Days of Rock'n'Lawyer

ロックシンガーからロックンローヤーへ☆若い世代の感性を反映する社会の実現のために奮闘するロック弁護士の挑戦⇒http://jumps.kill.jp


テーマ:

 相模原市の障害者施設で19人もの人たちが殺されるという事件が発生してから、早くも2週間が経った。

犯人は、「障害者なんていなくなってしまえばいい」などと言っているようだ。

それだけなら、単なる異常者による犯罪ということになるが、それに同調するような意見もネットでは散見されている。


 安倍政権は、生活保護など、いわゆる弱者への保障を切り下げまくっているし、巷ではこれまで考えられなかったような在特会によるヘイトスピーチが横行し、それどころか、その代表者が都知事選に立候補して、10万票以上を獲得して5位に入った。
 弱者、少数者を踏みつけることが恥ずかしげもなく行われるという、異常な社会状況の中で、小池百合子東京都知事が誕生したわけだ。


 彼らの主張に共通するのは、生産性の低い人たちや異質な人々の存在は社会のお荷物に過ぎない、ということだ。犯罪者を隔離しようという発想も、類似の考え方と言っていいだろう。


 このような考え方は、多くの人たちが意識のどこかに、潜在的にではあっても、持っているものかもしれない。だからこそ、それを堂々と表明する人が出てくることによって、恐る恐るであったり、匿名で同調する人たちが増殖していくということになるのだろう。


 憲法13条には、「すべて国民は、個人として尊重される。」と書かれている。

この一文は、憲法の理念を一言で言い尽くす、素晴らしいものだが、同時に民主主義の根幹を示すものでもある。


 民主主義社会における選挙は、憲法44条に定められるとおり、「人種、身上、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によって差別してはならない」いわゆる普通選挙であることが不可欠だ。

そこには、もちろん、生産性の高くない人、罪を犯してしまった人、様々な保護を必要とする人が存在するが、誰もが同じように1票をもっている。


 つまり、民主主義というのは、このような存在を平等に取り込みながら、それぞれの時代により相応しいあり方を模索していくというシステムなのだ。そこには、多くの非効率が包摂されることになるが、それこそ民主主義社会の本質であり、多様性の結果として、むしろ享受すべきものといえる。

もちろん、多数決の結果によって、少数者の権利が侵害される場合には、司法によって調整することが期待されている。


 「障害者なんていなくなってしまえばいい」などということがまかり通れば、次は、あなたのような者はいなくなった方がいい、ということになるかもしれない。

そういう明日に怯えずに生きていけるのが、民主主義社会であり、誰もが同じ価値があることを憲法13条によって保障される社会なのだと思う。


 今、僕たちが生きている日本は、政治家の言動、社会の風潮、事件の傾向、マスメディアの姿勢など、あらゆる意味で民主主義の根幹を見失い、葬り去ろうとする方向に進んでいるようにしか見えない。

なぜここに来て、より成熟した社会へと向かうことができないのか、国民一人ひとりが相当の危機感を持って考え、議論し、行動すべきときが来ているんじゃないだろうか。


 ヤバいぜ、ロッケンロール!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 2016年7月16日午後4時、東京地裁での原発メーカー訴訟の判決言渡しは、実質10秒で終わった。

何しろ、第4回口頭弁論で、我々が今後の立証予定を述べ、被告らの反論に対しても再反論すると明言したにもかかわらず、その機会を与えることもなく、突如として弁論を終結した裁判体だ。まともな判決など期待できるわけがなかった。

それでも、安易な予定調和を許さない人々は、これまで通り103号法廷を埋め尽くした。
わずか10秒足らずの裁判長の空虚な宣言を聞くために。


みんな知っているのだ。

この裁判の意味を。

法廷を埋め尽くすことの重大さを。

弁護団を鼓舞することの必要性を。


ここは、原発メーカーが、一切の責任を負わないことを約束された上で、巨大な利益を確約されるという責任集中制度の不合理性を、司法に問うことができる唯一の場。

歴史の検証に耐えうる議論を尽くすべきは当然のことだ。


人格権と環境権の区別さえまともに理解しない、未熟な法律論に基づく、極めてずさんな判決を突きつけられたところで、僕たちを落胆させることはできない。

どちらにしろ、ここで終わることはないのだから。

さあ、すぐに、被告らも裁判所も、逃げ道のないところまで追い込むための準備に取り掛かろう。

法廷を埋め尽くす熱い思いと世界中に散らばる同士たちと共に。

 NO NUKES RIGHTS流れ星

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日は、友人の医師のお誘いで、「あなたは受ける医療をどう選びますか? ~トンデモ医療を見分け、最適医療を患者自身が選択するために~」という集会に参加しました。


 「トンデモ医療」の定義が曖昧ですが、典型的には、末期のがん患者に対して、通常の抗がん剤治療なんかやってもどうせ助からない、今はまだ先進医療にさえ指定されていないが、これこそが最先端、あちこちで奇跡を起こしているなんていって喧伝されながら、実は効果がほとんど実証されておらず、かつとんでもない高額の治療法のことをイメージすればいいでしょう。

 例えば、免疫細胞療法です(免疫療法とは別のものです)。


 そういった治療法をお勧めする医師として名を連ね、週に3日クリニック等に顔を出せば、年3000万円という契約を求められる例は少なくないようです。

これらの治療法の特徴は、抗がん剤治療などと併用でき、副作用がないことで、つまり効果はなく、めちゃくちゃ高いという以外には大きな問題がないため、良心的な医師であっても、週に3日、魂を売って、それで得た金と残りの4日を社会のために使えばいいんじゃないか、と迷うのは責められることではないでしょう。

(友人の言葉を借りれば、「副作用は残された遺族の財産がなくなることだけ」)


 また、患者の側からも、仮に効果が実証されておらず、高額であったとしても、1%の可能性でもあれば、それに賭けてみたいと考えるのは、何ら不思議なことではありません。


 しかし、末期がんを宣告され、藁をも掴む思いの人たちに、まるで金さえ払えば助かると信じ込ませて、財産を投げ打つような選択を強いるとすれば、これは詐欺というしかありません。


 そもそも、これらの治療法を受けて奇跡的に生還した人たちが存在するのは確かですが、その人たちは間違いなく他の治療法も併用しているため、どの治療が効果的だったのかを特定することはできないのです。

  

 懇親会にも参加して、色んな関係者の人たちと話しましたが、皆さん、強い問題意識を持っていて、あちこちで熱い議論が続いていました。

また、法律家の立場からすれば、様々な対策が考えられるような気もしており、今後、少しこの問題に関心を持つことで、役に立てるかもしれないとも思いました。


 それにしても、結局、医師とか弁護士とか、強力なライセンスを持つ人たちは、強力な倫理観が求められるってことだよねー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。