Days of Rock'n'Lawyer

ロックシンガーからロックンローヤーへ☆若い世代の感性を反映する社会の実現のために奮闘するロック弁護士の挑戦⇒http://jumps.kill.jp


テーマ:

 アーライツ法律事務所を開設して、早くも5年目に入った。

 

 2012年の5月頃、ある友人の紹介で、会計事務所のCEOと名乗る人物に会った。

 その事務所は、かなり幅広く、色んな事業を展開していて、築地にあるビルの3フロアを借りているんだが、スペースに余裕があるんで弁護士の事務所を置きたいというのだ。

「これまで何人かの弁護士に会ったけど、みんな、何か物足りなかった」という。

 CEOは、見るからに悪党で、なかなか魅力的な人だと思った。

 しかし、その頃の僕は、まだ弁護士になって1年半ほどが経ったばかりで、独立することは考えていなかった。それは、友人を通して伝えた。

 

 が、間もなくCEOから連絡があり、もう一度、今後は夜、その会計事務所が運営する銀座の料理屋で会いたいという。

 それで、その店に行くと、今度は関連会社の社長という若い男3人も同席して、飲んだ。

 これがえらい盛り上がっちまった。

 

 それからさらに連絡があり、昼間、築地のすし屋の1室で会った。

 「どうしたら来てくれるか?」

 ビールなし。寿司はめちゃ美味。

 いつか独立することは考えるだろうが、それが今だとすると、現実的ではないほどハードルは高いことを伝える必要があった。

 「大きく言えば2つあります。

  1つは、今の事務所のボスが賛成して、気持ちよく送り出してくれること。

  もう1つは、もちろん経営の問題。はっきり言って、今、独立するとなると不安があります。

  顧問料として月○万円、さらに毎月無利子の貸付○万円ぐらいはないと難しいです。」

 

 「分かった。では、ボスにはいつ話してくれるのか?」だと。

 

 (え、え~っ!)

 

 ・・・と、まあ、そんな流れで、しかも、

 「同じフロアであっても、法律事務所には独立性が求められるんで、そちらのグループの事務所、というわけにはいきません。あくまでも外部的な協力関係だけです」という条件もあっさりOKで、2013年8月1日にアーライツはスタートしたわけだ。

 

 会計事務所の顧問といっても、そこの顧問先約300社からの法律相談を無料で受けるというのが主な内容で、僕の方はそこから実際に事件を受任できるということから言えば、利益を受けるのはほとんどがこっちであって、顧問料をもらうような関係ではない。

 そんなこともあって、毎月の借入れは、数か月で打切りになり、顧問料もどんどん値下げを求められ、最終的には2年ほどで終了した。

 

 ところが、その間、会計事務所の事業の方はどんどん縮小していき(要するに拡げ過ぎだったんだろう)、人も激しく入れ替わり、なんとなく元気がなくなっていった。

 CEOとは、思ったほど会う機会は多くなく、飲んだことも数回だったが、思った通りの悪党で、僕自身、彼が裏でやったことが原因で、間接的に仕事の邪魔をされたり、そりゃないぜ、と言いたくなるような腹立たしい出来事も何度かあった。それでも、なんだか憎めないおっさん、そんな感じだった。

 

 そのCEOが、去年、脱税指南の容疑で逮捕された。

 金額もでかいし、脱税した会社の中に出会い系サイトの運営会社が含まれていたこともあり、ビルの前には報道陣が大勢集まって、お祭り騒ぎの逮捕劇だった。

 

 そして、一昨日9月6日判決、懲役5年、罰金1億5000万円!

 

 本人の旧知の弁護士が弁護人となり、僕には、裁判には絶対に来ないでくれ、と伝えられたため、去年からまったく顔を合わせないまま実刑に服すことになった。

 

 会計事務所は解散し、このビルには、もう誰も残っていない。

 

 すでに70歳になったCEOが実際に戻ってくるのは、何年先になるのかは分からないし、戻る場所があるのかも分からない。

 でも、彼がいなければ、アーライツが存在しなかったのは間違いない。

 振り返ってみれば、彼がブイブイ言わせとった最後の時期に接点を持って、そのエネルギーをバトンタッチされたようなもんかもしれない。

 

 帰ってくるまでに僕ももっと力をつけて、「もう1回面白いことやろうよ!グレーなことは疲れるからナシでね」っつって、ビシッと迎えてやりたいと思ってる。

 

 「ミック・ジャガーはおっさんより3つも年上で、あの年、ベイビーが生まれたんだぜ」ってことも教えたらんとな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 普段、僕の生活の中で、安倍政権や自民党支持者に出会うことは、まずない。めっちゃ保守的なうちの両親でさえ、最近は支持してはいないようだ。そのため、選挙のたびに、いったい、どこの誰がそんなに投票しとるんだろう、という話を、よくする。


 しかし、いた。しかも、たくさん。


 今月、4年に1度の同窓会で会った、名古屋の高校の同級生たちだ。

 どのぐらいの割合かは分からんけど、間違いなく、軽く第一党だろう。


 そして、彼らは、どう考えても僕や周りの東京の知合いたちと比べて、とても豊かに、幸せそうに暮らしとる。いや、少なくとも、明らかに余裕がある。

 僕らが、もう日本は絶望的だ、なんてマジで嘆きまくっとるのに、彼らは、今の社会に大いに満足しとるように見える。


 なんなんだ、この違いは・・・・


 ただ、そんなヤツらも、二次会では、「俺はずっと自民党を支持しとるんだけどよ~、原発はいかんぞ。あれはおかしいだろ。なんとかならんのかて?」とか、「集団的自衛権はよ、まあ必要なような気もするけど、あれ、憲法違反だろ~?いくら必要でも、憲法違反はいかんて。ちゃんと手続きは踏まないかんに決まっとるがや」とか、「安倍ちゃんはちょっと調子こいとるんだにゃあの?」とか、熱く語っとった。


 日本全体でみると、こういう人たちが多数派、というか、平均的なのかもね。

 ということは、やっぱり彼らが納得して、「まあ、最近の自民党はちょっといかんで、いっぺんこいつらに任せたろ」と思うような野党がもういっぺん出てくるよう、応援することが重要なんだろうな。


 というわけで、とても良識ある名古屋の友人たちなのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 相模原市の障害者施設で19人もの人たちが殺されるという事件が発生してから、早くも2週間が経った。

犯人は、「障害者なんていなくなってしまえばいい」などと言っているようだ。

それだけなら、単なる異常者による犯罪ということになるが、それに同調するような意見もネットでは散見されている。


 安倍政権は、生活保護など、いわゆる弱者への保障を切り下げまくっているし、巷ではこれまで考えられなかったような在特会によるヘイトスピーチが横行し、それどころか、その代表者が都知事選に立候補して、10万票以上を獲得して5位に入った。
 弱者、少数者を踏みつけることが恥ずかしげもなく行われるという、異常な社会状況の中で、小池百合子東京都知事が誕生したわけだ。


 彼らの主張に共通するのは、生産性の低い人たちや異質な人々の存在は社会のお荷物に過ぎない、ということだ。犯罪者を隔離しようという発想も、類似の考え方と言っていいだろう。


 このような考え方は、多くの人たちが意識のどこかに、潜在的にではあっても、持っているものかもしれない。だからこそ、それを堂々と表明する人が出てくることによって、恐る恐るであったり、匿名で同調する人たちが増殖していくということになるのだろう。


 憲法13条には、「すべて国民は、個人として尊重される。」と書かれている。

この一文は、憲法の理念を一言で言い尽くす、素晴らしいものだが、同時に民主主義の根幹を示すものでもある。


 民主主義社会における選挙は、憲法44条に定められるとおり、「人種、身上、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によって差別してはならない」いわゆる普通選挙であることが不可欠だ。

そこには、もちろん、生産性の高くない人、罪を犯してしまった人、様々な保護を必要とする人が存在するが、誰もが同じように1票をもっている。


 つまり、民主主義というのは、このような存在を平等に取り込みながら、それぞれの時代により相応しいあり方を模索していくというシステムなのだ。そこには、多くの非効率が包摂されることになるが、それこそ民主主義社会の本質であり、多様性の結果として、むしろ享受すべきものといえる。

もちろん、多数決の結果によって、少数者の権利が侵害される場合には、司法によって調整することが期待されている。


 「障害者なんていなくなってしまえばいい」などということがまかり通れば、次は、あなたのような者はいなくなった方がいい、ということになるかもしれない。

そういう明日に怯えずに生きていけるのが、民主主義社会であり、誰もが同じ価値があることを憲法13条によって保障される社会なのだと思う。


 今、僕たちが生きている日本は、政治家の言動、社会の風潮、事件の傾向、マスメディアの姿勢など、あらゆる意味で民主主義の根幹を見失い、葬り去ろうとする方向に進んでいるようにしか見えない。

なぜここに来て、より成熟した社会へと向かうことができないのか、国民一人ひとりが相当の危機感を持って考え、議論し、行動すべきときが来ているんじゃないだろうか。


 ヤバいぜ、ロッケンロール!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。