大人になってからでも歯列矯正はオッケー、ってことを広く知ってもらうために書いている日記です。

矯正をはじめて8ヵ月後に妊娠が発覚、1月に男の子を出産しました。

アメリカ西海岸での「大人の矯正&アメリカ子育て」の様子を発信していきます。

  • 15 Jun
  • 11 Oct
    • Lupin ⅢとNausicca

      前々回、Japanese Animationのクラスでは 『Lupin Ⅲ』を見ました。 タイトルは、『Albatross: Wings of Death』。 残念ながら、subtitle(字幕)で見ることができず、吹き替え版で見ることになったのですが、そこで30分ほどのディスカッションが行われました。 Subtitle or Dubbing(吹き替え)。 それぞれもっともな意見が出ました。 Subtitle派は、「声はそのキャラの大切な要素。それが別の声になるとキャラが別の人になってしまったかのような気分になり、混乱させられる」 Dubbing派は、「キャラが(自分たちの母国語である)英語を話してくれると、画面に集中できる。Subtitleで見ていると、短い瞬間であっても字幕に目が行ってしまい、登場人物たちのちょっとした動きを見逃すことがある」 Lupin Ⅲを英語で見終わった私の意見としては、峰不二子以外のキャラクターは、オリジナルにとても近い声をしていたので、違和感はなかったです。 銭形警部が英語を話すと、ものすごく賢く見えました。 見終わってからのディスカッションで出た意見は、 「五右衛門にはサイキック能力があるに違いない」 (ええ~っ! そうかあ? そんなこと、これまで何年も見てきたけど気にしたことなかったよ・・・。そして、多分、彼にサイキック能力なんてないと思う) なぜ、サイキック能力があるかと言うと、「ルパンのピンチに必ず現れ、彼を助けるから」だって。 まあ、そう言われたらそうなんだけど、これはアニメ番組だから、どこかで五右衛門を出さないといけないわけですよ。 また、「不二子はルパンのライバルである」という意見も。 私の隣にいたアニメオタク、いや、日本人の友達は、 「違うで~。不二子とルパンは昔、何かあったんやで。大人の関係が・・・」とつぶやいていました。 しかしながら、アメリカ人の目には不二子とルパンはライバルであるように映るようです。 そして、ナウシカ。 これは、アメリカ人の(アニメオタクのみ)間では、ものすごく人気のようです。 今日はナウシカを見る、というこの日。 先生が入って来る前から教室に熱気というか、妖気みたいなのが漂っていました。 そして、先生が教壇に立ち「We watch Nausicca today」と言うと、「ワーオゥ!」とか「イェ~イ」、「ヒュ~ッ」ってな声が湧き起こり、私の近くの男性はガッツポーズしていました・・・。 Nausicca、あんたは幸せ者やなあ。 これはオリジナル音声(日本語)で見ました。 私は高校生の時にこれをたまたまテレビでやっていたので見たのですが、そのときはストーリーがぜんぜん理解できませんでした。 だから正直、この日の上映は嫌だなあと思っていたのですが、40歳になった今、あらためてこれを見ると、「これは・・・master pieceや」とつぶやかざるを得ませんでした。 見終わってからのディスカッションも、いつになく粛々と行われ、結論は 『Nausiccaはエコロジー』。 1984年の作品なのですが、しきりに、エコ! Green!と叫ばれているこの時代にこそぴったりの作品だと感じました。 しかしながら、アメリカ人というのはなぜ「そこ、笑うとことちゃうやろ~」ってところで笑うんでしょうか?

      28
      テーマ:
  • 28 Sep
    • Japanese Animation class

      9月22日からカレッジの新学期が始まりました。 ご存知のように、アメリカでは9月が新学年スタートの時期。 日本の4月のような感じです。 だから、初日の22日はキャンパスが生徒でごった返していました。 今期、私は長年取っているピアノクラスに加えて、 Japanese Animationなるクラスを取ってみました。 毎週、月曜日の午後12時半から4時10分という非常に長いクラスなのですが、授業で日本のアニメを数本見るので、このぐらいの長さが必要なようです。 私はこの授業に興味があるというよりは、ここに集うのがどんな人たちなのか、それに興味がありました。 教室は、シアターのようなつくりで、正面に大画面が、両脇にでかいスピーカーがあり、席も階段になっています。 先生は、スコティッシュ系のアメリカ人のよう。 初老の男性です。 初日の22日は、『Cockpit』という原作が松本零士の作品を2作と、『Panda,Go! Panda』を見ました。 作品の見方のコツは、各人物にどのようなキャラクターが与えられていて、どのように作品の中で役割を果たしているか、のよう。 『Cockpit』はシリーズのようで、どちらも基本的に第二次世界大戦の空軍が舞台になっていました。 見終わった後、ディスカッションがあるのですが、作品の性格上、「カミカゼ」とか「suicide bom」とかそんな単語が飛び交っていました。 なんだかこういうのはなあ・・・と思いつつ、隣の席にいた女の子のノートをふと除くとピカチュウが描かれていました。 そう、このクラスにはオタクが集まっているようなのです。 ほとんどすべてが白人のアメリカ人なのですが、やけに日本のアニメに詳しくて、ブレイクの時、授業開始時に配られた今期に見るアニメのリストについて、みんなであれこれ話していました。 さて、この日の第3作目は『Panda,Go! Panda』。 お父さんが巨大なパンダ、お母さんが小学生っぽい人間の女の子、そしてそのふたりの間の子供が小パンダ、というあり得ない家族構成。 この一家が織り成す生活を見たのですが、ディスカッションの時、先生が 「この家族構成は、ディズニーの『Snow White』と似ているね」と言い、ほとんどの生徒がうなづいていました。 えええ~っ!? そうかぁ? っていうか、この感性に共鳴できないと、このクラスにはついていけないのでしょうか? そう言えば、ディスカッションの時、みんなは見た作品の隅々まで克明に覚えており、ひとりが何か言えば他の誰かがまたそこの部分について何か言う、という本当にオタクっぽいクラスでした。 ラッキーなことに、すべての作品は日本語で上映され、英語のsubtitle(字幕)が下に出ます。 一度、先生が英語ヴァージョンで上映し始め、「Oh,No」と言いながら一生懸命日本語に切り替えていました。 生徒たちも、「やっぱ、オリジナル音声でみないとね~」なんて言ってたし。 私にとっては、長い授業時間であるけれど、日本語でアニメを見られるので(しかも、タイトルは知っていても見ていないものがほとんど)娯楽に等しいのですが、この後のディスカッションの内容が、私の、そしていわば平均的な日本人の感想とかけ離れている場合が多いので、それがこのクラスを取り続ける上での不安材料。 とは言っても、アメリカで日本のアニメがわざわざひとつの科目となっているのは、日本人としては見逃せないでしょう。 来る月曜日は、私が大好きな 『Lupin Ⅲ』(ルパン3世)が上映されることになっています。 また、この場でご報告します。

      1
      1
      テーマ:
  • 16 Sep
    • Soymilk

      豆乳。 健康には良いとされていますが、私はどうも苦手。 子供の頃、おそらく私たちの健康を考えてのことと思いますが、母が豆乳を買ってきました。 フレーバーが何だったか忘れましたが、弟の口には合ったようで、彼は学校から帰ってきた後や、お風呂上りなどによく豆乳を飲んでいました。 私はどのフレーバーでもダメで、それ以来、豆乳は避けていました。 1年ぐらい前、友達がやはり子供に豆乳を飲ませていると言い、 「私はGreen Tea Flavorとプレーンを混ぜて飲むのが好き」とのことで、それを私もいただきました。 !!! おいし~っ! ほの甘く、ほどよい濃厚さで抹茶の味なども感じられるし。 しかしながら、自分ではわざわざ買おうとは思いませんでした。 たまたま、先日、よく行く日系スーパーで豆乳が目に入り、試しにGreen TeaとCoffeeを買ってみました。 それだけ、単品で飲むとちょっとへヴィなので、プレーンを買ってきて混ぜてみました。 うんうん、これならおいしい! カロリーが低く、たんぱく質やビタミン、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれているのでやはりSoy milkは健康食品なのでしょう。 ところで、Soy milk自体はアメリカのスーパーでもプレーン、Green Tea、Chocolate、Berry(いちごとかラズベリーみたいなやつ)など、4,5種類のFlavorがあるのですが、Coffee味だけは私が行きつけにしている日系スーパーにしか置いていないのです。 Green Teaもおいしいけど、私はCoffee味が一番好きなので、行った時は2本ほど買いだめしています。 子供の頃嫌いだったものが大人になってから好きになる、というのはよくあることのようですが、この豆乳の場合、きっと味が改善されてきたのだと思います。 おいしく改善されたのは、喜ばしいことです。

      1
      1
      テーマ:
  • 10 Sep
    • ecoは無駄なのか?

      日々の買い物には、re-useableなバッグを持って行く、海や河川の汚染を減らす洗剤を使う、使い捨てのお皿やコップの使用を極力減らす、など私たちが日常生活でささやかながらも地球環境に貢献できるようなことをして、CO2が減り地球の疲弊を遅らせようとするわけですが、これは実はあまりにもささやか過ぎて、 焼け石に水ではないか? と最近ちょっと思います。 例えば、私たちがゴミを減らす努力をしたところで、毎日会社や工場、病院、ホテルなどからはおびただしい量のゴミが出ているはず。 すると、私たち善良な市民が減らした容量分を、企業や工場などがガッポリ使うのでは? とか、環境にやさしい洗剤を使っても、片や工場や研究所からの汚水が海に流れて行っていたら? なんだか、CO2は目に見えないだけに、市民の努力で減らせた分がどの程度で、企業や団体からはどのぐらい出ているのか、greenerの私としては気になるところ。 目で見えれば、やる気も出るのになあと思います。 世間も、eco,ecoと声高に叫ぶだけでなく、私たちの日々の小さな努力でどの程度環境汚染が食い止っているのか、どの程度地球がきれいになってきているのか、示してくれれば、と思います。 ただ、ecoを心がけると、何かとお金の節約になるし(しかし、時間や手間は決して節約できない)、モノを再利用すると達成感みたいなものはあります。 みなさんは、ecoなこと、どんなことをしておられるのでしょうか。

      1
      テーマ:
  • 04 Sep
    • この国のリーダーは。

      福田総理が突然辞任を表明したのにはびっくりしました。 安倍前首相と違って、彼はカエルの面になんとか・・・っていうほど、全く感情を出さず、何があってもどこ吹く風、彼と世間には常に溝をへだてているような感じが私はしていました。 こういう人が総理大臣だと、国民は常に神経を逆撫でされると思うのですが、こういうヘビのように冷たい感じの人は、対外国とのかかわりとなると、案外強気でやっていけるのでは? と思ったりもしていました。 私は彼の辞任表明記者会見を見られなかったのですが、伝え聞くところによると記者の質問に対して、キレ気味の回答をしていたとか。 案外小者だったんですな。 こちらの新聞でも小さく取り上げられていました。 『安倍首相も一年だったが、彼もまた1年しかやらなかった』みたいなことが書かれていました。 先日、私が大好きなweb radio『上沼恵美子のこころ晴天』をきいていたら、彼女がなるほどなあと思わせることを言っていました。 『総理大臣でも突然、や~めた、と言って、すぐ代わりになる人がいるんですね。我々ごときでも、レギュラー番組のことを考えると辞めたいと言ってから最低3ヶ月はやりますよ。派遣社員の人でも、1ヶ月は引継ぎなどに費やし、それをきちんと終えてから辞めるんじゃないですか?』 私もこれに共鳴。 いくらでも代わりはいる、とはよく言われるセリフですが、言われる側としては、自分のやってきたことに誇りを持って、回りの人を納得させて気持ちよくそこを去って行きたいもの。 一国の首相でも、「この仕事が嫌だから」という理由で突然辞めてすぐさま代わりを立てる準備を始める・・・、システマティックと言うか、淡々とものごとは運んでいくのですね。 あるいは、国のリーダーであるからこそ、空席は許されないのか・・・。 2代続けての無責任な辞任に、自分の国の行く先が心配になっています。

      テーマ:
  • 03 Sep
    • Hair cutで感動。

      私の中にあるひとつの基準として、 『美容院に定期的に行くのがおしゃれ』というものがあります。 ロンドンに住んでいたときは、パリやニューヨークに次いでおしゃれ発信の地(実際に住むと決してそんな風には思えなかったけど)のおかげで、日系サロンはたくさんあり日本語を話す正真正銘の日本人美容師や、短期留学で来て美容を学んでいる美容師などがスタイリストとして働いていました。 だから、日本の流行にも敏感で、いつも満足の行くスタイルにしてもらっていました。 がっ!ここカリフォルニア州シリコンバレーでは、それはなかなか難しいこと。 フットワークの軽い人は、サンフランシスコまで行って日本人美容師さんに素敵なヘアスタイルにしてもらっていますが、私の知る多くの日本人はベトナム系や中国系のスタイリストでお茶を濁しているようです。 中には、年に一度帰国した時に美容院に行くだけで、こちらでは行かないって人も。 私はそれではもったいない、と思うのです。 髪は確実に伸びるものだし、おしゃれをするうえで大きなウェイトを占めている部分だし。 かくいう私も、いろんな口コミ情報で近隣の美容院を渡り歩きましたが、この人!というスタイリストにはめぐりあえていません。 とにかく避けたいのは、日本人の髪を扱ったことのない美容師。 どんなスタイルにされてしまうか・・・、怖くて行けません。 私が今、定期的に行っている美容院には日本人がいて、うちの母と同世代のおばちゃんなのですが、腕はなかなか良いです。 頼んだとおりにやってくれる---これは基本ですよね。 最近、彼女の予約を取り、いよいよ来週と迫ったある日、彼女から電話があり、なんと腰を痛めてしまったのでしばらく店に出られない、と言うのです。 う~ん、お年を召している方はこういう事態に陥るんですね・・・。 彼女は、同じ店でスタイリストをしているベトナム人の名前を挙げ、「彼女はとても上手だから、よかったら彼女の予約を取って」と、電話番号をくれました。 日本だったら、ほとんどのお店は会社のように組織となっているから、誰かが休んでもフレキシブルに対応できると思いますが、ここではそれぞれのスタイリストが自分のスペースを店舗から借りて仕事をしているので、突然の休みには対応しきれません。 今日、そのベトナム人スタイリストにカットしてもらいました。 前日からちょっとドキドキしていました。 ちゃんと切ってくれるかとか、こちらの要望はきちんと伝わるだろうか? などなど。 結果は、大満足。 クセ毛で量も多い私の髪を、よく理解して、相談しながらカットしてもらえました。 しかも、カットが終わってから「How much?」と聞くと、 「Eさん(私がふだんやってもらっているスタイリスト)に払うのと同額でいいわよ。私は彼女の代理だから」。 これにはすごく感動しました。 実は、偶然私の日本人の友達がこのベトナム人スタイリストに長年切ってもらっている、というのを先週知りました。 私がすでに彼女とのアポイントを取った後だったので、これ幸いとその友達にこのスタイリストのことを聞いていました。 値段はカットで$45ぐらい、とも。 そして、腰を痛めて休んでいるスタイリストは$35なのです。 私がそう告げると、ちょっとだけ躊躇した彼女は「それでいいわよ」と言ってくれました。 チップ込みで$40払ってきましたが、この出来栄えでこのお値段、お得だなあって思いました。

      テーマ:
  • 02 Sep
    • Hurricane Gustav

      先週金曜日ぐらいから、日増しに大きなニュースとして取り上げられている、Hurricane Gustav。 3年前のカトリーナ級の被害をもたらしそうなのでしょうか? そのせいかどうか、一時期値段が下がったガソリンがまたジワっと上がったように思います。 ルイジアナ州の海辺にはオイル貯蔵庫があるそうで、カトリーナのときも随分と被害を受け、ガソリンが上がりました。 春から夏にかけてガスの値段がものすごく上がり、1ガロン$5に届くのでは?とハラハラしたものです。 そのせいか、自転車を利用する人が目に見えて増え、ふだんは自転車といえば週末のエクササイズで乗っている、という人以外に、明らかに通勤、通学、買い物に使っている人が激増していました。 当時の新聞には、ガス高騰から財産を守るため、車をハイブリッドに買い替えたとか、会社の近くに引っ越した/家の近くの会社に転職したとか、買い物や子供の送り迎えは近所の人と交代で車を出す、など節約の方法が載っていました。 また、燃費の良い運転を心がけるドライバーが増えたので、急発進や無理な追越運転が減り、交通事故が減ったというケガの功名のような話も聞きました。 ここ1ヶ月ぐらいで、ゆっくりと確実にガスの値段が下がり、1ガロンあたり$4を切るところも出てきた昨今。 しかしながら、このHurricane Gustavのせいで、また高いガスに逆戻りするんでしょうか・・・。

      3
      テーマ:
  • 31 Aug
    • 3連休---Labor day Holiday---

      今週、アメリカでは3連休。 月曜日がLabor Dayだから。 我が家、この3連休に気付くのが遅すぎました。 先々週、1週間の夏休みを堪能し、帰ってきてから私だけが発熱し、2日ほど臥せっていました。 水曜午後あたりからようやく本調子になり、健康の素晴らしさをかみしめていたら、3連休。 どこかへいくプランをたてる暇もなく、休みが始まりました。 本音を言えば、せっかく体が元気になったので残り少ない夏休みを自由に過ごしたい。 ここでまた家族3人、ごちゃごちゃと家にいて一緒の行動をするのはちょっと嫌だなあって思っています。 ところで、このLabor Dayが来るといよいよ夏とお別れで寂しい、って感じる人が多いようです。 まだまだ暑い毎日だけど、日は確実に短くなっているし、私のアダルトスクールも9月2日から再開されます。 夏よ、さらば~。

      テーマ:
  • 28 Aug
    • Aged

      サマーセッションを取っていた間、「これが終わったら、あれもしたい、これもしよう」と思いめぐらせていたのに、実際に自由な時間に囲まれているとな~んにもしません。 San DiegoとLas Vegasの旅に出かけ、帰って来た途端、私だけ風邪を引いてしまいました。 101Fほどの熱が2日続き、関節の痛みと頭痛に悩まされました。 今はもう熱も下がって痛みもなくなったのですが、どうも貧血ぽくていけませんな。 体力が落ちているなあ、とこの頃つくづく感じます。 しかも、恥ずかしながら、老眼も始まった様子。 3週間ほど前の夜、ソファに座って雑誌を読んでいたら、欄外の小さな表の文字がはっきり見えないのです。 「?」と思って、目を凝らしても変化なし。 そのときは眼鏡をかけていたので、そっと外してから雑誌に目を戻すと、な~んと、よく見えるではありませんか! 再び眼鏡をかける→文字が不明瞭。 眼鏡を外して見る→明瞭。 事ははっきりしました。 老眼、来る。 インド人の親友・Sheelaが2ヶ月ほど前に「Reading glassesを作ったのよ」とちょっと恥ずかしそうに言っていたのを、笑っていた私であったが、我が身にも訪れました・・・。 彼女の場合、新聞を読むのが難しくなってきたので、老眼に気付いたと言っていました。 そろそろ、私も作らなくては、Reading Glasses。

      4
      テーマ:
  • 27 Aug
    • 私の夏2008

      みなさま、ご無沙汰! 間もなく8月も終わろうとしていますが、みなさま、どんな夏を過ごされたでしょうか? 私は胸を張って、勉強した夏! と言えるでしょう。 ルーティン・ワークのように長年カレッジに通っているのですが、毎年夏はクラスを取らないことにしていました。 サマーセッションは、6週間の場合が多くしかもやる内容は他の学期と同じ。 春・秋・冬学期は12週間ほどあるのに、夏は6週間。 つまり、ふだんは12週間かけて勉強することを、夏はその半分でやらないといけないのです。 なのに、なぜ今回はサマーセッションを取ったのか。 理由は、ヒマだったから。 ちーすけは毎日デイケアにフルタイム(午前9時から午後6時)で行っているし、カレッジの夏休みは3ヶ月あるし・・・、となると何もやらないと時間が無駄な気がして。 選んだ科目は「Child Development」(幼児教育)の「Music and Movement」。 前に友達から、「このクラスは楽しいらしいよ。ピアノが弾けるなら楽勝みたいだし」と聞いていたので、取ってみたのですが、結果、全然楽勝ではなかったです。 こんなに大変なクラスだったとは・・・。 毎回、テキストブックを30ページぐらい読んでサマリーを作るのが宿題に出るので、その日の授業を復習する余裕もなく。 私は英語の本を読むスピードがすごく遅いので、これは大変なことでした。 でも、なんとか続いたのは、クラスメイトに恵まれたから。 ピアノクラスで何度か一緒になったタイワニーズのJenny、クラスで知り合ったタイワニーズのMaggie。 このふたりのタイワニーズが何かと私を助けてくれて、私は荒波を越えることができました。 彼女たちの他に、もうひとりタイワニーズのおばちゃんがいて、クラス後半では彼女もjoinしてランチに行ったりするようになりました。 しかし、ご想像のとおり、ちょっと複雑な話になるといっせいにマンダリンになってしまうのです。 Jennyがはっと気付いて、英語に変えてくれるのですが、おばちゃんはまだ英語が苦手らしく、Jennyが通訳と化していることも。 タイワニーズは私たちの世代でも親日的な人が多いのだなあと身を持って実感しました。 たった6週間でしたが、食べる時、ご飯を作る時、寝るとき以外はずっと勉強していた夏でした。 そして、サマーセッションを終えた翌々週、我が家は夏休みの旅行として、 San Diego & Las Vegasの旅に出かけました。 あ、勉強だけでなく、目一杯遊んだ夏でもありましたな。

      テーマ:
  • 08 Feb
    • ガス&電気代、第2話

      3,4日前、またもやガス・電気代のbillが来ました。 こういうものは、さっさと払っておかないとうっかりしているうちに支払期限を過ぎてしまい、日割りで超過料金(微々たるものですが)がかかるので、速攻でチェックを切りました。 今回もまた、震える手で封を切ると・・・・。 $224。 先月分が$237だったので、まあまあよしとしよう。 夫にも報告すると、「対策を練ってからまだ間がないから、次回の請求書はもっと安いはず」とpositiveな返事。 ところで、先週の木曜日にインド人の友人・Sheelaのところに行ってきました。 彼女が「ヘアカラーリングをしてくれない?」と頼んできたので。 その日は曇り空で寒く、彼女の家が暖房を入れているのをみたことがない私は少々厚着で行きました。 予感は的中で、家の中は寒かったです。 セントラル・ヒーティングのスイッチのところを見たら、案の定、スイッチは入っておらず、67Fという現在の部屋の温度だけが表示されていました。 どうして暖房を入れないのかなあ? やっぱ高くつくから? だけど、私はリビングルームに暖房器具を発見! ひとつは、昔の日本の電気ストーブみたいなやつ。 四角くて、電熱棒が2本、渡してあるやつです。 そして、もうひとつはなぜかキャビネットの2段目に置かれてあったのですが、これはわりと最新型のもの。 日本にはないと思うのですが、背が低めの扇風機みたいな形です。 羽がついているべきところが、電熱版になっていて、スイッチを入れると熱風が送られてくる仕組み。 いずれもポータブルのヒーターです。 これで温まる方が経済的なのでしょうね、きっと。 うちは、2階はセントラルヒーティングだけですが、リビングルームには日本から持ってきてあったホットカーペットを敷いています。 これ、すごく暖かくて、5段階あるうちの3ぐらいに温度設定しておくと、その上でゴロゴロしていると居眠りしてしまいます。 ちーすけもお気に入りのようで、週末などここで寝かせると私たちが横でおしゃべりしたり生活の雑音があってもお構いなしに2時間は寝ます。 今日は木曜日、唯一学校がない日なので、ホットカーペットの上で昼寝でもするかな。

      2
      テーマ:
  • 01 Feb
    • アメリカ大統領選挙---Super Tuesday近し---

      来る11月、アメリカでは新しい大統領が誕生します。 Republican,Democrats、それぞれの自薦候補者がツアーしていますが、今夜のCNNが楽しみ! Democratsの候補者、ヒラリー・クリントンと、バラク・オバマ両氏のディベートがあるからです。 昨日は、Repubicanの方でしたが、まあ、部外者の私が言うのもアレですが、小物ばかりという感じ。 来週の火曜日(2月5日)に、党から正式に候補者が決定されるそうですが、こちらからはJohn McCain氏か、Mitt Romney氏のどちらかでしょう。 私がテレビや新聞などで見ているかぎり、この両者はヒラリー、オバマの人気には程遠い感じです。 だから、2月5日にそれぞれの党から候補者が正式に決まったら、それでもう大統領も決まり、というちょっと荒々しいですが、私はそんな気がしています。 アメリカでは外国人の私にとっては、この選挙は単なるワクワクのイベント。 だから言いたい放題言わせてもらうのですが、私のエア1票は、バラク・オバマ氏へ。 この人、すごくスマートではありませんか? インテリジェンスを体現したような人だと思っているのですが・・・。 私が6年近くこの国に住んでアメリカ人に感じることは、「自己中で、権利は主張するだけするけど、義務は極力怠ろうとする」というもの。 もちろん、例外はいますが、おおむねこんな感じです。 ヒラリー・クリントン氏を見ていても、うわべの勢いのよさ、頭のよさみたいなのは感じるけど、この人が大統領になったらますますアメリカは「アメリカらしく」なってしまうのではないか?と思います。 それは、Repubricanからの候補者でも同じように思うし、そもそも、彼らが票を集められないのは、個性がないからでは? これまでの大統領が敷いて来たレールの上を適当にトラックチェンジしながら進むだけ、という感じがします。 その点、オバマ氏はお父さんがアフリカ人なので、アメリカをちょっとだけ外から見られるような人だと思います。 「Change」というのが、オバマ氏のモットー。 きっと、多くのアメリカ人たちが、自分の国を、何かを変えたい、変えて欲しいと思っているんじゃないでしょうか? ところで、昨日、前のニューヨーク市長、ジュリアーニ氏がdrop offし、ジョン・エドワード氏も候補から降りました。 そして、私が理解できないのですが、ケネディ元大統領の親戚で議員のTed Kennedyがオバマ氏のサポートに付き、我がカリフォルニア州知事のシュワちゃんがRepublicanのMcCain氏のサポートになりました。 シュワちゃんの奥さんは、ケネディ大統領の姪っ子。 親戚どうしで、対立候補に付くの? それにしても、McCain氏を見るたびに、たんぽぽの綿毛を想像するのは私だけでしょうか?

      4
      テーマ:
  • 31 Jan
    • iPod その後

      海外に住んでいて、日本のメディアをiPodにダウンロードできない、と先日書きましたが、解決方法を教えてくれた人がいました。 なんでも、「プリペイドカード」を利用すると良いそう。 日本のiTuneのお店で買えるし、日本に行けない場合は、私たちが住んでいる近くにある日系スーパーでも扱っているところがあるとか。 「世界のApple」なのに、そして、インターネットはBorderlessの時代なのに、不便ですなあ。

      テーマ:
  • 28 Jan
    • 思わぬ罠---iPod---

      信じられん! iPodって、アメリカに住んでいると日本の音楽やメディアなどはダウンロードできないのですね。 日本に住所がなく、日本のクレジットカードがない場合、海外からは何も買えないのです。 著作権の壁? いやだって、お金払ってダウンロードするわけじゃないですか? どうなってんの? 日本在住の方、海外のメディアはやっぱダウンロードできないですか? そして、海外にお住まいでiPod持ってる方、日本のモノはダウンロードできないですか?

      テーマ:
  • 27 Jan
    • ガス電気代に驚く

      私たちが住んでいるエリアは、PG&E(Pacific Gas and Electric)という会社が電気とガスをまとめて供給しています。 この前、bill(請求書)をあけてびっくり! $200以上の請求額ではあ~りませんかっ。 新記録樹立。 以前、近くのアパートメントに住んでいた時に、$170を記録したのにもびっくりしましたが、今回はそれを$30以上、上回ってしまいました。 電気代は$77ぐらいなので、やはりこの寒さで暖房=ガスの消費がすごかったようです。 ちなみに我が家は、washer/dryerもガスなのですが、これは夏も使っているので、今回のガス代にはあまりかかわりがなさそう。 現在住んでいるタウンハウスは、やはりアパートに比べると朝寒く感じるので、起きてきたらつい暖房の温度を上げてしまいます。 夫と協議の結果、「外出時は暖房を切るか、温度を5度(F)下げておく」、 「日中も暖かいと感じる日は今の設定温度よりも3度(F)下げる」ことを決めました。 この1ヶ月ぐらいはキリリと冷え込む日が多く、つい暖房を高めに設定していました。 幸い今日はいくぶん暖かく、低めの温度でも快適でした。

      4
      テーマ:
  • 21 Jan
    • ブログ考

      実はわたくし、去年の9月からmixiを始めました。 友達から紹介されてネットワークに入ったので、9月から数ヶ月間、こちらのブログは更新がほとんどされていなかったと思います。 そのときは、mixiがすごく楽しくてそちらばかりに力を注いでいました。 ただ、最近、mixiの罠、みたいなものを感じるようになり、ひいては、ブログそのもの、いや、私のブログの内容、あり方、を考ええるようになりました。 まず、私が「mixiってちょっとめんどうだなあ」と思うことのひとつに、 「思わぬ人の訪問」が挙げられます。 これは、私が自分のブログ(mixiの方)の存在を知らせていないにもかかわらず、すでに私のmixi仲間が共通の知人に「redcarpetさんもmixi書いてるよ」と知らせてしまう場合と、本当に偶然に知人が「もしかして、redcarpetさん?」とコンタクトしてくる場合があります。 ここ1ヶ月ほどの間に、上記のことが数件起こり、まあ別人になりすます必要もないので、「ハイ、私がredcarpetです」と返事をするのですが、こういう方々が私のmixi仲間になりたいと言ってくださり、不承認(日本語、合ってますか? 非承認?)してもカドが立つので承認。 すると、これまでのんきに書きたい放題書いていた記事(日記)に対して、ナーバスになってしまうのです。 例えば、「あの記事はXXさんのことを連想させてしまうかなあ」と共通の知人であるXXさんのことを心配したり、「あんなこと書いたけど、格好つけてるって思われないかな?」とか、「あれは家族のことなので、プライバシーを公開しすぎたなあ」とか。 つまりは、私が自分の考えなどを書かず、単に日記風に淡々としたことだけを書けば余計な心配をすることはないのかもしれません。 でも、それだと私にとってブログは意味のないことなのです。 人によってブログに書き残したいことはさまざまだと思いますが、私はふだんは暑苦しくて誰も真剣に耳を傾けてくれないような自分の考えを書いて共感・賛同してもらったり、別な意見を聞けたり、そういうことを求めています。 まったく見ず知らずの人が、気軽にこのブログに立ち寄ってくれて、「ああ、redcarpetって人は、こういうところで暮らしていて、こんなことをして、あんなことを考えているのね」と思い、何かコメントをしてくれるのが、私にとってのブログの意味。 お互いに何の利害関係もない人とこの場を共有できればいいな、と思っています。 そこらへんで友達とおしゃべりするような内容だけを書くんだったら、本当に知り合いとだけお茶でも飲みながら話していればいいのです。 わざわざブログに書かなくても、ね。 というわけで、mixiが悪いわけでもないし、私のmixiを知人に紹介する人が悪いわけでもないのですが、「ブログってなんなのよ?」「私にとってブログとは?」と自分に問いかけるチャンスではありました。

      4
      テーマ:
  • 19 Jan
    • ちーすけ2歳に

      肝心なことを忘れていました。 今日、1月18日(PST Time)はちーすけの誕生日。 2歳になりました。 明日、私たちが住むタウンハウスのクラブハウスにて、たくさんの友達を招いてパーティをすることになっています。 楽しみ~。

      2
      テーマ:
    • やはり、花粉

      悪い予感は的中で、花粉症が始まってしまいました。 まだ、それほどひどくはありませんが、コンタクトレンズがゴロゴロして不快。 お昼過ぎに眼鏡に替えました・・・。 雨、もっともっと降ってくれないとなあ。 これから3ヶ月ぐらいは花粉の季節なので。

      テーマ:
  • 17 Jan
    • そろそろ来たかもしれない。

      今週に入ってから、時々鼻がムズムズします。 そろそろ花粉がやってきたのかも。 新聞の花粉情報を見ると、TreeがModerate、GrassはLow。 雨は2週間ほど前に嵐があって以来、全然降っていません。 この時期は雨季なので、もっとたびたび降って木々の花粉を落として欲しいものです。 薬、まだ飲むほどではないので、鼻を洗って過ごしてみようと思います。 日本はどうですか?

      2
      テーマ:

プロフィール

redcarpet

性別:
女性
誕生日:
1968年4月18日 15時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。