日本代表PKで散る

90分と延長前後半の30分。トータル120分を戦い抜いた
日本代表。最後はPK線で敗れました。

本当によく戦ってくれました。善戦どころじゃなく、互角に戦って最後は
サッカーの神様に試練を与えられたんだと思います。
もうなんだか、よくわかりませんが、うるうるしています。


相手は生まれたときからボールを蹴っているというサッカー国。
そのチームに対して全く引けをとらない全力プレーで失点を凌ぎました。
得点はできませんでしたが何度も惜しいチャンスを作り、W杯における実績も歴史も
はるかに上回るパラグアイを脅かし驚かせました。


精度の高い日本のフリーキックは世界を驚嘆させ、しぶとくねちっこい日本の守りは
相手チームをいらつかせました。これほどまでにすばらしい戦いを見せてくれるとは、
応援する方としても全く驚いたというほかありません。


テストマッチではオウンゴールの申し子と化していたトゥーリオも、本大会に入ってからは
しぶとく懸命に守りました。体格の劣る中で唯一通用した中澤のボンバヘッドは
「こんなはずじゃなかった」と相手チームに思わせ、「疲れを知らねぇのか?」という長友
の守備が相手エースに仕事をさせませんでした。常に数的有利な状況を作って攻撃を防ぐ
日本の守備は、相手のミスを誘い、心理的に追い込み、それがあらゆるプレイに粗さをもたらし、
自陣近くでファールを犯すことにもつながったと思います。
それがデンマーク戦での得点をもたらしたのです。


精度の高いフリーキックを生んだのは、これはまさに練習の賜物だと思います。必ずしも、
決して小さい頃からサッカーボールに親しんでいたわけではない日本の選手がどうやってゴールを奪うか?
個々の技術において歴史の差から相手選手を凌げない日本人が、いかにゴールを奪うかを考えたとき、
直接入れちゃえばいいということで何本も何本もフリーキックを練習したんだと思うのです。
そう考えると、そこはやはり「よくそれを磨いたな」と脱帽するしかありません。


2大会ぶりにベスト16という結果を残した日本は、その残した実績以上に日本と世界のサッカーふぁんを
驚かせました。


僕はかつて中田が代表でがんばっている頃に「走ってるのは中田だけじゃんっ!なんで他の選手は攻撃にしろ
守備にしろそこで見てんだよっ!?」っていきどおった事があります。前にブログに書いた気もするけど、
もう記事を探すのがめんどくさいのでしませんが。今大会前に本田と中田が対談してますが、その時に「ひょっとして、当時孤立してました?」って本田が聞いたらしいですが、そういう状況だったのです。そういう風にチームが
まとまってないんじゃ結果は伴いませんわな。おそらく中田が余りにも(他の選手よりも)国外で
実績を残していたから反感にも似たものを感じていた可能性があります。

が、今回は大会前にぼろくその成績だったおかげで選手たちがいい意味で開き直って、そして一丸になって本来の「走るサッカー」に回帰できたんではと思います。
チームで戦うわけですから、やはり一体となっていないとそこは難しい。

それが今回の代表選手たちにはありました。


それがサポーターにも感動を与えてくれました。

中田が代表ユニを脱いで以降、全く応援する気がしませんでしたが、それはもうおしまい。
がんばる日本代表を、日本サッカーを僕は応援します。


もしこのPK戦で勝てたら、主力選手がイエローの累積で出場出来ないことから「傷だらけのベスト8」という
言葉を使って文章を書くつもりでしたが、そうはなりませんでした。
彼らは、日本や世界のサッカーファンにとてもいいものを、熱いものを残してくれました。


本当に見事な、あっぱれな戦いでした。
ありがとう日本代表!そしてお疲れ様!


AD

延長に入ったぁぁぁ!!!
しびれるぅぅぅぅ!


日本よく守っています。よくしのいでいます。
前半も後半もピンチはあったけど、逆におしい日本のシュートも
ありました。


見ていて心配だったのは、自陣(ゴール近く)でのパス回しが
非常に危なっかしいとこ。おいおい、危うくミスしてしまわないかと
ひやひや。


でもなんとかしのいでる。オカナチオは評価できます。


さぁ延長に入った。ここからだ。

熱い時間帯に突入!!!!!!


がんばれ!がんばれ日本代表!!


それにしても、日本がもらったイエローカードはちょっと納得いかないのが
いくつかありますね。後半の10分あたりで松井がもらったのなんか、
まったく意味がわからない。なんでだ?

この大会は強豪チームが敗退する波乱が続いていますが、本当に何があるかわかりません。
ほとんど期待していなかったサムライブルーが初戦をものにし、そうしてオランダに善戦し、
とうとうデンマークを破って1次リーグを突破してしまいました。


岡田監督の株は急上昇。


テストマッチでぼろぼろだったこのチームですが、サッカーの原点に戻ったところがこの勝因では
なかったかなと感じます。実はテストマッチは僕はひと試合も見ていないんですがね。
何しろよく守り、よく走る姿が印象的でした。1対1でなく、2対1の状況を常に作っての守備。
攻撃も、フォローしあいながらのボール運び。チームがよく結束していたと思います。


後半、PKを与えて失点したときはまたぞろ悪夢がよみがえる気分でしたが、いや、よかったです。
引き分けでもいいんだから気にするなと言い聞かせ、そうこうするうちに常に笑顔の岡崎があれよあれよと
本田と二人でゴールに向かい、ひょろひょろと押し込みました。

3対1。もう大丈夫。時間もないし。


危ない場面も実際はいくつもあったんだけど、何しろよく守ってたおかげで相手のキックの精度を落とすことに
成功したんだと思います。


デンマークは実際いらついていました。前半の段階から、「こいつら固いな、しつこいな」と感じたはず。
そういうのが強引なプレーを引き出してファールを誘い、まずは本田がフリーキックで見事に先制。
もうその辺りから「こんなはずじゃない」ってなもんでプレーが雑になってたのではないか。
後半は怒涛のセンタリング責めでゴールに襲いかかりますが、それも決定機を演出できないもどかしさから
「そこでなんとかしてくれ」的なアバウトなもの。日本の緻密な、地味ではあるけれども懸命なプレーが
勝利を呼んだのです。

いやもう、まさにこんなうれしい事はないですね。
決勝トーナメントでも、本当にこの調子でプレーしたら岡ちゃんが吹いた「ベスト4」も
夢物語ではなくなってきますね。

おめでとう、日本代表。そしてありがとう。


さざんカルビ-喜びの遠藤

次ももちろん応援するから、頑張ってほしい。

カメルーン戦の完封と言い、負けはしたものの最小失点差のオランダ戦と言い、
今大会の日本イレブンは非常によく守っています。このデンマーク戦でも日本はきっちり守って
相手の攻めに対して常に数的有利な状況を維持しながらねちっこく防ぎます。
この調子なら、少なくとも引き分けは十分あるなと思っていたらばです。


な、なんと本田がフリーキックで先制してしまいました。蹴る前に、長谷部に言ってたのかな?
「下がれ!下がれ!」と支持していました。そう、彼は狙っていたんですよね?壁を下がらせることで、
ボールの軌道をキーパーに見せるタイミングを遅らせたわけです。お見事!豪快にゴール左隅に決めました。


さぁこっからだぞ!と僕は思いました。この1点を守るんではなく、もう1点取って勝ちに行けと。
やはり思い起こされるのがあのオーストラリア戦だからですよ。


そうしたら、やはり今の日本イレブンは魂入ってますね。

先制点を取った位置より更にゴールよりの場所でまたまたフリーキックもらいました。これは
そこでファールを貰った大久保のファインプレーでもありますが、今度は遠藤が蹴ります。
さっきと逆の右サイドに鮮やかに正確なコントロールにてゴール!


いやいやいやいや、こういう展開になるとは思いもよりませんでした。
前半終了時点で2対0。


きっちり守ってくれよ。そうしてもう1点ゲットしてくれ!そしたらもう、16強は目の前だ。
後半終了後に「全てが夢と消えないよう」全力で頼む!

この作品を見ようかと考えて、見ると決めたのは松雪泰子でした。僕が前回観た松雪作品は(ここでは準主役ですが)「容疑者Xの献身」。東野圭吾が原作のガリレオシリーズの映画版です。ここでは主役の福山雅治と堤真一の対決が見所ではありますが、下敷きになっているのは堤の松雪への献身的な愛です。堤は天才的な数学者でしたがその頭脳を持て余し、あまつさえ世をはかなんでたった今死のうとしていた所に偶然現れた(アパートの隣室に越して来た)松雪に恋をします。元夫を死なせてしまった(娘を守ろうとしたので過失致死)松雪をかばい、堤は死体遺棄の罪を犯します。その殺人が発覚しないよう緻密に計算されたトリックを彼は施し、それを暴こうとする福山との対決が話の中心。要は、愛する人を殺人の罪から守る為に自らが罪を犯し、「今までどおり、普通に暮らしてください。あなたを守る事が私の幸せだと(これは言ったかどうだか忘れたけど)」手紙に託すのです。結局は福山がトリックを看破し、堤は逮捕され、罪の意識に苛まれた松雪が名乗り出ますね。愛ゆえに罪を犯す堤と、殺人罪の重さと自己保身の狭間で揺れ動きながら最後には名乗り出る松雪。ここでは守られる側だった松雪がこのMotherではどういう役なのかなと興味があったのです。・・・ここまで長い。


番組の宣伝段階で、そのタイトルからして母性が関わる話で、そして重い作品だなとわかったし、松雪が主役だったので観ました。

それにしても、虐待によってその短い命を終える事件のなんと多いことかと考えさせられます。といっても、この作品は「命は尊い」という自明を突き出して責めるという単純なことはやりません。そのかけがえのない命を、だったら「救う為に誘拐してしまう」という罪を犯すわけです。作品内で散々訴えられていましたが、子供を救う為とはいえ親子の間に介入する事はとても難しく、しつけと虐待の線引きは困難です。冬の北海道で、ゴミ袋に入れられて放置されるというショッキングな第1話。そこで事故死に見せかけて連れ去ってしまうというこれは明らかな犯罪。おいおい、いったいこの2人はどうなるのか?この先どうするんだと見逃せなくなりましたよ。


ガリレオじゃないけど、この脚本は練りに練ってありましたね。少しづつしか見せないからこの人物にもあの人物にも興味が湧くし、先の展開が読めませんでした。そうしてこのつぐみちゃんの可愛い事といったら、ちょっと言葉にできないほどですね。傍から見ると、なんでこんな可愛い子を虐待するんだと思いますが、(なったことないから想像ですが)たぶん母親というのはああいう(虐待をしてしまう)状況に陥ったら最後、可愛さ余って憎さ百倍という心境に至るんではないでしょうか?子供というのは明らかに(特に幼い頃は)自分の分身であり、ピュアなぶんだけ本能で生きている子供に自分自身のエゴばかりを見るのではと思います。そのように、我が子に自分自身を重ねるからこそ、なりたい自分に今度こそ成長をと願ってその未来に期待もするのです。ですが、尾野真千はそうはなりませんでした。中盤で尾野真千子がどうして怜南にああいう仕打ちをするようになったかが語られていましたが、これは正直に言うと少々無理があった気がします。生活に追われる中で、我が子を愛す、守る気持ちをどこかに置き忘れてしまった感がありましたが、実際はどうなのかなと感じました。隣りのおばちゃんが支えてくれてたみたいでしたが、若くして他界した夫の両親や尾野真千子の両親について触れられずじまいだし、今時生命保険のひとつも入ってなかったのかよとも思いました。亡くなった原因も語られず。まぁ、亡くなり方によっては保険金が入りますからそこには触れなかったんでしょう。


それよりも、奈緒とつぐみです。奈緒の母は実は育ての母で、うっかりさんが実は実の母で、うっかりさんは奈緒を娘とわかっていながらそれを明かさず、奈緒は実の母を恨んでいてでもうっかりさんが実の母だと気づかないままという、更に更に、つぐみが自分の孫だとばかり思っていたら本当は誘拐された道木怜南ちゃんでした。いや、ややこしい。

すじをひたすら追っていたら終わりそうにない。


この作品を観て感じたのは、母の母たる強さですね。最終話でうっかりさんが言いますが、お母さんにはお母さんがいて、そのお母さんにもお母さんがいるという事。みんなお母さんから生まれてくるという厳然たる事実です。奈緒がつぐみとの将来への不安を口にした時に言います。

「あなたとつぐみちゃんははじまったばかり。ふたりがどうなるのかはあの子が大人になった時にわかるわ」

それは、「その時までしっかり頑張りなさいというエール」だと受け取りました。

先ほど触れましたが、尾野真千子の母に関する描写はありませんでした。つまり「彼女の母」から「怜南の母」への受け継ぎはなかったのです。どこかで断絶しているんです。だから尾野真千子は強くなかった。母たる強さが足りなかったんだということです。


奈緒は赤の他人であるつぐみに対して「母になる」と決意しますが、記者の山本が言うように、現実社会では「母性を抱いた事が罪」です。現実に母になるには決められた手順を踏む事が必要で、ちゃんと妊娠して自分のお腹から産まなきゃいかん。そうでなければ養子縁組くらい(これも手順が必要)しかありません。そういった手続きなしに、いきなり「母になる!」と宣言してもそりゃなれませんわな。けれども、フィクションの上では奈緒は母としての強さを持ち合わせていました。どういう事かというと、冒頭に触れた「容疑者Xの献身」における堤のように、犯罪を犯してまでもそれを守るという覚悟です。死ぬ気で守るという事です。死ぬ気と言っても本当に死んだら終わり。この場合、社会的な地位を脅かすことになろうとも、犯罪者になってもです。社会的な死を賭したわけですね。これは、最終話で明かされますが、うっかりさんが放火によって夫を殺害したという殺人罪は、実は奈緒によって引き起こされた事件であって、それをかばってあの世まで持って行った訳ですよ。まさに殺人者になってまでも娘を守ったのです。あのうっかりさんの人柄からして、とてもそういう風には見えないと言わせた周囲の評価は正しかったのです。そうしてそのうっかりさんの懐の深さといったら、まぁフィクション上でしかあり得ないかなと思わせるほどの聖なる母ですね。


まぁそれにしても、いい作品でした。

最終話の前の回のラストで泣きじゃくる継美の姿は涙なしには見れませんでした。

「もういっかい・・・ゆうかいしてっ!」って言われた日にゃ、僕はもう・・・どうしようかと思いました。


坂元裕二さんの脚本では、この前終わったNHKの「チェイス」(江口洋介主演)も見ましたが、人間というものの奥深さを感じますね。

久しぶりに日本代表の試合を観ました。W杯初戦だし、そりゃやっぱり勝って欲しいし、勝負事はやってみなけりゃわからないんだから。

あのドイツ大会。悪夢のオーストラリア戦以降、日本サッカーは冬の時代に突入。更にナカタが代表を引退。僕ははっきり言って興味を失いました。

それでも、折に触れて代表の試合は見つつ、その度に落胆させられ、いつからか完全に見なくなりました。

こういうゲームをやってくれればまた見るし応援するのだよ。


前半は双方ともじっくりじっくりという感じで、「ま、慌てるな。時間は有効に使わないと」ってな雰囲気でした。カメルーンは日本同様チーム状態がよくないと聞いてましたが、ホントになんだか「格下相手に何をビビってんだ?」って試合運びでしたね。初戦でしたから硬かったんでしょうね。そんな中、スコアレスで終わりそうな前半の最後あたりにまるで魅入られたかのようにサイドの松井にするするっとボールが渡ります。松井はよく見てた。そうしてその松井を本田がよく見てた。ゴール前でジャンプするディフェンダーの頭ぎりぎりかすめての『本田の左ひざへのゴールデンクロス』ですよ。

ゴールの神様はいきなり現れます。

なんかもう、代表のゴールって実にひさびさに見たような気がします。

よっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!


この試合、殆んど全ての選手がいい動きと働きをしていたと思います。守る人と中盤の人と攻める人が。相手のエースであるエトーに仕事をさせなかった(顔が映ると猿にしか見えなかったんで)猿の長友に拍手。スピードといい身体の切れといい、きびきびしていた大久保に拍手。ピッチの動きを実は初めて見たんだけど、本田ってタフですね。ガタイのいいカメルーンの選手に全く負けていない彼に拍手。そんなに目立たなかったけど、遠藤は気づくといた。駒野は相変わらず運動量豊富だし、おとなしい感じなのにキャプテンで大丈夫なのかやや心配でしたが、長谷部ってのもちゃんとゲームを締めてました。


サッカーってのはみんなでやるもので、そりゃある程度の役割分担はありながらも、ゴールを割るため割らせないためにはお互いがフォローし合わなくてはいけない。なんか、中田ヒデと本田が先日対談したらしいけど、その時に本田が「孤立してました?」ってズバリ口にしたとかしなかったとか。その言葉が当時のチーム状況を表わしてます。僕が見てても、なんか、攻めるのも守るのもヒデ?って感じでしたから。チームで戦ってなかった。

この試合はみんながちゃんとフォロー出来てました。だからぎりぎりのところで失点も防げた。そりゃ危ない場面は何度となくありましたが、チームが一丸となって防いでなお破られたらあきらめもつきます。・・・たぶん。今までの失点はぽかんとしてやられてましたから、「ちょっ・・・なにやってんだよ!」というのが多かった気がしますから。


これで、次のオランダ戦も期待を持って見守って応援できます。

おめでとう!勝ち点3!君たちの魂見せてもらったぜ!