1 | 2 次ページ >> ▼ /
2009-10-28 01:50:36

伊藤グランと凌芽ガブちゃん

テーマ:レミゼ観劇記

ふたりの絆を新たに感じたのは、まず、バリケードで捕われたジャベールが突然「♪好きな時に撃て 子どもの遊び…」と立ち上がったとき。ジャベールの正体を暴いたことでさっきまで得意満面だったふたりの表情に緊張がさっと走り、伊藤グランがガブローシュをかばうべく前に立って腕を広げていた。


今までこのシーンではアンジョとジャベばかり見てたので気づかなかったけど、同じ舞台上でこんな芝居がなされていたのね。


実はこの後がまた良かった。ジャベールが再び学生たちによって縛られ、危険がなくなったことを見届けたふたりは、改めて得意気に笑って、お互いの握りこぶしをコツンと合わせるの。


息のあったこれらの演技に、ふたりの固い信頼関係を確かに感じたわ。
レミゼ観るときのチェックポイントが、また増えたなー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-27 23:29:37

今日は鎌田フイイの日

テーマ:レミゼ観劇記

松原アンジョも伊藤グランテールもほかの学生たちも素晴らしかったのだけど、今日のマイMVPには鎌田フイイを挙げたいです。


だって彼のせいで久々に、「民衆の歌」でうるっときちゃったんだもの。


リヤカーを先導する鎌田フイイの、誇らしく胸を張った姿を見ました?

「♪悔いはしないなたとえ倒れても」という彼のソロフレーズそのままに、心に一点の曇りもなく希望だけを強く抱いた晴れやかな顔を見ました?


これを目撃しちゃったら、客席にいながらして心はもう、学生たちの列に加わらずにはいられない。心の中に、理想を信じる強さが満ちてくるのです。


さらにバリケード陥落時も泣かせてくれたの。バリケードの頂上で我を忘れて酒瓶を振るグランテールを、何とかとどめようともがいていたフイイ。やがてグランも自分も撃たれ、倒れこんでいくスローモーションの最中にも、鎌田フイイはまだ伊藤グランテールの身を探して、もはや力の入らない手を空中に伸ばしてた。

どんな想いが、フイイをそこまでさせたのかと思うと、涙がこみあげるのを止められなくて…。


頼られるフイイがいてこそ、バリケードに友情と希望が宿る。そう教えてくれた鎌田フイイが、すごく好き。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-27 23:01:50

平日マチネは微妙だな~

テーマ:レミゼ観劇記

コアなファンが比較的多い休日とは違って、客席の反応が薄いのが辛かったわ。


港司教さまの慈愛深い「♪私が買った~」の後とか、松原アンジョの信念に満ちた「♪群れとなり~て~」とか、舞台からエネルギーが沸き上がっている様が見えるようなワンデイモアとか、観ていて「おお!」と興奮したシーンで、その気持ちを客席の皆で分かち合えないのは、結構さみしいもの…。


そう言えば、こないだの週末に観たときは、客席が隅までメリメリMAXに埋まっていて開演前から熱気があって、期待も膨らんだっけ。


レミゼの感動って、客席の空気によるものも大きいみたい。少なくとも私には。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-23 02:53:59

「彼を帰して」は、終わり方も好き

テーマ:ブログ

山口バルジャンの「彼を帰して」には、劇場の空気をひとつに結んでしまう力がある。


マリウスが床に身を横たえたあと、イントロが流れてくるのを合図に、客席にはふんわりと緊張感がただよう。山口バルジャンの、優しくささやく歌い出しを待ちかねて。


以前もこのblogに書いたけど 、私は劇場にいながらあえて目を閉じて山口バルジャンのこの歌を聞くのが好き。耳だけでなく、体中で響きを味わうの。そうすると、自分を投げ打ってマリウスを救おうとするバルジャンの想いが、舞台から客席まで広がっていく様子が、ありありと感じられる。


終わり方もいい。「♪彼を帰して 家へ…」という高音がフェイドアウトする美しい瞬間。声は消えても、若者の無事を祈る心がバリケードの若者すべてに届いていると確信できるのだ。


砦が落ちて死んだ学生たちのシーンで流れる、同じ「彼を帰して」のメロディーに、まるで家族に見守られているような安らかさを覚えるのは、そのせいかもしれない。


気がついたら、今回公演の山口バルジャンはもう終わり。今後、さらに進化するであろうこの歌を聴くときが、待ち遠しい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-22 02:52:46

みんな、今井バルジャンの子どもになりたい

テーマ:レミゼ観劇記

客席中が、そう思ってたんじゃないかな?18日のマチネ。


コゼットを慈しむ気持ちがあふれまくってるバルジャン。
コゼットによって人生が変わり、生かされているバルジャン。
今井バルの表情に、演技に、歌に、全身に、それが満ち満ちていたの。


挙げればきりがないけど…


まずは、森の中で出会った時。
♪名前を教えて~ とそっと語りかける優しい声に、いつも腑抜けになっちゃう。
相手がコゼットだとわかったときは、何ともいえないうれしさを隠さず、
「愛しい対象にめぐり合えた」という感激そのままに、大事に抱きしめてるね。


♪ら~ ららららら~とハモリながら宿屋に戻り、
テナルディエ夫婦と取引の話をする前に

「座ってなさい」(←言ってるよね)と、優しく促すまなざしも見逃せない。


このへんですでに、今井バルジャンのパパっぷりの虜です。


♪お城が待ってるよ~で胸に飛び込んでくるコゼットをあったかく抱きしめる姿には
お互い孤独だったふたりが家族になった素直な喜びを感じて、胸がきゅん。


だから
♪どうした! 悲鳴を聞いた!と取り乱して走ってくる姿が現れると、
コゼットがいなくなることがこの人をこんなに混乱させてしまうんだと、
観ているほうがうろたえてしまうほど。


今井バルジャンの最後のシーンには、コゼットへの思いがぎゅっと詰まってる。
花嫁姿で現れた彼女の背をいつまでもさすりつづける姿を見てると、
バルジャンにとってコゼットは、いつまでも「森の中で出会った愛しい少女」なんだなと、しみじみ思うわ。
人生を愛あるものにしてくれた小さな存在から離れたくない気持ち、客席のすみっこにまで伝わってくるの。


ああ、今井パパの愛に包まれて劇場全体が幸せに満ち溢れた、いい舞台だったな。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-10-22 01:50:18

赤系アンジョふたり

テーマ:レミゼその他

うわあ、

好きなアンジョルラスが2人一緒 だ~

フイイにとっては、父だったのね。私にとっては兄貴 だったわ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-21 03:06:16

手のひらキャストスケジュール、あったらいいな

テーマ:レミゼその他

「次いつレミゼ見ようかな」、って思い立った時に、

みんなどうやってキャスト確認してるのかしら?


PCの前にいれば問題ないですが、そうでないときが困る。

常にチラシ持ち歩く手もあるけど、

かさばるし、アンサンブルスケジュールが見られないので(←ここ超大事)、

チラシじゃ予定決められない。


そこで帝劇の広宣物担当さんに、提案~!

「手のひらサイズ キャストスケジュール」をつくって、配ったらどうかな?

名刺くらいの大きさでじゃばら折りたたみ式になってて、

広げると

表面に10月のプリンシパル&アンサンブルスケジュール、

裏面に11月のプリンシパル&アンサンブルスケジュール

が載っているの。

これを定期入れや手帳に挟んでおけたら、とっても便利。


さらに!

ケータイサイトでも同じ情報をみられるようにしましょう。

ついでに

「希望キャスト&席種条件を入れると、それに合うスケジュールが出てくる機能」も

つけていただきたい。

希望に合う観劇日をラクに検索できれば、チケット予約率上がりそうだから、

東宝さん的にもいい話だと思うんだけど。

って、もうどこかにこういうサイトあったりするのかなあ…。


次、いつ見ようかなあ…

その前に、すでに観た分の感想を書かなきゃなんだけど。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-18 23:41:43

バリケードの重鎮たち、ありがとう

テーマ:レミゼ観劇記

今日(もう昨日だけど)マチネの学生たち、2007年以降で一番、ひとつになっていた気がするよ。

熱かった。捨て身だった。仲間の絆が見えた。


もしかしたら、学生たちの主要どころに2003年組のベテランがいたからかもね。

坂元アンジョ、泉見マリウス、伊藤グランテール。

キャリアの長いこの3人が、ほかの学生たちを刺激したのかもしれない。

ABCカフェ、そしてバリケードで生きて死ぬというのは、これくらいのエネルギーで挑むものなんだ!って。


その勢いに特に強く呼応してたように見えたのが、清水クールフェラック、五大クラクスーかな。

ここで書きたいのは、特にクラクスー!

グランテールが「♪こいつぁ まるでオペラ~」 のあと、フェンシングごっこしてアンジョにたしなめられて、手に丸めて持っていた新聞(チラシ?)を、ぽーん宙にと投げたんだよね。それを五大クラクスー(だと思うんだけど、違ってたらごめん!だれか教えて)が、見事にキャッチ。こんな連携プレー、初めて見た。学生たちの心がひとつに結ばれている象徴に思えたわ、あの場面。


あとひとつ、書いておきたいシーンがある。

マリウスが撃たれた後、坂元アンジョが、また戦いへと引き返すとき。

何か訴えるように近づいてきた伊藤グランテールが彼に手をいかけようとするより先に、坂元アンジョは一目散にバリケードへ走っていってしまうの。伊藤グランテールが伸ばした手は、むなしく宙を空振り。この一見rつれない演技、いいよねえ。ウエットに見詰め合うのとは違う、絆を感じる。アンジョはたぶん、まともに「グランテールと相対するのがつらくて、あえて彼の存在を無視するかのように走り去っていったようにも思える。


2003年組の重鎮たちのおかげで、今年の学生たちの成長、期待できそう。

学生たちにはもっともっと、殻をやぶってほしい。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-10-18 21:30:24

血潮が沸き立ちはじめました

テーマ:レミゼ観劇記

一体感のマチネ、緊迫感のソワレ。

どちらもいい意味で、期待裏切ってくれました!マチソワして良かったよ。

先週見たときに比べ、役者さんに脂がのってきたみたい。

観るほうも、演じるほうも、だんだん血潮が沸き立ってきた感じ。いいね!

詳しい感想はまた後で。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-18 16:57:03

発見

テーマ:レミゼ観劇記


■RED AND BLACK■レ・ミゼラブル2009日記-昔のパンフたち

帝劇2階のお濠の見える喫茶室でこんなの発見~。はるか昔のレミゼパンフが!もしかして初演の?とおぼしきものもあった。表紙がグレーで、資生堂って書いてあるの。いいないいな~。 安崎マリウスって、こんなにプリッとした青年だったのね…。今では渋~いテナになっちゃって。あ、この愛らしくも美しい男の子は、山本ガブちゃん!初めて見た。それが2003年にはマリウスだもんね。もはや幻のよう。いつかまた、ジャベールあたりで帰ってきてくれたら素敵(怖そう~)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。