2005-06-26 23:59:29

『SHAKESPEARE'S R&J』男だけのロミオとジュリエット

テーマ:舞台を観る

今、かばんに入れて持ち歩いて読んでいる本は『ロミオとジュリエット』 です。ははは、いい年して恥ずかし…。本当はこっちのほう を買うつもりで、本屋さんに行ったのですが、解説が大人にはやや物足りなかったので(そりゃそうです。少年少女向けの企画シリーズですもの)、やはり戯曲そのものを読むことにしました。


電車の中で読むのは照れるのでやめようと思ってたのですが、読み出すとそんなこと気にする間もなく、引き込まれてしまいます。シェイクスピアといえば、あの長いせりふで有名ですが、この話は言葉の修飾一つひとつが美しく、くりかえし味わっても飽きることがありません。


読んでいて、2月にパルコ劇場で観た『SHAKESPEARE'S R&J』を思い出しました。これは、厳格なカソリックの男子高校の寮仲間が、夜中にこっそり読みだした『ロミオとジュリエット』に夢中になり、自分たちで演じ始めるという設定のお芝居です。


男と女の恋物語を、男だけで演じているわけですが、それによって、ロミオとジュリエットの物語がいかに普遍的な力を持っているのか、よりくっきり伝わってきたと思います。恋に落ちるのに理由は必要ないこと。自分と相手を固く信じる気持ち。信じる者のために、ためらわず疾走する姿…。その想いの強さは、性別や国や時代の違いに関係なく、こちらへ迫ってきます。


戯曲を読んで、『R&J』の芝居で使われていたせりふが、ほぼ原作に忠実だったということが分かりました。このクラシックな言葉遣いが、男子校の生徒たちだけという異色の登場人物や、椅子と赤い布だけという現代的な舞台装置と、不思議な相乗効果を成しているのです。


設定だけみれば確かに変わった「ロミオとジュリエット」なのですが、この禁欲的な背景があってこそ、ロミオとジュリエットの悲恋が「昔の名作」「上流社会のお話」にとどまることなく、現代に通用する力強いメッセージとして浮かび上がってきたのではないでしょうか。


ジュリエットはまだ14の春も迎えない年。若さゆえに一途に走りぬけた恋の、ひりひりするような感触を表現するのには、やはり高校生という設定で正解だったのでしょう。再演を希望する舞台です。

R&J  

SHAKESPEARE'S R&J  キャスト 首藤康之、佐藤隆太、小林高鹿、浦井健治

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

redandblackextraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■貴重な公演

りかさん、コメントありがとうございます。授業で観たのは、舞台のビデオ映像か何かでしょうか? 和泉元彌さんと羽野晶紀さんが演じたのは、1997年かな(ちょっと調べてみました)。貴重な公演ですよね。

1 ■無題

おもしろそうですね。

そーいえば、授業で、前和泉ご夫婦が共演していたロミジュリをちょっとだけ見ました。
そのとき3種くらい見せられましたうちの一つです。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。