2016-10-11 20:00:28

■ロシアW杯アジア最終予選■オーストラリアVS日本「盗んだバイクで走り出したら人身事故した原口」

テーマ:フットボール

さて、W杯予選序盤の天王山となったアウェーのオーストラリア戦。
サウジアラビア、UAEが予想外に好調なので、両チームとも負けるとこの未来が混沌としてきてしまう。
いまだにギロチンにかけられてると思われるハリルホジッチの運命やいかに!


■オーストラリア1-1日本
■感想

・日本のフォーメーションはキーパーが西川くん、DFが右から酒井@百万馬力、吉田、森重、お調子者。ボランチが山口&長谷部。2列めが右から小林、香川、原口。そして1トップは事前に情報があったとおり、本田。前の試合でMOM級の活躍だった清武を外し、本田のキープから原口、小林のカウンターというイメージだろうか。
・カウンター狙いでも清武でいいのじゃないかという気もする。
・本田を残してるのはセットプレー守備の高さ対策というのも大きそう。
・カウンターじゃなくてちまちまワンツー始めたらさすがに笑う。
・解説は福西さんなので、今日は人間力ポエムなし。
・オーストラリアはGKライアン、DFが右からマッゴーワン、セインズバリー、スピラノさん、スミス。MFがワンボランチにジェディナク、その前に右からムーイ、ロジッチ、ルオンゴという感じか。2トップはジャノー、とユリッチ。スピラノさんはあのスピラノさんか。


・試合開始。
・やはり本田が1トップ。時間帯によっては香川との2トップのようにも見える。
・一切繋ぐことを拒否してるように見える槙野。
・4分、本田のポストプレーから上がった原口がドリブルも止められる。
・4分、スローインを受けた香川が左からクロスを上げて小林に合わせるも届かず。
・5分、オーストラリアCBのクソみたいなミスパスを拾った長谷部が本田に預け、本田が上がってきた原口にスルーパス。GKとの1対1を落ち着いて流し込んで、原口が先制点!!工業高校生!!
・香川は常にジェディナクを見てるわけではなく、状況によって山口が前に出てつかむようになってる。
。9分、長谷部の冷静な繋ぎから小林がためて酒井@馬力が切り株引っこ抜いたような切り返しからグラウンダークロスも合わず。
・11分、ジェディナクに倒された香川がなぜか口から出血。結核?
・13分、オーストラリア左SBスミスからのクロスにユリッチが突っ込むも、合わず。
・14分、セットプレーからの日本のクリアにGKライアンが信じがたいほど前に出ている。ノイアーかよ。
・サイドからのオーストラリアの組み立てをサイドハーフ+サイドバック+ボランチでうまく潰せてる。
・17分、セットプレーからユリッチがヘッドも枠を外れる。
・18分、軽いカウンターからルオンゴがロングシュートも宇宙開発。
・21分、豪快に裏を取られかけた酒井が馬力でなんとかしようとするもスミスがクロス。西川くんが抑える。
・25分、相手と競り合った本田が着地で足首ひねる。これはダメかと思ったが、特に外に出るわけでもなく復活。
・27分、西川のロングフィードから酒井@馬力が受けて、そのあと長谷部がが左に美しいサイドチェンジ。原口が1対1からミドルシュートを撃つも枠外。
・28分、本田が裏抜けした後にタメを作り、追い越した原口にスルーパス。PAに侵入した原口は落ち着いてマイナスクロス、本田が左足を振り抜くもGKライアンの正面。
・29分、PA手前で山口がジャノーを倒してFK。ジェディナクが狙うも西川があっさりパンチングで弾く。そのカウンターで酒井@馬力がクロスをあげるもだれもいない。
・今のところ、香川は守備で効いてる。
・33分、酒井がルオンゴに抜かれかかるも馬力で全てをカバーする。
・36分、香川が左サイドバックの位置まで戻って守備をする。調子がよくないときはとりあえずがんばるってのは悪くない。
・オーストラリア、このレベルのビルドアップならひたすら放り込まれたほうが100倍くらい怖い。
・37分、右サイドからのクロスを酒井馬がクリアしたところをムーイが叩くもディフレクト。
・39分、カウンターから本田がためて左サイドを原口が駆け上がるも惜しくも合わず。
・39分、なぜか槙野が左サイドPAそばで1対1を仕掛けなくてはならないシチュエーションでしょうがなく仕掛けたときの「あ、こいつ今ロナウドとか思い出してんだろうな」って助走で笑ってしまった。
・40分、森重が奪ったボールを受けた香川がファウルを受け、マッゴーワンにイエローカード。
・41分、長谷部?のサイドチェンジから裏に抜けた馬がボールに追いつくもファウルを取られる。
・46分、日本PA近くまで攻められるも、ルオンゴのハイキックが工業高校生原口のヘッドに直撃でイエロー。クローズZEROかよ。
・前半終了。
・日本はプラン通りカウンターがハマってる。守備では高いラインを保ち、サイドから組み立てるオーストラリアの攻めをほぼ封殺していた。特に守備で出色だったのは両ボランチと香川。受ける展開だと長谷部と山口は考える暇がないのでとてもよいし。香川は前線のボランチの監視からサイドへのプレスまで幅広くこなし、オーストラリアを苦しめている。守備なら清武より香川、という判断もこの出来ならよくわかる。
・攻めではトップに起用された本田がオーストラリアのゆるいマークも手伝って好ポストを連発。彼のタメから原口が飛び出すという形が前半の日本で最も有効だった。というか、ほとんどそれしかない。
・後半切羽詰まってくれば怖いケーヒルと放り込みが始まるはず。特に対空要因はいないので、なんとかしろ。


・後半開始。両チーム交代はなし。
・46分、香川が細かいタッチでキープして原口がクロスも逆サイドの小林に合わず。クロスが上がった瞬間にバサバサって白い鳥が飛んでいって、ジョン・ウーの映画だったら銃撃戦になってたところだ。
・47分、山口蛍がめずらしくサイドチェンジして受けた馬が小林にあずけてクロスも跳ね返され、バサバサって白い鳥が飛んでいって、ジョン・ウー(以下略)。
・48分、珍しく上がった長谷部がCKをゲットするも、CKは当然跳ね返される。
・49分、長谷部が小林にスルーパスを出すも惜しくもカット。
・50分、左サイドを上がったスミスからグラウンダーのクロスマイナスで受けたユリッチを原口がPA内で裏から倒してしまってPK。それをジェディナクが決めて同点。
・PKとられた原口の「マジかよ赤点かよー」という顔。あんなコントロール乱れたところでバックチャージする必要あったんかいなと思うが、もう勢いでいってしまった。
・53分、原口がお礼参りの1対1からカットインしてシュートを放つも、枠外。
・54分、ボール奪取を香川が繋いで、お調子者の左サイドバックが上がってミドルを放つも勢いなく正面。
・55分、山口が左サイドバックスミスをノーファウルで削る。いいぞ!
・55分、巨漢ユリッチ対馬力酒井の相撲。軍配は酒井(ユリッチのファウル)
・56分、ひたすら影の薄かったジャノーがアウトでクルーズがイン。
・日本がいきなり前プレし始めたけど、特に壊されたわけではないから、今まで通りやりましょうよ。
・61分、左サイドを崩されかけるが吉田がナイスカバー。CKもなんとかしのぐ。
・ユリッチ、巨漢のくせに超手癖悪い。笑
・クルーズが自由に中盤に降りてきて枚数が増えて、ビルドアップを阻害できなくなって押し込まれる。おかげで香川のポジションが深くなりすぎて、本田が一人で中央にぽつん。体力がきれてきた。
・66分、長谷部のサイドチェンジから小林がフリー、外を追い越した馬がクロスもクリアでCK。香川が放り込むも当然跳ね返される。
・68分、吉田の脳死クラスのパスミスからCKにされる。ここでユリッチに代わってケーヒル投入。CKはジェディナクが競ってヘッドは枠外。
・69分、高い位置でボールを奪った長谷部が本田にスルーパスもファウル気味に倒されるも笛は吹かれず。
・73分、吉田の縦パスから抜けた酒井がクロスに小林がドンピシャで合わせるもGKライアンが右手一本で素晴らしいセーブ。惜しい!!!!
・75分、原口が右にきてる?左サイドを崩され放題だったので、守備対策だろうか。
・悲しいくらいにポジショニングがおかしい酒井高徳。なんでそんなところで守備してんねん。
・日本、小林が足を痛めて数的不利に。
・79分、カウンターから原口が切り替えしてクロスも惜しくも上がっていた山口に届かず。
・80分、左サイドからクロスをあげられてケーヒルがどフリーもヘッドはうまくヒットせず。
・80分、小林アウトで清武イン。清武はそのまま右サイドに。オーストラリアはムーイが外れてレッキーだよ!!
・83分、本田アウトで浅野イン。セットプレー守備を捨てて刺しにきた。
・84分、清武のスルーパスに抜群の抜け出しをした浅野がオフサイドと判定され、副審にハリルホ説教タイム。笑
・84分、ボール奪取から原口狂気の仕掛けでクロスも朝のがぎりぎり合わず。惜しい!
・87分、槙野のしょーもないハンドからFK。スピラノさんのヘッドはかろうじて枠外。
・90分、原口アウトで丸山イン。「丸山イン」のラブホテル感は異常。
・92分、清武が右サイドで華麗な切り返しから大外にクロス。そこに丸山が折り返して浅野がオーバーヘッドもスピラノさんに直撃でファウル。
・93分、最後のCKもしのぎきって試合終了。
・終わったあとベンチで悔しがる原口。「あーーーーーー!!!!補習かよーーーー!!!」


・オーストラリアのアウェーでドローはまあ及第点ではないだろうか。
・前半はプラン通り守備がハマった。オーストラリアのビルドアップを阻害し、カウンターから先制点と理想の形。ただ、それが1試合継続できないのが今の日本の弱み。原口がやらんでもいいPKを与え、二試合連続で苦しい試合になってしまった。
・ハリルホさんの相手を潰すプランはなかなか楽しい。特に同格以上の相手だとけっこうハマる。
・守備では香川がハマっていた。スタメン落ちに奮起してタスクを遂行し続けた。攻撃に絡む機会自体があんまりなかったのは反省材料だが。また、長谷部もここ何試合家では出色のパフォーマンス。お前は柏木かというサイドチェンジを連発してチャンスを作り続けた。山口とともに守備も締めたのもよかった。
・原口は1勝1敗という感じ。間違いなく中心人物になっているので、反省してどんどん成長して欲しい。
・本田はコンディションが戻ってもこれ以上にまたなるなんだろうか?
・いやー、数大会ぶりにほんとに楽しい予選だねー!!!

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-10-06 21:43:26

■ロシアW杯アジア最終予選■日本VSイラク「忘れ去られる長谷部誠代表100試合記念」

テーマ:フットボール

いつの間にか関ヶ原となってしまったイラク戦。
ハリルの首はつながるの!?どっちなの!?切られた後に新しい首が生えてくる

 

 

■日本2-1イラク
■感想

・日本のスタメンはGK西川、DFが右からゴリラ、吉田、森重、酒井高徳。守備的MFに長谷部、柏木レボリューション、二列目が右から本田@受け入れがたい、清武、原口@工業高校生。1トップが岡崎という布陣。ほっとくと本田とワンツーを始めてしまう香川はベンチ。長友もベンチ。
・控えジャパンとか言われましたが、本田、清武、岡崎などは先週も出番なし。まあ、かえってそういうほうが元気なこともあるので、悪いことばかりでもない。
・イラクはイラクのベイルこと左サイドの6番アドナンが怖いらしい。日本にも愛媛のメッシがベンチにいるぞ!イラクは4-2-3-1だろうか。
・イラクに特に面白ネームはいませんでした。ちくしょう!
・解説は山本人間力。のっけからなに言ってるかわからない。


・前半開始。
・1分、いきなり柏木のパスがカットされる。
・2分、イラク初CK。21番のヘッドがポストに当たる。あぶねえ!
・イラクのGKはキックがへた?
・5分、イラク11番がロングシュートも西川正面。
・7分、西川の美しいパントキックも原口トラップミス。相変わらず西川のパントキックは素晴らしいな。あそこまで蹴れるのは欧州でもなかなかいない。
・10分、本田が奪われたボールをすぐ切り替えで奪い返し、柏木の縦パスから岡崎ポストプレイ、そして清武ミドルシュートもキーパー弾く。初シュートか。
・12分、清武が見事な反転から岡崎に浮き球スルーパスも惜しくも届かず。
・14分、高い位置で奪ったボールを清武がサイドに流し、それを酒井ゴリラが「誰がそれに合わせられるんじゃい」という殺人速度のクロスをあげ、清武当てるだけでホームラン。
・15分、久々のイラクの攻撃。イラクのベイルことアドナンがクロスもホームラン。
・16分、右の大外に振ったボールを酒井ゴリラが中に戻すが、本田には届かず。イラクのGKが倒れる。めっちゃ濃い顔してるな、GKファルハン。
・19分、清武がもらったFKを柏木が入れるもかんたんにクリア。柏木、清武がいると本田がターゲットになるからよい。
・山本人間力「こういう拮抗した試合では先制点であるとか小さなプレーが勝敗を分ける」先制点は大きいプレーだろw
・今のところイラクのベイルこと6番アドナンのベイルっぽさは左利きってことくらいだな。
・26分、奪ったボールを清武がドリブルで運び、右サイドの本田にスルーパス、本田が外でためて、その外を回った清武がダイレクトでグラウンダークロス、それをGKの鼻先でヒールで合わせた工業高校生原口が得点!!先制!素晴らしいカウンター!清武オフサイドっぽかったけど、浅野のアレの分でチャラな!
・原口「これは岡本の左肩の分!」イラクGK「(それはてめえが…!)」
・26分、さらに高い位置で奪ったボールを清武がヘッドで落とし、本田がボレーも残念右足でGKの正面。相手選手のキックが清武のみぞおちに入る。清武悶絶も復活。
・33分、ハリルホジッチから酒井ゴリラもっと上がって幅取れ、と。妙に高い位置を取ってるのは指示なのね。
・35分、イラク2本目のCK。あっさり跳ね返す。
・岡崎がポストプレーで下がった裏を原口あるいは本田が狙ってるので、イラクのCBはけっこう困ってる。岡崎についてくわけにもいかず、清武と岡崎が中央を謳歌してる。
・42分、清武が得てFKを本田がヘッドで合わせるも力なくGK正面に。もう本田はFK蹴らんでよい。
・47分、攻め急いでカウンター、右サイドを崩されてクロスをあげられイラク10番がボレーも力なく西川の正面。酒井ゴリラはよくついてた。
・前半終了。
・前半は完全に日本のペース。攻撃しながらも高い位置からのハードなプレッシングによって逆カウンターを何度か炸裂させた。得点もカウンターからの美しい形。攻撃も長谷部と柏木がDFラインに落ちて数滴優位を作り、サイドバックが高い位置で幅を取れてる。特に岡崎がポストプレーで下がったところをサイドハーフの二人が虎視眈々と狙っているので、相手CBがどうすることもできず、空いた清武が生き生きとしている。
・山本さんの今日のキラーワードは「感情が高まる」。


・後半開始。両チーム交代はなし。
・イラク10番の髪型がアヴァンギャルド。
・48分、カウンターで清武のスルーパスから岡崎が抜け出すもパスもシュートもできずにクリア。CKも普通に跳ね返される。
・イラクGKのキックはここ最近見た中で一番やばいな。悪い意味で。
・52分、イラク11番アトワーンがアウトで19番シルターがイン。
・53分、清武の芸術的身のこなしから岡崎ポストプレー、サイドに振って原口が1オン1もボールが足につかず。
・54分、清武がサイドに流れて本田が中央に入ってくるもトラップミスでシュートいけず。
・56分、イラクのFKからこぼれ球を21番がシュートも宇宙開発。
・58分、割と遠い位置からのFKを21番に合わされ、同点。21番、けっこう高いな。酒井高徳がつかなきゃいけないのはしんどい。しゃーない。
・63分、大外に振った後、本田が清武とワンツーでPA侵入もカット。CKから吉田がドフリーでヘッドも枠外。
・65分、カウンターから清武のスルーパスで本田がサイドを切り裂くも右足のクロスは力なくクリアされる。
・65分、カウンターをファウルで止めたゴリラにイエロー。次節出場停止。
・66分、柏木アウトで山口イン。
・67分、原口が左サイドから仕掛けPA角付近でFKゲット。清武のキックは狙ったのかミスキックなのかゴールぎりぎりを外れる。
・69分、酒井高徳の雑さと馬力と無茶が適度にミックスされた中央へのドリブルからボールがつながり岡崎が前を向くもシュートに行けず。
・73分、長谷部からのクロスを本田が低空ヘッドも枠外。
・74分、岡崎アウトでジャガー浅野イン。
・74分、原口が左サイドから仕掛け、抜ききる前にクロスで本田がフリーでヘッドも決まらず。
・75分、吉田が殺人バックパスでゴールを狙うも、西川がカバー。
・76分、スルーパスに抜け出しかけたイラク10番を馬力と根性で酒井高徳がカバー。
・79分、原口がドリブルを意識させといて中に切り替えしてクロスに本田がドフリーヘッドもポストに嫌われる。
・80分、本田アウトで小林イン。
・81分、酒井高徳のサイドチェンジを小林が受けて、酒井ゴリラのクロスから遅れて入ってきた山口がヘッドも枠外。
・82分、9番ゲニーがアウトで22番ボンヤーンがイン。
・85分、西川スローインからの原口狂気のドリブル開始もクロスはキーパーにとられる。
・86分、イラクのGKが雷に打たれたかのように倒れてイラクる。
・89分、パワープレーで上がった吉田の落としから浅野がフリーになるもシュートで潰される。
・コートジボワール相手に競り勝ってた吉田のパワープレーに対する評価は俺の中でかなり高い。今日もほぼ完勝してる。
・90分、パワープレーで上がった(以下同文)
・94分、パワープレーで上がった吉田がゲットしたFKが跳ね返されたところを山口がミドルを突き刺して逆転!!!!!!!!!!気持ち!!サッカーは気持ち!!
・試合終了!!!

 

 

・日本は先制点をとってプラン通りにすすめながらも一発のセットプレーで同点にされ残り30分は苦しんだ。ゴリ押しで逆転できたのは僥倖。予選は結果が大事。ハリルホさんはクビがつながってほっと一息。
・ただし、前線の活動量が落ちてプレスがダメになるとスッカスカになるのは仕様であり、試合運びというところで不安感は大。主力となる欧州組のコンディションが整っていないのもハリルホジッチの頭の痛いところだろう。
・それでも、劣勢に陥りながらも反発力を見せた原口、そして妙技を見せ続けた清武、そしてコンディションが悪いながらも清武を助けて戦術的な仕事を完遂した本田は素晴らしかった。あと、吉田がほぼ全部パワープレーで競り勝ってたのはさすがだった。
・次のオージー戦も酒井宏樹が出れない以外はこのセットが基本になるだろう。より強い相手との対戦でどういう結果が出るかはわからぬが、厳しい闘いになりそうだ。
・追いかける展開で出番のなかった香川は何を思うか。

AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。