」と出てきました。

けんは「Bくんがひっかいた」と訴えたのですが

BくんはすでにBくんのママのところへ

甘えるようにしがみついていて

Bくんのママは

「Bはここにいたからやってない」と言いました。

すると先生が

「Bくんは私が見る限りけんくんには近づいてないから

やってないと思いますよ。」とおっしゃいました。

でももう一度

「Bくんがひっかいた」

とけんが言うので

「『Bくんがひっかいた』って言ってますけど」

というと

Aくんのママが「爪を切ってるからうちの子も違うと思うよ」

と言い、

また先生は「机から出る時に引っかかっているS字フックで

自分で怪我したんだと思いますよ」とおっしゃいました。


しかし、怪我をするより少し前の出来事で

Bくんが机にもぐろうとしてきて

けんが「入ってこないで」ともめているのを見ていたので

Bくんはけんと全くかかわっていないという先生の言葉と食い違いがありました。

それに、傷が2本並んで並行に付いていて

(確かに並んでS字フックがかかっているところもあるけど)


引っかき傷と思うと納得できるような傷だったので、

みんなが帰ってから先生にまたお話を切り出しました。

子供の言葉を鵜呑みにするわけじゃないけど

自分は子供を信じたいので何と声を掛けてよいか分からなくなってしまった。

モヤモヤしているのだけれど、と告げると

「モヤモヤしているのはBくんのママも同じですよ。

ひっかいたと言われてうちの子はしてないと思ってますよ。

私はBくんがけんくんに関わっている様子を見なかったので

Bくんは違うよと言っただけです。

結局誰も現場を見ていないから真相は分からないです。

私が見る前にBくんがしてしまったのか

もしかしたらAくんがひっかいたのだけど

けんくんがAくんのせいにしたくなくてBくんのせいにしたのか(けんはAくんの事が好きらしい)

分からないけど教室でトラブルが起きないよう事態を収拾しようとして


一番問題なさそうなS字フックのせいにしました」

とおっしゃいました。

そして

「お母さんはどうして欲しいんですか?」と言うので

「AくんママやBくんママが現場をみてもいないのに


すぐに子供をかばう言い方が納得できないです。

私なら子供と話をすると思います。


あと、先生がS字フックで自分で怪我をしたと言い切ったら

けんはうそつきになってしまう。


もしかしたらこうだったかもしれないよね、


と可能性の話にしてもらえばまだ許せたかもしれないけど…。」

と言うと

「お母さんのおっしゃるとおりです。私が言葉足らずでした。」

とは言ってくれました。

でも、

「子供はケロッとして忘れているのに親が大げさに騒いだりすると


『自分が泣き付けば親が動いてくれる』と思って悪知恵が働くようになるかもしれないので


お母さんはあまり大事にしないほうがいいですよ」とも言われました。

帰ってから、よく考えるとS字フックのせいなら

教室の管理不行き届きですよね。

子供が机の下にもぐりこんだ際よく怪我をすると知っているなら!!


あと一回でこの教室も終わりなので今回のことは


世の中にはいろんな人がいるんだなぁと水に流して置こうと思います。

(AくんママもBくんママも何か話しかけづらい人でした。)

幼稚園に通い始めたらこんなことは頻繁に起こるんでしょうね。


日々勉強の毎日ですね。

最近のお気に入りの絵本は

よるくま

のようです。


よるくま/酒井 駒子
¥1,050
Amazon.co.jp


一番最初に持ってきて読んでもらった後、

最後のページで、

「お や す み」

と読むと


「あぁ~しまった!これ最後に読むんだったのに最初に読んじゃった」

と必ず言います。


お気に入りなのでいの一番に持ってきたものの


終わり方が、最後の一冊にふさわしいような


セリフだからなんでしょうね。


(最初と最後に一回ずつ読むべきか?!)



あと、

かいじゅうたちのいるところ

もよく読みます。


かいじゅうたちのいるところ/モーリス・センダック
¥1,470
Amazon.co.jp


 
やさしい だれかさんの ところへ かえりたくなった。

のところでいつも

「誰のこと?」

と毎回聞きます。


そして

「じゃあけんちゃんのやさしい誰かさんって誰のこと?」

と、期待と不安が半々で聞いてみると

「ママ」

と、答えてくれるではありませんか!

「じゃあマックスのやさしいだれかさんって誰のこと?」

「ママ??」

というやりとりで納得した様子。



毎回なので微笑ましいです^^

元旦

テーマ:

あけましておめでとうございます合格

今年もぼちぼちと育児日記を綴っていきたいと思います。


元旦ですがパパは仕事なので
母と子のみで過ごしました。

けんは寂しそう…

…と思いきや、近所のお友達にショッピングセンターで
偶然会い、偶然にもパパがお仕事だそうで
一緒に遊ぶことになりました♪

お友達の家に行ったのだけど
まだまだ3歳なりたての子供同士では
仲良く遊べませんね^^;
口で言うより手が出る方がラクなので
お友達がすぐ手が出てしまい、
うちの子も手を出されたらすぐカッとなって
キーキー声でけんか腰になってしまうので
争いが絶えませんでした。

カルタ取りは二人とも負けず嫌いだし、
あとおもちゃの取り合いがひどかったですね…。
お医者さんごっこが唯一平和に遊べたかな?

「もう遊んでやんない」
「ママ帰ろ!」
と険悪なまま帰ることになりそうでした^^;
お友達が
「ごめんね」とママに促されて一応謝ったのですが
けんは「謝らないなら許してやらない」と言うのです。
一瞬、あれっ?って思いましたが
「○○してごめんね。って、
どうして悪いか言ってないから?」
と聞くと、そうだと言いました。

確かに…私がパパとけんかをすると
同じことを言っているからかもしれません。
パパは『とりあえず謝ればいいんだろ』と
思っていたり、
問いただすとちゃんと理解していない時があるので
何に対して謝ってるのかちゃんと言葉で
はっきりさせて欲しい、といつも私は言うのです。

お友達も
「叩いちゃってごめんね」
と言ってくれたので
「いいよ、許してあげる」
とけんも納得できて
気持ちよくバイバイできたのでした^^

おおみそか

テーマ:
随分家遊びが上手になったけんくん。
しかしあまりにも家の中ばかりでは、
と思い
「おやつは駅まで歩いて行けるなら
駅前のミスタードーナツ買ってあげるよ」
と誘うと
「いくいくぅ~」
と二つ返事でした。

しかし今日はとても寒かった。

あったかいコートと手袋をしていったけど
風は強いし、日陰はもっと寒いし、
早足で駅に向かいました。

すると途中でお守りが落ちているのを発見。
金目のものではないにしても
雨ざらしではバチが当たってしまうかもと思い
交番に届けることにしました。
駅前に交番もあることだし。
ドーナツ買ってから交番へ行くと
…誰もいない。
電話が置いてあり
御用の方は○○○番へお電話くださいとのこと。
いったいなんのための交番?!と思いつつ
電話すると、
拾得物は書類を書かないといけないので
誰もいないその交番へ置いておいてもらっても
困る。
後で取りに伺うので自宅へ持ち帰ってください。
とのことでした。

わざわざ家まで取りに来てくれるなんて
なんて親切なんでしょうね。
こちらも善意ですることとはいえ
警察官の手を煩わせてしまって
恐縮してしまいました。

しかし見てみぬふりはできませんでしたね。
おかげで気持ちの良い年末になりました。

もわもわ

テーマ:

今日はとっても寒い日だったので

けんくんのズボンを裏起毛のものに変えました。

すると…

「ママ

このもわもわ気持ちいいね☆

ありがと♪

けんちゃんが大きくなったら

ママにももわもわ買ってあげるね」

ですって!!

ありがとう(><)ラブラブ!そして、ごめんねぇカゼ今まで普通のズボン着せてて

パパが帰ってきたら

パパにも同じことを言っていたけんくんなのでした。。。

最近困っていることがあります。

冬になって家遊びが増えましたが

3歳にもなると落ち着いて遊べるようになるんだなぁとよろこんでいたのですが…


レゴブロックで階段を作って家のようなものを作るんですが

必ず

「アンパンマンのおはなしやって~!」


って言われるんです^^;


ソフビ製のアンパンマンキャラクターの指人形が10体程あるんですが

それでお話を作っておままごとみたいな劇をして欲しいってことです。

でも、おままごとではなく、ママが(パパが)全部の役をするので大変です。

「アンパンマンのおやくそく」という学習系のDVDのお話をしてあげると

喜ぶのですが、

「もう一回やって!」と繰り返されるリクエスト。。。

自分でストーリーを考えたとしても

動物園に行こう、とかピクニックに行こうとか、あまりパッとしないストーリー。。。

今までに読んだ絵本をネタにストーリーを作っても限度があるし。。。

絵本なら絵本で普通に絵本読んでいる方がラクなのに

それではダメという。

(絵本はもっぱら寝る前に読む)


本当に困ります(><)


こちらががんばって人形ごっこしてれば

そのうちけんもやる気になってくれるかと思い

続けていますが、

その気配、全くなし。


いつになったらけんくんに配役できる日がくるのやら。。。


希望の光☆

テーマ:

いままで全然進んでいなかったトイレトレ。。。

ママ友に

おむつはいてちゃトイレトレは進まないよ。

失敗の経験がないとやる気が起こらないじゃない?!

と言われ、考えに考えたのが…


『布パンの上からオムツ』

でした。

(トレパンよりいつものオムツを履けるからか安心感が違うようです)

かなり変、かもしれませんが、濡れて気持ち悪いカンジを覚えたせいか

今まで事後報告さえなかったのに1日2-3回「おしっこ出そう」と

言えるようになり、失敗しても「おしっこ出ちゃった」と教えてくれるようになりました。

外出時にオムツで出かけても成功or「オムツでしちゃった」の報告ありで

ようやく光が見えてきたような気がします。


服を汚してしまうのを恥ずかしく思っていたのかも…って思いました。

パンツを履かせようとすると

「失敗しても怒らない??」

と不安そうに聞いていたので。

何はともあれ幼稚園入園に間に合いそうで

良かったです☆