2013-08-17 21:02:36

■感想■J1第21節 鳥栖VS大宮 「わしが大宮男塾塾長ノヴァコビッチである!!」

テーマ:フットボール
さて、たまにはJで更新でもしてみよう!ということで、鳥栖VS大宮。
理由はない。
では感想いってみよう!

■鳥栖2-1大宮
■感想

・大宮はベルベル人が解任されて、岡本監督代行。なんかコーチ陣とごたごたしてたとかきな臭い話が聞こえてきますが、まあなんかよくわからんですな。そこまでして残留争いに加わらなくても。
・鳥栖も中々成績が上がらない中、夏に大胆補強。播戸がベンチにいる不思議。
・鳥栖はキーパー足りません状態なので、なぜか清水から準代表クラスの林278号を獲得。どんな裏取引があったのか。鳥栖の鉄道敷設権を清水に与えたのか。キーパーがその林、DFが右から丹羽、菊地A、ヨ・ソンヘ、キム・ミヌ、ボランチが藤田、高橋A、右が水沼、左が早坂、トップ下に池田で1トップが今をときめく代表豊田。なんか中小企業の若手出世頭みたいな髪型。ていうか、エグザってる。
・大宮は4-4-2。監督変わって何が変わったのかよくわからん。キーパーが北野、DFが右から今井、菊地B、高橋B、下平、中盤が右から渡邊A、青木、上田、チョ・ヨンチョル。2トップは帰ってきたスロベニアンのノヴァコビッチとズラタン。「わしが大宮男塾塾長ノヴァコビッチである!!」
・解説は、はんなり関西弁の山野さん。落ち着く。お茶飲みたい。


・前半開始。
・2分、いきなり鳥栖がコーナーキックもあっさりクリア。
・4分、新加入林325号がおもいっきり目測を誤って大ピンチもなんとか鳥栖はクリア。あぶなーい。
・7分、散々左右に振り回して、ノヴァコビッチのセンタリングを落として上田がボレーーーー!も枠外。
・12分、不用意なクリアを拾った青木からズラタンにわたり、最後はチョ・ヨンチョルがシュートもブロック。さっきから鳥栖があやうい。
・鳥栖は全然豊田にボールが入らない。
・14分、と思ってたら、珍しく入ったボールを豊田が運んで、ファウルゲット。そのFKを水沼が狙うも枠外。水沼息子のフケっぷりは23歳とは到底思えない。
・ユン・ジョンファン監督の髪型が暑さのせいか、むちゃくちゃに。そして、ちょっと太った?
・大宮もボールをまわしているのだが、ズラタン、ノヴァコビッチは厳しいマークにあって、中々ボールが入らず、持たされている状態。
・大宮は監督の指示により、前線からのハイプレスをやめている。まあこの時期だから賢明な判断。ただ、そうするとどうやってボール奪って点取るの?って話は出てくる。時間帯によって変えるんだろうなー。この時期でもハイプレスを敢行していたベルベル人は中々にファナティック☆
・大宮の裏をひたすら狙ってくる鳥栖。19分には豊田がすらしたボールに池田。21分にはロングボールに反応した池田がシュートも枠外。豊田のひいたスペースに3枚の攻撃的MFが飛び込むという戦術を徹底。
・藤田のロングスローVSノヴァコビッチのヘディングという何の競技だかわからない試合が展開。ノヴァコビッチが完勝。さすが塾長。
・大宮はボランチの上田が守備時にどこほっつき歩いてるのかよくわかんないくらい意味不明なポジション取り。金澤がいないときついなあ。
・24分、大きなサイドチェンジからズラタンがポストプレー。左サイドから斜めに切り込んできたチョ・ヨンチョルに渡邊Aがスルーパス。チョ・ヨンチョルが蹴り込んで先制!なんかあんまり機能している感じではなかったが、力技で得点奪取。このツートップはそれができる。
・ユン・ジョンファン監督はメモとペンを持ちながらずっと立ってる。何が書いてあんだろ。一面に「辞めたい辞めたい辞めたい辞めたい辞めたい辞めたい辞めたい」だったら、怖い。
・33分、セットプレーのこぼれ球から高橋Aがシュートも枠外。鳥栖は唯一の攻め手である豊田の背後という狙いが読まれてる。そして、菊地B、高橋Bが空中戦けっこう強いので、競り勝つのも一苦労。
・林728号が浜口京子に似ているという情報をキャッチ。確かに似てるww
・35分、クロスからファーに逃げた豊田がヘッドもポスト。
・38分、塾長ノヴァコビッチと豊田がセットプレーの絡みから揉める。すんげえ怒ってるノヴァコビッチww よく楯突く気になったな、豊田ww そして、最後は
・カウンターから塾長ノヴァコビッチのもう理屈じゃないほど怖いスライディングでボール奪取から、ズラタンが逆サイドどフリーのチョ・ヨンチョルにパス。しかし、受けたヨンチョルはなぜか一回外に逃げ、それから中に入ってきて結局チャンスは台無しにw 逆サイドフリーで走り込んでた塾長がすんげえ怒ってるww
・つうか、ズラタン、ノヴァコビッチがいて、両サイドがクロスとか別に得意じゃないってすげえもったいないよね。
・43分、塾長がポストで受けてサイドのチョ・ヨンチョルに。さっきすっげえ怒られたヨンチョルはシンプルにグラウンダーのクロスもズラタン惜しくも追いつかず。
・もしかして: 鳥栖 手詰まり
・前半終了。
・鳥栖は厳しくツートップを見ていたが、下がってくる塾長をうまく捕まえられない。豊田のようにセットプレーで挑発して冷静さを失わせたいところ。冷静とかそういう感情があるのかどうかよくわからないが。
・また攻撃でも単純な豊田大作戦が読まれて、チャンスを作れない。上田のポジショニングがけっこうなファンタジーなので、そこを突きたいところだが、誰が?ってなると、そんな気の利いたことできるのは監督のユン・ジョンファンくらいしかできないんじゃないか、という気が。鳥栖前線の脳筋っぷりは呂布陣営クラス。求む陳宮。しかし、播戸が陳宮でないのは確かである。
・大宮は監督交代でDFラインが常識的な位置に落ち着いてる。まあそれでプラスもマイナスもあるとは思うが、夏場はこうでもしないとしゃーない。塾長&ズラタンでどうにかできる。
・ノヴァコビッチが塾長だと高橋Bは完全に1号生の特攻隊長だな。


・後半開始。両チームメンバー交代はなし。
・後半も続く藤田のロングスロー爆撃。3分そのこぼれ球を拾ったキムのスルーパスを池田が受けてシュートも枠外。
・後半鳥栖がギアを上げてきた。単純に豊田に入れるのではなく、サイドに起点を作ってからアーリーを入れてくる。しかし、大宮も中央固い。
・前半からひたすら林825号改め浜口京子のキックを褒めまくる山野解説員。気合だーーーー!!
・12分、セットプレーから豊田が折り返し、それを池田が難なく蹴り込んで同点!
・なぜかこのときだけ塾長は豊田につかず。池田のハンドを必死にアピールするも、やっぱり塾長すんげえ怖い。
・14分、ゴールキックかどうかで審判に詰め寄るズラタン&塾長を軽くいなす高山主審。なんつうか、この人らもやっぱナイスガイなんだけどバルカンが近いから激しやすいんだろうか。
・17分、サイドで起点を作り、ぽっかりと空いたバイタルエリアで水沼が受けてコントロールシュートも惜しくも枠外。大宮の守備がかなり怪しい。特に中盤中央。
・20分、青木が倒されて足を痛める。青木がいなくなるといよいよ中盤がきついんだが、だいじょうぶか。
・21分、守備がちんぷんかんぷんだった上田に代えて、仙台でさっぱり使われず、謎の移籍をしてきた元ヴェルディの和田を投入。青木はだいじょうぶっぽい。
・岡本監督代行がかなりのほっしゃん似。
・25分、さっきまでこの世の終わりのように倒れ込んでいた青木がボール奪取からズラタンにカウンター。走り込んだフリーの塾長に合わせるも林998号改め浜口京子がキャッチ。惜しいチャンス。
・上の文章を読み直してみたが、いったい俺はなんの文章を書いてるんだ。
・27分、鳥栖のロングスローじゃない普通のスローインを菊地Bが豪快に空振りしてフリーで豊田が抜ける。豊田はあっさりと決めて、鳥栖が逆転!菊地Bは間抜けすぎるし、顔怖いし。
・31分、レイトタックルの今井にイエロー。今井は俺の友達に似てる。
・32分、渡邊にかえて富山くん。
・大宮の高橋特攻隊長が男塾というよりは「クローズ」の住人な髪型。金髪すぎるww
・34分、サイドからのクロスを塾長が落として和田がシュートも枠外。和田くんの顔は「東京タワー時々オカン」(タイトルうろ覚え)なフランキー風味。
・37分、池谷代えて播戸が投入。播戸は元気に今日もハンソデバンド(当たり前)。
・ただいたずらに過ぎていく時間。大宮も特に攻め手がなく、これは厳しい。パスをまわそうとするのだが、みんな前線に行き過ぎてて、和田がぽつんと中盤に一人。どうしろと。なら放り込もうよ。
・41分、大宮は長谷川投入でパワープレー敢行。鳥栖は早坂アウトで小林イン。成功確率の低い5バックに今日もチャレンジするユン・ジョンファン監督。
・43分、水沼に代えてニルソン投入。はたしてそれは守備強化になるのだろうか。
・ロングボールの雨あられも鳥栖になんなく対処される大宮。播戸が元気に前線で邪魔をする。
・そのまま守りきって、鳥栖が勝利!!


・大宮は地獄の6連敗。残留争いに並々ならぬ意欲を見せる結果となりました。
・監督代わっても結局かてねーじゃん、という感じなのですが、選手もそう思っちゃわないようになんとか勝たないと。
・内容的にはそんな悪くないんだけれども、今日は持たされる展開がきつかった。持たされてどうにかできるようなチームではない。まあ夏場でプレッシングができないのと、金澤がいないってのはかなり大きい。上田のところはかなり穴。
・涼しくなってくれば自然と勝てると思うが、そこまで選手のモチベーションを保てるかどうか。へんな内紛もあったことだし、まあ特効薬は勝利というところだろうか。
・豪快な空振りをした菊地Bは菊地Aとともに坊主な。

・鳥栖は連敗を止めたが、中々に苦しい。
・こちらも運動量重視のチームなのだが、夏場ということもあってその強みが出せない。豊田大作戦も読まれ始めている。中盤で中々ギャップをつけるような人材もいない、ということでこちらも秋待ちだろうか。
・その間はなんか播戸の気合ドーピングでどうにかしてくださいな。
・降格とかは下のチームがかなりアレなのでないとは思うけど、上に行くのにもちょっと厳しい内容だなあ。


・これから塾長のシバきタイムが始まるんかなあ・・・ガクガクガク
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-08-14 21:25:08

■感想■国際練習試合 日本VSウルグアイ 「スアレス新喜劇」

テーマ:フットボール
さあ、練習試合ですよ!
相手はW杯4位のウルグアイ!一体いつの話だという気もするが、とにかく4位!イエス!


■日本2-4ウルグアイ
■感想

・ぎりぎり間に合った!
・日本は4-2-3-1、キーパーが川島、DFが右から内田、吉田、今野、酒井極楽。長友はんはオツカレということらしいが、前田がいないからセットプレーの高さ対策?ボランチは遠藤&キャプテン長谷部、2列目が右から岡やん、ミラン行きたい、ミラン行けなくてざまーみろ俺すでにマンUだもんね。そして1トップが期待の柿谷。いきなりのスタメン!がんばって!
・ウルグアイは4-4-2でダイヤモンド?2トップは世界に誇るフォルラン、スアレス。カバーニは仮病。
・国歌斉唱の時点で既に帰りたそうなスアレスwww ただ、どこに帰るんだお前はww
・日本の国歌は演奏のみ。歌手とか呼ばないの?
・もしかして: 予算 足りない 


・前半キックオフ。
・1分、いきなり左サイドをえぐられてCKも事なきを得る。
・2分、柿谷のビューティフルトラップからのポストプレイで左サイドから香川が飛び出しクロスも、岡崎に合わず。うめえ、柿谷。ベルカンプかよ。
・4分、速攻からこぼれたボールを長谷部が公務員ミドルもブロック。しかし、ふらふらとしたボールがゴールマウスに飛び込もうとするも、なんとかキーパーが逃れる。
・ウルグアイ、全然繋げないのね。フォルランが顔出さないとどうにもこうにも。
・8分、中盤で奪ったボールを遠藤がさばいて酒井極楽がクロスも絶好調岡崎に合わず。酒井極楽のアゴはすごい。そして、クロスが強烈に雑w
・スアレス、全然やる気ねえww
・10分、俺たちのうっちーが「3回連続ミスパスしてる」と金田解説員にディスられるも、その後に柿谷にいいアーリークロスを送って黙らせる。
・11分、ロデイロからオフサイドくさいところにいたスアレスが裏抜けして川島と1対1になるも、男川島気合のセーブ。男じゃあ!男塾じゃあ!そういえば、川島は大宮男塾三号生筆頭。
・12分、間で受けた本田から柿谷にスルーパス。柿谷は逆モーションになりつつもヘンタイトラップで前を向き、クロス。本田はたくさんスルーパス出せて楽しそうだ。
・そのせいかどうかはわからんが、香川がすっかり消えていて、官報に行旅死亡人として名前を出そうか検討するレベル。
・15分、岡崎がFKをゲット、本田がブレ球で枠に行くも、キーパーのムスレラに弾かれる。
・18分、酒井極楽のクロスに香川が飛び込むも惜しくも届かず。香川の行旅死亡人届けを取り下げる。
・柿谷が常に裏を狙ってることで、本田がギャップで受けられる。これは前田にはない武器。
・24分、左サイドのコンビネーションからロデイロが飛び出してきてシュートも枠外。ロデイロってなんていうか南米系伸び悩み天才の代名詞みたいになりつつある。でも超絶うめえ。
・26分、なんでもないタイミングで出された裏へのボールに吉田が完全にスアレスにおいていかれ、スアレスは冷静にパスし、フォルランが流し込んで先制。なんというか、ウルグアイ、というしかない点。
・27分、その直後にFKからフォルランにファーに叩き込まれて2点目。うーわー。
・2点目はともかく、1点目のロングカウンターはなんとかせんとなあ。
・30分、左サイドから仕掛けてシュートもガルガーノにブロック。CKから遠藤のFKに岡崎が合わせるもゴディンが弾き出してノーゴール。
・31分、CK崩れから右サイドにいた酒井極楽がスアレスに強烈なプレゼントパス。危うく3点目だったが、なんとかシュートは枠外。酒井は坊主な。
・32分、中盤でボールを奪った岡崎が右サイドから中に驀進。タメを作って上がってきた柿谷にスルーパスもシュートはキーパーにブロック。
・しかし、「岡崎」が「タメを作って」「スルーパス」って、ほんと岡崎うまくなった。
・33分、FKの跳ね返りをスアレスにつながれ、フォルランに3点目もののパスもここは川島がなんとかはじき出す。
・38分、本田がスルーパスで香川がダイアゴナルに飛び込んでいくも、最後はやはり誰かがカバーリング。ウルグアイの南米カバーリング地獄。
・39分、本田のCKから岡崎がヘッドもキーパー正面。
・40分、フォルランのCKから誰かがあわせるもクロスバー。フォルランはキックがうまい。
・42分、柿谷と岡崎のコンビネーションから岡崎がシュートをするも、残念そこはウルグアイカバーリング。
・44分、スアレスに散々引っ張られてなんとかクリアするも、左サイドを蹂躙しているロドリゲスが強烈ミドル。川島がなんとか弾き出す。このロドリゲスさっきからすげえ運動量なんだけど、一体どのロドリゲスなんだ。
・A-Rodでないことは確かなんだが。
・前半終了。
・日本はしんどい。誘い出されて、あいたスペースをスアレスとフォルランにいいように振り回されてる。この手のチームは本当に一番苦手な部類かもしれない。
・あと両サイドバックがなんか疲れてるなあ。うっちーあんまりよくない。あと酒井極楽はもうちょっと落ち着け。
・ウルグアイは確かに強いんだけど、でも割と古臭いサッカーなので、2トップが攻撃で通用しなくて、守備の人海戦術が通用しないともうお手上げになるという印象。だから南米で5位なんだろうな。日本にはこのやり方で十分だけど。


・後半開始、メンバー交代はなし。
・1分、クリアボールがDFの裏にいた岡崎に抜け、キーパーと1対1に。キーパーの逆をついたが、ムスレラの手がなんとか弾き出す。おしいいいいい。つうか、地味にムスレラがすごくうまい。
・2分、3分と香川が左サイドでファールをもらう。なんだかんだ、香川の反転とチェンジオブペースにはウルグアイDFもついていけない。ここに柿谷と本田が絡めるといいんだが。
・5分、ゴールキックを柿谷が体勢を崩しながらもトリッキーなポストプレイ。時折こういうのは見せるんだけど、中々ウルグアイにも警戒されてるね。
・そして、なんだか全く可能性を見出せないセットプレーはどうにかならんか。
・7分、右サイドからのイージーなクロスを吉田がイージーにクリアもそれがスアレスの正面に。スアレスがなんなく蹴り込んで3点目。アホ吉田。というか、自信失ってないかDF陣。
・8分、右サイドに展開したボールのクロスに遠藤が飛び込む。そのまま左サイドでキープして本田にパス。ダイレクトで裏に送ったボールに岡崎がつぶれて香川がなんなく押し込んで1点目!いい岡崎のつぶれ!
・10分、身内が全員事故死したかのような表情をしていた吉田を伊野波に交代。まあ、なんかもう今日は休め。
・12分、1点かえしたのもつかの間。スアレスにPA内で散々振り回されて、川島が飛び出すも頭を抜かれ、最後はゴンサレスのヘッドで4点目。この選手もどのゴンサレスだ。しかし、ああまでもたれちゃうときっついよなあ。
・しかしこのゴンサレスはどのゴンサレスだ。
・15分、本田が倒されたFKを早いリスタート。香川が反転してシュートも弾かれる。おしいいいい。
・香川はそのあとにも仕掛けてCKをゲットする。ようやく目が覚めたか。
・ガストン・ラミレスがウルグアイ人だということを知る。
・18分、柿谷アウトで豊田イン。後半は消えていたしね、仕方なし。まあまた呼ばれるでしょう。
・23分、左サイドに出た遠藤から岡崎にドンピシャのクロスも豊田の背中がヘディングをブロック。イエース!
・23分、本田がやけっぱち気味のミドルシュート。本田は今日キレてるんだよなあ。
・ウルグアイはスアレスがおちゃらけている以外はたいがい電池きれてる。
・26分、本田が自ら得たFKを叩き込む。2点目!無回転ではなく。なんか無回転もう諦めたほうがいいんじゃないかww
・28分、ロングボールをキーパーに戻そうとしたら酒井極楽のヘッドがスアレスにかっさらわれる。ループシュートは枠外になるが、酒井極楽は2度目のミス。酒井ダブル坊主な。連座制だ。
・29分、長谷部キャプテンに代えて山口蛍。高橋先生じゃないのか。
・なんかさっきからクロスにひたすら重なりまくる豊田と岡崎。なんとかしろよw
・36分、遠藤のスルーパスを受けた香川のクロスを本田がボレーも宇宙開発。ボレーーーーーーーーーーーーーー!!!届けミラノへ!
・37分、内田アウトで駒野がイン。この時間帯に投入される駒野、そしてあぜか左サイドに回される駒野。
・38分、豊田がボールを受けてファウルをもらう。ウルグアイ相手でも背を向けてファウルをもらえる豊田は優秀。
・あまり触れられなかったが、ゴディンの禿げ方はすごくロマンティック。
・39分、駒野のクロスに岡崎が合わせるも枠外。岡崎はキレまくってる。
・地味ながらも前に出る遠藤の尻拭いをすべてこなす山口蛍はいい仕事をしている。
・43分、豊田の指が触れた瞬間にこの世の終わりのように倒れるスアレスww 全然懲りてないwww 吉本新喜劇はスアレスをすぐ雇うべき。
・その後両チームすっかすかの中盤で殴りあうも無得点でフィニッシュ。
・試合終了ーー。


・日本はいいトレーニングマッチになった。
・実際このレベルの南米チームとW杯グループリーグ突破を争うことはあるわけで、そこにこうぽんぽんとやられるようだときつい。
・日本はボールを持たされ、そこでカウンターで最後は個人勝負に持っていかれると、誰がDFだろうがきついということが改めて浮き彫りになった。
・DFラインばかりが叩かれるが、中盤も含めた全体で守備のバランスをどこに置くのかということをしっかりと決めなければいけない。ちょっと今は攻撃に寄りすぎ。柿谷、香川、本田は夢があるのだが、それでボランチ遠藤、長谷部だとかなりきつい。守備の問題をどうにかしないと、簡単にやられるだろう。
・ただまあDF陣の問題だけではないと言ったが、酒井極楽の守備はひどかったwww
・Jリーグ組の新参加選手だと、柿谷はテクニックを見せたし、豊田は体の強さ、山口は非凡なインテリジェンスと守備能力を見せた。
・特に山口蛍は後半の攻撃に傾いたチームのバランスをとり続け、非常に頭のいい選手であることを証明。スタートからでもいいんじゃないの?
・柿谷は点が欲しかったなあ。まあ、次だ次。ただ、香川、本田併用だと前田のほうがやっぱり守備とデコイ含めていいかもしんない。豊田は体は張れることは証明したので、このままハーフナーに取って代わる可能性が高い。
・そして、岡崎が超絶うまくなってるのにびっくり。エースやん。

・あー、しっかし、フォルランとかスアレス欲しいなー!!!www
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。