2013-03-27 00:54:52

■2014ブラジルW杯アジア最終予選■第6節 ヨルダンVS日本 「すまん、正直舐めてたわ」

テーマ:フットボール
ワールドカップ予選じゃー!
みんなひさしぶり!
俺は本当のスローガンとは何かを考えてるうちに時空の狭間に迷い込んで、パラレルワールドで日本のワールドカップ優勝ゴールを決めていました。
病院にいきます。
それではいってみよう!

■ヨルダン2-1日本
■感想

・あつそーだな、ヨルダン。
・日本のスタメンはGK男という何か、DFラインが右から内田、吉田、今野@J2、長友が怪我で酒井極楽。ボランチが遠藤@J2、キャプテン長谷部。2列目が右から岡崎、清武、香川。本田@自意識共和国が怪我でござる。トップ下は香川なんだろうか。流動的にやるのかもしれんが。1トップは前田であり、ヨルダン相手に今シーズン初ゴールを決めると、遅れてきた革命が炸裂するはず。
・ヨルダンはよくわからんが4バックで1トップ。
・事前番組で山本アナが試合前に何に注目していたかを言ってるんだけど、すげえ。相手チームのヘディング技術とかスパイクの色とか見てたのか。うおお、プロだ。そりゃ、誰も勝てんよな。っつーか、立場がなければ今でも実況やりたいんだろうな、山本さんw
・引き分け以上で日本はワールドカップ出場決定。「引き分けでオッケー」が一番危ないと先生は昨年のJ1昇格プレーオフで学びました。千葉ファンの俺が言うのだから、間違いない。
・BSは福西解説員。今日も鋭利な言葉で人をなぎ倒していただきたい。
・ヨルダンのGKが相変わらずのビディッチ似。そして10番が世界最強FWベントナー似。
・清武って国歌うたうの似合わない。コブクロ歌ってそう。そして、圧倒的に国歌が似合う長谷部。さらにその先に行って軍歌が似合う川島。
・ヨルダンの国歌みじかっ!!w
・うっちー、ともかく怪我だけはしないでね。

・前半開始。
・清武左、香川真ん中、右が岡崎か。
・2分、ファーストシュートが岡崎。ものすごいブサイクなシュートだけど、超にあう~まじにあう~。
・3分、清武が香川とのワンツーから左を蹂躙。優しいラストパスを出すも、CKに逃げられる。この2人はやっぱり合うなあ。
・ロングボールを前田がそこそこ収められるんだから、ヨルダンのCBはたいしたことないんだよな。
・ヨルダン15番がハシュハシュという面白ネームであることが判明。
・今のところ中東のふぇぇは特に感じられない。
・さっぱり試合が動かなくなった前半12分。
・14分、左サイドの清武のショートクロスに前田が飛び込むも、ヘッドはキーパー正面。惜しいチャンス。
・15分、カウンターからヨルダン10番が左サイドでチャレンジ。うっちーがあっさりと振り切られてシュートも川島がなんとか弾く。多分うっちーが抜かれたのは何か弱みを握られてたからだと思う。
・それにしても、ヨルダン10番のハイエルはキレがあるな。ベントナーよりいいかも。素行とか。
・19分、遠藤の美しいパスから岡崎がサイドチェンジ、清武が受けるもシュートまでいけず。清武はもっとがんがん撃ってもいい。
・20分、ヨルダンの9番がPA外からシュートも川島が難なくセーブ。
・22分、業を煮やして上がってきたキャプテン長谷部のアーリークロスを前田がヘッドもクロスバー直撃。不幸が似合う男、前田。
・24分、岡崎が中央からサイドに流したボールから香川が仕掛けるも、シュートはあっさりブロックされる。やはり香川は正対しての1on1だと並の選手だ。
・ただ、ヨルダン守備がけっこういい加減なため、チャンスは作れてる。そんなに日本もよくないんだけどね。
・前田がかなり守備貢献度が高い。
・日本は左はけっこう崩せてるんだけどそれがシュートに繋がってない。クロスは大体ターゲットが岡崎一人になってしまっている。岡崎一人って書くと、なんか2流SF作家みたいだな。
・35分、その左の崩しから香川がPA内で倒されるも中東のふぇぇは鳴らず。
・一斉に給水する日本代表。ここに山本人間力がいないことが悔やまれてならない。
・36分、ヨルダンのサイドバックが交代。悪そうな髪型したやつだった。守備ずたぼろだったし、しょうがないか。
・38分、ヨルダンがペトラ遺跡に眠っていた古代兵器によってレーザーを照射するも、既に視力を失っている男塾展開の川島には全く効かず。
・41分、代わって入ったヨルダンの右サイドバックがさっそく尻餅w これにはさすがの清武も苦笑いw
・ロスタイム、CKからヨルダンにざっくりヘッドを叩き込まれて失点。一番いやな時間帯に決められてしまうこの劇的展開ww
・前半終了。盛り上がってまいりました!
・日本はあまりうまくいってない。やっぱり前線で時間を作れないので、後方からの押し上げが足りず、間延び間延びアンド間延び。中村Z投入か。


・後半開始。日本は選手交代なし。
・やはりヨルダン監督はマフィアの下っ端感がすごい。
・カウンターから割と長い距離をドリブルで持ってかれてるなあ。変なところでひっかかってる。
・攻撃がまったく完結できない時間帯が続く。
・53分、清武のタメから遠藤へのパス→スルーパスも香川に合わず。
・55分、珍しく右からの崩し、内田→香川のオシャレな流しから岡崎がシュートもキーパーに弾かれる。岡崎は選択肢が少ない分、迷いがないなw
・なんかピッチととことん合わない香川のタッチ。
・59分、カウンターから吉田が往年を思わせる羽毛のように軽い守備。10番ハイエルにあっさりぶっちぎられ、失点。2点差ですー!2点差ですー!
・前線に動きがなくてボールが入らない。ギャップで受けるのが岡崎さんなんだけど、岡崎さんギャップで受けてもなんもできない。
・64分、前田アウトで巨神兵ハーフナーを挿入。
・岡崎と清武がポジションチェンジしたか?
・69分、長谷部の縦に入れたボールを清武がヒールでフリックオン、それを裏抜けした香川が叩き込んで1点目!!
・何もしてないのに褒められる福西解説員にハーフナー。逃げてぇぇぇぇぇ!!
・そして続けざまにスルーパスで裏抜けしたうっちーがPA内でシミュレーション感満載の圧倒的ファウルでPKゲット。しかし、遠藤がころころでないPKを蹴るも、完璧に止められて、同点ならず。ヨルダンキーパーはヨルダンの立石の称号を得ることができました。
・74分、ショックから立ち直れないのか、吉田が何気ないFKのマークを完全に外しフリーでヘディングを許すも、川島がなんとか弾き出す。
・79分、酒井極楽アウトで駒野イン。
・80分、PA内で細かいパス交換から長谷部が強烈なシュートもキーパー正面。決壊近し、か。
・81分、駒野のクロスからハーフナーが爆撃も不発弾。
・しかし、ヨルダン相手でもさっぱりボールが収まらないハーフナーのポストプレイw
・85分、清武アウト、乾イン。
・87分、ハーフナーの落としから今野がミドルシュートも枠外。
・ロスタイム、ずぇんずぇんパワープレーが決まらず、そのままあっさりと敗北。
・いやーーーーーん、ザック無茶苦茶キレてるーーーーー!


・今日はワールドカップ出場ならず!!!
・はっきり言って舐めてました感が満載だった日本代表。お灸を据えられた、ということだろうか。
・本田、長友というキープレーヤーを欠き、舐めていてはそりゃーやられる。前半決定機外しまくってたし。
・そして何より俺たちが「どうせ勝てるじゃん?」と舐めきっていたことも確か。すまんす。舐めてましたー。ごめぇぇぇぇぇぇん。
・その舐めきった精神で試合前に実は書き上げていた締めの文章を晒すことで、懺悔に変えようと思う。


↓以下が舐めきった文章です


・ワールドカップ出場ゲットだぜ!!
・正直ぬるいグループだったとは思うが、それはそれ。ワールドカップ出場を続けることはサッカーを発展させる上でマストなイベントだったため、最低限のノルマは果たした。
・さて、これで残り2試合はワールドカップに向けての調整の始まりでござる。
・昨年の欧州遠征で明らかになった強豪相手の無垢さをどう克服していくのか。そのためには3-4-3なのか、それとももっとちがった選択肢なのか、あるいはこのままの形でさらに精度を高めるのか。
・ザックさんの本性がようやく見れるかもしれませんな。ともかく、コンフェデコンフェデ。
・しかし、頭を一度も抱えずににワールドカップを決められる時代になったんだなあ。フランスのときに何回抱えたかわからんのにw
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。